Entry: main  << >>
にと×ひな! Stage4「秋めく恋」 SIDE:C
 4話、これにて終了。KAZE NO KIOKU聴きながら書いてたせいで最終回っぽいですがまだ続きます。














 恋を、した。


      ◆


『…………ひな?』
 トランシーバーの向こうから聞こえた、大好きな彼女の声。
 たったそれだけで、全身があたたかなもので満たされていく気がした。
「にとり……? 私の声……聞こえる?」
 おそるおそる、その機械に呼びかける。聞こえるのは静かなノイズと、そして――
『うん、聞こえる。雛の声、ちゃんと聞こえる。……雛は?』
 ノイズの中で、音割れしつつも、確かにこちらに届く、にとりの声。
「聞こえるわ。にとりの声……聞こえてる」
 そのあたたかさを噛み締めるように、雛は言葉を返していく。
 熱を持った手に、握りしめたトランシーバーの冷たさが心地よかった。
『あは、ちゃんと出来てたんだ。良かった……えへへ』
 照れたように頬を掻くにとりの姿が、機械の向こうに見えた気がした。
「……にとり、今、どこにいるの?」
 ふと、その問いかけが口からこぼれて、自然に口にしてしまった自分に雛は驚いた。
 さっきまでだったら、きっと答えを聞くのが怖くて、口ごもってしまったはずだった。
 ――だけど、今は。
『え? え、えと……ひ、雛の家の、割と近く……の、あたり、かな?』
 何だか歯切れの悪い調子で、たはは、と苦笑しながらにとりは答える。
『ひ、雛は……家に、いるの?』
「……私は、今は、いつもの河のところ」
『あっ、厄萃めてるんだね。そっか、そうだよね』
 何か大げさに、にとりは納得の意志を言葉で示す。少し首を傾げつつも、雛は。
「……ひょっとして、入れ違いになっちゃったのかしら?」
『あ、う、うん……たぶん、そうだと思う』
 答えるにとりの声は気まずそうで、遠くへ行っていた不安が、少しずつ自分の中で再び鎌首をもたげてくるのを、雛は感じた。
 ――にとり、どうしたの? なんでそんなに、歯切れの悪い言い方……。
「にとり? ……どうかした?」
『ふえ!? べ、べべべ、別に何でもないよっ!?』
 いや、その答えは何かあると白状しているようなものだ。
 ――ああ、ダメだ。悪い考えが、再び自分の中に厄のようにまとわりついてくる。
 にとりは本当は、この会話も早く打ち切りたがっているのでは――とか。
 いつもの時間になっても来なかったのも……本当は、もう、
「…………」
『……ひ、ひな?』
 雛が沈黙していると、不安げな様子で呼びかけてくるにとりの声。
「にと、り」
 渦巻く思考が、ぐるぐると厄のように回り続けて、けれど自分の脳内で淀んでいく。
 ――信じてあげなさいよ、恋した相手のことぐらい。秋の神様はそう言ったけれど。
 きっと、自分が信じられないのは、彼女の気持ちじゃなくて。
 自分が、彼女に好かれるに価する存在なのかという――そのことなのだ。
『ひな……』
 ああ、どうしてだろう。彼女の声はこんなに愛おしくてあたたかいのに。
 幸せと一緒に、同じぐらい心が軋むのだ。
「にとり……どうして、今日は、……来なかったの?」
『ふえ? え、えと……そ、それは、その』
 困ったように口ごもるにとりに、雛は口にしてしまった言葉に激しく自己嫌悪する。
 ああ、違う。こんな問い詰めるようなことが言いたいんじゃない。
 そのはずなのに――軋む胸も、思考も、何もかも自分のもので無いようで。
「……もう、私のところに、来たく……なくなった?」
『ちっ、ちが――違うよ雛! 何言ってるのさ!?』
「だって……だって、にとり、」
 痛い。ああ、ひどく痛い。胸が、心が、悲鳴のように震える。
 幸せなのに。彼女の声が、彼女の言葉が、その全てが幸せなのに。
 その幸せに触れるたびに、白く眩しい光に映し出される自分の淀みが――醜く、見える。
「にとりっ――」
 好きだ。こんなにも、今にも壊れそうなほどに――にとりが好きだ。
 その事実が、締め付ける鎖のように、雛の身体に食い込んで痕を残していく。
 膝をつき、俯き震えて、雛はただトランシーバーを握りしめて、
『ひなっ、いつもの場所だよね!? 河のところにいるんだよねっ!?』
 トランシーバーから、鋭く響くにとりの声。
「え……あ、え、う、うん……」
 思わず反射的に頷いた雛に、続けてにとりは叫ぶように告げる。
『今から行く! そっち行く! 全速力で走ってくから――逃げないで待ってて!』
 そうして、トランシーバーは沈黙し。雛は呆然と、その機械を見下ろした。
 ――逃げないで待ってて。
 その一言が、雷のように雛を打ち据えて、身動きすらとれない。
 逃げないで、とにとりは言った。
 それは一体、何から? 自分は一体、何から逃げていたのだろう――?
 そんな思考に、雛が囚われていた時間は、果たしてどれほどだったのか。
 思考に割り込んだのは、近くから聞こえてくる草をかき分ける足音。
 振り向けば、近くの森の木々が、不意に吹き抜けた風にざわめいた。
 その風に、リボンがなびいて、雛は長い髪を咄嗟に押さえ――

