Entry: main  << >>
東方野球in熱スタ2007異聞「星の光はすべて君」
 でこるんさんお誕生日おめでとうございます!
 というわけでまたまたむぎさんと企んでやらかしました。久々の東方野球SSは第21話のあの場面・魔理沙視点編です。むぎさんの素敵な挿絵付きでお楽しみくださいませひゃっほう!













『これは危険な賭けなんだから』
 言われなくたって、そんなことは百も承知だった。
 他人の心の内側なんて、それこそその人物の中に入ってでもみなければ解らない。あんな力業は一回こっきりの切り札で、それで原因は解ったけれど、それが解決したかどうかは自分だけでは確かめようがなかったのだ。
 ――ああ、解っている。これはすこぶる危険な賭けだ。
 失敗すれば、最悪の事態だって充分に起こりうる。
 けれど、もう彼女の中に入って確かめることが出来ない以上、あとは賭けるしかないのだ。
「ほら、横になれ」
 千鳥足のアリスを支え、ベッドまで連れていく。この部屋の光景も、いつの間にか随分と見慣れてしまったと、そんならしくない感慨めいたものをふと覚えた。
「これ、永琳から貰った薬だ。飲んでおけ」
 ――嘘をつくのは慣れている。呼吸をするように嘘をつく、なんて言われたこともある。
 そもそも、永琳から貰った薬、というのは嘘ではない。嘘はついていないのだ、ひとつも。
「ありがと……」
 それでも、アリスがその錠剤を飲み下すまで、内心を気取られやしないかと冷や冷やしていた。アリスは酔っているのだから、そんな不安は無いと解っていても。
(全く、二度も私に騙されてるってのに、無警戒にすぎるぜ)
 錠剤を嚥下したのを確かめて、心の中だけでほっと息をつく。
「じゃあ、寝るわ。おやすみ……」
 そして着替えもせずに、アリスはそのままベッドに倒れ込んだ。
「おやすみ、いい夢見ろよ」
 アリスの瞼は下りていたけれど、精一杯に笑って、そう声をかける。
 ――永い夜の、始まりだった。

 人間も妖怪も、本音と建前を使い分けるのは変わらない。
 誰だって、心の中に他人には見せたくない部分を持っているのは当たり前の話だ。もし本心を残さずさらけ出す者がいるとすれば、嘘をつかないと言い切る鬼か、そもそも裏表を使い分けるほど知能のない妖精ぐらいのものだろう。
 そして、霧雨魔理沙は人間で、アリス・マーガトロイドは妖怪だった。
 要するに、それだけと言えばそれだけの話なのだ。
 ――ただ、アリスの方がいささか、それが過剰だったというだけで。
「そりゃ、私だって触れられたくないことのひとつやふたつ、あるけどよ」
 灯りの落ちた部屋。ベッドの傍らに膝をついて、魔理沙はアリスの寝顔を見下ろした。
 窓から見える月の光はひどく朧で、静かな闇がアリスの表情を覆い隠そうとする。
 目を細めて見つめた顔は、安らかであるように見えたけれど。
 それが、安眠できている証拠とは限らないのだ。
「……何をそんなに、怖がってるんだ? アリス」
 呟く言葉は夜の闇に溶けて、どこにも届くことはなく。
 ただ、魔理沙は瞼を閉じて思い返す。――あの日、アリスの心に触れたときのことを。


     ◇


 それは喩えるなら、湯船の中にたゆたうような感覚だった。
 幽体離脱と吸霊の薬。パチュリーの協力で入り込んだ、アリスの中。
 意識だけが他人の中を漂うというのは、ひどく不安定な感覚だった。星のない夜空に投げ出されたような不安を覚えてもがいても、自分の身体は思うようにはならず。
 ――聞こえたアリスの声は、まるで光のようだと思った。
 アリスが目覚めたことで、視覚と聴覚をアリスと共有していることに気付き、同時に身体は自由にならないと悟って、そのままアリスの目と耳を借りて外の情報を仕入れながら。
 同時に、魔理沙の意識は、闇の中へと潜っていった。
 それは映像を思い浮かべているときの状態と思ってくれればいい。視界は目の前の光景をとらえながら、同時に別のものを見ている。そんな感覚の中で、魔理沙はただ闇の中を泳いだ。
 どこまでも続くような暗闇。これがアリスの心なのか、それとも――。
 上下も左右もわからない闇の中で、それでもどこかに光があるはずだと思った。
 そうでなければ――こんな闇がアリスの心なのだとしたら。
 あまりにも、寂しすぎるではないか。
 魔法は打てない。自分の星で、この闇を照らすことは出来ない。
 そのことに歯がゆさを覚え、そんな自分に苦笑しながら、魔理沙はさらに潜っていき――

