スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ゆう×ぱる! 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 最終章突入。










 夢にも、見たことなどなかった。
 いや、自分はずっとそんな幸福に焦がれていたはずだった。だからこそ、妬ましかった。
 だけど同時に、そんな幸福は自分に訪れるはずもないと理解していたのだろう。
 水橋パルスィという橋姫を、ただ一途に愛してくれる者がいて。
 この忌み嫌われた緑の眼を前にしても、変わらず笑いかけてくれる、友達がいる。
 そんな、この世にありふれた幸福など、嫉妬の化身である自分には縁のないもの。
 どれだけ妬んでも、決して手に入るはずのないものだと、そう思っていた。

 嫉妬狂いの緑の眼の怪物。
 その眼の輝きが、妬みの炎を灯さぬことなど、あり得ないのだ。
 ――そう、自分自身で決めつけていた。
 だからこそ、自分はずっとひとりきりで、周囲に嫉妬を振りまいていたのだ。


       ◇


 トンテンカン、と大工作業の音が、新居に響いている。
「……手伝わなくて大丈夫?」
「力仕事だ、鬼に任せておきなよ」
 天井の穴に板を打ちつけながら、勇儀はパルスィを見下ろして笑った。
 そう言われてしまえば、自分に出来ることは何もない。小さくため息をついて、パルスィは椅子に腰を下ろしたまま、ぼんやりと大工作業に精を出す勇儀の姿を見上げた。
 オニオンリングを食え〜、と妙な歌を口ずさみながら釘を打つ勇儀の方は楽しそうだった。怪力無双の鬼には、やはり力仕事は性に合っているのだろう。
 天井に空いた穴を塞いだり、柱や梁の補強をしたりといった大工作業は、確かにパルスィの出る幕ではない。しかし、ぼんやりと眺めているだけというのも退屈である。
「……妬ましいわね」
 そんなことを呟いてみるけれど、やはりその言葉はただ言葉の形を取るだけだ。
 ――自分の中から、嫉妬という感情が薄れていっている。
 胸元に手をあてて、パルスィは目を伏せる。
 それが良いことなのかは、よく解らない。自分は今まで何もかもを妬んできた。妬むことこそが自分で、そうでない自分など思い描いたことすらもない。
 けれど、確かなことは。
 今、胸の奥はほのかにあたたかいということで。
 それがきっと、星熊勇儀のくれた幸福なのだ、ということだ。
「勇儀」
「うん?」
 ふと呼びかけてしまって、勇儀が手を止めてこちらを見下ろした。
 特に何を言おうと思ったわけでもなかった。パルスィはひとつ唸って、「……なんでもない」と呟く。勇儀は目をしばたたかせて、それから照れくさそうに笑った。
「参ったね、パルスィ」
「何よ?」
「――そんな顔見せられたら、作業止めて抱きしめちまいたくなるよ」
 金槌を置いて笑った勇儀を、「……馬鹿」とパルスィは睨む。
 そんなの、そりゃもちろんパルスィだって望むところではあるのだけど。
 ――そんなことばかりしていたら、新居の補修はいつまで経っても終わらないのだ。
「仕事しなさいよあんたは、仕事」
「ぬぅ、冷たいねえ」
 睨んでやると、渋々といった様子で勇儀は金槌を再び手に取る。
 そんな姿に目を細めて、パルスィは付け足すように口にした。
「……終わったら、好きにしていいから」
 聞こえないように言ったつもりだったけれど、やっぱり勇儀は耳聡く聞きつけたようだった。
「よっし、全速力で終わらせるかね!」
「最初からそうしなさいよ、馬鹿」
 ふん、とパルスィが口を尖らせると、そりゃそうだ、と勇儀は呵々と笑った。