 ――森の中から躍り出た、青い影ひとつ。

 その影は、森の終わりの木の根っこに足を引っかけて、つんのめるように飛び出して。
「おわっ!? わっ、わわっ、わっ――」
 バランスを立て直す間もなく、勢いのままに雛の目の前を転がるように横切って、
 呆気に取られて見守る雛の前で、――河の流れにそのまま派手に突っ込んだ。
 ばしゃん、と盛大に水飛沫があがり、雫を受けて雛は顔を覆う。
「わぷっ!? はわっ、わっ、わーっ!?」
 その向こう、大して深くもないはずの河で、飛沫をあげてもがく少女の姿。
「…………あ、あれ?」
 ひとしきり水を巻き上げて、そこでようやく立てば腰までほどの深さしかないことに気付いたか、立ち上がって少女は呆然と足元を見下ろして。
 ――そして、何とも気まずそうな顔で、振り向いたその子は。
 紛れもなく、河城にとり本人だった。
「……にとり?」
「ひ、ひな……み、見てた? 今の……」
 ものすごくぎこちない笑みを浮かべて、にとりはひどく平板な声で問いかける。
 雛はひとつ首を傾げて――そして、ひどく根本的なその違和感に思い至った。
 にとりは、河童。河童とは、河と共に生きる妖怪だ。
 その河童が、慌てていたとはいえ、――河に突っ込んで、ひとしきりもがいた?
 むしろ河の中は、河童の生活圏ではないのか? それとも、まさか――まさか、そんな。
 ひとつあり得ない想像が浮かんで、雛は流石にそれは無いだろう、と首を振った。
 ――まさか、そんな。流石にそれは、河童という存在の大前提が崩壊しかねない。
「だ、大丈夫……? 怪我とか、してない……?」
 それより、そう、転ぶみたいな格好で突っ込んだのだ。河は深くないし、にとりが突っ込んだ拍子に怪我でもしていたら大変だ。そう思って、雛はにとりに手を差し伸べる。
「あ、だ、大丈夫、全然大丈夫っ!」
 にとりは慌てて、その手も取らず、ざぶざぶと水をかきわけて川べりに上がった。近くの岩に腰掛けて、盛大に息を吐き出すその様子に、雛はまたひとつ首を傾げて。
「あ、あはは……」
 顔を上げたにとりは、こちらを見上げて、何だか力なく笑った。
「……ふふっ、あははっ」
 それにつられて――雛もどうしてか、笑いがこぼれて。
「あ、ひな、ひどい、笑わなくたっていいじゃん――」
 そんな反応に、にとりは頬を膨らませるけれど、口元を押さえて笑う雛に、気付けばにとりの顔もいつの間にかほころんでいて。
 ――そうして、気が付いたら、ふたりでしばらく意味もなく笑い転げていた。


