Entry: main  << >>
ゆう×ぱる! 9 / 「星熊勇儀の愉悦」
 かわいい姐さんと格好いい姐さんと両方書きたいなぁと思いつつ。









 それを恋と呼んでしまうのは、鬼の自分にとってはいささか気恥ずかしくさえあった。
 しかしまた同時に、恋としか呼びようのない感情であることも理解していた。
「……人間の小娘と変わらんねえ、これは」
 自室の床に寝転がって、天井を見上げながら勇儀は苦笑混じりに呟く。
 些細な言葉や仕草に頬を赤らめ、思い人の元へ通い、遠目に見つめ、文をしたため。回りくどい手順を踏んで伴侶を為す人の営みに、不思議な生き物と笑ったのも懐かしい話だ。
 今にして思えば、その回りくどさこそが人間にとってたまらない娯楽なのだろう。
 それは今、勇儀自身が恋をしてみて――ああ、小娘的に過ぎて本当に気恥ずかしい言い回しだが仕方ない。水橋パルスィという少女に惚れて、実感していることだった。
「ぱるちー……いや、パルスィ」
 名前を呟いて目を閉じれば、彼女の笑顔がそこに浮かんだ。
 角をぶつけて悶絶した自分に、涙まで浮かべて大笑いした彼女のその顔は。
 ――勇儀が初めて見た、水橋パルスィの笑顔。
「ああもう……どうしろってんだいもう」
 じたばたと床の上を転がって、杯をつついて勇儀は呻いた。全く、こんな様子は仲間内には見せられたものではない。
 惚れ直した、というかますます惚れた。ふてくされた顔、驚き顔、照れ顔、怒り顔。そのどれもが力一杯抱きしめたくなるほどに可愛らしいけれど――笑顔は本当にとびきりだった。
 あの笑顔が見られるなら、鬼でなく道化になったって構わない。
 わりと真剣に、勇儀はそんなことまで考えていたりする。
「ぱーるちー……」
 目を閉じる。昨日のことがありありと思い出せた。
 ――ふたり笑い転げて、ひとしきり笑って、そして自分は言った。
『なあ、パルスィ』
『……何よ』
 腹を抱えて笑っていたパルスィは、口元を押さえたままこちらを見つめて。
『さっきの笑い顔、今までで一番可愛かったよ』
 ――酒に酔いつぶれたみたいに、パルスィは顔全体を紅潮させてそっぽを向いた。
 そんなことを思い出すだけで、またこっちの顔はにやにやとだらしなく緩む。
 今、パルスィはどうしているだろう?
 また橋の上、ひとりで地上の光でも見上げているだろうか?
 その顔を、また自分が笑わせてやれたら――それはこの上もなく楽しいことだ。
「よしっ」
 がばっと身を起こして、勇儀は杯を手に取った。思い立ったが吉日と言う。いや、ここのところ毎日あそこに顔を出しているのだから吉日も何もないが――善は急げという話だ。
 会いたくなったから、会いに行く。
 それもまた気ままな鬼らしいと自分で呟いて、勇儀は家を出た。
 地底を照らす燐光が落とす影は、ひび割れた大地に長く伸びていた。


      ◇


 浮き足だった気持ちのまま、脇目もふらずにまっすぐ彼女の元へ駆けていければ、それはきっと幸せなのだろうけれども。
 そうするには、星熊勇儀はいささか地底に知り合いが多すぎた。
「おや姐さん、ご機嫌だねえ。どちらへお出かけだい?」
「まあちょいと、知り合いのところへね」
 すれ違う狂骨の旦那に手を振る。それに限らず、勇儀に声をかけてくる者は多い。
 揉め事の仲裁なんぞ途中で飛び込まないでおくれよ――。そんなことを思っている自分に気付いて、勇儀は苦笑した。もはや自分にとって、最優先事項はパルスィのことなのだ。
 もちろん、声をかけてくる知り合いを邪魔と疎むつもりはないけれども――。
「あ、星熊の姐さん。やほー」
 また声。振り向いて、勇儀は今度は足を止めた。パルスィが最優先とはいえ、その後の成り行きがどうなっていたかは気に掛けていたふたりがそこにいた。
「おう、ヤマメにキスメかい」
 ――え、ええと、……こんにちは。
