Entry: main  << >>
ゆう×ぱる! 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 そして――。










 それを幸福と呼ばずして、何をそう呼ぶに値するだろう。


       ◇


 パルスィと旧都で過ごす時間は、ゆっくりと、賑やかに流れていた。
 結婚式は、旧地獄街道を中心に盛大にやろうと周りが言い出した。恥ずかしがるパルスィを尻目に、皆がすっかり乗り気になって、式の段取りを打ち合わせ始める。
 そんなに目立たなくたっていいのに、とパルスィは少し困り顔で言った。
 皆が祝いたいって言ってくれる気持ちを尊重しようじゃないか、と勇儀は答えた。
 自分が、パルスィと結ばれるということ。
 それを、旧都の仲間たちが盛大に祝福しようとしてくれる。
 悪い気分のはずもない。パルスィもそれが解ったのか、こくりと頷いた。
 少々派手な形にはなるけれど、この結婚式が上手くいけば。
 きっと、旧都は勇儀にとって、本当に地底の楽園になるだろう。
 愛すべき地底の仲間たちがいて。
 この世で一番大切な、愛する女性がいる場所。
 それが旧都。星熊勇儀の楽園。
 そこに生きるから――自分は、紛れもなく幸福だった。

 ヤマメが笑っている。
 キスメが笑っている。
 狂骨とその家族が笑っている。
 旧都の上役たちが、住人たちが笑っている。
 その中心に――自分とパルスィがいて。
 手を取り合って、寄り添って、笑い合っている。
 それが幸福だ。星熊勇儀の幸福だ。
 これからも永遠に続いていく、水橋パルスィとの幸福な暮らしの。
 その一ページに刻まれる、他愛ない光景。
 当たり前の日常の一コマ。
 ずっと続いていく――幸福の形だ。

 そう信じていた。
 いつか胸に燻った不安を忘れて、勇儀はそう信じていた。
 パルスィはずっと、自分のそばにいると。
 その細い身体をずっと離さずにいられると。
 彼女の温もりは永遠に、自分の傍らにあり続けるのだと。
 信じていた。信じ切っていた。
 ――いつか、星熊勇儀は水橋パルスィに誓ったから。
 ただ生涯、水橋パルスィだけを愛すると。
 それを証明するために、生涯をパルスィの傍らで過ごすと。
 そう誓ったから、――信じ切っていたのだ。
 自分がその約定を違えない限り。星熊勇儀が嘘をつかない限り。
 パルスィはずっと自分の隣にいるのだと――無邪気に、信じていた。

 永劫に変わらぬものなど無いと、その永い生の中で知っていたはずだったのに。


       ◇


「ああ、勇儀様。ちょうどいいところに」
 仕立屋の前を通りかかったところで、不意に勇儀を呼び止める声があった。
 足を止める。振り向くと、仕立屋の主である老婆がこちらに目を細めていた。
「なんだい?」
「いえいえ、頼まれていたものですがね、明日にもお届けにあがれるかと」
 勇儀は目をしばたたかせた。そうか、もう出来たのか。
 仕立屋に頼んでいた、自分とパルスィの結婚式の衣装。
「さすが、仕事が早いね」
「いえいえ。ちいと年甲斐もなく張り切っちまいましたよ」
 ほっほっほ、と老婆は目を細めて笑う。勇儀も微笑を返した。
「それなら、明日私が取りに――いや、式の当日まで預かってて貰えるかい」
 言いかけて、勇儀は考え直す。せっかくの花嫁衣装だ。我が家で保管しておくよりは、仕立屋に預けておいた方が間違いがなくていいだろう。
「はいはい、解りましたよ。でも、一度試着には来てくださいな」
「そりゃあもちろん。明日早速出向かせてもらうよ。なあ、パルスィ」
 そこで勇儀は、傍らのパルスィを振り返った。
 うん、とパルスィは勇儀に寄り添いながら、こくりと頷いた。
 ――そして、何故か。
 老婆は、きょとんとパルスィの姿に目をしばたたかせていた。
「うん? どうしたんだい?」
「ああ――いえ。私も歳ですかしらねえ」
 目を擦り、老婆はゆるゆると首を振る。
「勇儀様ひとりに話しかけてるつもりになってましたよ」
「何を言ってるんだい。パルスィはずっと隣にいたじゃないか」
 苦笑する勇儀に、そうですよねえ、と老婆は首を傾げた。
 不意に、勇儀の腕を掴んだパルスィの手に力がこもる。勇儀が振り返ると、パルスィは勇儀の顔を見上げて何かを誤魔化すように微笑した。
 ――何だ? 訝しみ、勇儀はひとつ鼻を鳴らす。
 だがその疑念を確かめる間もなく、「では、また明日に」と老婆はひとつ頭を下げて店へ引っ込んでいた。その背中を見送って、勇儀はもう一度パルスィを振り返る。
「勇儀」
 甘く囁くようにして、パルスィは勇儀にもたれてきた。
 その肩を抱き返しながら――けれど勇儀の胸には、いつか覚えた小さな懸念が再び燻り始めていた。その正体が、何なのかも解らないまま。

