Entry: main  << >>
ゆう×ぱる! 8 / 「水橋パルスィの孤独」
 第2話終了的な一区切り。次はまた少し間を開けて溜まったら開始します。










 街の灯は、人や妖怪の営みは、いつから自分にとって遠いものになったのだろう。
 それが最初からだったのか、それともかつて自分にも、他人の輪の中にいられた時間があったのか――そんなことももう、思い出せなかった。
 ただ、確かなことは。
 今の自分は、忌み嫌われて地上を追われ。
 追われた先の地底でも、やはり独りでいるしかない存在だった。
 常に遠くから、営みの喧噪を、光を眺めているだけ。
 ――この、誰からも好かれない緑の眼で。


      ◇


 右手がひどく、腫れたように痛んだ。
 彼女の頬を張ったのは自分なのに、どうして自分の右手が痛いのか。
 そのことが理不尽で妬ましくて、パルスィは右手をさすりながらしゃがみこむ。
「……妬ましいわ」
 振り返れば、けれど橋はまだ近くにあって、――勇儀の姿はもう無かった。
 結局自分は、あの橋の上から離れられないのだ。
 彼女がもう居ないことに微かな安堵を覚えつつ、パルスィはゆっくりとその橋に歩み寄る。
 ここが自分の居場所。ここだけが、自分の居場所だ。
 欄干に手をかけると、また右手が痛んで、パルスィは顔をしかめる。
 ――頬を打たれた勇儀の、呆然とした表情が脳裏を過ぎった。
「どうして……」
 右手をさすりながら、俯いてパルスィは小さく呻く。
 囁かれた勇儀の言葉が、耳鳴りのように頭の中で反響する。
『私が、お前さんの何に最初惹かれたってね』
 全く、何の罪も無さそうな顔をして、無神経にこちらの顔を覗きこんで。
 ――星熊勇儀は、あまりに致命的な言葉を囁いた。
『その綺麗な、緑の眼さ』
 どうしてそんな、嘘を、つくの。
 目元を覆って、パルスィは「……どうして」と繰り返した。
 言葉はどこにも届かない。思考はただ、ぐるぐると同じところを回り続ける。
 この場所からどこにも行けない自分のように、ぐるぐる、ぐるぐると。

 ――この目を好きになる者なんて、どこにもいるはずがない。
 誰もが嫌った。忌み、遠ざけた。嫉妬にまみれた緑の眼の怪物。
 この緑の眼で、自分は何もかもを妬んできた。
 ……どうして? どうしてそんなに、何もかもを妬んできたのだろう?
「私は……」
 思考が千々に乱れて、何も考えられない。
 星熊勇儀というあの鬼のことが、パルスィにはやはり、理解できないのだ。

 鬼は嘘をつかない。勇儀は何度もそんなことを言う。
 けれど、その言葉自体が嘘ならば――何の意味も無いではないか。
 そう、そうだ。――だって、あり得ないのだ。
 自分なんかを、この緑の眼を、好きになる誰かなんて、いるはずがない――。

 だから、あの鬼のことなんて、気にしなければいいだけの、はずなのに。
 ――どうして、彼女の呆然とした顔が、頭から離れてくれないのだろう。
 あの太平楽な笑顔と、こちらに無遠慮に触れてくる大きな手の感触が、自分の中にこうやって、居座り続けているのだろう――。
 解らない。理解できない。星熊勇儀とはいったい何なのだ?
 自分は、あの無神経な鬼に――いったい、何を見ているのだろう?
「妬ましいわ……」
 自分はいったい、何を妬んでいるのだろう?
 それが解らないから、ただパルスィは欄干にもたれて、俯いているしかなかった。
 縦穴に吹く風だけが、いつもと変わらずに冷たく吹き抜けていた。


      ◇


 目覚めは、いつも最悪だ。
 夢を見ていた気はする。だけどどんな夢なのかは、弾けて消える泡のように記憶の奥底に沈んでいって、二度と浮かび上がってくることはない。
 ――ただ、胸のむかつく嫌な感覚だけが、いつも塊のように身体にのしかかる。
 だからきっと、見ている夢は悪夢なのだ。覚えていないのは、むしろ幸いなのだろう。
 ため息をついて起きあがると、パルスィはいつもの服に着替えて、また橋の上に出る。
 家でじっとしていれば、悪夢の続きが自分にのしかかってくる気がするのだ。
 橋の上は、どこか安らぐ。どうしてなのかは解らないけれど。
 ――あるいは自分は、橋の下に棄てられた子供だったのかもしれない。
 そんなことも、もうパルスィには思い出せないほど遠い昔のことなのだが。
 いつもより少し生温い風に目を細めて、パルスィはまた息を吐き出す。
 ……静かだ。渡る者の途絶えたこの橋の上は、いつだって静かだけれども。
 どうしてそれを、今さらのように静かだと認識してしまうのか。
 ――それはきっと、あの騒がしい闖入者のせいに違いなかった。
「勇、儀……」
 ぽつりとその名前を口にした自分自身に、パルスィは胸の疼きを覚えて顔をしかめる。
 だから、どうしてあの鬼のことばかり、こうも考えてしまうのだ。
 あんなはた迷惑で、無神経で、傍若無人な飲んだくれのことを。
 ――だけどもう、今度こそ、彼女はここには来ないだろう。
 昨日のことを思い出して、パルスィは自分の右手を見下ろした。もうとっくに、叩いた右手の痛みは消えているはずなのに、どうしてかまた手のひらが疼いた気がした。
 あのときの拒絶は、それまでのものとは違ったと、自分でも思う。
 全身での、本能的な拒絶。彼女の言葉を、自分は拒否した。
 ――この緑の眼を好きになる者なんて、どこにもいないのだ。
 だから、だから――自分は。
 彼女の頬を張って、そして逃げ出した。彼女の元から離れたかった。
 何から、自分は離れたかったのだろう。
 ……解らない。彼女のことになると、自分の思考がわけのわからないものになる。
 星熊勇儀。この橋の上に現れる酔狂な鬼。彼女は――どうして。
『鬼は嘘をつかないよ。私が惚れたのはお前さんひとりだけさ、パルスィ』