 ヤマメの抱えた桶からおずおずと顔を出して、キスメは恥ずかしそうにそう呟いた。
 それを見つめるヤマメの視線は優しく、「ふぅん」と勇儀はひとつ笑みを漏らす。
「その様子だと、懸案は一応解消されたのかい?」
「え? ああ、いやまあ何と言いますか、たはは……」
 ヤマメは照れくさそうに頬を掻いて、キスメは真っ赤になって桶に潜った。
 微笑ましいそんなふたりの様に、「いいねえ」と勇儀は目を細める。
「仲良きことは美しき哉。――羨ましいねえ」
 勇儀の言葉に、「え?」と不意にヤマメが意外そうに目を見開いた。
「なんだい?」
「いや、姐さんの口から『羨ましい』なんて言葉を聞くとは思わなくて」
 ヤマメの言葉に、勇儀はひとつ肩を竦める。
「そんな変なこと言ったかね」
「姐さんが他人を羨むなんて、ねえ」
「おいおい、羨むものが何も無い人生なんて、そりゃあつまらないだろうさ。それともなんだい、鬼は羨むものが無くて退屈だから酒浸りだとか言い出すのかい?」
「いやいやいや、そんなつもりは」
 慌てて首を振るヤマメに苦笑を返して、それから勇儀はひとつ首を捻った。
 さりとて――確かに、羨ましいなどと他人の前で口走った記憶はとんと無かった。
 怪力無双、地底の統率者たる鬼とて、何もかもを手に入れられるわけではない。手に入らないものも、失ったものもある。――全てを手にしてしまうのは死と同義ですらあるだろう。それ以上、その者はどこへも進むことが出来なくなるのだから。
 ともかく、鬼とて何かを手に入れたいと思うことは必ずある。ただ――それを表に出すことは、確かにほとんど無いかもしれなかった。
 自分もあの伊吹萃香のように、鬼らしくない鬼になりつつあるのだろうか。
 そんなことを考えて、勇儀はひとつ苦笑した。
 ――勇儀さん。
 不意にキスメが、小さな声で勇儀を呼んだ。
「ん?」
 ――勇儀さんも……誰か、好きな人がいるんですか?
 その問いかけに、ヤマメが目を細め、勇儀はぼりぼりと頭を掻いた。
 まあ、見抜かれるか。そのぐらいに今の自分はやはり露骨なのかもしれない。
「解るかい?」
 ――ええと、なんとなく。
 参ったねこりゃ、と勇儀は苦笑する。その様に、ヤマメが少し顔をしかめた。
「姐さん、その相手って――」
「ん?」
「いや……何でもない」
 首を振ったヤマメに、勇儀はひとつ鼻を鳴らす。
「っと、ちょいと急いでるんだよ。じゃあまた、仲良くやりなよ」
「あ、うん……それじゃあ」
 ――ばいばい、勇儀さん。
 歯切れの悪い様子のヤマメと、桶から手を振るキスメに手を振り返し、勇儀はまた歩き出す。
 ヤマメのしかめっ面が脳裏にちらついて、それが小さな棘のようにどこかで疼いた。
『あいつの近くにいるとね、こっちまで気分が悪くなるんだ。妬ましい妬ましいってあの気味の悪い緑の眼で見つめられると、胸の奥がこうムカムカしてきてね』
 もちろん、気の合う合わないはあるだろう。社交的なヤマメだって馬の合わない相手はいて当たり前だ。そこに他人がどうこう口を挟む筋合いが無いことぐらいは解っているが――。
 惚れた相手についての陰口。本人にその気が無いとしても――気分のいいものではない。
「――ああ、やだねえ全く」
 それを振り払おうとするように、勇儀は抱えた杯をぐっと傾けた。


      ◇


「結局あんたは、ここに酒を呑みに来てるわけ?」
 緑眼をふて腐れたように細めて、パルスィは棘のある声で言った。
 いつもの橋の上。欄干にもたれるパルスィの傍ら、腰を下ろして勇儀は杯を傾けていた。そんな光景も全く、もはやいつも通りの日常ですらある。
 ん? と杯から顔を上げて、勇儀はにっと笑みを浮かべた。
「そりゃあもちろん――お前さんに逢いに来てるに決まってるじゃあないか」
 立ち上がり横に歩み寄ると、「ふん」とパルスィはそっぽを向いた。
