Entry: main  << >>
にと×ひな! Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」(2)
 最終話その2。もうどーにでもなれw













      ◇


 雨に煙る山の中腹に、小さな湖が見えた。
 妖怪の山。ずっと麓に暮らしていたが、その頂の方へと足を踏み入れるのは雛も初めてだ。
 そこに何が待っているのかなど、雛はもちろん知り得ない。
 ――自分という存在を、どこか別の場所へ隠してくれる存在ならばいい、と思った。
 もう、にとりの手が、自分に届いてしまわないように。
 にとりに会いたいなんて、そんな想いを、抱いてしまわないように。
「に、とり……」
 記憶を消してしまえたら、どんなに幸せだろうか、と思う。
 にとりのことを忘れ、孤独であることも知らない頃に戻れたら。
 そうしたら、きっと、きっと――。
『雛』
「――――ッ」
 甦る彼女の笑顔に、彼女の声に、雛は悲鳴を噛み殺してぎゅっと手を握った。
 軋むような痛みから、目を逸らしてしまいたい。
 心に刺さる棘も、無かったことにしてしまえたら。
 ああ、でも、そう意識すればするほどに、彼女の顔は鮮明になるのだ。
『ひな』
 大好きな、世界で一番大切な、彼女の笑顔。
 ――にとりが好きだ。その事実は消えない。消せるはずがない。
 だけど、だからこそ、にとりのそばには居られないのに。
 にとりの笑顔を、声を、温もりを、求めてしまう自分の心が――どうしようもなく。

 恋なんて、しなければよかった。
 温もりなんて、知らなければよかった。
 そうすればきっと、誰も不幸にすることも無かったのだから。

 湖のほとりに、雛は降り立つ。まとった厄の気配に怯えたか、恵みの雨を謳歌していたカエルたちが、慌てたように湖の中に飛び込んでいくのが見えた。
 ――ここにもあまり、永くは留まっていられない。
 ぐるぐると自分の周囲を渦巻く厄。いつの間にか、その量は随分なものになっていた。これだけの厄を溜め込んでいたら、そこにいるだけで周囲に影響が出かねない。
 ああ、それなら自分の居場所は、いったいどこにあるだろう?
 ――どこにもないならば、いっそ消えてしまいたかった。
 あてもなく、雛は濡れた草を踏みしめて、湖のほとりを歩く。
 見上げた空は灰色にくすんで、彼女の瞳のような青い空など、見えるはずもなく。
 渦巻く厄の中心で、雛はただ立ちすくんで。

 足音が、近くから聞こえた。
 雛は振り向く。――まさか、にとりが追いかけてきたわけでもないだろう。
 そんなはずはないと解っていて、そんなことを思い浮かべる自分は――期待しているのか。
 何を? 何を、今更。
「……何かと思えば、こりゃまた随分と厄を溜め込んだもんだね」
 そんな声とともに姿を現したのは、ひどく大仰な注連縄を背負った女性だった。
 古めかしい唐傘を揺らして、彼女は雛の姿に目を細める。
「見ない顔だね。厄神様かい? この山を上ってくるなんて、何の用だい」
 興味深げにこちらを見つめるその女性も、どうやら神の一柱のようだった。それも、雛のような小さな神とは根本的に異なる、祀られる神の気配。
 けれど、その荘厳な神格とは裏腹に、彼女はどこか人なつっこい笑みを浮かべた。
「守矢神社の参拝なら、その道を真っ直ぐ行けばすぐだよ」
 女性の言葉に、雛は目をしばたたかせた。


      ◇


 息を切らせて、膝が笑い出しても走り続けた。
 雨にどれだけ濡れても、そんなものは障害にすらならなかった。
 ただ、大切なものを追いかける。それだけのことで、こんなに力が出るのだ。
 彼女のためなら、自分はどんなことだって出来るのだろう。
 そんな気がするほどに、にとりはただ、無我夢中で走り続けて――。