 新居に来客があったのは、それからほどなくだった。
 ドアをノックする音に、パルスィは思わず小さく身を竦める。結果的に色々と丸く収まったとはいえ、何しろあの狂骨の来訪からまだ昨日の今日なのだ。
 ――いや、とパルスィは首を振る。怯えることなど何もない。妬むことなど何もないのと同じように、今は勇儀がそばにいてくれるのだから。
「ん? 誰だろうね」
 勇儀も手を止める。パルスィはひとつぎゅっと手を握りしめて、それから立ち上がった。
「見に行ってくるわ」
「――ああ、そうだね。よろしく頼むよ」
 何気ない風に言ってみせたパルスィに、勇儀は何を思ったのか笑って頷いた。
 居間から玄関に出る。ひとつ唾を飲んで、パルスィはその扉をぐっと押し開けて――。
「あ、あんた――パルスィか。や、こんにちは」
 ――こんにちは。
 そこにあった影に、パルスィは目をしばたたかせる。
「こ……こんにちは」
 黒谷ヤマメとキスメだった。桶を抱えて屈託なく笑うヤマメと、その腕の中で静かに微笑むキスメの顔を見つめて、パルスィは困惑したままオウム返しに答えた。
 ふたりが、我が家に何の用だろう?
「――ええと、勇儀に何か用? それなら、呼んでくるけれど」
 用があるとすれば、勇儀の方だろう。そう目星を付けて、パルスィは言葉を続けた。
 けれどヤマメとキスメはひとつ顔を見合わせて、それから苦笑し合う。
「いや、別に用ってわけじゃないんだけどさ」
 ヤマメの言葉に、パルスィはきょとんと首を傾げた。それなら一体どうして、
 ――遊びに来たの。
 パルスィの疑念に答えるように、キスメが囁くように口にする。
 その言葉の意味が、パルスィには咄嗟に理解できなかった。
「……遊び、に?」
「そういうこと。――何そんな、ツチノコでも見つけたみたいな顔してるのよ」
 遊びに来た。その言葉の意味を咀嚼していたパルスィを、ヤマメが軽く半眼で睨む。
 字面の意味は解る。解るけれど――それは、自分に向けられた言葉なのか?
「勇儀、と?」
「あんたね」
 パルスィの呟きに、ヤマメはあきれ果てたという表情で大げさにため息をついてみせた。
「ホントにあんたって友達居なかったのね」
「な……何よ。悪かったわね」
 半眼のヤマメの視線にのけぞりつつパルスィが答えると、不意にヤマメはまた笑みを浮かべ。
「じゃあもう一回言うわよ。私らは、あんたのところに、遊びに来たの」
 パルスィを指差して、噛んで含めるようにヤマメはそう言った。
「私の、ところに……?」
「そーよ。何か文句でもある?」
 そんなことを言われても、パルスィの思考はまだ事態を把握しきれないでいた。
 いや、それはとてもシンプルなことのはずなのだけれど。
 いきなり目の前に提示された事実は、あまりにも馴染みが無さすぎて、反応しきれないのだ。
「……どうして?」
 結局パルスィに返せたのは、そんな間抜けな反応だけ。
 その言葉にキスメは苦笑し、ヤマメはもう一度盛大にため息をついてみせた。
「全く――いい? 耳かっぽじってよーく聞きなさい、水橋パルスィ」
 ずい、と人差し指をパルスィの眼前に突きつけて、ヤマメは早口に言い放つ。
「あんたはキスメの友達。キスメの友達は私の友達。だからあんたは私の友達で、友達のところに遊びに行くのは、理由なんて無くたって問題ないことなの。おわかり?」
「とも……だち」
 相変わらず、それは耳慣れない響きだった。
 ヤマメが自分を指して、その四文字を使うということ。
「昨日言ったでしょ。何度も言わせるな、馬鹿」
 ふて腐れたようにそう言うヤマメに、キスメが腕の中で微笑んだ。
 パルスィは目をしばたたかせながら――友達、という言葉をもう一度噛み締める。
 その言葉を最初に自分に向けた、あの地獄鴉の顔が浮かんだ。
 不思議な言葉だ、とパルスィは思う。
 勇儀に抱きしめられたり、好きだと囁かれるのとは、また違う温もりが。
 たったひらがな四文字のその言葉で、ほうっとパルスィの胸の奥に灯るのだ。
 ――お邪魔じゃなかった、かな。
 キスメがふと、少し困り顔でそう首を傾げた。
 その釣瓶落としの少女に目を細めて、そしてパルスィは小さく首を振る。
「ううん。……ええと、いらっしゃい」
「お、そうそう、よくできました。それじゃ、お邪魔します」
 友達が遊びに来た。そういうときどうすればいいのか、パルスィにはやっぱりよく解らないけれど、とりあえず来客ならいつまでも玄関先で立ち話をしていないで、家の中に招き入れるべきなのだろう。そう思ってふたりを促すと、ヤマメはどこか満足げに頷いてみせた。
 ――お邪魔します。
 ぺこりと頭を下げるキスメに、思わず会釈し返して、それからパルスィは思う。
 ふたりとも、どうして自分の緑の眼をまっすぐに見つめながら、あんな風にこちらに向けて笑いかけられるのだろう。勇儀のように、嫉妬の心を持たないわけでもないだろうに。
 あるいはそれは、自分の中から嫉妬の心が薄れていることと関わっているのだろうか。
 あの狂骨の妻が、自分の目を綺麗だと言ったように――。
「何ぼーっと突っ立ってんのさ?」
 ヤマメに声をかけられ、はっとパルスィは顔を上げる。
 こちらを見つめる、黒谷ヤマメとキスメの屈託のない笑顔。――友達の、顔。
「……ヤマメ、……キスメ」
「うん?」
「……な、なんでもない」
 名前を呟いてみると、なんだか気恥ずかしさが込み上げてふたりの顔がまともに見られない。
 けれどそれも全く不快でないということに、パルスィは戸惑いながらも気付いていた。


