Entry: main  << >>
りん×くう! 13/霊烏路空
 地底組の立ち位置ってバランス取れてるなぁと思うとかそういう話。









 普段、地霊殿から出歩かない空に、旧都を中心とした地底の土地勘などあるはずもない。
 頼りになるのは、先日お燐に連れられて地上へ出たときに通った道の記憶だが、いかんせん空の頭であるから、記憶の中の道筋など既にほぼ忘却の彼方だ。
 あのとき手を引いてくれたお燐も、今は隣にはいない。
 お燐はいなくなってしまって、自分はそれを探しているのだから。
 そのことだけは忘れないように繰り返しながら、空は鴉の姿で旧都の上空を飛んでいた。
 お燐と一緒に地上に行ったときは、たしかずっとまっすぐ歩いたような気がする。不確かだけれど、色んな妖怪が行き交う大きな道を、お燐に手を引かれてまっすぐ歩いたような記憶は、空の小さな頭の中にも辛うじて残っていた。
 上空、といってもそれほど高くは無いが、地底の天井近くから見下ろした旧都の街並みは、中心を貫くように旧地獄街道がまっすぐに走っている。
 目印はそれだけで、空はただそれに従ってまっすぐに飛んでいた。
 ――お燐は、地上にいる。
 なんとなく、そんな気がするのだ。
 白くて冷たくて綺麗な、雪に覆われたあの地上。
 お燐とふたりで行った、ゆでたまごをもらったあの神社。
 それ以外にあてが無かった、というのはある。お燐が普段、地底のどこをうろついているのかも空は知らなかったから、心当たりがひとつだけなのを、予感と勘違いしているだけかもしれないけれど。
 それでも、お燐は地上にいる気がした。
 あの真っ白な雪の中に、ひとりぼっちで佇んでいる気がした。
 だから空は飛んでいく。その背中を追いかけるために、そこに追いつくために。
 追いついてどうするのか、なんてことは考えてすらいなかった。
 ただ、お燐に会いたかった。
 傷ついた顔で、自分の元から逃げ去っていったお燐に、もう一度。
 ただその一念だけで、空は旧都の上空を飛び続けて――そして、入り口に辿り着く。
「うにゅ!?」
 旧都の街並みが途切れ、岩壁が目の前に迫り、空は慌ててその場に降り立った。危うくぶつかってしまうところだった。一息ついて、地面に降り立った空は視線を上げる。
 旧都の街並みが途切れる場所は、開けた空洞の終わりでもあった。そこから先は、岩壁の中に暗く狭く細い通路が続いている。鴉の姿のままで飛ぶにはちょっと狭くて怖いから、空は自分の姿を人型に戻した。
 両足で地面に立って、目の前の暗い通路に足を踏み入れる。
「……お燐」
 不安を紛らわすように、親友の名前を呟いた。
 おくう、と呼んでくれる声が浮かんで、ほっと胸の奥があたたかくなった気がした。
 暗く狭い道を、半ば手探りでゆっくり進んでいく。
 地上へ通じる道は、こっちで合っていただろうか。
 思い出そうとしてみるけれど、握りしめたお燐の手の感触と、目の前で揺れていたお燐のお下げ髪ばかりが浮かんで、この道が正しいのかは解らなかった。
 解らないなら、前に進むしかないのである。
 行き止まりなら、引き返せばいいだけだから。
 お燐がこの先にいてくれると信じて、空は両足を前へ進めて――。

 不意に、視界が開ける。
 再び広がる空洞、その先にあるのは――細い川と、そこに架かる橋。
 誰もいない、渡る者の途絶えた橋と、その上空から細く差し込んでいる光。
 そういえば、この橋をお燐と渡ったような気がする――。
 そんなことを思って、空は橋の方へ一歩を踏み出して、

