Entry: main  << >>
ゆう×ぱる! 26 / 「水橋パルスィの意識」
 どうにか地霊殿キャラは全員出せそうです。










 走っている。
 ひとり、パルスィはあてもなく走り続けている。
 何のために走っているのか。息を切らせて、よろめきながら、何のために、どこへ向かって。
 ――それは、逃げるためだ。
 何から逃げる? 自分は一体、何に追われている?
 それは声だ。無数の声だ。
 自分を忌み嫌い、責め立てる声だ――。
「はぁ、っ、はぁっ――ぁっ」
 恐ろしい緑の眼。嫉妬の塊。人の心を醜く歪ませる狂気の怪物。
 皆がそう言い、自分を排除しようと追い立てる。心の安寧を保つために。
 違う。自分はそんなものじゃない。そんなものになりたかったのではない。
 自分はただ、ただ――。
「なんで――どう、して……っ」
 妬ましい。ああ、妬ましい。
 幸せそうな者が妬ましい。成功した者が妬ましい。
 お伽話で幸福になる主人公の影では、常に誰かが虐げられているのに、誰もそれらに目を向けたりはしない。花咲爺の隣人夫婦も、舌切り雀の欲張りなお婆さんも、自業自得と罵られ嘲られるだけだ。
 妬ましい。何もかも、妬ましい。
 欲をはるのはそれほどの悪か。他人の手にしているものを自分も手にしたいと願うのはそれほどの罪か。ただ――誰も、幸福が欲しかっただけではないか。
「ゆう、ぎ……っ」
 間違っている、と皆が言う。
 それは間違っている。間違っているものは報われない。それが摂理だと言う。
 罪を犯せば、欲を張れば、それは間違いだから報われない。
 当たり前のように、そう語る。したり顔で糾弾する。
「……ゆう、ぎぃ……」
 何が正しいというのか。
 誰が、それを間違いだと言い切れるというのか。
 ――ただ、自分は、好きになった相手にそばにいてほしかっただけなのに。
 ずっとずっと、離さないでいてほしかった。
 自分以外の誰も、何もいらないと言ってほしかった。
 ただ自分のためだけに生きると言ってほしかった。
 離れないで、離さないで、永遠にふたりきりでいたかった。
 それだけなのに――誰もがそれを、間違いだという。
「どう、して……っ」
 ――誰のことも信じないのに、自分のことだけは信じてほしいなんて、そんな傲慢には、誰も付き合いきれないだけだよ。
 あの土蜘蛛は、自分の頬を張って、そう言った。
 違う。違う。違う。
 信じたいのだ。自分だって愛した相手を信じて、幸せになりたいのだ。
 だから――信じさせてほしいだけなのに。
 勇儀が本当に、自分だけを愛してくれるのだと、信じさせてほしいだけなのに――。
「勇儀ぃ……っ」
 それなのに、それなのに。
 ――どうして、勇儀は自分を、追いかけてきてくれない?
 自分がどれだけ全力で走っても、きっと鬼にはすぐ追いつかれるはずなのに。
 いつまで経っても、どれだけ走っても、背後に足音は聞こえない。
 あの下駄が響かせる甲高い音は、パルスィの耳には届かない。
 勇儀は――自分を、追いかけてきてはくれない。
「嘘つき……っ」
 離さないと言ったのに。ずっとそばにいると言ったのに。
 どうして追いかけてくれないの。どうして捕まえて抱きしめてくれないの。
 どうして、どうして、どうして――。
「……ぅぁ、ぁっ――」
 勇儀ですらも、間違いだと言うのか。
 自分のこんな愛は、疎ましいと、歪だと、間違いだと言うのか。
 ずっとずっと、たったひとりだけを見つめて、そのひとりだけのために生きる。
 ただそれだけの気持ちを求めているだけなのに――間違いだと、そう言うのか。
 勇儀でも。勇儀ですらも――。
「嘘つき、大嫌いっ――」
 幸せになりたかっただけなのに。
 ただ、勇儀を好きでいたかっただけなのに。
 それが間違いなら――自分は、自分はいったい、どうすればいいのだ。
 愛した人が自分以外を見て、自分以外に笑って、自分の居ない時間に幸福を得る、そんなことを当たり前と受け入れて、妬む心に目を背けて、妥協して生きていければ、幸せなのか?
 そんなのが幸せだなんて――そっちが、間違いのはずなのに。
 誰も認めてくれない。
 誰も受け入れてくれない。
 誰も――自分を幸せに、してくれない。
「ぁッ――」
 足がもつれて、パルスィはその場に転んだ。砂利に肌が擦れで痛みが走り、その痛みに泣き出しそうになるのを、歯を食いしばって堪えて、
 ――顔をあげて、そしてパルスィは、それに気付いた。
 ここがどこなのかはもう定かでなかった。旧都から遠く離れた地底のどこか、入り組んだ洞穴の奥。仄暗い闇と湿った空気が満ちる、誰も居ないその場所に。
 誰かの居る、気配があった。
 それはあまりにも朧な、誰にも気付かれないほどに微かな気配。
 存在自体が不確かな、まるで無意識のように認識を避ける存在。
 ――だが、パルスィには解る。
 その無意識の存在が抱えた、嫉妬の心の気配が感じられるから。
「……だれ?」
 身体を起こして、パルスィはその気配に声を掛けた。
 気配は振り返らない。自分が気付かれているとは思っていないのかもしれない。
「あなたは――」
 パルスィは、その気配に手を伸ばした。
 どうして、その無意識の存在に声をかけようなどと思ったのだろう。
 ただ――すがるものが欲しかったのだろうか。
「……?」
 気配は、その声が自分へ向けられたものだとようやく悟ったか、ゆっくりと振り向いた。
 姿も判然としないその気配が、パルスィを認識してか、少しずつ輪郭を取り戻す。
 それは少女の姿をしていた。目深に被った黒い帽子に隠した顔、幼い体躯を包むようにまとわりつく神経の糸――そして、胸元で閉ざされた、象られた瞳。
「……私が見えるの?」
 少女は帽子を持ち上げると、どこか不思議そうにパルスィを見つめた。
 白色の髪が、地底の湿った風にふわりとなびいて揺れた。


