Entry: main  << >>
りん×くう! 15/古明地さとり
 脱稿しました。この回含めてあと4回、第18節で完結予定です。









 その夜、さとりが目を覚ましたのは、甲高い猫の鳴き声によってだった。
 身体を起こし、瞼をこする。ペットの火焔猫の鳴き声か。ぼんやりした頭のまま、さとりは何度か首を振った。自分が目を覚ますほどに、うるさくペットが鳴くなんて今まであっただろうか。
 耳を澄ませるが、それ以上猫の声は聞こえなかった。さとりは喉の渇きを覚えて、寝間着のまま部屋を出る。
 何か、悲鳴のような鳴き声だった。
 部屋を出た途端、不意にそんな考えが頭をよぎる。
 どうしてそんな風に思ったのか、とさとりは自分自身を訝しみ、そして鼻をついた臭いに、その理由を悟った。
 血の、臭い。
 どこからか、ひどく生臭い鉄錆の臭いがする。
 ぞくりと、さとりの背中を悪寒が駆け巡った。
 何だ、この臭いは。どうして地霊殿の中から、鮮血の臭いが漂ってくる?
 誰か、怪我でもしているのか。さっきの火焔猫の鳴き声の原因は、この血の臭いと関係があるのか?
「お燐?」
 それとも、別の火焔猫か。さとりは血の臭いに誘われるように、ふらふらとそちらへ足を向ける。
 そして、たどり着いた場所は、その部屋の前。
 ドアに掛けられたプレートには、さとりの文字で『こいし』と、そう記されている。
 血の臭いは、確かにこの部屋の中から漂っている。
 ごくり、とさとりは唾を飲んだ。
 このドアの向こうに何があるのか、さとりの理性はおそらく理解していた。ただ、脳がそれを受け入れようとしないだけで。
 今夜も、こいしの傍らで、あの火焔猫が眠っていたはずだ。あの悲鳴が、その火焔猫のものだとしたら、
『――こいし?』
 意を決して、さとりはドアをノックし、呼びかけた。
 返事はない。息を吐き出し、さとりはノブに手をかける。
『何かあったの? ――入るわよ』
 ドアを押す。軋んだ音をたてて、その扉は開かれる。

 次の瞬間、生臭い血の臭いが鼻をついて、さとりは顔をしかめ、
 ――そこにあった、半ば予期していた光景に、それでもただ、呆然と目を見開いた。

 火焔猫が、死んでいた。
 床の上に鮮血を散らして、完全に息絶えていた。
 首が、胴が、四本の足が、あり得ない方向にひしゃげていて、引き裂かれた毛皮から、臓物がはみ出して床の上に散らばっていた。
 ちぎれかけた首の、白目を剥いた瞳が、静かに虚空を見上げている。
 その視線の先にあるのは。
 ひしゃげた命を見下ろしているのは、鮮血に染まった影。
 その微笑みを、どす黒い赤に汚して。
 その両手を、滴る生臭い赤に濡らして。
 古明地こいしは、ゆっくりと振り返った。
『おねえちゃん』
 こいしは笑っていた。
 足下で死んでいるのは、あの火焔猫だった。
 こいしに懐いていた、こいしの友達になってとさとりが願った、あの火焔猫。
 名前も無いその猫は、名を与えられることもなく、こいしの足下で肉の塊になっていた。
『こいし――』
 どうして。
 どうして、こんなことになっている。
 こいしが殺した。あの火焔猫を。それは確かだ。
 そしてこいしは、笑っている。
 鮮血にまみれて笑っている。
『――どうして、こんな』
 こいしは、こんなことをする子だったか。
 違う。こいしは、こいしは哀れなぐらいに優しい子だった。
 相応の子供らしい残酷さは、確かに持ち合わせていたかもしれない。だけどこいしは――嫌われることを恐れて、自分の心を閉ざしてしまうような、弱い子だった。自分が他人を傷つけることを恐れて第三の目を閉ざしてしまう、優しい子だったはずだった。
 だからこそ、自分はずっと、こいしを守ろうと、
 この世界の全てのものがこいしを嫌っても、自分はこいしを守り続けようと、
 そう誓って、この地底にやってきたのに。
『死んじゃった』
 ぽつりと、足下の死骸を見下ろして、こいしは呟いた。
 何の感情も抑揚もない、平板な声。
『でもいいの。わたし、いらないから』
 何を。
 こいしが何を言っているのか、さとりには解らない。
『おねえちゃんも、いらないよね』
 どこまでも淡々と、何一つ起伏のない声で、こいしは続ける。
 さとりには理解できない言葉を、続ける。