 嘘を、つかないで。
 そんな嘘は――つかないで。
 だって、惨めになるだけじゃないか。
 どうせ、私のことなんて、誰も好きになりはしない。
 ただの酔狂な鬼の、一時の気の迷いに振り回されて――。
 それだったら今までと同じように、ずっとひとりでいたかったのに――。

「…………ゆう、ぎ」
 どうして、普段と変わらないはずの、誰も通らない橋の光景に。
 この胸が、軋むように痛みを訴えるのだろう。
『おーい、ぱるちー』
 ――だから、変な渾名で呼ばないで。
 幻聴のように彼女の声が蘇って、パルスィは耳を塞いだ。
 解らない。どうしていいか解らないのだ。
 彼女を拒絶したのに――ずっと大嫌いと言い続けてきたのに、
 それでもこちらに笑顔を浮かべて、『好き』だの『惚れた』だの囁く勇儀のことを。
 自分は、

「……なあ、どうして、そんなに泣きそうな顔をしてるんだい」

 声が、した。
 幻聴だと思って、パルスィは目を閉じたまま首を振った。
「泣いてなんか――いないわ」
 幻聴に返事をしてしまう自分は、きっとどうかしている。
「だけど、泣きそうな顔にしか見えないよ、パルスィ」
 けれど幻聴にしては、その言葉はあまりにも鮮明で。
 おそるおそる目を開ければ――やはり彼女の姿は、目の前にあった。
「……星、熊」
 いつも携える杯を持たずに、星熊勇儀はパルスィの前で、ひどく曖昧な笑みを浮かべて。
「どうして……?」
 どうして、ここにいるのだ。
 もう、今度こそもう、ここに来ることもないと、そう思っていたのに――。
「どうしてって、そりゃあ……謝ろうと、思ってね」
 ひどく殊勝に頭を垂れると――そのまま勇儀は、石橋の上に膝をついて。
「すまなかった」
 あろうことか、パルスィの目の前で土下座を始めたのだ。
「ちょ、ちょっと、星熊!?」
「すまない。そんなつもりは無かったんだけど――私は、お前さんを傷つけちまった。だから謝る。この通りだ。――許してくれなくても構わないから、せめて謝らせておくれ」
「や、止めてよ――」
 そんなことをされても、自分にどうしろというのだ。
 パルスィが困惑の声をあげても、勇儀は顔を上げる気配もない。
「お前さんが……いや、言い訳はよそう。すまなかった。そんな泣きそうな顔をされるぐらいに傷つけちまったなら――お前さんが嫌なら、もうここには来ないから。だから――」
「待ちなさいってば!」
 思わず叫んで、パルスィは勇儀を見下ろして唸った。
 ――どうしろというのだ、この状況。地底に、いや地上に暮らす人間妖怪全てを含めても、鬼に土下座された者なんて自分の他にいるのだろうか。
「何なのよ、あんた……謝るぐらいなら、最初から……っ」
 最初から、勇儀がここに現れなければ。
 自分はここで、何も変わらない孤独を抱えたままでいただろう。
 ――そして今、勇儀が居なくなれば、また自分はそれに戻るのだ。
「…………っ」
 そのことに思い至って愕然とし、また愕然とした自分にパルスィは顔をしかめた。
 何だ、それは。今まで通りに戻るだけのことに――何を、そんな。
 勇儀が来なくなる。ここにまた独りになる。
 ――それが、嫌だとでも言うのか?
 今までずっと独りきりで永い時間を過ごしていたのに、何を今さら――。
「……すまない、本当に」
 額の角を地面に擦りつけるような格好のまま、勇儀は動かない。
「……そうやって、一方的に謝罪だけ押しつけるなんて卑怯よ。妬ましいわ」
 勇儀は顔を上げた。勇儀を見下ろすなんて、そういえば初めてだと今さらのように思う。
「だったら……どうすりゃあいいんだい?」
 傲慢な鬼が、土下座までして自分に許しを乞うた。
 妬ましくなんてないはずのことなのに――どうしてか、胸が疼く。
「どうもこうも無いわよ。……傲慢な嘘つきの謝罪なんて、聞きたくない」
「――――っ」
 そんな言葉を投げかけるたびに、軋むように胸の奥が悲鳴をあげるのだ。
 その痛みを見ないふりをして、パルスィは勇儀からも視線を逸らした。
「……嘘は、つかないよ。信じてくれなくてもいい。だけど、嘘じゃないんだ。パルスィ」
 背中から聞こえる勇儀の声は、どこか泣き出しそうにすら聞こえた。
「そうだよ。私は確かに傲慢だった。一方的に惚れて、一方的にお前さんにこっちの気持ちを押しつけて、お前さんのことを考えてなんかいなかったんだ――」