      ◇


 私に気付く人なんて久しぶり、とひどく薄く笑って少女は言った。
 その姿はまるで蜃気楼のように曖昧で、朧に霞んだ不定形。ただ、その中心にある微弱な嫉妬の気配が、パルスィに少女の存在を認識させていた。
 姿が曖昧なせいなのか、少女の顔には表情というものも希薄だった。
 ただぼんやりと、無意識のようにそこに佇む少女。
 その瞳はパルスィを見上げているようで、しかしどこも見ていない。
「……妬ましい、わ」
 そんな少女の姿に、パルスィはまた胸の奥が刺すように疼くのを感じた。
 こんな風に、朧な姿になって、誰にも気付かれずにいられれば。
 あるいは自分は、誰からも嫌われずに済んだのだろうか――。
 この緑の眼で忌み嫌われることもなく、ただ静かに、そこに居ることが出来たのだろうか。
「妬ましい? ……私が?」
 少女はまた不思議そうに小さく首を傾げて、胸元の閉じた瞳を指先で撫でた。
「変なひと」
 微笑か、苦笑か、嘲笑か。それずらも判然としない、あまりにも曖昧模糊とした笑み。
「私は、ただの嫌われ者なのにね」
 その言葉は自嘲ではなく、ただの事実を述べるように淡々としていた。
 ――自分だってそうだ。パルスィはぎゅっと胸の前で拳を握る。
 ただの嫌われ者。誰からも好かれない緑の眼。独りぼっちの怪物。
 愛している、と言ってくれたひとさえも、自分を否定するならば。
 目の前のこの少女のように、曖昧な存在になって消えてしまいたかった。
 そうすればきっと――こんな軋むような気持ちに、振り回されることも無い。
 そして自分は、また独りで、ずっと独りきりで――。
『パルスィ』
 勇儀の顔が、脳裏に瞬いた。
 脳天気な赤ら顔が、豪放磊落な笑顔が、瞼の裏にフラッシュバックした。
 ――勇儀。星熊、勇儀。
 ゆるゆると首を振って、けれどパルスィはどうしようもなく、その場にしゃがみこむ。
 勇儀が好きだ。勇儀のそばにいたい。勇儀に、ずっとそばにいてほしい。
 その想いだけが、今も鎖のように重く重く、足に絡みついて。
 ――好きになんてならなければ、良かったのだろうか。
 そうすれば、こんな痛みを抱えることもなくて、ただ静かに生きていられたのか――。
「あなたも、嫌われ者?」
 不意に少女が、しゃがみこんだパルスィを見下ろして呟いた。
「……嫌われるのって、哀しいよね」
 顔を上げたパルスィに、少女は平板な声のままで語りかける。
「誰にも嫌われない方法、教えてあげようか?」
 閉ざされた胸元の瞳を、どこか愛おしむように撫でて。
 少女はゆらりとした足取りで、パルスィに数歩、歩み寄る。
「簡単だよ。嫌われない方法は、すごく簡単なこと――」
 その手が、朧な細い指が、パルスィの顔に伸ばされた。
「目を、閉ざしてしまえばいいの」
「……目?」
「そう、何も見なければいいの。何も見ないで、何も感じないで、何も求めないで――じっとしていればいいの。そうすれば、誰にも嫌われないよ」
 少女は笑った。貼り付けたような、ひどく機械的な笑みだった。
 笑う、という仕草を忘れてしまったのを、無理に再現しようとしているような。
 どんな感情も伴わない、ただの笑顔。
「ほら――目を閉じて」
 パルスィの緑の眼に、その指先が伸ばされる。
 ただじっと、パルスィはその爪の先を見つめていた。
 ――何も見ず、何も感じず、何も求めず。
 ああ、確かにそう在れば、誰にも嫌われないで居られるだろう。
 だけど、だけどそれは、まるで――。
「……どう、して」
 パルスィが絞り出した震える声に、少女は「うん?」と首を傾げた。
「私に気付いてくれたあなたへの、お礼だよ」
 そこに喜びという感情があるのかも、パルスィには解らなかった。
「だから、ほら――」
 そして少女の指先が、見開かれたパルスィの瞳に触れて、
「あなたの恋し心を、殺してしまおう――」

