Entry: main  << >>
ゆう×ぱる! 6 / 「キスメの場合」
 kiss meと書いてキスメと読む。勇パルの出番が無いのは仕様です。









 暗く狭い井戸の中が、キスメの世界の全てだった。
 世界は四方を円柱状に切り取られていて、縦長の穴の中で完結している。涸れた井戸の乾いた土の上、古びた桶の中に身を収めて、何をするでもなく頭上のほのかな光を眺めて過ごす。それがキスメの一日で、それ以外に何もないはずだった。
『――こんな狭いところで何してるのよ?』
 彼女が井戸の中を覗きこんで、自分に声をかけてくれるまでは。
『あんた、釣瓶落とし?』
 カラカラと自分を引き上げて、彼女はそう言った。暗い井戸の中から明るい外に引きずり出されて、怯えて身を縮こまらせた自分に、彼女は訝しげに目を細めて。
『――怖くないわよ』
 不意に目を細めて、その手で優しく髪を撫でてくれた。
 キスメが顔を上げると、彼女はその金色のポニーテールを揺らして、にっと笑った。
 キスメが初めて見る明るい世界で、その笑顔は直視できないくらい眩しくて――。
 また縮こまって桶に潜ってしまった自分の髪を、彼女はまた撫でて。
『退屈なら、遊ぼ?』
 そう言って、キスメが頷くまで笑っていた。

 それがキスメと、黒谷ヤマメとの出会い。
 ――それからずっと、キスメにとって、ヤマメはたったひとりの友達で。
 キスメの、一番大好きなひとだった。


      ◇


 その日は、なかなかヤマメがやってこなかった。
 別にヤマメも毎日決まった時間に来るわけではない。そもそも陽の差さない旧都では昼と夜の区別は便宜的なものに過ぎないし、中でも暗い井戸の中にいるキスメにとっては時間の区切りなど尚更縁の薄いものではある。気の向くままに食べ、気の向くままに眠る妖怪らしい生活スタイルだ。
 その中で、仮に目を覚ましてから眠るまでを一日と定義するなら、その日はヤマメの来るのは随分と遅かった。ぼんやりと井戸の底でヤマメの来るのを待ちながら、キスメは何度目かのため息を桶の中に漏らす。
 ――ヤマメちゃん、まだかな。
 頭上を見上げても、そこにこちらを覗きこむ彼女の顔は無い、
 目を細めてみても、見つからないものは見つからない。
 待つ時間は、遊んだ後の時間よりも遥かに永い、とキスメは思う。それは心の浮き立つ時間であると同時に、不安に心がさざめく時間でもある。
 ――ヤマメちゃん、本当に来てくれるかな。
 いつだって、ヤマメを待っている時間は、そんな不安が思考を掠めるのだ。
 井戸に引きこもっているキスメも、ヤマメがこの旧都の人気者だということは知っている。自分と一緒に旧都の街道を歩いていても、ヤマメに声をかける妖怪は多いし、ヤマメもそれらに笑顔で返事をして手を振って歩く。
 そのひとりひとりが、ヤマメの「ともだち」なのだ――。
 ただ事実として眼前にあるそれを見るたびに、桶の中でキスメの心はさざめくのだ。
 通り過ぎていくたくさんの妖怪たち。キスメにとっては、全ての妖怪は「ヤマメ」と「それ以外」でしかない。もちろん名前を覚えている妖怪はいるが、それは単に情報として記憶しているだけで、それ以上の意味は無かった。
 キスメにとってはヤマメだけが特別で、ヤマメが即ち全てなのだ。
 井戸の中にひとりきりだった自分に出来た最初で唯一の友達――黒谷ヤマメ。
 もう、ヤマメのいない毎日は考えられないし、いつだって頭の中ではヤマメのことばかり考えている程度には、キスメの中でヤマメという存在は大きかった。
 だけれど、だけれども、である。
 ヤマメは顔が広く、旧都に多くの「ともだち」がいる。
 地底の人気者、アイドル。ヤマメがそんな風に言われているのを知っている。
 ――そんなヤマメにとっては、自分も大勢の「ともだち」のうちのひとりでしかないのではないだろうか? そんな不安が、いつも頭をかすめるのだ。