       ◇


 唐突な来客は、思いがけず家の補修工事を早く終わらせてしまった。
「なんだ姐さん、そういうことなら呼んでくれりゃいいのに。水くさいよ」
 弱った梁の補強をしようとしていた勇儀の様子に、ヤマメは糸を出しながらそう言った。土蜘蛛の糸は粘着力が強く強靱で、壁の中などに細かく張り巡らせばそれだけで壁の強度が増すらしい。そういうこともあって、土蜘蛛は旧都の建築関係の仕事に携わっていることが多いのだそうだ。ヤマメもときどきその手伝いをしているらしい。
「……姐さん、こりゃたぶん建て直した方が早いよ、この家」
 しかし、いくつか梁と柱を叩いて、ヤマメはどこか疲れたように息をついた。
「そんなにまずいかい」
「今すぐ崩れるとか、そういうわけじゃないけどね。柱も梁も、こりゃ中はボロボロだよ。外側補強したところでどうにかなるもんじゃない」
「ふむ――」
「天井外して柱と梁の総取っ替え推奨。でもそれじゃ実質建て直しと変わらないから、この家一度潰して新築の方が安くつくんじゃない?」
 なんだか数日前、廃屋だったこの家の中を掃除しながら勇儀と喋ったことの繰り返しのようだった。パルスィは勇儀と顔を見合わせて苦笑し合う。
「今日明日に崩れるってわけじゃあないんだね?」
「そりゃまあね。でも三年は保たないよ、間違いなく」
「三年、か。――まあ、終の棲家にするわけじゃないしね」
 肩を竦めた勇儀に、任せるわよ、とパルスィは首を振った。
「ま、放置も落ち着かないってなら、仲間を呼ぶよ。まけとくからさ」
「なら、お願いしていいかい」
「おっけ。ま、早めに引っ越すか建て直すか考えた方がいいよ」
 というわけで、勇儀のする予定だった作業が無くなってしまったわけである。
「じゃ、ちょっと身内を呼んでくるけど」
「私らは、外に出てた方がいいかい?」
「そうしておいてもらえると助かるかな」
 ヤマメの返事に、勇儀はどこか心配げにこちらを見やる。
 その視線の意味に気付いて、パルスィは目を伏せた。
 旧都から疎まれ排斥された自分という存在。その中心にいた狂骨とは、昨日の一件でひとつ区切りがついたとはいえ――水橋パルスィという橋姫の存在を良くは思っていない妖怪は、まだ旧都にいくらでもいるだろう。
 あの騒乱の中、沈静しかけていた混乱をパルスィが再燃させかけた、という事実もある。そうでなくても、自分の目は見る者の嫉妬の心を煽ってしまうというのに――。
 ――大丈夫だよ。
 不意に、キスメがそう声をあげて、パルスィと勇儀は振り返る。
 キスメは桶の中からこちらを見上げて、目を細めてパルスィの緑の眼を見つめた。
 ――わたし、平気だから。だからきっと、みんな平気だと思うの。
 にっこりと笑って、ね? とキスメは愛らしく首を傾げてみせた。
「……そうか、平気なのかい」
 はっとしたように、勇儀は言った。元からパルスィの眼を平気に見つめられる勇儀は、ヤマメとキスメが今こうしてパルスィのすぐ近くにいるということの重要性を、ちゃんと認識していなかったらしい。
「そうだね、私も大丈夫だと思う。――今のパルスィは、優しい目をしてるからさ」
 どこか照れくさそうに、ヤマメもそう言った。
 その言葉がひどく耳慣れなくて、パルスィは小さく身を竦める。
 忌み嫌われた橋姫の緑の眼を、綺麗だと言ってくれた鬼がいた。
 そして今、自分の緑の眼を優しいと言う、友達がいる。
「よしよし、それなら今日はパルスィに、旧都の名所案内と行こうじゃないか」
 景気づけとばかりに杯に酒を注いで、勇儀は呵々と笑った。
 怯えていても、何も始まらないのだ。勇儀の顔を見上げて、パルスィは思う。
 最愛の人を、友達を信じて、歩き出してみなければ、きっと。
 そう――友達になろうと手を差し伸べた、ヤマメのその手を握り返したように、
「……案内されるほど、名所なんてあるの?」
「おっと、そいつは見てのお楽しみさ」
 浮かれた調子の勇儀にそっと寄り添って、パルスィは目を細める。
 勇儀がそばにいる。友達がいてくれる。――何があっても、きっと。
 信じるということが、今はこんなにも、心地よかった。


