Entry: main  << >>
ゆう×ぱる! 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 新婚編開始(ぇ









 仮の住まいは、旧都の片隅の廃屋に定めることにした。
 中心である旧地獄街道からは離れて、どちらかといえば地霊殿にほど近いこの場所は、あまり暮らしている妖怪の数も多くはない。旧都の喧噪は遠く、静謐と言えば聞こえはいいが、要するに寂れた区画だった。
「……なんだかこれだと、あの橋の下と大差なく思えるんだけど」
 このあたりにしよう、と一軒の廃屋を指した勇儀の隣で、パルスィは呟いた。
「それでも、あそこは旧都の外で、ここは旧都の中さ」
 まずはそのことが重要なのだ、と勇儀は答える。
 パルスィを連れて旧都に戻る。そこで、いきなり旧都の中心に我が物顔で住み着いて、以前と同じように奔放に振る舞ったら、同じ事の繰り返しなのだ。旧都は勇儀たち鬼の作った街だが、決して勇儀個人の所有物ではない。
 旧都は、旧都に暮らす妖怪たちのものだ。
 今の自分たちは、そこに間借りさせてもらう立場なのだ。
 卑屈になるわけではない。かくあるのが道理だというだけの話である。
「なに、ここを終の棲家にしようってわけじゃあないさ」
 お邪魔するよ、と無人の廃屋に声をかけ、勇儀はその扉を開けた。軋んだ音を立てて開いた扉の向こうから、むっとした埃の匂いが立ちこめて、パルスィが顔をしかめる。
「……中は酷そうね、これ」
「そりゃ、廃屋だからねえ。まずは掃除だね」
 袖で口元を覆うパルスィに、勇儀は肩を竦めて埃の積もった中に足を踏み入れる。置いていかないでよ、とパルスィが慌ててその後についてきた。
 廃屋の中は思ったより広かった。橋の下のパルスィの家よりも面積はあるかもしれない。ただ、前の住人が残していったと思われる家財のほとんどは朽ちていて、埃の中に埋もれている。掃除をしても使い物にはならなさそうだ。
「家財道具の類は、うちかパルスィのところから持ってくるしかないかね、こりゃ」
「力仕事は鬼の本領でしょ?」
「よしきた。しかし、先に掃除だよ掃除。これじゃ埃っぽくてかなわん」
 勇儀が大げさに咳き込んでみせると、それでかえって床の埃が舞い上がった。余計なことしてんじゃないわよ、とパルスィに臑を蹴飛ばされる。
「てゆか、あんた普段掃除なんかするの?」
「そりゃあするよ。パルスィ、私をいったい何だと思ってるんだい?」
「家事なんかするようには見えないだけよ。毎日飲んだくれて散らかし放題じゃないの?」
「いやいや、人並みに掃除ぐらいはするさ。まあ、料理は苦手だがね」
「……あんたが厨房に入ってる姿なんて想像できないわね」
 半眼で睨まれて、勇儀は肩を竦める。
「だからパルスィ、なあ」
「……何よ」
「そこはほら、夫婦らしく言わなくても解ってほしいところだね」
 にっと笑いかけてみせると、パルスィは訝しげに眉を寄せて――それから照れたようにそっぽを向いた。そんな仕草も、愛おしくてたまらないのだ。
「――言われなくても、ご飯ぐらいは作るわよ。今までもそうしてたでしょ」
「楽しみだねえ」
「この間までと変わらないわよ」
「いやいや」
 口を尖らせるパルスィに、勇儀はゆっくりと首を振って。
「夫婦なんだから、そこは是非『はい、あーん』とでも――あ痛、痛いってパルスィ!」
 思い切り脇腹をつねられて、勇儀は鬼らしからぬ情けない悲鳴をあげた。


