Entry: main  << >>
りん×くう! 10/霊烏路空
 何か気がつくといつも同じような展開になってるのでどうしたものか(ry









 その少女がそこにいることに、しばらく空は気がついていなかった。
 彼女の存在に気付いたのは、古明地さとりという少女から《空》の字を与えられ、お燐とともにそれぞれ、この地霊殿での仕事を与えられた頃のこと。
 ときどき様子を見に来るさとりの近くに、存在感の薄い少女がいる。
 影のようにさとりの後ろについて回る、帽子を被った少女が。
『さとり様』
『なあに?』
『うしろ、だれですか?』
 空の問いかけに、さとりはきょとんと目を見開いて、それから後ろを振り返る。
 帽子を目深に被ったその少女は、ぼんやりと蜃気楼のようにそこにいた。
『……紹介してなかったかしら?』
『うにゅ?』
『こいしよ。古明地こいし。私の妹』
 ――そういえば、そんな名前を聞いたような記憶も、あるような無いような。
 空は首を捻りながら、さとりの背後に佇む少女を見やる。
『こいし、様?』
 空がそう呼びかけると、不意に少女はゆっくりと顔を上げた。
 青い瞳が、ひどく茫漠とした視線で、空を見つめる。
『空。あなたもこいしと、仲良くしてあげて』
『ほへ』
 さとりがそう言ったとき――不意に、こいしと呼ばれた少女の気配が、揺れた気がした。
 それが何を意味しているのか、空には解るはずもなかったのだが。
『こいし様、うつほ……空です、よろしくー』
 えへへ、と笑って言った空に、こいしは――薄く笑い返した。
 ――それは、微笑みを形作っているはずなのに。
 どうしてか、空にはその顔が、笑っているようには見えなかった。


      ◇


 地霊殿は、かつてそうだったように、しん、と静まりかえっていた。
 主は居ない。親友も居ない。居るのはただ、自分ひとりだけ。
「……うにゅ」
 リビングの片隅に座り込んだまま、空はただ、その静寂の中に息をひそめていた。
 ボタンの弾け飛んだままの服、その前を押さえて、ぼんやりと床を見つめる。
 コチ、コチ。大時計が時を刻んでいく音は、ひどく緩慢だった。
「お燐……」
 呼びかけても、応えてくれる親友の声はない。
『あんたのこと、好きに、させて』
 熱に浮かされたような、そんなお燐の声が耳元に甦った気がした。
 あのとき。お燐は空に覆い被さって、口に口を押し当てて、口の中を舐め回して――身体のあちこちに触れて、吸い付いて。そんなことを、貪るようにしてきた。
 空には解らなかった。お燐が、どうしてそんなことをするのか。
 解らなかったから――怖い、と思ってしまった。
 見たことのない色の瞳で、自分を見つめるお燐が。
 むしゃぶりつくように、自分の身体に舌を這わせるお燐の行為が。
 その意味が解らなくて、空は、嫌がってしまった。
 それがいけなかったのだろうか?
 自分が嫌がったから、お燐はあのとき――あんな泣き出しそうな顔で、自分から離れて、そして飛び出していってしまったのだろうか。
『そんな、おりん、いやだよ――』
 嫌では、無かった。触れられること、舐められること、それ自体は。
 お燐のことは、空は好きだから、お燐に身体を触られたって、顔を舐められたって、嫌なことなんてない。それが、ただ純粋にお燐の好意の発露であるのなら。
 だけど――あのときのお燐は。
 まるで、自分自身を痛めるつけるために、そうしているようで。
 空の肌に触れながら、今にも泣き出しそうな顔をして――。
 そんな顔を、してほしくなかっただけなのに。
 空はただ、お燐に笑っていて欲しかっただけなのに。
 ――何がいけなかったのだろう?
 何がお燐に、あんな悲しい顔をさせてしまったのだろう?
 何がお燐を――傷つけてしまったのだろう?
 考える。空は普段あまり使わない頭を一生懸命に使って考えるけれど、解らない。
 空は、お燐が好きだった。
 お燐も、自分のことを好きでいてくれると思っていた。
 だけど何か、――何かが、すれ違ってしまっていた。いつの間にか、空の知らないうちに。
 そのすれ違いの正体が、空には解らないのだ。
「……さとり様」
『大丈夫。……私が、お燐を連れて戻るから』
 主の言葉を思い出す。お燐が飛び出していった後、さとりが自分にかけた言葉。
『だから、その服は着替えて、向こうで待っていて。ね?』
 心の読める主なら、その違いも解っているのだろうか。
 ――自分も、さとり様のように心が読めたらいいのに、と空は思う。
 そうすれば、お燐の考えていることも、望んでいることも、すぐ解るのに。
 そうすればきっと、お燐にあんな顔をさせなくても済んだはずなのに。
「お燐……」
 ぎゅっと自分の身体を抱いて、空は震えた。
 いつもは、ひとりで居ても平気だった。灼熱地獄の炎を見守る、仕事の時間。基本的に空はひとりだったけれど、それを寂しいとは思わなかった。仕事が終われば、お燐は帰ってきて、それから先はずっとお燐と一緒だったから。
 お燐はいつだって、ちゃんと自分のそばにいてくれる。
 そう思っていられたから、寂しくなんてなかった。
 だけど、今は。地霊殿にひとり残されて、空はひどく孤独だった。
「お燐……っ」
 居ない。お燐が居ない。――居なくなる。自分のそばから。
 その想像に、身も凍るような寒気が襲った気がして、空は身体を丸めて震える。
 そんなのは、嫌だ。
 お燐がそばにいてくれなきゃ――嫌だ。
 なんで嫌なのかなんて、解らないけれど。
 お燐が居ないなんて、耐えられない。
 お燐にそばに居てほしい。
 隣に居て、笑っていてほしい。
『おくう』って、名前を呼んでほしい。
 ――そんな、当たり前のはずだったあらゆることが、ひどく恋しくて。
 それは同時に、――飛び出していったお燐が、もう二度とここに戻ってきてはくれないのではないか、という想像を、真実のように塗り固めていく。
 そんな、得体の知れない感情の波に揺さぶられたまま、空は膝を抱えてうずくまり。
 混乱する思考から逃げるように、ぎゅっときつく目を閉じて――。