       ◇


 土蜘蛛の事務所は旧地獄街道にあるというので、結局四人でそこへ向かうことになった。
 キスメの桶を抱えてヤマメが先を歩き、パルスィは勇儀の腕に身体を預けるようにしてその後をゆっくりと歩いていく。
 勇儀との身長差はだいたい頭ひとつ分弱。自然、いつもパルスィが勇儀を見上げる格好になるのだが――並んで歩いてみると、歩幅も全く違うのだ、ということに今さら気付く。そうでなくても勇儀はみっともないほど大股に歩こうとするので、腕を組んでいるとついていくだけで大変だった。
 そこで気付いて、自然と歩幅を緩めてくれる――そんな細やかな気配りは、勇儀に期待できるものではない。結局、パルスィより少し背の低いヤマメが先に立つことで、ヤマメの歩く速度に勇儀を合わせる格好になった。
「ふむ」
 右腕をパルスィに預け、左手に杯を持ったまま歩く勇儀は、不意に顎を撫でて呟いた。
「なによ」
「いや――なるほど、こういうのも恋人らしくていいもんだね、と」
 パルスィが身を寄せる右腕を見やりながら、勇儀は言う。
 とりあえず、服の上からその脇腹をつねってやった。
「痛っ、なんだいパルスィ」
「そういうのは、もう少し恋人に対する気配りが出来るようになってから言いなさい馬鹿」
 なんだい一体、と不思議そうに首を傾げる勇儀に、パルスィは大仰にため息ひとつ。
 たとえばそう、黙っていても歩く速度を合わせてくれるとか。
「ふむ――じゃあ、こうするかい?」
 と、不意に勇儀はパルスィの手から右腕を離して、そしてパルスィの方に腕を回した。
「ちょ、ちょっと――」
「こっちの方が、もっとくっついていられるだろう?」
 にっ、と得意げに笑った勇儀に、「……馬鹿」とパルスィは思わず口を尖らせる。
「歩きにくいのよ、もう」
「おっと、それもそうか」
 そんなじゃれ合いめいたやりとりをしていると、先を歩いていたヤマメたちが振り返って苦笑していた。「好き放題見せつけてるねえ」なんて言うヤマメの方こそ、キスメの桶を抱えて歩くその表情は、恋人と触れあって幸せいっぱいの少女のものでしかないくせに。
 そんな風にして歩いていると、途中でいくつかすれ違う妖怪の影があった。こちらなど気にも留めない様子の者もいれば、ヤマメに挨拶をする者、勇儀の姿に僅かに身を強ばらせる者、訝しげに視線を向ける者、様々だったけれど。
「大丈夫だよ、パルスィ。怖いことなんざ何もないさ」
 そう囁いて肩を抱いてくれる勇儀の手は、どこまでも優しかった。

