Entry: main  << >>
ゆう×ぱる! 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 ヤマキスちゅっちゅっちゅ。そしてさりげにおりんりん初登場。










 旧都の街角で、妖怪同士が小競り合いを起こしていた。
 遠巻きに見物する者、囃し立てる者はいても、それを止めようとする者は無い。
 あるいはそれも、本来の妖怪らしい姿ではあるのかもしれないが――。
「やっぱり、多いねえ最近は……」
 横目にそれを眺めながら、ヤマメはため息混じりにそう呟く。
 星熊勇儀が旧都を去って数日、明らかに旧都の雰囲気は変わりつつあった。
 もちろん、今までも小競り合いが無かったわけではない。お互いが納得するために必要な喧嘩は、むしろ勇儀も推奨していた。まず腹を割って話し合う、それで納得できなければ力比べ。裁定者は鬼で、決着がついたら後は恨みっこ無し――それが地底のルールだった。
 だが今は、喧嘩の裁定者が旧都には居ない。
 星熊勇儀は、橋姫のところに転がり込んで、女にうつつをぬかしている。
 ――そして旧都には、問答無用の小競り合いが華咲いていた。
「何だかんだで、みんな鬱憤溜まってたのかもね」
 地上で忌み嫌われて地底に流れてきた妖怪たち。その多くは、地上の妖怪よりもいくぶんか好戦的だ。ぐだぐだとした話し合いよりも、自分の力で相手を屈服させる方が早い――という思考に至るのが当然で、だからこそ勇儀は話し合いを推奨していたのだろう。
 忌み嫌われた力を振るい過ぎれば、この地底も安全な場所ではいられない。
 怪力無双の鬼ならずとも、危険な力を抱えた者は数多くいるのだ。
 ――そう、例えばあの橋姫のように。
「橋姫……ね」
 先ほど訪れた橋姫の家で見た、あの緑の眼を思い出し、ヤマメは顔をしかめた。
 旧都に戻らない、と勇儀は言った。ここで――あの橋姫の家で暮らす、と。
 勇儀は、今までまとめてきた旧都を棄ててまで、あの橋姫を選んだ。
 その選択は、もちろん勇儀なりに考えた結果ではあるのだろう、とは思うけれども。
「――無責任、なんて言えないよね、私らにゃ」
 その糾弾は人間的に過ぎる、とヤマメは首を振った。
 だいいち、自分は特に責任ある立場でもない。旧都をぶらつく一妖怪に過ぎないのだ。
 それが星熊勇儀を非難できる道理など、やはりあるはずが無かった。
「どうしたもんかなあ、本当に」
 腕を組んでヤマメは唸る。――狂骨の困り顔が頭に浮かんだ。
 旧地獄街道で蕎麦屋を営む狂骨は、ヤマメにとっても馴染みの相手だ。
 勇儀の説得は、その旦那の頼みなのだから、無視するわけにもいかないのだが。
「あー、やだやだ」
 首を振って顔を上げると、また別の喧嘩が目に入った。些細なことでの弾幕の応酬、それを超えた力の浴びせ合いは、最近本当によく目立つ。
 そして、その喧嘩を見守る野次馬の中に、知り合いの顔を見かけた。
「あれ、お燐じゃない。久しぶり」
「ん? お、ヤマメじゃん」
 振り返った猫耳の少女は、尻尾をピンと立ててすこぶる猫らしい笑みを浮かべた。
 火焔猫燐、あだ名はお燐。灼熱地獄跡地の上に立つ屋敷、地霊殿に飼われている火車だ。
「ここんとこ旧都に来てなかったよね。どうしてたのさ?」
「あー、ちょいと屋敷でゴタゴタがあってね」
 苦笑するお燐に、ヤマメは肩を竦める。
「まーたあの馬鹿鴉が何かやらかしたの?」
「馬鹿とか言わないでおくれよ。いや、おくうは馬鹿だけどさ」
 本当にねえ、と疲れたようにお燐は息を吐き出す。この猫娘の気苦労の原因はだいたいにして、彼女の友人の地獄鴉である。三歩で忘れる鳥頭にお調子者を兼ね備えた、あの。
「それはそうと、なんだか随分旧都が騒がしいじゃん。何かあったのかい?」
 尻尾を揺らして、お燐は喧嘩の方を見やる。ドォ、と地面が抉れて土煙があがった。
「ああ――ちょっとね。上の方でこっちもゴタゴタしてるみたいだよ」
 曖昧に濁して答えつつ、ヤマメはお燐とともに喧嘩から少し距離を置いた。
 ふぅん、と鼻を鳴らしつつ、お燐はどこか楽しげに喧嘩の方を見やる。
「何だか昔の混沌としてた地底を思い出すねえ」
「――まあ、確かにね。最近はまったりしたものだったし」
 勇儀ら鬼が地底に妖怪を受け入れ始めた頃は、地底はもっと混沌としていた。地上を追われた妖怪たちの吹きだまり、という形容が相応しい、雑然とした魔窟だった。そこに平穏と秩序を生み出したのが、また鬼だったわけだが。
「あたいとしちゃ、こっちの方が好きかな」
 猫の目を爛々と輝かせて、お燐は言った。
「死体もこっちの方が増えそうだしね。最近少なくてさあ」
「――相変わらず剣呑だねえ、あんたは」
 死体を運び、灼熱地獄に放り込んで火力の足しにするのが火車であるお燐の仕事だ。
「というか、あんたは人間の死体専門じゃなかったの?」
「こだわってもいられないんだよ、このご時世」
 そういうものなのか。ヤマメには今ひとつよく解らない話である。
「そう――どうにかしないといけない」
 ふと、お燐がぽつりと呟いて、どこか遠い目で道の先を見やっていた。
 その見つめている先は、地霊殿のある方角だ。
「お燐?」
「ん、何でもない。喧嘩もケリがつきそうだし、そろそろ退散するよ」
 見やれば、喧嘩をしていた妖怪の片方が地面に膝をついていた。勝敗はほぼ決したようだ。死ぬまでやり合う様子でも無さそうなので、お燐はそれ以上興味は無いのだろう。
「じゃ、また」
 その身を猫の姿に変え、お燐はさっさと旧都の奥へと走り去る。それを見送り、ヤマメは小さく肩を竦めた。
『あたいとしちゃ、こっちの方が好きかな』
 お燐がそう言うように、昔のような混沌とした地底の形を望む妖怪は少なくないだろう。
 勇儀が居なくなったとなれば、果たして地底の妖怪たちはどちらを望むだろう。
 ――旧都はまた、変わり始めようとしているのかもしれない。
 そのとき、自分はいったいどうするべきなのだろうか。