 それを、見つけた。

 それは、闇の中に漂う、小さな鳥籠。
 その中で、幼い少女が魔導書を抱いて座っていた。
 金色の髪に青いリボン。身体に不釣り合いな大きな魔導書――。
『……アリス?』
 呼びかける声は、鳥籠の中の少女には届かない。いや、そもそもその声が音になっているのかどうかも、魔理沙自身には解らなかったのだ。
 ただ、少女は鳥籠の中で、振り向きもせず沈黙する。
 魔理沙は、格子に手を掛けて、ただそれを見つめていた。

 ――アリス。これが、お前なのか?
 こんな小さな鳥籠の中で、お前は何をしているんだ?
 ここで、たったひとりきりで、お前は――。

 ああ、そうか。……だから、あの球場の力は、アリスには最悪の毒だったのだ。
 そのことに思い至り、魔理沙は奥歯を噛み締めて、鳥籠の格子を痛いほど強く握った。
 この鳥籠がアリスの心なら、身体に影響が出るほどの『想い』の力を持つあの球場は、鳥籠を壊そうとする暴力そのものだ。
 ――そして、鳥籠の中の鳥は、空を飛べないから。
 檻を壊されてしまえば、生きていくことなど出来ないのだから――。

『……だったらお前は、なんで私の前に現れたんだよ?』
 少女の背中に、届くことのない言葉を、魔理沙は投げかける。
『そんなにひとりが好きなら、ずっと引きこもってればいいじゃないか。なんでいちいち、ことあるごとに私を引っ張り出す? なんで――』
 なんで、悪態をついて、文句を言って、それでも霧雨魔理沙という野良魔法使いと、関わることを止めようとしない? こんな鳥籠に心を閉じこめておいて――どうして、
 どうして、あんな風に、私のそばで笑うんだ、お前は。
『なあ、アリス、』
 呼びかけて、名前を叫びかけて――不意に、魔理沙は気付いた。
 鳥籠の中の小さな少女は、ただ座っているだけではない。何か、手を動かしている。
『……なんだ? 何やってるんだ、お前』
 目を細め、格子の向こうにある背中を、魔理沙は見つめる。
 ――かがんでいたその背中が、不意に伸びた。
 少女が、魔導書を抱えたままの腕で、その手に何かを持ち上げる。
 どこか満足げに頷く、その少女が手にしているのは――人形、だった。
 それは普段のアリスが作る精巧な人形には遠く及ばない、シンプルなぬいぐるみだった。
 ネグリジェのようなゆったりした服。手にした小さな本。三日月型の髪飾り。
 フェルトで貼り付けた表情は、ひどくシンプルな笑顔。
 ……パチュリーを模した人形なのだと、一目見て魔理沙にも理解できた。
『お前……』
 少女は魔導書を置いて立ち上がる。そして、すぐ傍らにあった棚に、その人形を置いた。
 魔理沙もその姿を視線で追って――目を見開く。

 棚にずらりと並ぶのは、見知った面々を模した人形たちだ。

 霊夢がいた。メディスンがいた。阿求がいた。レミリアが、フランが、咲夜が、美鈴が、小悪魔がいた。妹紅が、慧音が、永琳が、輝夜が、鈴仙が、てゐがいた。幽々子が、妖夢が、紫が、藍が、橙が、レティが、萃香が、チルノが、ルーミアが、リグルが、ミスティアが、大妖精が、ルナサが、メルランが、リリカが、映姫が、小町が、幽香が、文が、静葉が、穣子が、にとりが、雛が、リリーホワイトが、三月精がいた。
 ――そして、その真ん中に。
 黒い帽子に黒い服。箒を持って、星を抱いた、目つきの悪い人形が、あった。
 43体の人形たちが、どれも笑みを浮かべて、棚の上に並んでいた。
 だけど。……だけどその中に、ひとりぶんだけの、空白がある。
 少女はそれを見つめていた。自分を見返す、43体の人形を――見つめていた。
『アリス!』
 魔理沙は叫んだ。その声が届かないと知って、けれど叫ぶことしか出来なかった。
 魔法の打てない魔女は、この鳥籠を壊すことも、こじ開けることも出来やしない。
 ああ、だけど。――だけど。
『アリス――ッ!』

