Entry: main  << >>
ゆう×ぱる! 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 幸福の裏側にて。










 キスメが居ないと、急に自分の部屋ががらんと広くなったような気がした。
 先日の騒乱で半壊した際に、雑然としていたのを片付けたせいもあるだろう。けれどそれ以上に、キスメの不在に、ヤマメは言いしれぬ感情を抱えて布団に突っ伏していた。
 キスメがこの部屋で暮らすようになったのは、つい最近だ。たった数日前、この部屋が半壊したあの騒乱の少し前からでしかない。それまではヤマメはずっと、基本的にこの部屋でひとりで暮らしていたのだ。
 だから、ひとりで居るのはたかだか十日前とか、その頃に戻っただけのはずなのに。
「……キスメ」
 愛おしい彼女の温もりを求めるように、毛布をかき抱く。
 中毒と言えば、これほど分かりやすい中毒も無いだろう。
 キスメが居ないと、落ち着かなくて、そわそわして、不安になるのだ。
 全く、処置なしであるとは自分でも思うけれど、どうしようもなかった。
 ――キスメは今、あの橋姫のところに居るのだろうか?
 その顔、緑の眼を思い浮かべると、急に胸の奥がむかむかとして、ヤマメは顔をしかめる。
 水橋パルスィ。星熊勇儀が惚れた橋姫。嫉妬狂いの緑の眼。
 あの騒乱の中で「旧都を棄てる」と言い放った星熊勇儀は、のこのこと旧地獄街道に戻ってきて、そして旧都に戻りたいと言った。それだけならばともかく――あの橋姫を連れて、夫婦として一緒に暮らしたい、と。
 勇儀に、旧都に戻ってほしいと言ったのは確かに自分だ。
 あのとき、橋姫のあまりに身勝手で醜い言い分に激昂して、ヤマメは橋姫の頬を張って罵倒した。そのことについて悔いはない。間違ったことを言ったつもりはなかった。
 だが、言ってもどうしようもないことではあったのだろう、とも思う。
 旧都を離れるという勇儀の意志を翻させたのは誰だろう。嘘をつかない鬼に、一度口にした言葉を撤回させるなんてのはただごとではないはずだ。
 ――自分は、勇儀と橋姫の仲を引き裂きたかったのだろうか?
 その思考に、ヤマメは言いしれぬ感情を覚えて唇を噛んだ。
 そんなことは出来るはずがなかった。自分が何を言ったところで、勇儀が橋姫に惚れてしまった事実は消せるはずがないし、約定を違えることを何より嫌う鬼が、たかが土蜘蛛の言葉で翻意するはずもないのだ、本来。
 しかし、自分の「旧都に戻ってほしい」という言葉に、橋姫は含まれていなかった。
 ヤマメは橋姫が嫌いだ。自分がどれだけ愛されようと、どれだけ大切にされようと、彼女は結局それに見向きなどしていないのだ。ただ自分の理想を相手に押しつけて、それが叶えられないことを妬むだけの醜い心。誰からも好かれないのは当たり前だ、彼女自身が誰からの好意もはねつけているのだから。そしてその責任を周りに押しつけて、自分は被害者のような顔をしている。自分ではなく世界が間違っているのだと決めつけている。――本当に、醜い。
 きっと、こんなことを考えている今の自分も、橋姫に負けないぐらい醜い顔をしているのだろうけど。――敵意は、結局自分の身に跳ね返ってくるのだ。
「姐さんは……どうする気なんだろうね」
 結局のところ、勇儀は橋姫を連れて旧都に戻ると言った。
 そしてあの場の妖怪たちは、戸惑いながらもそれを受け入れたのだ。――少なくともあの場では。勇儀に対し真正面から否が言える妖怪が居るのか、という問題はさておくとしても。
 だが、だからといって、かつて橋姫を疎み、あるいはその力に心を乱された者たちは、旧都の統率者の妻だと言われて、簡単に橋姫を受け入れられるだろうか?
 ――否だ。自分が、橋姫への評価を変えるつもりが無いのと同じように。
 しかし、表だって勇儀に楯突くだけの力のある妖怪もまた、旧都には無い。
 だとすれば、導かれる結果は誰にでも想像出来る。敬遠、だ。
 受け入れられず、されど排除も出来ないとなれば、意識から遠ざける他に無い。
 おおっぴらに敵意をぶつけるわけではなく、ただ居ないものとして扱う。
 それが一番安全で、おそらくは勇儀にもどうすることも出来ない対処法。
 勇儀が橋姫を受け入れさせようとしても、あの橋姫の性質それ自体が劇的に変化でもしていない限りは、空回り、徒労に終わるだろう。
 勇儀は、それを解った上で橋姫を旧都に連れてくる気なのだろうか?
 そして橋姫もまた、それを解った上で一度は排斥された旧都に戻ってくるのだろうか?
「……どうにもならないことってのは、あるんだよ、姐さん」
 呟いてみるけれど、もちろんその言葉は勇儀には届くはずもない。
『この旧都は、地上を追われた誰にとっても楽園であればいい』
 勇儀はあの場で、旧都の住民たちへ向けて、そう言った。
 実際、ヤマメたちにとってこの旧都は楽園だった。地上を追われた妖怪たちが好き勝手に暮らす場所。地底に築き上げられた、除け者たちの楽園。
 だけど、地上が自分たちにとって楽園ではあれなかったように。
 この旧都もまた、万人にとっての楽園であれるなんてことは――無いのだ。
「……キスメ、遅いな」
 ぼんやりと呟いて、ヤマメはゆるゆると首を振った。
 勇儀に連れて行かれたキスメ。その行き先は橋姫の元だろうか。勇儀はキスメと橋姫を引き合わせて、何をしようとしているのだろう。
 あの緑の眼を前にして、キスメは大丈夫なのだろうか?
「キスメ……」
 不意に、ぼんやりと視界が霞んだ。詮無い思考に脳が疲れたのかもしれない、ふっと意識が遠くなる。睡魔だ、と思ったときにはもう、ヤマメは突っ伏すように眠りに落ちていた。