「ひゃーっほー……って、あぶなあああああっ!?」
 突然の、横からの反響する歓声と悲鳴。
 空が驚いて振り向くと、目の前にあったのは誰かの足の裏。
 どげし、と派手な音とともに、激突する。
「うにゃあ!?」
 真横から全く唐突に顔面を蹴飛ばされて、空は吹っ飛ぶようにその場に転がった。
 ごちん、と後頭部を地面に打ち据えて、目の前に火花が散る。
 明滅する視界の中、頭上に何か、ぶらん、ぶらんと揺れる影。
「あっちゃー、ごめんなさい、大丈夫!?」
 そのぶらぶらしていた影は、掴まっていた白い糸から手を放して、倒れた空の傍らにかがみ込んだ。空の視界にその顔が映る。金色のポニーテールと暗い色のリボンが揺れた。
 ――だからヤマメちゃん、危ないって言ったのに……。
 空を覗きこむ少女の傍らに、桶に入った少女がふわふわと飛んでくる。
「ごめんねホント、悪気は無かったから――」
 ヤマメと呼ばれた金髪の少女は、そう言って心配そうに空の顔に触れた。
「……うにゅ」
 空がそう呻くと、不意にヤマメはきょとんと目を見開く。
「うにゅ? って……あんた」
「ほへ?」
 まだ顔も後頭部も痛かったけれど、首を振って空は身体を起こした。その姿を、ヤマメはしげしげと物珍しそうに見つめる。主に、空の背中にある鴉の黒い羽根を。
「あんた、地獄鴉?」
「うん」
「ひょっとして、おくう、って呼ばれてたりしない?」
 その言葉に、空は目をしばたたかせた。目の前の少女には、たぶん合ったことはないと思うのだけど、どうして彼女はその呼び名のことを知っているのだろう。
「うにゅ、何で知ってるの?」
 首を傾げた空の目の前で、ヤマメは傍らの桶に入った少女と顔を見合わせていた。