 我が家の近くまで来たところで、今度はヤマメと出くわした。
「ああ、姐さん。居ないと思ったら出掛けてたのか」
 勇儀の姿を認めて駆け寄ってきたヤマメは――しかし、パルスィには視線を向けなかった。
「なんだい、キスメは一緒じゃないのかい?」
「そんな四六時中べたべたしてるわけじゃないってば、姐さんと――」
 照れたようにヤマメは苦笑して、だけど不意に不自然に言葉を途切れさせる。
「ヤマメ?」
 目を細めた勇儀に、ヤマメは小さく首を振った。
「あ、そうそう。式の段取りの最終確認をしたいから、明日来てくれってうちの長が」
「ああ、そうか。解った、衣装の試着もあるし、そのついでに寄るよ」
「お、式の衣装できたんだ?」
「ヤマメは本番を楽しみにしてなよ、とびきり綺麗なパルスィを見せてあげるさ」
 そう笑って、勇儀は隣のパルスィの背中を軽く叩いた。
 そこでヤマメははっと目を見開いて、初めてパルスィを見据えた。
 まるで、そこにパルスィが居ることにたった今気付いたかのように。
「……姐さんはどうするのさ? ふたりして花嫁衣装?」
「いや、私はたぶん紋付き袴だねえ」
「そりゃそうか。姐さんにはきっとそっちのが似合うよ」
 ヤマメは楽しげに笑う。その直前の驚きなど無かったように。
「んじゃま、私はそれだけだから。またね」
 そしてヤマメは手を振って駆けだした。その背中を、思わず勇儀は呼び止める。
「うん?」
 振り向いたヤマメに、しかし何を問いかければいいのか、勇儀には解らなかった。
 ――ヤマメ、お前さん、今私の隣にいるのが誰なのか、解ってるのかい?
 その問いかけは、言葉にならない。
 それを言葉にしてしまったら――何かが壊れる気がした。
 しかし、何が壊れてしまうのかも、勇儀には解らなかった。
「……いや、何でもないよ」
 結局、勇儀はそう首を横に振ることしか出来ず。
「ん、じゃね、姐さん」
 そして、ヤマメは再び駆けだしていく。
 ――その口から、パルスィの名前はとうとう、発されることはなかった。