 けれどその壁は、あまりにも高く、その眼前にそびえ立っていた。

「…………滝」
 小さな呟きは、瀑布の立てる轟音にかき消される。
 果てしなく続くかのような断崖を、その河の流れが滝となって滑り落ちている。登れる道はない。見える範囲には、どこにもない。回り込めばあるのかもしれないが、それを探していたら日が暮れてしまうのは明らかだった。
「にとりさんッ」
 ずっと追いかけてきた椛が、にとりの背中に声を掛ける。
「こっから先は、歩きじゃ無理ッス。というか、一応ここから先は天狗の領域なんで、勝手にこれ以上進まれると色々と――」
 聞く義理は無かった。にとりは構わず、滝に向かって歩き出す。
「ちょっと待った! どうする気ッスか、飛べないんスよね!?」
「登る」
 肩を掴んだ椛に、にとりは振り返りもせずに答えた。
「登るって――」
「登るったら登る! この先に雛がいるんだったら登ってやる!」
「無茶言わないでくださいッス!」
「放せ、放せよ!」
 椛に羽交い締めにされて、にとりはもがいた。飛べなくたって、この手足があるのだから、断崖絶壁だって登ってやる。登ってみせる。登れる。雛のためだったら!
「ああもう――解ったッスから! じっとしてくださいッス!」
 諦めたように、椛は盛大に溜息をひとつ。そして、にとりを羽交い締めにしたまま、ふわりとその場から浮き上がった。
「おおおう!?」
 急に両足が地面から引き離されて、にとりは慌てて椛の首にしがみついた。飛ぶのはこの前、椛に里に連れ戻されたとき以来だけど、あのときは朦朧としていたから、これが初めてのようなものだ。
 ――足場がない。それだけでひどく不安になる。
 ああ、そんなことを言えば、里の他の河童には馬鹿にされるのだ。
 足場のない水の中に生きる河童が、どうして飛べないのか。
 空を飛ぶのも、泳ぐのも一緒だ。空気の中を泳ぐように、河童は空を飛ぶ。それが普通。
 ――河城にとりは、普通の河童ではなかった。
 空を飛べない。それは即ち――泳げない、ということに他ならない。
 皿をもたない河童。泳げない河童。
 誰も友達になってくれなかった、はぐれ者の河城にとり。
『にとり』
 そんなはぐれ者の自分を、好きになってくれた彼女がいた。
 ひとりぼっちの河城にとりは、彼女に恋をして、ひとりではなくなった。
 だから――もう、ひとりには戻れないのだ。その温もりを、知ってしまったから。
「本当は、良くないんスけど――これも貸しッスよ」
「もみじ?」
「滝の上まで運ぶッス。そこから先は、くれぐれも他の天狗に見つからないように。問答無用で斬り伏せられても文句は言えないッスから」
 険しい顔でそう忠告して、椛は雨を切り裂いて上空に舞い上がる。
 その首にしがみついて、にとりは妖怪の山を見上げた。
 ――天狗がなんだ。斬れるものなら斬ってみろ。
 そう睨みつけるように、雨に煙る山を見つめて。
「あやややや、哨戒天狗が不法侵入の手助けなんて、これはスクープかしら?」
 雨の中、瀑布の轟音の中でもよく通る声に、椛とにとりは同時に振り向いた。
「あ、文様!」
「おかえり椛。――その河童を連れて、どちらへ行くつもりかしら?」
 射命丸文は剣呑に目を細めて、こちらを見やる。その視線に、椛がたじろいだ。
「……山の警邏は哨戒天狗の領分ッス。哨戒天狗犬走椛が、彼女、河城にとりを山に招待するッス。それについて文様に文句を言われる筋合いは、どこにも無いッス」
「なるほどなるほど。わざわざそんなお姫様抱っこみたいな格好で招いて、これから何をするつもりなのかしら? 恋人のいる河童相手に」
「あ、文様?」
 額に青筋を立てる文に、椛はたじろいだ。にとりを山に引き入れようとしていることに文句をつけてきたのではないらしい。ではいったい彼女は何に怒っているのやら。そんなことは、にとりには知り得ないけれども。
 にとりに解ったのは、この鴉天狗はどうやら自分の邪魔をする気らしい、ということ。
 ――ええい、人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて死んじまえ!
「関係ない! 椛、いいから先に行こう!」
「に、にとりさんっ、いやそう言われても――」
「椛、ねえ。本当、親しそうじゃない?」
 笑顔で文は言う。目は全く笑っていない。
 ――ひょっとして、彼女は自分が椛に抱かれているのが気にくわないのだろうか。
 だとしたら、本当にどうでもいい誤解でしかなく、にとりにとってはただの邪魔以外の何物でもない。にとりが求めているのはただひとつ、雛だけなのだから。
「もーみーじー?」
「あ、文様、いや、だからその」
「ああもううっさいなあ! 人の邪魔すんなバカラス! いいから通せ!」
 思わずにとりは叫んだ。――瞬間、時間が止まったように、雨の中、空気が凍りつく。
「に、にとりさ、」
「……ほほーう? 河童風情がこの射命丸文に喧嘩を売るとは、いい度胸じゃない」
 剣呑な笑みを浮かべ、文は懐からカードを取り出す。スペルカードだ。
「あ、文様! こんなところで――」
「五月蠅い犬。ふたりともまとめて頭冷やしてきな!」
 文が、その手にした扇を一閃した。轟、と空気が唸りをあげ、雨粒を巻き込んで局所的な竜巻がその場に巻き起こる。それは避ける間もなく、椛とにとりに襲いかかり――。
「――――――ッ!」
 暴風に巻かれ、しがみついていたにとりの腕が、椛の身体から引きはがされた。
 時間が引き延ばされる。中空に放り出される身体。雨の中、舞い上がった身体は雫とともに自由落下を開始。水滴が止まって見える。
 上空で椛が何かを叫んだ。伸ばす手は届かない。背中からにとりは墜ちていく。背後を見やれば、滝から浅い河が流れている。この高さから墜ちたら、川底に叩きつけられて無事で済むはずもなく――けれど、飛べないにとりには、どうすることもできない。
 墜ちていくにとりに、文が僅かに顔色を変えた。椛の手は間に合わない。
 ――けれど、にとりの意識はどこか、他人事のようにそれを認識していた。
 ああ、墜ちる。このまま墜ちたら無事じゃ済まない。それは地面を見下ろせば解ること。
 だが、だからなんだ?
 そんなことで、この河城にとりを止められるとでも思ったのか?
 馬鹿野郎、恋した少女を舐めるな。そう、こんなのは――試練のうちにも入らない!
 中空で、にとりは身体を反転させる。
 目の前に迫る浅い河。迫る衝撃に、けれどにとりは目を閉じることもなく。
 ――今なら、何でも出来る気がした。
 はぐれ者の、できそこないの河童でも。
 恋した相手のためだったら――河の流れだって、ひっくり返してやる!
 にとりは手を眼前に突き出す。触れる雫、河の流れ、水が――身体の一部のようにうねった。