「何よ、今さら――」
「――鬼だってね、好きな相手に大嫌いって言われたら、泣きたくもなるんだよ」
 弱々しい声で、勇儀は呟くように言った。
「だけどそれは私の無神経のせいだ。だからせめて――謝ってだけは、おきたかったんだ」
 立ち上がる気配がした。下駄の音が、ひどく甲高くその場に響いた。
「でも、これだけは聞いておいておくれよ。……パルスィ」
 その手は自分に触れない。見えない勇儀との距離は、ひどく遠い。
「私は本当にお前さんが好きだ。――だけどそれがお前さんを傷つけるなら、もうここには来ない。だからせめて、覚えていておくれ。……お前さんを好きになった鬼がいたことを」
 勇儀が踵を返す気配がした。
 下駄の足音が、遠ざかっていく。
 パルスィはぎゅっと、奥歯を噛み締めた。
 ――二度と来ないで。
 そう言ったのは自分だったのに。
 どうして、その遠ざかる足音に――胸が、軋むのだ。
「……星熊っ!」
 叫んだ。気が付いたら、その名前が口から溢れ出ていた。
 足音が止まる。「……パルスィ?」と、勇儀が振り返る気配がする。
「嘘つき」
「なっ――」
 パルスィの呟きに、勇儀は微かに気色ばむ。
 だけどパルスィは構わず、勇儀に背を向けたまま、言葉を続けた。
「あんたは嘘つきだから――そんなこと言って、また明日も、ここに来るんでしょう」
「……パルスィ?」
「どうせ、あんたに力でなんて敵わない。だけど私は、ここにしか居場所がないのよ」
 自分が何を言いたいのか、パルスィ自身にも解らないまま。
「だから……あんたについては、もう処置無しって諦めることに、したのよ」
 勇儀が息を飲んだ。……ああ、何を言っているのだろう、自分は。
 だけど、言葉は止められなかった。
「好きにすればいいわよ。来るも、去るも、勝手にすれば。――あんたのことなんて、気になんか、しないんだから」
 ふん、と鼻を鳴らして言った言葉は、負け惜しみみたいで情けなかった。
 だけどそのことが――何故かあまり、妬ましくない。
「……パルスィ、そいつは、つまり」
「うっさい黙れ。同じこと何度も言わせるな」
 ――ああ、と勇儀が声をあげた。きっと、あの太平楽な笑みを浮かべているのだろう。
「パルスィ」
「何よ」
「……ありがとう」
「感謝されるようなことなんて、した覚えがないわ」
「――いいや、ありがとうだよ」
 横目で、後ろをちらりと振り向いた。――勇儀はまた、土下座しようとしていた。
「ちょ、だから止めなさいって――」
「いや、これは謝罪じゃなく感謝の一念――あ痛っ!?」
 がばっと勇儀が膝をつき、頭を下げようとした拍子に。
 かーん、といい音がして、その額の角が石橋にぶつかった。
「痛っ、あ痛、痛ぁーっ!?」
 途端、素っ頓狂な悲鳴をあげて、勇儀はその場をのたうちまわる。
 その様に――気が付いたら、パルスィは。
「……ぷ、あは、あははははっ、何それ、馬鹿みたい――」
 腹の底から笑いが込み上げてきて、噴き出すように笑っていた。
 そのパルスィの笑いに、角を押さえて涙目になっていた勇儀も。
「……ははっ、はははっ、何だいもう――全く、ははははっ」
 目元を覆って、堪えきれないといった様子で笑い出す。
 笑いが止められずに、そのままパルスィは勇儀とふたり、しばらく笑い転げていた。

 渡る者の途絶えた橋に、ふたりぶんの笑い声が、途切れることなく響いていた。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:29 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:29 | - | - |
Comment








WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『傀儡無情 東方×連城三紀彦短編集』(10/15 秋季例大祭4新刊)
メロンブックス とらのあな


『夏と幻想と彼女の死体 秘封倶楽部短編集』(9/18 科学世紀のカフェテラス新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links