       ◇


 何かがおかしかった。
 杯に映る自分の顔を見下ろして、勇儀は眉を寄せる。
 家に帰り着いて、パルスィは夕飯の支度を始めている。炊事場から立ちのぼる食欲をそそる匂いと、パルスィの包丁がたてる規則正しいリズム。
 それは、星熊勇儀の日常にある、ひとつの幸福の形だったはずなのに。
 思考にこびりついた違和感が、勇儀の胸の奥を騒がせる。
『勇儀様ひとりに話しかけてるつもりになってましたよ』
 仕立屋の老婆は、そう言った。
『ん、じゃね、姐さん』
 黒谷ヤマメは、パルスィの名前を口にしなかった。
 ――ふたりとも、勇儀の隣にずっと居たはずのパルスィが、まるで居ないかのように話をしていた。そんなはずはない。確かにパルスィはずっと勇儀の傍らに寄り添っていたのだ。
 ふたりに、パルスィの姿が見えていなかったはずがないのに。
 何かがおかしい。勇儀の感覚がそう告げている。
 仕立屋の老婆はともかく、ヤマメの態度は明らかにおかしかった。
 まるで、パルスィのことを無視するかのような態度。
 確かにかつて、ヤマメはパルスィを嫌っていた。だけどそれは過去のことで、今のヤマメはパルスィを友達と認めていた。そのはずだ。
 ヤマメが今、パルスィを無視する理由はどこにもない。
 ――だとしたら、なぜヤマメはあんな態度を取ったのだ?
 パルスィの存在自体に気付いていないかのような、あんな態度を――。
「勇儀」
 パルスィの声。勇儀が顔を上げると、パルスィが呆れたようにこちらを見下ろしていた。
「晩ご飯の前から呑んでるの? 相変わらずいいご身分ね」
「いいじゃないさ。酒は鬼の命の源だよ」
 勇儀が苦笑混じりに返すと、まあいいけど、とパルスィは息をつく。
「おみそ汁の具、何がいい?」
「パルスィの好きなものでいいさ」
「はいはい」
 肩を竦めて、それからパルスィはエプロンで手を拭うと、勇儀へとかがみ込んだ。
 顔を上げたままの勇儀の唇に、パルスィのそれが軽く触れる。
 一瞬の触れ合い。顔を離して、そっぽを向くとパルスィは何でもないように言った。
「もうすぐ出来るから、呑むのはほどほどにしておいてよ」
 そして炊事場に戻っていく背中を、勇儀はただ見送って。
 ――訊ねられるわけがない、と力なく首を振った。
 パルスィは、いつもと何も変わらずに振る舞っている。
 自分が、変に気にしすぎているだけなのだろうか? そんな気すらしてくる。
 だいいち、パルスィ本人に何と訊ねればいいのか。
 ヤマメに無視される心当たりがないか? ――あるはずもないだろう。
 ヤマメだって、そんな性格ではないはずなのだ。少なくとも勇儀の知る限りは。
 ――しかし、だとしたらあれは一体どういうことなのだ?
「あーっ、くそ……なんだってんだい」
 考えても埒があかなかった。杯をぐっと干して、勇儀は大きく息を吐き出す。
 こんな自分の懸念など、杞憂であってくれればいい。
 明日、衣装合わせにパルスィと出掛ける。パルスィの花嫁衣装姿を見られるのだ。
 そして、式の最後の打ち合わせをする。
 そうすれば――結婚式はもうすぐだ。
 パルスィと、夫婦として、家族として、この旧都で暮らしていく。
 永遠を誓い合うための儀式は、もうあと数日後なのだ。
 ――何を怯えている、星熊勇儀。
 水橋パルスィは自分のそばにいる。ずっと勇儀が、この力で守っていくのだ。
 何があっても。
「勇儀、もうご飯出来るわよ」
「はいはい、今行くよ」
 パルスィの声に、杯を置いて勇儀は立ち上がる。
 自分の懸念は、パルスィに悟らせることもない。
 ただの杞憂で終わるはずなのだ。そのはずなのだ。
 自分自身に言い聞かせるように、勇儀は胸の中でそう繰り返した。