 目の前を、誰かの気配が通り過ぎた。

 はっと空は顔を上げる。今、誰かがそこに居た。自分の目の前を通っていった。
「お燐?」
 いや、違う。辺りを見回してみるけれど、お燐の姿はどこにもない。
 それどころか、やはり今ここには空ひとりしか居ない。そのはずなのに。
 誰かの気配が――確かに今、目の前を通っていった。
 姿は見えない。だけれど、確かにそこにいる誰か。
 ひどく朧に霞んだ、希薄な存在感。
「……だれ?」
 空はその気配に呼びかけた。まだこのあたりに居るはずだった。
 お燐ではない。そのはずはない。しかし、だとしたら――。
 ふとそこで、空は思い至る。こんな希薄な気配には、覚えがあった。
 誰かが居た。もうひとり。お燐と、さとり様と、もうひとり。この地霊殿に。
「こいし、様?」
 そう、こいしだ。
 さとりの妹。ひどく存在感の希薄な、あの青い瞳の――。
「こいし様なの?」
 そういえば、随分と彼女の姿を見ていなかった気がする。
 いつからだったのかは、もう覚えていないけれど。
 空は立ち上がり、気配の通り過ぎて行った方向に足を向ける。
 そちらにある部屋が、誰の部屋なのかは、空も覚えていた。
 ――さとりの部屋だ。
「こいし様――」
 空は呼びかける。何故だか、その気配はこいしであるという確信があった。
 他に、この地霊殿に現れる気配の心当たりが無かっただけかもしれないが――。

「……なんで最近、こう簡単に見つかっちゃうのかなあ?」

 不意に、目の前の景色がずれるような感覚。
 そして、次に空が気がついたときには、まるで最初からそこに居たかのように。
 古明地こいしは、その場所に、――さとりの部屋の前に佇んでいた。
「あ、やっぱりこいし様だったんだ」
「正解。……何で解ったの?」
「うにゅ? んー、なんとなく」
 ふうん、とこいしは目を細める。その口は問いかけを発してはいたけれど、表情はひどく平板な笑みのままで、そのことに空は違和感を覚える。
「ねえ、おくう」
「にゅ」
 不意にそう呼ばれ、空は小さく身を竦めた。
 ――おくう、と自分のことを呼ぶのは、今までお燐だけだった。
 さとり様は《空》と呼ぶし、他に誰かと会うこともほとんど無い。
 だから、その呼び名をお燐以外から言われたことに、空は居心地の悪さを覚える。
「あれ、駄目だった? お燐がそう呼んでたから真似しただけなんだけど」
 薄い微笑のまま、こいしは平板な調子でそう言う。
 空がふるふると首を横に振ると、こいしはどこか楽しげに目を細めた。
「じゃあ、おくう。ひとつ、お願い」
「?」
「私がここにいたこと、――お姉ちゃんには黙っててね」
「ほへ」
「約束だよ? 破ったら、殺しちゃうからね」
 微笑んだまま言ったこいしに、うにゅ、と空は身を竦める。
 怖がらなくていいのに、とこいしは続けた。相変わらず、無感情な響きの声で。
「ああ、そうだ、おくう」
「うにゅ」
「大変だったね、さっき。見てたよ、お燐の」
「――――」
 空は息を飲んだ。こいしはただ微笑のまま、――何の感情もない笑みのまま。
「お燐……」
「ねえおくう、どうしてみんな、誰かを好きになっちゃうんだろうね?」
「ほへ」
 不意に帽子を目深に被り直して、こいしは呟くように言った。
「誰も、好きになんてならなければ」
 帽子に隠された、こいしの顔が。
 ――微笑み以外の表情を浮かべているように、空には見えた。
「そんな気持ち、知らなければ――良かったのにね」