『殺しちゃおう』

 それが、お燐や空へ、さとりのペットへ向けられた言葉なのだと、さとりには解った。
 こいしの心は、さとりには見えない。
 けれど解った。解ってしまった。
 こいしは、足下の火焔猫の死骸にはもう目もくれず、ふらふらとさとりの方へ足を向ける。
『殺しちゃって、いいよね?』
 こいしは笑った。
 感情を忘れた顔で、さとりへ笑った。
 それは、さとりの好きだった、優しい笑顔ではない。
 酷薄さすらも存在しない、無感情な笑顔。
 貼り付けただけの、能面のような笑顔。

『――駄目』
 理解できなかった。
 さとりにはどうしても、理解できなかった。
 なぜ、こいしがこんなことをするのかも。
 なぜ、こいしがこんな顔で笑うようになってしまったのかも。
 何がいけなかったのか。
 自分は、自分はこいしに、何を、
『駄目、こいし――』
 解らない。
 誰よりもわかりあっていたはずの、妹の心が。
 大切だったはずの妹の姿が、今はまるで、――恐ろしいものにしか、さとりには見えない。
『駄目ええええええッ!!』
 さとりは叫んだ。
 悲鳴のように叫んだ。
 それが拒絶だった。
 守ろうとした、守りたかった、大切な妹への。
 何よりも雄弁な、拒絶の言葉だった。

 ――次の瞬間。
 こいしの瞳から、光が消えたのを、さとりは見た。
 いや、光だけではない。
 こいしの瞳が、顔が、身体が、まるで蜃気楼のように、目の前で薄らいでいく。
 こいしの気配が、こいしの存在が、霞んでいく。
 それをさとりは、呆然と見送って――。

『おねえちゃん』
 最後に、こいしが自分のことを呼んだ気がした。
 けれど、そのときには、もう。
 古明地こいしの姿は、その場のどこにも、見あたらなかった。


      ◇


 世界が、水の中のようにゆらゆらと揺れていた。
 視界はただ、色のない世界を映している。モノクロームですらない、白と黒の区別すらない、のっぺらぼうの、透明な世界。身体の感覚もひどく曖昧で、ふわふわと漂っているような感覚だった。
 耳に届くのは、静かなノイズ。ざわめきのような、意味を為さない音の集合体。
 どこまでも、さとりの世界は茫漠としていた。
 ――ああ、これが、孤独の世界か。
 ぼんやりとした思考で、さとりは思う。
 これがこいしの世界。心を閉ざした、無意識に身を置くこいしの孤独な世界なのだ。
 なんて、静かなのだろう。
 なんて、安らかなのだろう。
 なんて――優しい世界だろう。
 誰も、さとりの存在に気づかない。
 誰も、さとりの存在を認識しない。
 隔絶された世界の姿は、フィルターを通したように曖昧なカタチをしている。
 これなら、怖くない。
 どんな悪意も。どんな敵意も。どんな畏怖も。
 ――どんな拒絶も、自分には届かない。
 だから安らかだった。さとりは、孤独な世界で目を閉じて、ただ静かに漂っていた。
 最初から、自分たちはこうあるべきだったのかもしれない。不意に、そう思う。
 誰からも好かれない恐怖の目。
 そう呼ばれて、誰からも遠ざけられ、恐れられ。
 それなら、最初からひとりでいれば良かったのだ。
 こんな安らかな孤独の世界を漂っていれば、誰も傷つけることも、嫌われることもないから。
 ああ、だからこいしも、心を閉ざしたのだ。
 今ならそれが解る。この安らかな孤独の中でなら、きっと自分も、穏やかにあれるだろう。
 ――これで、こいしとおそろい。
 きっと、これで、またこいしとわかりあえる――。