       ◇


 その晩。
「勇儀」
 床の上に正座した姿で、パルスィは着物の肩をはだけて、勇儀を見上げていた。
 勇儀は殊更に大きくひとつ咳払いして、その潤んだ瞳を見下ろす。
「なんだいパルスィ、そんな改まって――」
「――抱いて」
 真っ正面からの求めに、勇儀の方が思わず赤面する。
 別にパルスィを抱くのは初めてのことではない。けれど、こんな風にパルスィの方からはっきりと求めてくるのは初めてだったかもしれない。
「な、なんだい、いや私は構わんけどね……」
「……お願い」
 パルスィの手が、勇儀の背中に回されて、きつく力が込められる。
 勇儀はふっと力を抜いて、その金色の髪を指で梳いた。
 とくん、とくんとパルスィの鼓動が、自分の身体へと伝わる。
 自分の心臓の音も、パルスィの細い身体に大きく響いているのかもしれない。
「お願い……乱暴にしても、いいから」
「馬鹿を言ってるんじゃないよ」
 囁かれた言葉に苦笑して、勇儀はパルスィの身体を優しく横たえ、その頬に触れた。
「パルスィ」
 愛してる、と囁く代わりに、その柔らかな唇を塞いで、白い肌に指を這わせた。
 パルスィがどうして、それほど求めてくるのかは解らなかったけれど。
 己の胸の内の不安を紛らわすように、勇儀はパルスィを貪った。

 ――そして。

「ねえ、勇儀」
 勇儀の腕を枕にして、パルスィは勇儀の髪に触れながら、囁いた。
「なんだい?」
 空いた手でその頬に触れながら、勇儀は傍らの愛する少女に目を細める。
「……約束」
「ん?」
「約束、したわよね。……一生かけて、私のこと好きで居続けること、証明するって」
「ああ」
 それはいつか、あの橋の上で交わした誓い。
 生涯ただひとり、水橋パルスィだけを愛すと、勇儀は誓った。
 今の勇儀は、ただそのためにここにある。
 こうして、パルスィを抱きしめている。
「勇儀」
 不意に、パルスィが――どこか泣き出しそうな声で、勇儀を呼んだ。
 けれどその唇は、続く言葉を紡ぎ出しはせず。
 ただパルスィは、きゅっと唇を引き結んで――勇儀の胸元に、顔を埋めた。
 その細い身体を抱きしめて、勇儀は優しく、パルスィの柔らかい髪を撫でる。
 何もかも、愛おしい感触。愛おしい温もり。そばにあるはずの、大切なもの。
「……愛してる。ずっと、何があっても――私は、勇儀のことが、好きだから」
「ああ」
 不意に、睡魔が鎌首をもたげた。
 瞼が重くなる。目の前のパルスィの姿が、ぼんやりと霞む。

「――忘れないで」

 最後に。
 囁かれたその言葉の意味を、考える間もなく。
 勇儀の意識は、深い眠りのそこに沈んでいく。
 ただ、パルスィの細い身体だけを、離さないようにきつく抱きしめたまま。


       ◇


 夢は、見なかった。


       ◇


 そして、勇儀は身体を起こした。
 寝癖の残る髪を掻きながら、ぼんやりと身体を起こして、視線を巡らせた。
 時間は朝だった。もちろん地底に陽の光はないが、今は時間の区切りでは朝のはずだった。
 家の中は、いつもと何も変わらなかった。
 そう、――たったひとつきりの事実を除いて、何も変わらなかった。

「……パルスィ?」

 愛するひとの名前を呼んだ。
 返事は、なかった。
「パルスィ? ……おい、パルスィ?」
 布団の中に、パルスィの姿は無かった。
 弾かれたように勇儀は立ち上がる。服を着るのもそこそこに、炊事場への戸を開けた。
 そこには、パルスィがいるはずだった。
 エプロンを身に纏い、朝食の支度をしているはずだった。
 ――けれど、そこには誰もいなかった。
 竈は火を落とされたまま、食卓には何も並んではいなかった。
「パルスィ――パルスィ!」
 悲鳴のように叫んで、勇儀は家中の扉を開け放った。
 ――狭い家の中のどこにも、水橋パルスィの姿は、見当たらなかった。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:53 | - | - |
Comment
うぅ…忘れないでって…、姿が消えてしまっただけじゃなく記憶すらも…

切なすぎて涙腺が…(=;ω;)
後2話…、いろんな意味で発狂しそう(ry)
Posted by: ジェラ・しー |at: 2009/12/16 3:15 AM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links