 キスメにとって、ヤマメは全てだった。
 他と比べるなどという発想自体存在しないほどに、唯一の存在だった。
 ――だから、ヤマメにとっても、自分がそうであってほしい。
 そんな風に思うのは、おかしなことなのだろうか?
 そんな風に思うのは――ヤマメにとっては迷惑ではないのだろうか?
 自分は、キスメという妖怪は、黒谷ヤマメにとってどれだけの存在なのか――。
 それが解らなくて、キスメはいつも不安なのだ。
 もちろんそれは、ヤマメと遊んでいれば消えてしまう程度の小さなものだけれど。

「キスメ」
 待ちこがれた声がして、キスメは顔を上げた。頭上にこちらを覗きこむ影。井戸の中に反響する声は聞き間違えるはずもなかった。ヤマメだ。
 慌ててキスメは井戸を上りだす。滑車がカラカラと音をたてて、キスメの入った桶は井戸の外へと巻き上げられる。
「お待たせ。ごめん、ちょっと遅くなって」
 少しばつの悪そうに、ヤマメは片手を上げて苦笑した。
 キスメは目をしばたたかせて、それからきゅっと、ヤマメの服の袖を握る。
「ん、キスメ?」
 きょとんと目を見開いたヤマメの顔を見上げて、キスメは桶の中で少し背を伸ばした。
 え、と声をあげるヤマメの肩に手を伸ばして、いっぱいに伸びをして、こちらを覗きこむ格好になったキスメの唇に――ついばむように、自分のを重ねる。
「……って、い、いきなりなに?」
 触れるのは一瞬で、ヤマメは顔を赤くして狼狽えたように声をあげた。
 キスメはヤマメの袖を掴んだまま、押し黙って俯いた。
 たぶん、自分の顔も真っ赤なのだろうけど。
 待っていた時間が寂しくて、来てくれたことが嬉しくて、そんな気持ちがごちゃまぜのまま、思わずキスをしてしまった。――嫌がられては、いないと思いたい。たぶん。
「キスメ?」
 顔をあげると、こちらを目を細めて覗きこむヤマメの顔。
 ――え、えと、ごめんね。
 思いがけずその顔が近くて、キスメは慌てて声をあげた。先にキスしたのは自分なのに。
「いや、別に怒ってるわけじゃ……」
 ヤマメは困ったように眉尻を下げて、それから手を伸ばしてキスメの頬に触れた。
 その手は柔らかくて優しくて、はふ、とキスメは息を吐き出す。
 ――い……嫌じゃなかった? 急に、その、
 しどろもどろにキスメがそう問うと、「何よいまさら」とヤマメは肩を竦める。
「……嫌なら、普段からしてないってば」
 目を細めて、ヤマメの顔がすっと近付いた。
 今度は少しだけ永く、互いの吐息を感じる程度に、唇が重なる。
「満足した?」
 髪を撫でながら、額を合わせてヤマメは囁いた。その吐息の感触に、頬は熱いままだ。
 唇と唇を合わせるという、何だか気恥ずかしい行為。
 それが心地よくて、ヤマメに触れられていると幸せで、だからキスメはそれを求めてしまう。何だかんだ言いつつも、ヤマメの方もそれに応えてくれる。
 だから、キスメは幸福なのだけれど。
 ――もういっかい、って、言ってもいい?
 思わず、そんなわがままが口をついて出る。
 ヤマメは肩を竦めて、それからもう一度目を閉じた。
 触れてくる柔らかさを感じながら、胸の前でぎゅっと手を握りしめて、キスメは思う。
 ――幸せだなぁ、という気持ちと一緒に湧きあがってくる、胸の奥の小さな疼きはなんなのだろう。それが解らないから、キスメの気持ちは揺れる桶のように不安定なのだった。