『さとり――さとり、聞こえてるかい――』

 声が。
 孤独な世界のノイズの中に、紛れ込む声があった。
 その声の主が誰だったのか、さとりには思い出せない。
『ほら、着いたよ。お前さんの家だ。地霊殿だ』
 優しく、声は語りかける。
 ――優しく。
『なあ、お前さんに何があったのか、私は知らないが』
 色が。
 無色透明だった世界に、ほのかな色が差す。
『いつか、お前さんは私に言っただろう。自分の楽園は、この地霊殿だって』
 優しい声。優しい色。――あたたかな、いろ。
 その色が、光のように、さとりの瞼を貫く。
『だったら、お前さんは笑っていておくれ。ここは、楽園なんだ。この地底に生きる者たちの』
 さとりは、手を伸ばした。
 ゆっくりと、その色に、光に、手を伸ばした。
『私のようには、ならないでほしいんだ――』
 そして、笑顔が見えた。
 星熊勇儀の。火焔猫燐の。霊烏路空の。
 笑顔。それが笑顔というものだと、さとりは知っている。
 笑顔というものに、込められた心のカタチを、知っている。
『さとり』『さとり様』『さとり様ー』
 親しい者たちの、大切な者たちの声が、聞こえる。
 泣きたくなるほど、あたたかい、笑顔。
 それは心だ。かつてさとりに向けられていた心。優しい、愛おしい、古明地さとりという存在を大切に思ってくれる者たちの、心のカタチだった。
 第三の目に映る《心》ではない。
 きっとそれは、この両目だけでも知ることのできる、心の――。
「あ――」
 さとりは、それを見ようと――瞼を、開けた。


     ◇


「誰だ――!?」
 瞼を開けて、さとりが最初に聞いたのは、怒気をはらんだ誰何の声だった。
 相変わらず視界は焦点を結ばず、世界はひどくのっぺりとしていたが、誰かの肩越しに自分は地霊殿を見上げているのだということは解った。そして次に、自分が誰かに負ぶわれているのだということも。
「ちっ、姿を隠してとは穏やかじゃないね」
 その声と、頬に触れる長い金髪に、さとりはそれが星熊勇儀であるということを悟る。
 自分は勇儀に負ぶわれて、地霊殿まで運ばれたのだ。
 たったそれだけのことを理解するのも、ひどく時間がかかった。緩慢な思考のまま、さとりは力なく顔を上げ、
「誰だか知らないが――今は相手をしてる場合じゃないんだ。手合わせが希望なら姿を現しな。それも出来ない腰抜けなら、黙って見送ることだね。――次は無いよ」
 勇儀が、怒気を隠さず何者かを威圧している。
 怒気、とその感情が、さとりにはやはり、理解できる。
 勇儀の顔を見れば、その頬に血が一筋伝っていた。その赤さに、さとりは身を竦め、

「――ちゃん、なんて」

 その微かな声に、さとりは目を見開いた。
 のっぺりとした視界の中に、さざ波のような揺らぎを、さとりは見た。
 意味を失った世界の中で、確かに感じる、見えない気配。
 その揺らぎは、かつて第三の目で見つめていた《心》に、とてもよく似ている気がした。
 その心は。《感情》は――。

「だい、きらい――」

 こいし。
 こいし、だ。
 その声は。その色は。その――気配は。
 目には見えないけれど、その揺らぎは確かに解る。
 古明地こいしの、誰よりも大切な妹の《心》の色。
「こい、し」
 さとりは掠れた声をあげた。その手を伸ばした。目に見えない気配の方へ。
「さとり、お前さん――」
 驚きの声をあげた勇儀に構わず、身を乗り出すようにさとりは叫んだ。
「こいし――」
 バランスを崩し、さとりは勇儀の背から転がり落ちる。地面に叩きつけられるが、漠然とした身体の感覚は痛みを伝えてこない。勇儀が慌てて駆け寄ってくるが、それももうさとりの視界には入っていなかった。
 さとりが見ているのはただ、走り出した見えない気配。
 平板な世界に揺らぐ、妹の気配――。
「――こいし!」
 勇儀の手を振り払って、さとりは身を起こし、走り出した。身体に、失っていた力が戻ってくる。それは意志の力だ。さとりが一度手放した、意志という力。
 妹を、逃げ出した妹を追いかけて捕まえるという、明確な意志。
 今その手を掴めなければ、今言葉を届けられなければ、もう自分は二度とこいしに触れられないだろうという、確信があった。そんな予感に突き動かされて、さとりは走り出した。
 ほの暗い地底の闇の中――旧都の雑踏へと向かって。