      ◇


「私はヤマメ、黒谷ヤマメ。で、こっちはキスメね」
 ――ええと、初めまして。
 キスメと呼ばれた桶入り少女は、ふわふわ浮かんだままぺこりと頭をひとつ下げた。つられて空もお辞儀をひとつする。
「あんたは、お燐の親友の、地獄鴉のおくうでいいのよね?」
「うん」
 ヤマメに確認されて、改めて空は頷く。
「あ、私はお燐の友達。たまに一緒にご飯食べたりするぐらいだけどさ」
「ともだち?」
「そ」
 なるほど、と空は納得する。お燐の友達だから、自分のことも知っていたのか。
「で、あんた、こんなところで何してるの?」
「うにゅ?」
「お燐は一緒じゃないの? ひょっとして迷子?」
 お燐。お燐は、今はいない――。顔を伏せた空に、「あーいや怒ってるわけじゃなくてね、やりにくいなぁ」とヤマメは頭を掻いた。
「お燐がね、いなくなったの」
「え?」
「だから、さがしてるの。お燐、しらない?」
 お燐の友達なら、居場所を知ってるかもしれない。そう思って、空は問いかける。
 けれどヤマメは、また傍らのキスメと顔を見合わせて、小さく肩を竦める。
「いなくなったって――」
「どこか、いっちゃったの」
「お燐がこのへんふらふらしてるのなんて、いつものことじゃない?」
「うにゅ、そうじゃなくて」
 いつもとは違うのだ、ということは、空にだって解っているのだ。
 死体を萃めに出掛けていくときのお燐と、あのときのお燐とは、決定的に違う。
 あのときのお燐は、怯えて、逃げ出すように出ていったから。
「そうじゃなくて……えと」
 けれどそれを何と説明したらいいのか解らず、空は口ごもる。
 ヤマメは眉を寄せて、「……何があったのさ?」と空の顔を覗きこんだ。
 何があったのか、なんて空にだってよく解らないのだ。
 お燐がどうして、自分にあんなことをしたのかも。
 その間中ずっと、今にも泣き出しそうな、辛そうな顔をしていたのかも。
 空には全然解らないことばかりだから、今こうしてお燐を探しているのだ。
「うにゅ……」
「うにゅ、じゃわかんないって。お燐との間で何かあって、それでお燐がどっか行っちゃって探してるんでしょ、要するに。具体的に何があったのさ? 喧嘩したの?」
 喧嘩。喧嘩とは、違うと思う。だって、怒ってはいないし、痛くもなかった。
 ただ、お燐だけがひどく悲しそうにしていたのだ――。
「お燐がね、……えと、好きにさせて、って言ったの」
「え?」
「それでね、私に覆い被さってね――」
 訥々と、空はお燐のしたことを、ヤマメに語った。うまく説明できたのかはわからないけれど、空の目から見たお燐の行動は、だいたい説明できたような気がする。たぶん。
 ヤマメはそれを、何度か問い返しながら、難しい顔で聞いていて。
「――要するに、爆発しちゃったわけだ。全く、だから言ったのに」
 呆れたように、盛大にため息をひとつ、ヤマメは吐き出した。
「ばくはつ? かくゆうごう?」
「何さそれ。そうじゃなくて――何て言うのかな」
 ヤマメは隣のキスメを振り返る。キスメは何か真っ赤になって、桶の中に顔を隠していた。
「要するにさ、お燐はあんたのこと好きなわけよ」
「うにゅ」
「その気持ちがちょっと暴発しちゃって、それで絶賛自己嫌悪中なんでしょ、きっと」
 全くめんどくさいんだから、とヤマメは肩を竦める。
 いまいちヤマメの言うことがよく解らず、空は首を傾げた。その反応に、ヤマメは小さく鼻を鳴らす。
「あのさ、一応確認するけど、あんたはお燐のこと、どう思ってるわけ?」
「お燐のこと? 好きだよ」
「――それは、友達として? 家族として? それとももっと別の意味で?」
「うにゅ?」
 そんなこと言われても、「好き」は「好き」ではないか、と空は思う。
 空はお燐が好きだし、お燐も自分のことを好きと言ってくれた。
 ……でも、それならどうしてお燐はあんなに辛そうな顔をしたのだろう。
 空はただ、お燐がそばにいてくれれば、それで嬉しくて、幸せなのに。
「あのさ、《好き》にも色んな意味があること、解ってる?」
「ほえ」
「例えば――そう、あんた、好きな食べ物は何さ?」
「たべもの? えと、ゆでたまご!」
 お燐と一緒に食べたゆで卵の幸せな甘さを思い出して、空の顔が少しほころぶ。
「ゆで卵ねえ。じゃあ、今ゆで卵がここにあったら、食べたい?」
「食べたい!」
「じゃあ――同じ《好き》なお燐が今ここにいたら、ゆで卵みたいに食べたい?」
「……うにゅ?」
 それは、違う。お燐はたべものじゃない。お燐は、空の親友だから。
 ゆでたまごは好きだ。お燐も好きだ。でも、お燐はたべものじゃない。
 あれ? じゃあ、《好き》っていったい、なんだろう――?
「えと、じゃあ……お燐、私のこと食べたいって思ってたの?」
「いやそうじゃなくて。そんなに間違ってもいないけど違うから」
「うにゅ、むつかしい……」
 ゆでたまごの《好き》と、お燐の《好き》。
 同じ《好き》なのに、何が違うんだろう。
「世の中、色んな《好き》があるわけよ。――要するに、お燐があんたに向ける《好き》と、あんたがお燐に向ける《好き》とが、どっかですれ違っちゃったのよ」
「なにが、ちがうの?」