 開けた通りに出ると、不意にざわめきが大きく耳朶を打った。
 旧都を南北に貫く広々としたその道は、旧都の商業の、歓楽の中心街。地底の楽園たる旧都の繁栄の象徴、旧地獄街道。
 多くの妖怪が行き交い、威勢の良い商売の掛け声がこだまするその場所は、自分には何よりも縁の薄い場所のはずだった。そんな雑踏の中に、自分の居場所は無いはずだった。
 けれど勇儀は言ったのだ。それを作ると。この旧都を、パルスィが暮らせる街にすると。
「じゃあ、私は身内に話つけに行ってくるけど――」
「ああ、そのへんぶらぶらしてるよ」
 ヤマメとキスメのふたりとは、一旦そこで別れた。桶を抱えたまま走っていく背中を見送って、それから勇儀がこちらを見下ろす。
「さて、どこぞご希望はございますかい、お姫様」
「――馬鹿」
 とりあえず、その臑を軽く蹴飛ばす。
「私が、旧都の中心のことなんて知ってるわけないじゃない」
「いやいや、例えば何か食べたいとか、何か欲しいものがあるとさか」
 苦笑する勇儀に、小さくパルスィは唸った。お腹はまだ別に空いていないし、欲しいものと急に言われたところで、ぱっと思いつくものなどない。
「勇儀の行きたいところでいいわよ」
「ふむ――」
 もう一度顎を撫でて、勇儀はひとつ首を捻った。
「というか、あんたは今までこのあたりでどんな風に過ごしてたの?」
「どんな風にって、そりゃまあ飲み歩いたりだね」
「他には」
「……飲み歩いたり、飲み歩いたりだねえ」
 駄目だこりゃ。頭痛を堪えてパルスィは首を振った。アル中の鬼に聞いた自分が馬鹿だった。
「言っておくけど、アル中の飲み歩きには付き合わないわよ」
「解った解った。――よし、それなら服を買いに行こうじゃないか」
 勇儀の言葉に、思わずパルスィは目をしばたたかせた。――服?
「なんだい、酢でも飲んだみたいな顔して」
「……今、なんて言ったの?」
「だから服だよ。パルスィの服でも買いに行こうじゃないか」
 聞き間違いではなかった。パルスィは思いきり訝しんで目を細める。
「……あんたの口からそんな言葉が出てくるなんて思わなかったわ」
「いいじゃないさ。どんなのがいいかい? 好きなのを買ってあげるよ」
 きょろきょろと視線を彷徨わせ、それらしき店を探す勇儀に、パルスィは肩を竦める。
 勇儀のセンスに任せたら、どうせこんな野暮ったい服になってしまうのだろう。それならまあ、一緒に居るときに買った方がいいには決まっているのだが。
「ああ、あそこだ。ほら、パルスィ」
「ちょ、ちょっと、引っぱらないでよ――」
 勇儀に手を引かれ、パルスィは小走りに歩き出す。鼻歌交じりに歩く勇儀と、それに手を引かれる自分の姿に、旧都の雑踏が目を留めて――けれど。
 そこにまた、異様なざわめきや不穏な気配が満ちることはなく。
 通りすがる妖怪たちは、風景の一部として勇儀とパルスィの傍らを過ぎ去っていく。
 大股に歩く勇儀を追いかけるパルスィには、そんなことに怯える暇もなく。
 ――あるいはそれこそが、必要なことだったのかもしれなかった。