       ◇


 夢を見ていた気がする。
 ただそれは陽炎のように曖昧模糊として、不定形のまま霞んで消えていく。
 その朧な幻の中に、愛おしい少女の声を聞いた気がして、ヤマメは手を伸ばし、
 ――ヤマメちゃん。
 次に、耳元で囁かれる声と、自分の身体を揺さぶる手の感触に気付いた。
「……キスメ?」
 ぼんやりとした視界に滲む輪郭は、彼女の姿なのか判然としなくて。
 ――ヤマメちゃん、起きた?
 頬に触れる手の感触と、細く澄んだ声に、ヤマメは目をしばたたかせる。
「キスメ――っ」
 そして次の瞬間、ヤマメは目の前にあったその細い身体をきつく抱きしめた。
 ――や、ヤマメちゃん、くるしいよ。
 耳元であがる戸惑った声に、はっとしてヤマメは両腕にこめた力を緩める。
「あ、ごめん……」
 ――う、ううん。だいじょうぶ。……どうしたの?
 心配げに目を細めるのは、確かにキスメだった。そのことにどうしようもない安堵の息を漏らして、それからヤマメはキスメの髪をそっと撫でる。
「ん……キスメ分が足りなかったんだってば」
 誤魔化すようにそう苦笑して、ヤマメは大げさにキスメに頬ずりしてみる。
 キスメはどこか困ったように目を細めて、ごめんね、と囁いた。
 ――帰ってくるの、遅くなっちゃった。
「姐さんに引き留められたんでしょ? 酒でも呑まされなかった?」
 ――呑まされはしなかったけど……。
 苦笑いして、それからキスメはヤマメの首筋に顔を埋めた。キスメの吐息がくすぐったくて、頬が緩むのはそのせいだけではないのだけれども。
 ただ、キスメの髪の毛からアルコールの匂いがするのは少々不可解だった。まさか頭から酒を浴びせられたわけでもあるまいに。勇儀がそんな勿体ないことをするとも思えないが。
 ――ヤマメちゃん。
「うん?」
 ――私も、ね。……ヤマメちゃん分が、足りないよ。
 少し潤んだ瞳で、キスメは上目遣いにヤマメを見つめた。
 理性が焼き切れるのを感じた。ああもう、そんな顔をされたら――どうしようもない。
「キスメ」
 その細い身体に覆い被さって、白い肌に貪るように唇を這わせた。
 切なげにキスメの指先が、甘い吐息ともにヤマメの背中に回された。