      ◇


 狂骨の屋台に出向いて、説得が失敗した旨を伝えた。
 話を聞いた狂骨は、「そうかい」と一言呟いただけで、それ以上は沈黙した。
 約束通り蕎麦を一杯奢ってもらって、さて、とヤマメは首を振る。
 七面倒くさい話はとりあえず終わりだ。――キスメに会いに行こう。
 その顔を思い浮かべると、途端に心が弾んで、現金だなぁと自分自身に苦笑する。
 ともかく、旧都の細い路地を通り抜け、いつもの井戸の元へ足早に急いで。
「おーい、キス――」
 その名を井戸に向かって呼びかけようとして――ヤマメは足を止める。
 景色が、いつもと違っていた。
 無人のあばら屋の傍らにある、小さな涸れ井戸。そこがキスメの住処だ。
 その井戸は、変わらずいつもの場所にあるのだが――あばら屋が、半ば崩れていた。
 抉れた地面、近くの壁の爪跡。誰かが暴れたような形跡が、あちこちに残っている。
「キスメ!?」
 悲鳴のように叫んで、ヤマメは井戸にすがりついて中を覗きこんだ。
 暗い井戸の底に、彼女の入っている桶があるのか、ここからは見えない。
 まさか、そんな。
 最悪の予感に、ヤマメは身震いして、もう一度キスメの名を呼ぼうとして、
――……ヤマメちゃん?
 からからと滑車が音を立てて、井戸の底から桶が上がってきた。
 その中から、キスメはおずおずとヤマメを見上げて。
「何だ……びっくりさせないでよ」
 大きく安堵の息を吐き出して、ヤマメはキスメの桶を抱えると、その場に座り込む。
 キスメは怯えたように身を竦めたまま、ヤマメを上目遣いに見つめた。
「何があったのさ、これ」
 ――知らない妖怪さんたちが、ここで喧嘩し始めたの。
 ボロボロになった周囲を見回してヤマメが問うと、キスメは俯いて答える。
 ――わたしは井戸の底に隠れてたけど……怖かったの。
「キスメ……」
 震えるキスメの頭を、ヤマメは撫でた。――キスメが怯えるのも無理はない。地底の妖怪の中でも、釣瓶落としのキスメはお世辞にも強い妖怪では無かった。元々がせいぜい、頭上から落ちてきて人間を気絶させる程度の妖怪である。地底の強い妖怪同士の喧嘩に巻き込まれたら、どうこうできるはずもない。
 そう、巻き込まれたら、キスメは。
「…………っ」
 その可能性に、背筋の凍るようなものを感じて、ヤマメは身震いした。
 喧噪といえば聞こえはいいが、要するに今の旧都は、強い者が弱い者を力で従わせる状態に戻りつつあるということだ。そして土蜘蛛のヤマメと釣瓶落としのキスメは、基本的に地底の中では決して強者ではない。
 星熊勇儀という鬼の力に、鬱憤を溜め込んでいた妖怪たちが、本格的に暴れ出したら。
 地底が騒乱状態に陥ったら――自分たちなど、ひとたまりもないのだ。
 ――ヤマメちゃん。何だか最近……旧都が怖いよ。
 キスメが頼りなげな声で、そう囁く。
 また、どこからか喧嘩の騒乱が遠く聞こえていた。
「……大丈夫だよ」
 ヤマメは笑って、キスメの柔らかい髪を撫でた。
「みんなちょっと鬱憤を発散してるだけだって。そのうち収まるよ」
 憂いの消えないキスメの瞳に、ヤマメは精一杯笑いかけて。
「心配なら……うちに来る?」
 ――ほえ?
 きょとんと目を見開いたキスメに、ヤマメは照れ隠しに視線を逸らしながら。
「だから、ここもちょっと危ないかもしれないからさ。……キスメが良ければ、その、私んちに来ても――ああいや別に下心とか無いからね全然!」
 自分でも何が言いたいのか解らなくなってまくしたてたヤマメに、キスメは目をしばたたかせて。――それから、くすくすと笑った。