      ◇


 ああもう、どうしてこう、締まらないんだろう――。
 雛と笑い合いながら、にとりは心の中でそう、自分に苦笑していた。
 トランシーバー越しに聞こえた、雛の悲しげな声を思い出す。
 恥ずかしくて、勇気がなくて、それで玄関のドアを叩けなかった自分が情けなかった。
 そのことが、あんなにも雛を悲しませてしまったのだと知って、自分を殴りたくなった。
 だから、これ以上雛を悲しませたくなかったから。
 走って、走って。どんな朝よりも速く走って、雛の元に辿り着いて。
 ――そこで格好良く、雛を抱きしめられたら良かったのに。
 現実は、河に突っ込んで溺れかける情けない河童が約一名。うう、本当に締まらない。
「にとり、本当に大丈夫? ……怪我、してない?」
「あ、う、うん、平気、ホント、平気だから」
 ふと、また心配げにこちらを覗きこんでくる雛に、にとりは苦笑して視線を逸らす。
 ああ、ダメだ。やっぱり、そんな風に見つめられたら、息が詰まりそうで――。
 胸の鼓動が速すぎて痛いぐらいなのに、その痛みすら心地よいのだ。
「……にとり」
「ひな?」
 手を伸ばしたのは、果たしてどちらからだったのだろう。
 指先が一瞬触れあって、静電気でも走ったみたいに、ふたり、ばっと身を竦める。
 触れた指を握りしめて、視線を戻せば、雛の瞳がそこにあって。
 透き通ったその眼差しから、目を離せなくなってしまう――。
「雛……」
「にと、り」
 ああ、名前を呼ぶだけじゃなくて、もっと言いたい言葉が、たくさんあったはずなのに。
 いつだって、雛を目の前にすると、考えていた賢しらな言葉は吹き飛んでしまって。
 馬鹿みたいにこうやって、名前を呼んで笑って、それしか出来なくなってしまう。
 ――だけど、それがどうしようもなく幸せだから。
 今度は、にとりの方から、おそるおそる手を伸ばした。
 雛の手が、怯えるように彷徨って――ぎゅっと握りしめられる。
 彼我の距離はほんの僅かで、だけど何よりも、埋めるのに時間のかかる距離――。
「雛」
 何度、こうして君の名前を呼んだだろう。
「にとり……」
 何度、こうして君に名前を呼ばれただろう。
 そして、それをこれからも、ずっとずっと、続けていきたいんだ。
 だからにとりは、手を伸ばした。大切なものを、掴まえるために。
 目の前にいる大切な人は、その手に躊躇いの視線を預けて。
 あと数センチ。最後の一歩。――踏み出さなきゃ、これ以上どこへも進めないから。
「――つかまえたっ」
 そう、声に出して。にとりは、雛の手を握りしめる。
「あ――」
 そしてそのまま、ぐっと雛の身体を抱き寄せた。
 どれほどの距離も、踏み越えてしまえば一瞬。そして、ふたりの距離はゼロになる。
「……にと、り」
 耳元で囁かれた名前に、にとりはただ、幸せな吐息を漏らして。
「ひな」
 そして、雛の顔を、まっすぐに見つめた。額と額が触れあいそうな距離で。
 大好きな人の吐息を感じながら、にとりはその肩に手を置いて、目を細めて。
 ――さあ、最後の勇気を出せ、河城にとり。
 大好きな雛に、その気持ちをちゃんと、伝えるために。

「雛が、好きだよ」


      ◆


 恋をした。
 それが恋だということを、きっとずっと前から理解していた。
 彼女に初めて、手を握られたあの日。名前を呼ばれたあの日から、ずっと。
 自分は、彼女の天真爛漫な笑顔に、恋をしていた。
 知らない世界を教えてくれる、彼女の言葉に。
 あたたかく心地よい時間をくれる、彼女の温もりに。
 どうしようもないほど、恋をしていた。
 いつだって、彼女に、恋い焦がれていた。