       ◇


 掃除は結局、一日がかりになった。
 溜まりに溜まっていた埃を掃き出し、ボロボロになった家財を運び出して、家中に雑巾をかける。言葉にすればそれだけだが、実際にやるとなれば結構な重労働だ。
 棄てる家財の類は廃品回収をしている妖怪に後で預けることにして、パルスィとふたり、ひたすら家中の床という床、壁という壁、柱という柱を拭き磨いていく。いつから放置された廃屋なのか、勇儀が家から持ってきた何枚かの雑巾はあっという間に使いものにならなくなった。廃屋の中に放置されていた布類は触ると崩れるほどに朽ちていて、これではどうしようもない。結局勇儀がもう一度家に戻って、まだ使える敷布の類を裂いて使う羽目になった。
 飛び上がって梁まで拭き、蜘蛛の巣を払っていると天井に穴を見つける。後でこれも塞がなければいけない。さらに柱と梁に何カ所か、朽ちて折れそうになっている部分があった。この補強もしておかないと、寝ているうちに屋根が崩れて来かねない。
「ねえ、勇儀。――ひとつ思ったんだけど」
「なんだい?」
 延々と拭き掃除を続けているうちに、次第に無口になっていた勇儀とパルスィだったが、その最中、不意にパルスィが疲れたように声をあげた。
「一度この廃屋を潰して、新しく建て直した方が早かったりしない……?」
「――今さらそいつを言ったって遅いよ」
 ふたり、盛大にため息を漏らすしかなかったけれど。
 そんな徒労じみたことに苦笑し合うのすらも、今のふたりには楽しかった。