 だけどそんな仕草も、邪険というよりは子犬が拗ねているようで愛らしい。
「お前さんの横顔を見ながらだと、いつにも増して酒が旨いね」
「人を勝手に肴にしないで。――結局、酒がメインなんじゃないの」
 つん、と背中を向けるパルスィに、勇儀はますます笑みを深める。
「なんだいなんだい、ぱるちー。拗ねてるのかい?」
「誰がよっ!?」
 ばっと振り向いたパルスィの腕を、勇儀は捕まえた。ずっと顔を寄せると、パルスィの赤らんだ頬の熱がこちらまで伝わってくるような気がして、それがまた幸せなのだ。
「酒相手にやきもち妬いて貰えたのかね? そうだとしたら嬉しいねえ」
「馬鹿言ってんじゃないわよっ! 離せこらっ、ああもうっ――」
 がり、と頬を引っかかれた。わはは、と笑い飛ばすと、パルスィは半眼で盛大に唸る。
「あんたのそういうところが無神経だって言うのよっ」
 酒臭い顔近づけるなっ。頬を引っ掻いた指で勇儀の口元を塞いで、パルスィはもがく。
 ぱっと勇儀が手を離すと、数歩よろめいたパルスィは、深くため息を吐き出した。
「参ったね、無神経だったかい?」
「自覚が無いのは本当に処置無しだわ……妬ましいわね」
 ぱるぱる、と小さく呟いて、それからパルスィは人差し指を勇儀に突きつけた。
「嘘をつかないなんて誓うのは、嘘つきにだって出来るのよ」
「……そりゃまあ、その通りだが」
「信用して貰いたいなら、態度で示して見せなさいよ、態度で」
 パルスィの言葉に、ふむ、と勇儀は首を傾げる。
「態度ねえ」
「他人のところに押しかけて延々ひとりで酒飲んでるのが誠意ある態度だっていうなら、そんなこと言う種族は鬼だけよ、間違いないわ」
 はて、そういうものか。勇儀は腕を組んで唸った。鬼同士なら逢えばとりあえず杯を酌み交わし、話をしていても酒は切らさないのが当たり前なのだが――。
「ふむ、つまりぱるちー」
「だからぱるちー言うな」
「お前さんも呑みたいならそう言っておくれよ」
「何でそうなるのよあんたはっ!?」
 違うのか。てっきり自分にも呑ませろと言うことだとばかり勇儀は思ったのだが。
 顔を覆ってため息とともに首を振ったパルスィは、「何なのよ本当に、もう」とどこか嘆きのように呟いた。
「あんたは一体、どこまでが本気でどこまでがおふざけなの?」
「どこまでがって――ねえ」
 杯を指の上で回しながら、勇儀は肩を竦める。
「お前さんに言った言葉は、全部本気だよ? 嘘偽りなんざ誓って無いさ」
「……それが信じられないからこんなこと言われてるんだって自覚しなさいよ」
 そんなことを言われてもねえ、と勇儀は首を捻った。自分としては常に大真面目に、精一杯パルスィに自分のこの気持ちを解ってもらおうと努力しているつもりなのだが。
「どうすりゃいいんだい?」
「それを私に聞くのが無神経って――ああもう、本当にその太平楽さが妬ましいわ」
 疲れたように首を振って、パルスィはそれから勇儀の手にした杯を指さす。
「とりあえず、人と真剣に向き合おうっていうなら素面になりなさいよ、素面に」
「……そういうもんかい?」
「酔っぱらいのたわごとって思われるに決まってるでしょうが!」
 パルスィの言葉に、「それこそ心外だねえ」と勇儀は杯にまた酒を満たす。
「酔いに溺れて我を失うなんて下の下。少なくとも私ゃそんな下品な酒の飲み方はしないし、酔っていようがいまいが私は何も変わらんよ」
「――あんたがどうかじゃなく、こういうのは相手がどう思うかなんだって解ってる?」
 勇儀は目をしばたたかせた。鬼の常識からは聞かれない言葉だ。鬼同士なら酒を呑んでいるいないで相手を区別などしないのだが――他の妖怪ではそうもいかないのか。
「ふむ……そういうものなのかい。難しいね」
「どこがよ。――あんたってひょっとして、とてつもない馬鹿?」
 パルスィが半眼でこちらを睨みつけて言った。勇儀は苦笑する。