 その温もりをかき抱きながら、ヤマメはふと思う。
 もしも、自分が勇儀の立場だったら、どうするだろう、と。
 キスメが、この旧都から疎まれる存在だったとしたら。
 そしてそんなキスメを、自分がこんなにも好きになってしまったとしたら――。

 ――ヤマメ、ちゃん?
 戸惑ったような声にはっと顔を上げると、キスメがこちらに目を細めていた。
 ――どうしたの?
「ううん……別に、何でもないわよ」
 ――本当に?
 首を振ったヤマメに、食い下がるようにキスメは、ヤマメの手を掴んだ。
 キスメの胸元をまさぐっていた手に、ひんやりとしたキスメの指先が重なる。
「キスメこそ……どうしたの?」
 ――ヤマメちゃんだよ。……いつもは、こんなに乱暴にしないのに。
 言われて、キスメの首筋に視線を落とせば――自分の吸い付いた跡が真っ赤になっていた。
「あ……ごめん、痛かった?」
 ――ううん、そういうわけじゃ、ないけど。
 気まずそうに目を伏せて、キスメはそれからヤマメの手に指を絡める。
 ――あのね、ヤマメちゃん。
 いつになく真剣な目でヤマメを見つめて、キスメは。
 ――私は、ヤマメちゃんになら、どんなことされても平気だけど。
 ふっと泣き出しそうな顔を、した。
 ――ヤマメちゃんが、辛そうな顔をしてるのは、嫌だよ。
「…………ッ」
 何か、心の奥底の塊を掘り返されたような感覚に襲われて、ヤマメは顔を歪めた。
 今の自分はどんな顔をしているのだろう。
 どんな顔をして――キスメを見つめているのだろう。
「そんな、こと、」
 言いつのろうとするけれど、言葉は尻すぼみになって、淀んだ空気に溶けてしまう。
 ぎゅっと目を閉じて、キスメの視線を瞼から断ち切ろうとして、

 浮かんだのは、あの緑の眼。

「……橋姫と、会ったの?」
 キスメの顔が訝しげに歪んだ。なんでそんなこと聞くの? そんな表情だった。
 けれど、浮かぶ言葉は留める術を知らないかのように、唇からこぼれ落ちる。
「橋姫と会ってきたんでしょ? ――姐さん、何をしようとしてたのよ」
 困惑を浮かべてキスメは視線を彷徨わせて、それから静かに答えた。
 ――私に、あの橋姫さんと、友達になってほしい、って。
 友達?
 あの橋姫と? 他人を妬むことしか頭にない、あの嫉妬の塊と?
 誰がそうなれる。誰があんな、醜い緑の眼と――。
 ――ヤマメちゃん。
 キスメの声が、そんなヤマメの思考を見透かすように鋭く響いた。
 こちらを見つめるキスメの眼差しは悲しげで――ヤマメは息を飲む。

『ただ、それを受け入れるかは、パルスィと――皆の問題だ』
 勇儀は言った。橋姫を受け入れられるか否かは、橋姫だけの問題ではない、と。

 醜いのはどっちだ?
 橋姫の、あの嫉妬に狂う緑の眼か?
 それとも――そこに映る、自分の顔か?
 本当に醜いのは、どちらだというのだ?

 ――ヤマメ、ちゃん。
 キスメの手が、ヤマメの頬に伸ばされた。
 触れる、詰めたい指の感触が、
 キスメの、深い緑の瞳が――、

 ヤマメは何かを叫んだ。
 それが声になっていたのかも、もうヤマメ自身には解らなかった。
 ただ、目の前には緑の眼が、
 忌まわしい緑の眼が、自分の醜さを見つめていて、

 そしてヤマメは、その細い首筋に、両手をかけて、

 ――ヤマメちゃん。

 囁かれた声が――呻くように、掠れた。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:13 | - | - |
Comment
うえぇえぇぇぇ!???
まさかのキスメでトラウマ発動!!? 分かるけど! 分かっちゃうけどその思考はアカンですよヤマメ!!!
Posted by: クラン |at: 2009/11/17 2:30 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links