「――――びっくりするほどポロロッカッ!!」

 河の流れが、弾けた。
 瀑布の音すらかき消すような轟音とともに、雨が、水が、唸りをあげた。
「なっ――――!?」
 上空で、椛と文が、その光景に目を見開く。
 妖怪の山から流れる河が、下流から逆流を始めていた。
 重力に引かれ下っていくはずの水が、それに逆らい山道を上ってくる。
 細い河は濁流に代わり、そのまま瀑布へと激突して――。
 その流れは、滝すらも溯った。
 重力を無視して、濁流が断崖を駆け上っていく。滝の流れはまるで世界をひっくり返したように反転し、やがて上空に放り出された流れは、そのまま滝の上の河を上りだして。
 ――その濁流の中を、にとりは泳いでいた。
 流れる水の全てが、今はにとりの意のままだった。
 降りしきる雨も全て飲みこんで、水は滝を駆け上り、河を溯っていく。
 全ては、にとりの望むままに。
 大好きな彼女の元へ辿り着くために――妖怪の山を、ポロロッカが駆け抜けていく。
「雛ぁ――ッ!!」
 にとりの叫びは、瀑音に乗って、妖怪の山にこだまし、幻想郷のあらゆる場所へ響くかのように広がっていった。

 ――そのシュールといえば余りにもシュールな光景を、椛は呆然と見送った。
 河童が水に暮らし、水を操る種族だということぐらいは知っている。
 が、これほどまでとは――。というか、逆流した河が干上がっているのだけれども。
「あやや、これはこれは、久しぶりに大ネタね」
 いつも通りの声に振り向けば、文が写真機を構えて、逆流する滝を盛んに映していた。
 ――ああ、彼女はどこまでもいつも通りだ。というか、どこまで本気なのだろう。
「文様……あの」
「ん?」
「……いや、何でもないッス」
 首を振り、椛は盛大に溜息を吐き出す。
 見上げた空では、雨が少し、小降りになり始めていた。



(つづく)
| 浅木原忍 | 10:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:39 | - | - |
Comment
はじめまして。Ryu-jinと申します。いろいろ旅してここに流れ着きましたww楽しませてもらってます。
しかしこの流れはもしや、すわかなまで登場しちゃうんじゃ…というか俺が諏訪子好きなだけ(ry
長文な上に意味不明なコメントすいません。これからも応援しています。頑張ってください
Posted by: Ryu-jin |at: 2009/02/17 1:47 PM
後の水神である
河童もいろいろいるわけですが滝を支配する河童は見たこと無い!
愛はあらゆるものを強くするんですねぇ
Posted by: |at: 2009/02/18 1:54 AM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links