「それを口で説明できれば苦労はしないんだって、お燐もきっとさ」
 目を細めるヤマメに、空は唸る。それじゃやっぱり、自分にはわからない。
 自分はお燐が好きなのに、お燐の気持ちが自分と違うなんて言われても。
 いったい、何が違ってしまっているんだろう。
「いや、すれ違ってるって、お燐が勝手に思ってるだけなのかもしれないけどさ」
「ほえ」
 ますますわけがわからない。混乱する空の前で、ヤマメはキスメに手招きした。寄ってきたキスメを、ヤマメは桶から引きずりだす。小さく悲鳴をあげたキスメを、そのまま膝の上に抱きしめて、「とりあえずキスメ分補充〜」とよく解らないことをヤマメは呟いた。キスメはその腕の中で真っ赤になっている。
「じゃあ、肝心なことをひとつ確認しとこうか」
 キスメを膝の上に抱いたまま、ヤマメはぴっと指を一本立てた。
「あんた、お燐に押し倒されたとき、お燐にされたこと、嫌だった?」
 お燐にされたこと。唇や首筋を吸われて、胸の膨らみをまさぐられた。
 それそのものが嫌だったわけじゃない。嫌だったのは――そうするお燐が、ひどく辛そうな、苦しそうな顔をしていることで。
「……ううん」
「嫌じゃなかった。じゃあ、お燐が辛そうじゃなければ、嬉しかった?」
 想像してみる。お燐が、いつもの笑顔で同じことをしたら。
 幸せそうな微笑みで、『好きだよ』と囁いて、同じように自分に触れたら。
 それはきっと――空にとっても、幸せなことだと、そう思った。
「たぶん……うれしい」
 空が頷くと、「――そっか」とヤマメは顔をふっとほころばせる。
「よし、それなら話は早そうね」
 ――や、ヤマメちゃん?
 腕に抱かれたキスメが、少し不安げな顔でヤマメを見上げた。ヤマメはそれに構わず、空の肩に手を掛け、その顔を正面から覗きこむ。
「もひとつ確認。――お燐と同じこと、今私があんたにしたら、あんたは嫌?」
 空は一瞬、その問いの意味を掴みかね、それから「う」と小さく呻いた。
 目の前のヤマメが、お燐と同じように、自分を吸ったり、触ったりする。
 それは、どうしてだか解らないけど、なんだかちょっと、嫌だ。
「私にされるのは嫌なのね?」
 もう一度聞かれ、空はこくこくと頷いた。「よろしい」とヤマメは満足げに頷く。
 ――ヤマメちゃん。
 その腕の中で、キスメが軽く怒ったように頬を膨らませた。
「キスメ?」
 ――……たとえ話でも、私の前でそんなこと言っちゃ、やだよ。
 きゅっとヤマメの胸元を掴んで、頬をすり寄せるようにしてキスメが囁いた。
 ――ヤマメちゃんが、わたし以外にそういうことするの、わたしも、嫌だから、
「はいはい、解ってるってば」
 ヤマメは苦笑して、キスメの髪を優しく撫で、その額に唇を寄せた。
 真っ赤になるキスメに、ヤマメは軽く頬ずりして、それからまた空に向き直る。
「さて、おくう。あんた今、お燐を探してるわけよね?」
「う、うん」
「探して、見つけたらどうするの?」
「うにゅ? 見つけたら……」
 見つけたら。お燐を見つけたら、どうしようと思ったんだっけ。
 ああ、そうだ。お燐が辛いなら、そばにいようと、そう思ったんだ。
 それが友達だって、お燐が教えてくれたから。
「お燐が、つらかったり、かなしかったりするなら、そばにいる」
「――だけど、お燐はあんたがそばにいること自体が、辛いのかもしれないよ?」
「う、うにゅ……」
 そんなことを言われても困る。そばにいるのが辛いなんて――それじゃあ、どうすればいいのだ。友達なのに――。
「よし、じゃあ地底のアイドル黒谷ヤマメちゃんから、恋のワンポイントアドバイス」
 ヤマメは人差し指を空に突きつけて、笑顔でひとつウィンクした。

「あんた、お燐を見つけたら――その服はだけて、誘惑しなさい」

 空は、何を言われたのかよく解らなかった。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:02 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:02 | - | - |
Comment
いいぞ ベイべー!
襲われても追っかける奴はお空だ!!
襲われた後誘惑する奴はよく訓練されたお空だ!!
ホント 地霊殿は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
Posted by: |at: 2010/05/18 1:39 AM
うおおヤマメ姉さんイカスぅ!!
やべぇこれ少なくともりん×くうは見つけられた時点で解決が約束されたじゃないか!
上のコメント上手すぎて吹いたしw

そして前回のさとりん墜落と、双方の気持ちにそれほど差は無いはずなのにこの落ち込み具合の差……バカって偉大だよなぁマジで……
Posted by: くらん |at: 2010/05/18 6:51 AM
ヤマメさん、頼むからその調子でさとり様を救ってください。前回とギャップがひどすぎますw
Posted by: ハムビー |at: 2010/05/18 8:57 AM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links