 そして、意識の旅はそこで終わる。


     ◇


「ぅ……ん」
 不意にアリスが呻き、魔理沙は追憶から我に返った。
「アリス!?」
 思わず声を上げ、慌てて口をつぐむ。むずがるように僅かに首を振ったアリスは、しかしそのまま再び寝息をたて始めた。……盛大に息を吐き出し、魔理沙はベッドに突っ伏す。
「びっくりさせるなよ……」
 寝顔は相変わらず安らかで、精神を犯される苦痛に見舞われているようには見えない。
 ……大丈夫、なのだろうか。自分は、賭けに勝ったのだろうか。
 そんな希望的観測が浮かんだが、魔理沙はすぐに首を振ってかき消した。
 以前のことを思い出す。人形に昏倒させられたとき、アリスは数時間意識を失っていたが、あのときはそのぐらいの時間ならば大丈夫だったはずだ。あのときより弱っているなら、もっと時間は短くなっているだろうが――いずれにしても、まだ一時間も経っていない。
 夜が明けて、アリスが目を醒ますまでは、安心など出来はしないのだ。
「あと何時間だよ……全く」
 息を吐き出し、魔理沙はアリスの顔を覗きこんで……胸の前に置かれたアリスの右手に、そっと自分の右手を重ねた。

挿絵・むぎさん

 握り返してはこないその手はあたたかくて、魔理沙はなんでだか、泣きたくなった。
「……アリス」
 何だろう、この気持ちは。重ねた手の熱に、締め付けられるような痺れを覚えて、魔理沙はぐっとこらえるようにその手を持ち上げて握りしめた。
 ――すがっているのは、自分の方なのかも知れない。
 ことあるごとに自分を引っ張り出すアリスに、やれやれなんて言いながら。
 アリスに頼られることを、喜んでいたのだろうか、自分は。
 アリス・マーガトロイドという存在を求めたのは、霧雨魔理沙自身だったのか――。
「そんなの、冗談じゃないぜ……」
 苦笑で思考を誤魔化して、魔理沙は持ち上げたアリスの右手に額を乗せた。
「……ちゃんと、眠れてるか?」
 お前の鳥籠の鍵は、――誰かが開けてくれただろうか?

 背後で、物音。

「――――ッ!?」
 あげかけた悲鳴を寸前で飲みこみ、魔理沙はおそるおそる振り向く。
 部屋の薄闇の中、ぼんやりと浮かぶのは、中空に浮かんだ小さな影。
「…………なんだ、お前か」
「シャンハーイ」
 上海人形は、どこか睨むようにこちらを見つめていた。
「何も盗みやしないから、そんなに睨むなよ」
「……シャンハーイ」
「武器を出すな!」
 ちゃ、と装備の刃物を取り出す上海に、魔理沙は両手を上げる。
 こちらをじっと見つめる上海は――その刃物を畳むと、魔理沙へ差し出した。
「? なんだお前、預けるってことか?」
 頷く上海。「そう言われてもな」と魔理沙は首を傾げる。
「私ゃ魔法使いだ。刃物は装備できんのぜ。だからそれは、お前が持ってろ」
「シャンハーイ」
 懐に刃物をしまって、上海は警戒を解くように魔理沙の肩に乗った。ふっと魔理沙は息を吐き出し――それから、怪訝に思って目を細める。
「ちょっと待て。……アリスが寝てるのに、なんでお前が活動している?」
 そうだ、上海人形は決して自律人形ではなく、アリスの命で活動しているはずだ。そうなれば、アリスが寝ていれば、基本的に上海も活動を停止しているはず。
「――――」
 上海は答えない。元々、言葉は話さないのだから当然だが。
「寝ずの番を命じられてるのか? ――それとも、まさか」
 眉を寄せて、魔理沙は小さく唸り。……思い至った可能性に、どこか力なく笑った。
 まさか、いやしかし、今アリスが確かに眠っていて、そして上海が活動していて。
 今目の前にあるものが全て事実なら、上海人形は、本当は――。
「シャンハーイ?」
 とぼけるように小首を傾げる上海。その動作は、魔理沙の疑念への無言の肯定だった。
「ははっ……そうか、そうなんだな、お前。……全く、世話の焼けるご主人だと思わないか?」
 首を振り、魔理沙はアリスの寝顔へ視線を戻した。相変わらず、その顔は安らかで。
「全く、呑気に寝やがって……お前、知ってるのか? みんな、お前を心配してんだぜ?」
 鳥籠の中で、少女はひとり、人形に囲まれていた。
 笑い続けるだけの、黙して動かない人形に。
「パチュリーも、永琳も。……上海にまで心配されてんだぞ? 全く、お前って奴は」
 右手を握るのを離さずに、空いた左手で魔理沙はアリスの髪を撫でた。
 ――なかなかこんな風に、触れさせてもくれなかったよな、お前。
 怖いか? 鳥籠の外に出るのは、笑顔以外の表情を向けられるのは怖いか?
 だけどお前は、もう知ってるだろう? 誰だって笑顔以外の表情があって、綺麗じゃない感情があって――けど、それを受け止めれば、ちゃんと解り合えるんだって。
 お前がそれに気付いてないんじゃ、メディスンが泣くぞ。
 だから――だから。
「人形じゃない、みんながお前のために、頑張ってやってるんだからな――?」
 少女を囲んだ43体の人形は、43人のチームメイト。
 でもその中で、お前がひとりぼっちだったなら。
 ――そんな場所には、身代わりの人形を置いてこい。