 さて。
「……ねえちょっと、勇儀」
「なんだい?」
 店頭に飾られたその衣装を見つめて、パルスィは思いきり眉を寄せた。
「服を買う、って言ったわよね」
「ああ、そうだよ」
「――服は服でも、これって」
 飾られているのは、どこまでも真っ白な衣装。それが何なのかは、パルスィも知っている。
 白無垢だ。要するに、花嫁衣装である。
「そう、パルスィが着る服だよ」
 にっと笑って、勇儀は雪原のように純白なその衣装に目を細めた。
 確かに勇儀は、結婚しよう、と言った。そりゃあ、結婚するのなら花嫁衣装を着て式を挙げるのが普通かもしれない。が――いきなりそんなことを言われても困る。
「き、聞いてないわよ」
「結婚しようって言ったじゃないか」
「それはそうだけど、でも式まで挙げるなんて、だいたいどこで――」
「式場はちゃんと旧都にもあるさ。結婚するなら、それなりの手順は踏まないとね」
 反論しようと思うけれど、何を反論すべきなのかが思いつかず、パルスィは唸った。
 式なんて挙げなくたって、生涯を賭けて添い遂げるという勇儀の誓いを疑ったりなんてしない。今のパルスィはそう言い切れる。
 けれど、式を挙げたい、という勇儀の言い分も解る気がした。気持ちを伝えるために言葉が必要なように、確認のための行為というのは必要なのだ。結婚する、と言葉で言っても、一緒に暮らしているだけならやはりあの橋の下での生活と変わらない。旧都で伴侶として暮らす、という変化を示すための儀式として、結婚式は必要だと勇儀は考えているのだろう。
「それにね、パルスィ」
「……何よ」
「花嫁衣装を着た綺麗なパルスィを見たいと思うんだけどね、駄目かい?」
 白無垢を着る自分を想像してみた。あんまり、似合う気はしなかった。
「それとも、洋風のドレスの方がお好みかい?」
「……どっちでもいいわよ。もう」
 ふん、と口を尖らせて、それからふと疑問に思った。――勇儀は何を着るのだろう?
 勇儀だって女なのだから、やはり白無垢かウェディングドレスか。
 その姿を想像してみて、思わずパルスィは噴き出した。これは、どう考えても似合わない。少なくともそれならまだ自分の方はよっぽどマシだ。
「なんだい、急に」
「別に。でも勇儀には、紋付袴の方がよっぽど似合いそうね」
 笑いながらパルスィが言うと、「そうかもしれないね」と勇儀は苦笑した。
 店の扉を開けると、「いらっしゃい……おや」と嗄れた声がかかった。姿を現したのは、腰の曲がった老婆だ。老婆は勇儀とパルスィの姿に目を細める。
「勇儀様がうちにいらっしゃるとは、珍しいねえ」
「様付けは止めておくれよ、妖怪の山に居た頃じゃあないんだ」
 ほっほ、そうでしたね。老婆は楽しげに笑い、パルスィの方を見つめる。
 その皺だらけの顔に、パルスィは少し居心地悪さを覚えて視線を逸らした。
「この娘の花嫁衣装を仕立てて欲しいんだよ」
 勇儀の言葉に、「ほっほ!」と老婆は手を叩いて破顔する。
「なるほど、それじゃあこの娘がねえ」
「まあ、そういうことさ。――ほら、パルスィ」
 勇儀に背中を押され、パルスィはたたらを踏む。老婆はそんなパルスィを見上げて、ひどく優しげに微笑んだ。その笑顔にどう反応していいのか、パルスィには解らない。
「大丈夫よ。貴女に一番似合う衣装を仕立ててあげるわ」
 老婆はそう言って、「そうとなれば、まずは採寸をしないとねえ」と踵を返す。「ほら、ついていきなよ」と勇儀が言うと、老婆は足を止めた。
「何を言ってるんです、勇儀様もこっちにいらしてくださいな」
「へ? 私もかい?」
「衣装はふたりぶん必要でしょう。――勇儀様の方が花婿ということでよろしいですわね?」
 久しぶりに腕が鳴りますわ。老婆はそう言って楽しげに笑った。
「私ゃ何でもいいから、パルスィをうんと綺麗にしてあげておくれよ」
「そうはいきませんよ。花嫁ばっかり綺麗で花婿がぱっとしないんじゃあ片手落ちというものです。せっかくの晴れの場、釣り合いというものは大切ですよ」
 そんなもんかねえ、と鼻を鳴らす勇儀に、パルスィはため息をひとつ漏らした。
「いいから勇儀も付き合いなさいよ、連れ込んだのはあんたなんだから」
「はいはい、解りましたよお姫様」
 勇儀の手を掴むと、恭しくそれを握り返して勇儀は笑った。
 照れくささを紛らわすようにその笑みから視線を逸らすと、不意に大きな姿見が視界に入る。壁に掛けられたそれは、既製品の衣装が合うかを確かめるためのものなのだろうが――。
 そこに映っているものに、パルスィは一瞬、ひどく奇妙な違和感を覚えた。
 ――けれどそれはあまりに一瞬で、次の瞬間には霧消してしまう。
「パルスィ?」
「……何でもない、ほら、勇儀」
 勇儀の手を引くように、老婆の後を追ってパルスィは歩き出す。
 ただその意識の片隅に、鏡を見たときの奇妙な感覚が、焦げ付いたようにこびりついていた。

 その違和感が示す事実に、そのときのパルスィはまだ気付いていなかった。
 気付きようもなかった。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:23 | - | - |
Comment








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links