「ここのところ、馬鹿みたいにパルスィ、お前さんのことばっかり考えてるのは事実だがね」
「――――――っ」
 頬に手を伸ばすと、またパルスィは噛みつきそうにこちらを睨んでばっと逃げた。
「本当だよ。部屋でゴロゴロしていても、お前さんのことばっかり頭に浮かんでねえ。今日も居ても立ってもいられなくて、こうして来たんだがね」
「……それでどうして、そこでひとりで酒飲んでるだけなのよ」
「なんだぱるちー、構って欲しかったのかい?」
「馬鹿言ってんじゃないわよ! しまいにゃその角へし折るわよ!」
 そんな反応もやっぱり可愛らしくて、勇儀はまた呵々と笑った。
「……あんたは一体、何がしたいのよ?」
「そりゃあ、お前さんに会って、お前さんの顔が見たいのさ」
 杯を傾ける。紅潮する頬は決してアルコールのせいではないと解っていた。
「話もしたいし、触れられるなら触れたいね。抱きしめさせてくれるなら言うことないねえ」
「馬鹿言ってんじゃないわよ!」
「だから真剣だって言ってるじゃないか。――なあ、パルスィ」
 逃げようとするパルスィの腕をもう一度掴んで、勇儀はその髪に手を伸ばした。
 身を竦めるパルスィの金色の髪は、さらさらとして指にその感触が心地よい。
「こう言うと、ちいと気恥ずかしいが――私ゃ本気で、お前さんに恋してるんだよ?」
「……似合わないわ、あんたにそんな台詞」
「違いない」
 ふて腐れたようなパルスィの言葉に、勇儀は苦笑する。
 恋、なんて言葉は甘ったるすぎて、酒の肴としては今ひとつなのだ。
「似合わないなら、やっぱり《惚れた》って言うべきなんだろうねえ。ベタ惚れ、ぞっこん、ぱるぱるぱるちーに首ったけさ」
「ぱるちー言うな! だからそういうふざけた言い方が――」
「ふざけてなんかいないって、どうすれば解ってもらえるんだい?」
「――話がループしてるわよ」
 やっぱりあんた馬鹿でしょ。パルスィは呆れたようにそう言い放った。
「馬鹿な女は嫌いかい?」
「大嫌いよ」
「そういうはっきりした言い方が、私は好きだね」
 髪に触れていた手を頬に添える。パルスィがまたびくりと身を震わせた。
「それじゃあ私は、お前さんに馬鹿と思われないようにしないといけないか」
「もうあんたは馬鹿で確定してますから、残念でした」
 勇儀の手を振りほどいて、パルスィはあっかんべー、と舌を出す。
 そんな仕草は、普段の澄ました様子とはかけ離れて可愛らしく、勇儀は微笑んだ。
「それなら、馬鹿の中で私だけは特別好きになってもらえるようにするかね」
「……どこまで前向きなのよ、あんたは」
「後ろを向いて拾えるものなんてどこにも無いからね」
 時は不可逆だ。失ったものをどれだけ嘆いたところで、落とし物は拾い直せない。
 それなら前を向いて、その先に落ちている新しいものを拾った方がいいに決まっている。
「前を向いてたら、お前さんっていう宝物を見つけちまったわけさ」
「――ああもうっ」
 伸ばした勇儀の手を振り払って、パルスィは欄干に沿って少し離れると、
「お酒」
「ん?」
「私にも――そのお酒よこしなさいよ。ずっと独り占めして、妬ましいのよ」
 ぱるぱる、と呟きながら、パルスィはふくれっ面でそう言った。
 その顔もまた何よりも愛らしくて、勇儀は笑みを抑えられない。
「パルスィ」
「……何よ」
「酔った勢いで押し倒してくれたりすると嬉しいね――あ痛っ」
 差し出した小さめの杯が、投げ返されて額の角を直撃した。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:17 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:17 | - | - |
Comment








WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links