 そこにはきっと、どんな理屈も、理由も必要じゃなかったのだと、今更に思う。
 ただ、鍵山雛という厄神は、河城にとりという河童のことが好きで。
 いつまでも、いつまでも、一緒に居たいと願っていた。
 他に何もいらなかった。ただ、にとりが居てくれればそれで良かった。
 ――それだけの、話だ。

 だから。
「雛が、好きだよ」
 大好きな彼女の唇が、たったそれだけの、大切な言葉を紡いだとき。
 雛は――ただ、一筋の雫を、その瞳からこぼしていた。
 他にどんな言葉も、どんな仕草も浮かぶことなく。
 静かに、透明な雫が、握り合った手に落ちて、弾けた。
「ひな? ど、どしたの?」
 彼女の満面の笑顔が、ひどく慌てた困り顔に変わる。
 ああ、だめだ、涙を拭かなきゃ、彼女をまた困らせてしまうのに。
「にと、り」
 だけど、一度零れてしまったら、もう何も止めることが出来なかった。
「ふ、ぁ、ぁ……にと、り、にとり……っ」
 ぼろぼろと、大粒の雫が、その頬を伝って落ちる。
 その雫の意味は、雛自身にもよく解らなかった。
 嬉しいのか、痛いのか、幸せなのか、苦しいのか、何も解らないままに。
 ただ、――たぶんきっと、厄神としてこの世界に現れて初めて、雛は泣いた。
 涙を流すという行為の、どうしようもないあたたかさに、身を委ねながら。
「ひ、ひな……な、泣かないで、泣かないでよぉ……」
 おろおろと、自身も涙目になりながら、にとりは雛の頬に手を伸ばして。
 その手に、雛はただ、自分の手を重ねて、――囁いた。
「……私、も」
 え、と、にとりがその目をしばたたかせる。
「私も、にとりが、好き」
 涙と一緒にこぼれ落ちるのは、一番大切な言葉だった。
 たった二文字の、魔法のような、この世界の全てよりも愛おしい言葉――。
「にとりが、好き。好きなの。大好き、なの」
「ひな」
 ああ、そうして君はいつだって、名前を呼んでくれるのだ。
 名前を呼んで、手を取って、笑ってくれるのだ。
 ひとりぼっちだった自分に、どんな厄も吹き飛ばしてしまいそうな笑顔で。
 ――大好き、という気持ちを、くれるのだ。

 恋をした。
 たったひとりの河童の少女に、厄神は恋をした。
 恋い焦がれ、請い求めた。いつでも、どんなときも。
 そして、触れあってしまえば、抱きしめあってしまえば、名前を呼びあってしまえば。
 どんな理屈もいらなかった。ただそれだけで、理解できた。
 これが恋なのだと。これが――大好きという、気持ちなのだと。

 それは、きっと河童の少女も、一緒だったから。
 ――恋と請いは、愛と逢いになる。

「雛」
 彼女が、名前を呼んだ。
「にとり」
 自分も、名前を呼び返した。
 それは今まで、何度も何度も繰り返してきた言葉。
 そしてこれからも、繰り返していく言葉だ。
 はじまりはそこから。いつだって、そこからはじまるのだ。

『――――――――』

 囁き合った言葉は、不意に幻想郷を吹き抜けた風にかき消されて。
 傾き始めた晩夏の陽射しが、重なりあって離れないふたりぶんの影を、濃く落としていた。


      ◇


 人見知りな河童は、優しい厄神に恋をした。
 孤独な厄神は、天真爛漫な河童に恋をした。

 ――それは、幻想郷の片隅の、ひどくささやかな恋物語。
| 浅木原忍 | 06:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 06:58 | - | - |
Comment
これは良い最終回詐欺。堪能しましたっ!
Posted by: チャティ |at: 2009/01/28 7:43 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links