「……こいしっ」

 声が、ふたりの間に割り込んだ。
 びくりと少女が身を竦めて、パルスィの顔からその手を離した。
「……おねえ、ちゃん?」
 ゆっくりと振り向いた少女が、その顔を僅かな驚愕に歪める。
 それは、こいしと呼ばれたこの少女が見せた、初めての感情らしい感情だったかもしれない。
 佇んでいたのは、見開かれた瞳を胸元に飾る少女。
「参ったなぁ……お姉ちゃんに見つかっちゃうなんて」
 苦笑を形作ってみせるように、こいしは唇の端を僅かに吊り上げた。
「こいし――」
 姉は、どんな言葉をかけるべきか迷うように、名前を呼んで手を伸ばして。
 けれどこいしの姿は、それを拒絶するようにふっと薄く揺らいだ。
「またね、お姉ちゃん。ばいばい、嫌われ者の誰かさん」
 そして、地底の薄闇の中に溶けるように、こいしの姿は掻き消えた。
 いや、存在しなくなったわけではない。ただ、認識できなくなっただけだ。
 その証拠に、パルスィには立ち去っていく嫉妬の心の気配が感じられた。その気配は、姉を前にして微かに強まってすらいたから。
 けれど姉には、それは見えないのだろう。消えてしまった妹の姿に、ただ漫然と視線を彷徨わせて――そして、ため息をひとつ漏らす。
 パルスィはただ、言葉を発することもなく、その様を見つめていて。
「――貴女は、橋姫の水橋パルスィですね?」
 不意に、姉の方の少女がこちらに目を細めて言った。
 眉を寄せたパルスィに、「申し遅れました。――地霊殿の主、古明地さとりと申します」と少女はどこか慇懃に一礼してみせる。
 胸元に見開かれた第三の瞳が、ぎょろりとこちらの顔を覗きこんだ。
「……そう、星熊勇儀と離れて来たのですね」
 さとりは目を細めてパルスィを見やる。その言葉に、パルスィはびくりと身を竦めた。
 何故そんなことを、この目の前の少女が知っているのか。
 ――第三の瞳の視線が、ひどく居心地が悪い。
「戻る場所が無いのでしたら、こちらへどうぞ」
 そんなパルスィの反応には構わずに、さとりは言葉を続ける。
「旧都にも、あの橋の上にも戻れないのでしょう?」
 それは、行き場をなくした橋姫を労る言葉のはずなのに。
 ――その言葉がひどく冷たく聞こえて、パルスィは小さく身震いして。
「それとも、地底のどこにも行けないまま、独りで朽ちるのを待ち続けますか?」
 細められたさとりの視線に、パルスィはどんな言葉を返すことも出来なかった。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 22:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:57 | - | - |
Comment
そうか…今まで思いつかなかったけど、地下に居る以上こいしにもこんな面があって然るべきだなぁ…しかしちくしょう、嫉妬の内容が思い浮かばない…本編やってないツケなのか?orz
次話以降で明かされるのを楽しみに待つ事にしますw
Posted by: クラン |at: 2009/10/20 8:10 AM
ゆうぱる上買いました!
住所が北海道なのでメロンで買わせて頂きましたが。もう本当にうれしいです。中と下のほうも楽しみに待たせていただきますね。
Posted by: |at: 2009/10/21 6:33 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links