      ◇


 どこ行く? というヤマメの問いに、どこにも行かなくてもいい、とキスメは答えた。
 ここでヤマメちゃんとお話ししてるだけでも楽しいよ。そう言うとヤマメは照れたように頬を掻いて、それから桶ごと自分を抱えてその場に座った。
 ヤマメの胸に後頭部を預けて、えへへ、とその顔を見上げると、ヤマメも苦笑する。
 こういうのも悪くないなあ、とキスメは思う。騒いで遊ぶのもいいけれど、ゆっくりするのもいいかもしれない。
「キスメって、ひとりでどこか出歩いたりしないの?」
 ふと井戸の方を見やって、ヤマメが言う。キスメは首を傾げた。
 ――しないよ。ヤマメちゃんがいないときはいつも、井戸の中。
「ホントに狭いところ好きねえ」
 呆れたようにヤマメは肩を竦めるけれど、実際そうなのだから仕方ない。井戸の外は広すぎて、ひとりでいると取り残されているようで嫌なのだ。ヤマメといれば、平気だけど。
 ――ヤマメちゃんと一緒の方が、好き。
「恥ずかしいこと言うな」
 ぐりぐりと頭を押さえつけられて、キスメは思わず笑みを漏らした。
「じゃあ、私が居ない間は何してるのさ?」
 頭上からこちらを覗きこんで、ヤマメは問うた。
 キスメは目を細めて、素直に答える。
 ――ヤマメちゃんのこと、考えてるよ。
 虚を突かれたように、ヤマメは目を見開いた。
「いや、それだけじゃないでしょ?」
 ――それだけだよ。
 少し頬を膨らませて、桶の中で身体をひねってヤマメの方を振り返る。
 ――ヤマメちゃんと何して遊ぼうとか、ヤマメちゃんとどんなお話しようかとか、ヤマメちゃんはいつ来てくれるかなぁとか、今日もヤマメちゃんと一緒で楽しかったなぁとか――
 普段こんなに長く喋ることが無いから、途中で少し息が詰まりそうになった。
 なんでそんなに自分が必死に喋っているのかも、キスメにはよく解らない。
 ――ヤマメちゃんのことばっかり、ずっと考えてる、から、
 自分は何を言いたかったのだろう。
 ヤマメにそれで、何と答えてほしかったのだろう。――やっぱり、よく解らない。
「キスメ……」
 何だかヤマメは少し困ったような顔をして、キスメの髪を撫でた。
 ――めい、わく?
 思わず、ぽつりと、その言葉が漏れてしまった。
 訊いてしまっていけない問いかけだったのではないかと、言ってしまってから不安になる。
 ――ヤマメちゃん、私、
 何を言おうとしたのか自分でもよく解らないまま、キスメはヤマメの肩に手をかけて、
「ね、キスメ。今度はふたりじゃなくて、他の誰かも誘って遊ぼっか」
 不意にヤマメはその表情を和らげて、そんなことを言った。
 ――え?
 目を見開いたキスメに、ヤマメは優しく微笑みかけて囁く。
「大丈夫、旧都の連中は気のいい奴が多いから。キスメもすぐ仲良くなれるよ」
 ――ヤマメちゃん?
「友達はきっと、多い方がもっと楽しいからさ」
 いつものように笑って、ヤマメはキスメの顔を覗きこんだ。
 その目に見つめられると、キスメはもうそれ以上何も言えなくなってしまう。
 ――……うん。
 小さく頷いたキスメの髪を、よしよし、とヤマメは撫でた。
 その手の感触は心地良いのに――なぜだか、胸の奥がまた疼いた。
 見上げるヤマメの笑顔は優しくて、キスメはどうしていいか解らず、曖昧に笑った。

 言葉は口の中で空転して、小さな囁きとしても漏れることは無かった。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 22:36 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:36 | - | - |
Comment








WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links