 寂れた区画の隅でそんな大騒ぎをしていたのだから、自然とその音は周囲に響いていた。
 とはいえ旧都のこんな外れに暮らしているのは、孤独を好む者か、旧都の中心に居場所を無くした者か、いずれにしてもあまり他人と積極的に関わろうとする者ではない。
 なので、勇儀とパルスィが終わりの見えない掃除を続けている最中も、その廃屋の様子を伺いに来る影は見当たらなかった。少なくとも、勇儀にはそれらしき気配は感じられなかった。
 そのことは、好都合というべきではないだろう、と勇儀は思う。
 自分がパルスィを連れて旧都に戻ろうと言ったのは、決して周囲と没交渉になるためではない。それならあの橋の下と何も変わらないのだ。むしろ逆、――旧都の住民との交流を通じて、パルスィを旧都に受け入れてもらう。それが勇儀の当面の目的である。
 だから、自分たちに誰も関心を持とうとしないというのは、少々困るのだ。
 とはいえ、いきなり旧都の中心にパルスィを連れていったら、また傍若無人、無神経の誹りは免れない。だからこそ旧都の外れという妥協点を見いだしたわけなのだが――。
(どうしたもんかね、さて)
 パルスィに気付かれないように、柱を磨きながら勇儀は息をつく。
 周辺の住民に挨拶をして回るか? それも妙な話だ。となると、住む場所の選択を間違えたかもしれない。もう少し中心街に近い場所を選んでも良かったか。このあたりでは他の住民が没交渉すぎて、受け入れも何もあったものではないかもしれない。
(どこか、足がかりは必要だね)
 心当たりは一応、あるにはある。例えば昨日、パルスィと引き合わせた釣瓶落としの少女、キスメだ。彼女が本格的にパルスィとうち解けてくれるか、パルスィがキスメを友達と思ってくれるかはまだ解らないが、そこが上手くいけば、きっとそれは大きな一歩になる。
 橋姫の孤独を癒すのは、星熊勇儀ただひとりだけでなければいけない、はずはない。
『誰のことも信じないのに、自分のことだけは信じてほしいなんて、そんな傲慢には、誰も付き合いきれないだけだよ』
 ヤマメの言葉を思い出す。それはパルスィに対する辛辣な罵倒ではあったが、一面の真実でもある。パルスィが他者をただ妬んでいるだけでは、妬まれる方も受け入れがたいに決まっているのだから。
 嫉妬の心を操る妖怪であるパルスィに、他者を妬むなというのは、あるいは鬼である自分から酒を取り上げるようなものなのかもしれない。
 けれど、他人の嫉妬心をえぐり出すというその緑の眼も。
 必ずしもそうしないことだって、出来るはずだと、勇儀は思うのだ。
(あとは――やっぱり、ヤマメかねえ……)
 パルスィの頬を張り、辛辣な罵倒を投げつけた土蜘蛛の少女の顔を思い出す。
 キスメがパルスィを受け入れてくれたとき、彼女はパルスィをどう思うだろう。
 もしも、ヤマメがパルスィとうち解けられれば――。
 それは難しいことかもしれないが、やはり何事も、やってみなければ始まらないのだ。
「勇儀」
「うん?」
 不意にパルスィの声が割り込んで、勇儀の思考は中断させられた。振り返ると、髪にまとわりついた埃を鬱陶しそうに払いながら、パルスィがこちらを見つめている。
「こっち側は、だいたい片づいたけど」
「お、そうかい。こっちもそろそろ終わるね。――なんとか目処は立ちそうだねえ」
 ぐるりと廃屋の中を見渡して、勇儀は言葉を吐き出す。
 いや、そこはもう廃屋と呼ぶのは相応しくないだろう。
 ここはこれから、自分とパルスィが暮らす新居だ。
 ――愛の巣、なんて言ってしまうのはさすがに、甘ったるすぎるけれども。
「まあ、家財を運び込むのは一休みしてからでもいいか」
 磨いていた柱を見上げ、指でなぞって、勇儀は呟く。
 補修とか修繕とか、まだやるべきことは多いが、とりあえずは人並みに、住める場所にはなったとは思う。――何事も、地道が一番だ。
「よし、一段落にしようか」
 宣言して、勇儀がひとつ大きく伸びをすると――不意にその胸元に重みがかかった。
「っと、パルスィ?」
 パルスィが、勇儀の胸元に頬をすり寄せるように抱きついてきていた。「なんだい、また甘えん坊かい?」と勇儀はその髪を撫でようとして、自分の手が埃やら何やらですっかり汚れていることに気付く。服の裾で拭うわけにもいかないし、どうしたものか――。
「……勇儀」
 パルスィが顔を上げ、そっと目を閉じた。触れあうことを求めるように、少し唇を上向きに差し出す。――掃除している間、ずっとそうして欲しいのを我慢していたのだとしたら、それはもう可愛くて愛おしくて勇儀としてもたまらないのだけれども。
「あのね、パルスィ」
 困り果てて勇儀が声をあげると、パルスィは不満げに目を開けた。
「……何よ」
「いやね、私としてもそりゃ、ちゅーしてあげたいのは山々だけどね」
 勇儀は肩を竦めて、汚れた両手をひらひらと顔の横にかざす。
「せめて手を洗わせてくれないと、お前さんの顔にも触れられないよ」
 その言葉に、パルスィは沸騰したように真っ赤になった。