 目の前を、のっぺらぼうの影がいくつも通り過ぎていく。
 理解できない存在たち。その無数の影に、今のさとりは怯えることも忘れていた。
 いや、むしろその雑踏は、さとりに対してあまりにも雄弁だった。さとりの知りたいことは、今は通りすがる誰の心でもない。ただ――こいしがどこへ向かっているのか、それだけだった。
 通りすがる妖怪たちは、無意識に何かを避けていく。
 その避けていく通り道を、揺らぐ気配が走っていく。
 第三の目を開いていたら、無数の《心》に惑わされて、その気配に気づけなかっただろう。
 目を閉ざしたからこそ、見えるものがある。
 世界が平板だからこそ、見えないこいしの存在が、はっきりと感じられる。
 こいしはそこにいる。手の届く距離にいるのだ。
 盲目ではない。第三の目を閉ざしても、この目は世界を見、この身体は何者かに触れられる。
 だからさとりは、無意識に何かを避けていく雑踏の流れを辿りながら、手を伸ばして、叫んだ。ざわめきの中にも響く声で、その名前を呼んだ。
「――こいし!」
 気配が揺らぐ。躊躇うように、気配が足をゆるめる。
 さとりの手が――見えない何かを、掴んだ。
 それが、最愛の妹の手だと、さとりには解った。
 何も理解できない孤独な雑踏のただ中で、見えないその手の感触だけが、あまりにも確かだったから。
「つかまえた――やっと、見つけた」
 だからさとりは、笑いかけた。
 その気配に。そこにいるはずの妹に。
「こいし」
 名前を、呼んだ。
 恋し、恋しと請いし心を、その三文字の響きに乗せて。

「……おねえ、ちゃん」

 姿が。
 ずっと見えなかったその姿が、その場に現れる。
 リボンの結ばれた帽子。少し青みがかった銀色の髪。あどけない顔に、こちらを見つめるその瞳――。
 その顔を見て、さとりは知る。
 ――本当に、自分は妹のことを、何も解っていなかったのだということを。

 目の前に見つけた、こいしの顔は。
 通り過ぎていく妖怪たちのような、のっぺらぼうではない。
 確かに、古明地こいしの顔をしている。
 その表情に込められた感情は、読みきれはしないけれど、それは普通のことなのだ。
 第三の目が見えなくても、さとりには解る。
 そこにいるのが、大好きな妹だと。

 こいしは心を閉ざしてしまったのだと、ずっとそう思っていた。
 第三の目で、その《心》が見えなくなってしまったから。
 だけど、こいしは本当は、心を閉ざしてなどいなかったのだ。
 だって、《心》が読めなくても、さとりにはこいしの表情がずっと見えていたから。
 のっぺらぼうなどではなく、古明地こいしとして、理解できていたから。
 こいしはずっと、さとりに心を開いていたのだ。
 自分の、心を読めるという思いこみが、傲慢が、それを見えなくしていたのだ――。

「――ごめん、なさい」

 さとりはぎゅっと、妹の身体を抱きしめた。
 妹の両手は、抱きしめ返してはくれなかったけれど。
 その髪からは、ふわりと懐かしい匂いがした。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:04 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:04 | - | - |
Comment
始めまして!
いつも当分過多になりながら読んでいますw

今回は北都祭お疲れ様でした!自分も大量に買い込んだのでこれから時間をかけて読んでいきます。

それでは体調を崩さないように気をつけながら頑張ってください!
Posted by: TOMTOMCAT |at: 2010/05/24 12:35 AM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links