「大丈夫だ、アリス。……私が、お前のそばに、いてやるから――」

 飛べない小鳥が泣いていたら、箒に乗せて飛んでやろう。
 風を切って大空を飛ぶ、その気持ちよさを教えてやろう。

 星をなくした夜空には、またたく星屑を散らしてやろう。
 暗闇に煌めくまばゆい光で、その足元を照らしてやろう。

 霧雨魔理沙という魔法使いには、それが出来るのだから。

 ――だから、さあ、アリス。人形は置いて、外に出よう。
 みんな、笑って出迎えてくれるはずだから。
 アリス・マーガトロイドという――ひとりの魔法使いのことを。


     ◇


 少女は満足していた。
 たくさんの人形に囲まれて、少女は幸せだった。そのはずだった。
 ――心の片隅に、ぽっかり空いた空白を、見ないようにすれば、少女は幸せだった。
 だから、少女は満足していた。

 部屋のドアが、開く音がした。
 少女は怯えたように振り返った。その視線の先にあったのは、黒い人影。
 人影はゆっくり、少女に歩み寄る。怯えて後じさる少女に、しかしその人影は――
 折れ曲がった帽子をくいっと持ち上げて、その顔に「にっ」と笑みを浮かべた。
 きょとんとその顔を見上げた少女に、人影は何かを取り出した。
 ――それは、少女の姿を象った、人形だった。
『ワタシ、アリス♪』
 そんな声をあげる人形を、しかし人影は、少女には差し出さず。
 ずらりと人形の並ぶ棚に、人影は歩み寄って。
 白黒の魔女を象った人形の隣。ぽっかり空いたひとつぶんの隙間に、その人形を置いた。
 ――少女は、目を見開いた。
 44体の人形が、並んだ光景は――それは、まるで。
『さあ、行こうぜ』
 そして、人影がその手を差し出した。

挿絵2

 少女は――アリスは、おそるおそる、その手と、人影の――魔理沙の顔を見比べて。

 その手を、掴んだ。

 暗闇に、一筋の光が流れていく。
 それは、星屑を撒き散らして飛んでいく、一本の箒とふたりの少女。
 白黒の少女は、楽しそうに笑って。
 七色の少女は、その背中にしがみついて。
 少女たちは、星のない夜空を切り裂いて、光を撒き散らして飛んでいく――。


     ◇


 そして……永い夜が、明けて。
 少女は、その瞼を、ゆっくりと開いた――。
| 浅木原忍 | 00:00 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:00 | - | - |
Comment
ハンカチが……濡れて……
Posted by: 献血ヒツジ |at: 2009/02/04 1:42 AM
イイハナシダナー
Posted by: |at: 2009/02/05 11:33 PM
異聞読み返してたらこんな所にいい話が…(ホロリ)
素晴らしいSSを有難うございます
Posted by: クラン |at: 2009/10/11 4:26 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links