       ◇


 本格的な家財の運び込みは明日にすることにした。
 色々と持ち込んで、配置やら何やら考えるとなればきりがなくなるのは目に見えている。それでなくても、延々と掃除を続けて心地よい疲労が全身に溜まっていた。
 というわけで、布団と毛布と枕だけを持ち込んで、まだ何もない床に敷き。
 ――そうして、勇儀の腕を枕にして、パルスィは寝息を立てていた。
 その穏やかな寝顔を眺めながら、勇儀はパルスィの金色の髪を梳く。
 赤子のように安らかなパルスィの顔。ときおり寝言で何事かを呟いているのがまた愛らしい。
「……守ってやるのが、私の役目、か」
 確かめるように、勇儀はそう呟く。パルスィを起こしてしまわないように。
 自分はパルスィを幸せにするために、ここに来た。この旧都が、パルスィが笑って暮らせる場所であるように。ここが誰にとっても、楽園であれるように。
 けれど、それが容易いことでないこともまた、よく解っている。
『あの娘をここに連れ戻すことだけは、止しておいてくれないか。儂らはただ、誰も妬むことなく、平穏に暮らしていたいだけなんだ』
 思い出すのは、いつか狂骨が自分に向けて放った言葉。
 かつてパルスィの緑の眼に心を乱され、大切なものを失ったという彼の言葉。
 旧地獄街道で自分が旧都に戻ると宣言したときも、彼はそこには居なかった。
 狂骨は今、どうしているだろう? いつものように屋台を引いて、蕎麦を茹でているだろうか。自分がパルスィを連れて旧都に戻ってきたことは、既に聞いているだろうか?
 もしそれを彼が知ったら――彼はどうするだろうか?
 自分から大切なものを奪った緑の眼が、遠ざけたはずのそれが、またこの旧都に舞い戻っていると知ったら。それを連れてきたのが星熊勇儀だと知ったら――。
『……旧都には、橋姫を黙して受け入れられる者ばかりでもないでしょう』
 ふと、さとりの言葉が脳裏を過ぎった。言われたときは、何故そんな当たり前のことを口にするのかと勇儀は訝しんだが――あるいはそれは、警句だったのかもしれない。
 心を読むあの少女の目には、かつてパルスィを旧都から追いやった者たちの心に巣くう、橋姫への昏い思いが見えていたのだろうか。だとしたら。
(……私は、間違っちゃいないはずだ)
 唇を噛みながら、勇儀は心の中だけでそう呟く。
 しかし、狂骨のしたこと、彼の考えを間違いだと切って捨てるだけでは、何も変わらない。
 ――狂骨は、パルスィを許すだろうか?
 彼がパルスィの緑の眼を、許し受け入れるという未来は――あり得るのだろうか?
(いや……それを作るのが、私のすべきことだ)
 拳を握る。それはきっと、鬼の怪力無双だけでは為し得ないことだ。
 かつて、裏切り、謀り、鬼を騙った人間に、鬼は失望し離れていった。
 だがやはり、それは鬼の傲慢なのだろう。
 どうして彼らが鬼を裏切り、謀ったのか。それを自分たちは知ろうともしなかった。
 同じ過ちを何度も繰り返すことこそ、愚か者のすることだ。
 誰も彼もが分かり合い、手を取り合える世界など確かに幻想だろう。
 それでもやはり――誰もが酒を酌み交わし、楽しく笑い合える世界であればいいと勇儀は思う。それは勇儀も、パルスィも、狂骨も、さとりたちもだ。
 望むだけなら誰でもできる。それを実現するのが、力あるということだ。
 語られる怪力乱神、星熊勇儀に為せることのはずなのだ。
「……ゆう、ぎ」
 パルスィの声が、勇儀の耳朶を打つ。振り向くと、パルスィは安らかに寝息をたてたままだった。寝言か。勇儀は苦笑して、もう一度その髪を撫でる。
「愛してるよ、パルスィ」
 全ては、愛する者のために。
 星熊勇儀は、そのために生きるのだ。
 その決意をもう一度新たにして、勇儀はそっとパルスィの細い身体を抱き寄せた。
 パルスィの吐息と鼓動を感じながら、勇儀は目を閉じる。
 ――この温もりの中で、どうかパルスィが笑っていられるようにと、願いながら。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:22 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:22 | - | - |
Comment
これからが勇儀姐さんの本当の勝負ですね…ここら辺を『愛の力』ですぱぱっと進んじゃう物語も多いしそれも好きだけど、なんかもう一波乱二波乱を『頑張って』進んでいきそうで共感が凄まじい事になってます…(この感動が伝わらない自分の文章力の無さが憎い)…
Posted by: クラン |at: 2009/11/24 5:49 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『傀儡無情 東方×連城三紀彦短編集』(10/15 秋季例大祭4新刊)
メロンブックス とらのあな


『夏と幻想と彼女の死体 秘封倶楽部短編集』(9/18 科学世紀のカフェテラス新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links