 次の瞬間。空がはっと気付いたときには、もうこいしの姿は消えていた。
「こいし様?」
 呼びかけても、どこにも見つからない。うにゅ、と空は首を傾げる。
 こいしはこんなところで、何をしていたのだろう。
 あんな風に姿を隠してまで――いったい、何から隠れているのだろう。
 そんなことは、空には解らなかったけれど。
「うにゅ……」
 こいしが最後に残した言葉が、空の頭の中をぐるぐると回った。
『誰も、好きになんてならなければ』
 それは、誰と誰のことだろう。
 自分と、お燐のことだろうか?
『そんな気持ち、知らなければ――良かったのにね』
 空は、お燐が好きだ。
 それがいけなかったのか? お燐を好きになったのは、いけないことだったのか?
 何が悪かったのか、誰が悪かったのか――どうして、お燐が泣きそうな顔をしたのか。
 やっぱり、空には答えなんて解らないけれど。
『好きなんでしょ? あの火車の娘――』
 誰かから問われた言葉が、不意に甦った。
 それを自分に問いかけたのは、誰だっただろう。思い出せない。
 けれど、自分がそれに何と答えたのかは、空にも思い出せた。はっきりと。
『うん、大好きだよ』
 ――そう、確かに自分はそう答えた。それから、それからどうした?
『好きな相手がそばに居なくて――寂しくない?』
 そうだ、そう聞かれた。
『だいじょぶだよ。だって、お燐は必ず帰ってくるもん。だからお燐は、いつも私のそばにいてくれるから。さみしくないよ』
 そして自分は、そう答えた。誰に? 思い出せない。思い出せないけれど。
 交わした言葉は、はっきりと甦る。
『……もし、帰ってこなかったら?』
『にゅ、それは困るなぁ』
『困るだけなの?』
 記憶にない誰かは、そう目を細めて――緑の瞳でそう問いかけた。
 だから自分は。空は。その問いかけに、答えたはずだ。
『困るから、探しに行くよ。お燐がいないなんてやだもん』
 ――そうだ。何をしているのだ、自分は。
 空は顔を上げる。ぐるぐる渦巻いていた問いかけの答えが、見つかった気がした。
 難しいことは、自分にはよくは解らないけれど。
 お燐が居ないのは、嫌だ。
 お燐のことが、好きだ。
 それは、難しくなんてない。簡単で単純な、空の中の本当の気持ちだから。
 だから、自分はそれに従うのだ。
 お燐が居ないのは嫌だから。お燐のことが好きだから。
 ――お燐を、探しに行く。
『だから、その服は着替えて、向こうで待っていて。ね?』
「うにゅ……さとり様、ごめんなさい」
 言いつけを破る後ろめたさはあったけれど、きっとお燐を探すことは、主の言いつけよりも大事なことなのだと、そんな確信が空にはあった。
「お燐――」
 お燐は、どこにいるだろう。
 今の自分のように、ひとりぼっちでいるのだろうか。
 寂しくて、悲しい思いをしているのだろうか。
『友達っていうのは、さ』
『うにゅ』
『寂しいときとか、悲しいときに、そばにいてくれる誰かのことだよ』
 ――いつか、お燐はそう言ったのだ。
 だから、もしもお燐がそんな気持ちでいるのなら、そばにいてあげなきゃいけないのだ。
「お燐っ――」
 空はそのまま、地霊殿を飛び出す。そして、その姿を久しぶりに人型から鴉へと戻した。人の姿は、あちこち飛び回るには大きくて不便で、目につくから。
 一羽の地獄鴉が、地霊殿から地底の仄暗い闇の中に飛び立つ。
 逃げ出してしまった大切なものの姿を求めて、翼をはためかせる。

 ――それを見送る誰かがいたのかどうかは、定かではなかったけれど。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 22:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:18 | - | - |
Comment
続き乙です。
同じようって言っても形は色々ですよ!

何はともあれ、この先も楽しみにしてるので、頑張ってください!
Posted by: |at: 2010/04/04 11:12 PM
本当に。「同じよう」なのはそれだけ「解決すべき」「難しい問題」を書いているからで、それが多くの悩みと救いを内包しているから俺の心を打ってくれるのだと……あぁなんか表現が中途半端だw

とりあえず「新しいことを探すのも諦めたりしちゃいけないんだろうけど、これまで書いてきた浅木原さんんの作品はどれも大体大っ好きですよー」と言うことが言いたい。うん。
Posted by: くらん |at: 2010/04/05 2:18 AM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links