 ――ヤマメちゃん、顔真っ赤。
「う、うるさいなぁもう……」
 ――……ヤマメちゃんがいいなら、わたし、ヤマメちゃんと一緒にいたい。
 今度は、ヤマメの方がその言葉に目をしばたたかせた。
「いいの? うち、広いよ?」
 ――誘ったのはヤマメちゃんだよ?
「いや、そうだけどさ――い、いや、キスメがいいなら、じゃあ……」
 こんなにあっさりOKが出るとは思わなくて、ヤマメはどもってしまう。
 単なる思いつきではあったけれど、キスメにうちに来てほしい――というのは、ヤマメ自身ずっと望んでいたことだったかもしれない。
 ――ヤマメちゃん。
「な、なに?」
 ――ふつつかものですが、よろしくお願いします。
「い、いや、それじゃあまるで――」
 結婚するみたいじゃない。その言葉は流石に気恥ずかしくて口に出せなかったけれど。
 キスメの方は目を細めて、それからすっと唇を上に少し持ち上げた。
 目が閉じられる。それはいつもの、キスメの合図。
 うーあー、とヤマメはひとつ唸って、それから自分の唇をキスメのそれに寄せる。
 結局のところ、自分はキスメが好きで、キスメもたぶん、自分を好きでいてくれる。
 だから一緒にいたいという、それだけのことで。旧都云々は口実でしかない。
「じゃあ……うち行こうか」
 ――うん。
 照れたようにふたり笑い合って、そしてヤマメはキスメを抱いて立ち上がった。

 あるいは、ひょっとしたら――自分は。
 橋姫の家に転がり込んだ勇儀を、妬んでいたのだろうか。
 全てを放り出して、惚れた相手と四六時中一緒に居られる場所を選んだ彼女を。
 だから――。

 ――あのね、ヤマメちゃん。
 不意に胸元でキスメが声をあげ、「ん?」とヤマメはその顔を見下ろす。
 キスメは恥ずかしそうに目元を伏せて、ヤマメの服の胸元を掴んで、
 いつもよりいっそう、消え入りそうな声で、囁いた。
 ――下心は、あっても……いいよ。
 真っ赤になって俯いて、そんなことを言われてしまったら、どうしようもなかった。
「キスメ」
 ――な、なに?
「ばーか。……大好き」
 その身体を抱き寄せて、先ほどより少し長いキスをする。
 触れあう唇の温もりと、混ざる吐息の感触だけが確かで。
 キスメがここにいるのを確かめるように、ヤマメは強くその細い身体を抱きしめた。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:27 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:27 | - | - |
Comment
お久し振りです実家帰ってましたクランです。

うん、ヤマキス的に凄く自然な流れですね…それでもどこかおかしく思えるのは、混沌が広がってる中で謎が密度を増しつつあるからでしょうか。
……内情が分からない地霊殿…非常に気になります。
Posted by: クラン |at: 2009/09/02 1:57 PM
どうも、通りすがりのものです。
ゆう×ぱる!拝見させていただきました。もうアツアツすぎて見てるこっちが恥ずかしくなります。
これから先シリアスな展開がありそうで、ちょっとビクビクしてますが次回の話楽しみにさせていただきます。
それでは。
Posted by: 初見の人 |at: 2009/09/03 12:11 PM








WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links