スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
TALK to TALK
 誓って某ゲームとは何の関係もございません。てことで、アリサ×すずかの極甘SS第2弾。需要があるのかどうか果てしなく不明だけど書きたいから書くぜ! それが俺のジャスティス!
 アリサとすずかが電話でひたすらラブラブトークするだけのSSです。それ以上の中身は無い! 「はじめての××」の続編というかその日の夜の話ですが、あまり気にせずどうぞ。あ、BURNINGとは繋がってませんよ? BURNINGの2人は恋人同士じゃないですよ? ホントですよ?
 ……あとバカップルにはやっぱりツッコミ役が必要だと思いましたまる。








 ……眠れない。
 夜、ぱちりと目を開けたあたしは、ひとつ溜息をついて、部屋の灯りをつけた。
 時計を見れば、夜の11時。いつもならとっくに眠っている時間なんだけど。
 眠くならないのは、昼間にフェイトの家で寝ちゃったから?
 それもある。……けど、一番大きい理由は。
 ――まだ、こんなに胸がドキドキしてるからだ。
「すずか……」
 名前を呟くだけで、今日あったことが次々と鮮明に浮かび上がる。
 すずかからの、突然のキスと、告白。
『アリサちゃん……わたし、アリサちゃんが好き』
 まっすぐに見つめる、深い深い眼差しと。
 触れあった唇の柔らかさと。
 抱きしめた身体の温かさと。
 ――そんなものがいっぺんに蘇って、あたしは恥ずかしさにベッドの上をごろごろ転がった。
 自分が答えた言葉なんて、思い出すだけで顔が熱くなる。
「うーっ、なんてこと言わせるのよっ」
 ぼすぼす。枕を叩いて、それからぎゅっと抱きしめた。
 少し震えた肩は細くて。
 ふわりと漂うシャンプーの香りが心地よくて。
 キスは……ちょっと甘くてしょっぱい。
 自分の唇に、そっと指で触れる。……結局、何回キスしたっけ。5回? ……6回かな。
 柔らかくて温かな感触は、まだ唇に残っている。
「……ああああっもうっ」
 奇声をあげて、あたしはまたベッドで転がる。……こんなところ、誰かに見られたら、確実に変な人扱いだ。
 抱きしめた枕に、顔を押しつける。誰が見てるわけでもないのに、恥ずかしすぎる……。
 ――けど、そんなに悪い気分でもなかったりするのが、困るところ。
 胸の奥が、じんわりあったかい。
 こういうのを……幸せな気分、って言うのかな。
「すずか……好き」
 ぼそっと呟いてみる。――あああもうっ、何言ってるんだろあたし。
 こんなだから、眠れるはずなんてないのだ。
 目を閉じればすずかの顔が浮かんで。すずかの声が浮かんで。
 今すぐにでも抱きしめたくなる。キスしたくなる。
 ――あたしって、ひょっとしてキス魔?
「……否定できないかも」
 自分に呆れて溜息ひとつ。……ふつう少女漫画でも、告白直後にあんなに何回もキスはしないわよね……。すずかも嫌がらなかったし、ってそれは責任転嫁か。
 ……というか最大の問題は。
 今も、すずかに会って、抱きしめて、キスしたくてしょうがない自分がいることだ。
「……あの2人って、いつもこんななのかしら……」
 親友のバカップルを思い出す。気がつけばいちゃいちゃべたべたしている、なのはとフェイトの2人。正式に恋人同士になったのは最近みたいだけど、聞いたときには何を今更って感じだった。
 ……しかし、こんな気持ちがデフォルトなら、ああいう風になる気持ちも解る。
 解ってしまうあたしが変なのかもしれないけど……ううう。
 すずかに会いたい。声が聞きたい。抱きしめて、キスがしたい。
 ――魔法が使えたら、すぐにすずかの家まで飛んでいけるのかな。
 初めて、魔法使いになった親友を、ちょっと羨ましいと思ってしまった。
「……うーっ」
 ぼふっ、とベッドにうつぶせる。やり場のないこの気分、どうしてくれようかしら……。
「…………今日、寝られるのかな、あたし」
 うん、わりと自信がない。明日学校あるのに……。また居眠りしちゃうじゃないの。
 ……せめて、声だけでも聞けたらいいのに。
 顔を上げて、あたしは携帯電話を手に取った。液晶に、すずかの番号を呼び出す。
 でも――たぶん、すずかは寝てるわよね。
 溜息ひとつ。こんなことですずかを起こすのも気が引けて、あたしは携帯電話を閉じ――

 ――着信音が鳴った。

 目を見開く。そこに表示されていた名前は――「すずか」。
「……もしもし?」
 夢でも見てるんだろうか。半信半疑のまま、あたしは通話ボタンを押して、
『あ……アリサちゃん。えっと、こんばんは』
 夢じゃなかった。……聞こえてきたのは、確かにすずかの声。
「すずか?」
 ああ、なに当たり前のことを聞き返してるんだろう。そうじゃなくって、もっとこう、ほら――
『あ、ご、ごめんね……起こしちゃった、かな』
「え? 別にそんなわけじゃなくて――大丈夫、起きてたから」
 すまなそうな声に、慌てて答える。『良かった……』とほっとしたような声が聞こえた。
『こんな時間にごめんね……何だか、眠れなくて』
「……あたしも」
『そうなの?』
「うん。……ちょうど、すずかに電話しようかって、思ってたとこ」
『あ……ふふっ、一緒だね』
 すずかの笑い声。それを聞いていると、何だかすっと心が落ちついてくるような気がした。
 じんわり、胸の奥からあったかいものが広がってくる。……心地良い。
 ぎゅっと枕を抱き寄せる。……何を話そうか。上手く言葉が出てこないのがもどかしい。
『……ね、アリサちゃん』
「ん?」
『えと……今日のことね、私の夢じゃ……ないよね?』
「……え?」
『その、何だか……まだちょっと、信じられなくて』
 携帯の向こうから聞こえるのは、少し戸惑いの混じった声。
『あんなにいきなりだったのに……アリサちゃん、すぐその……答えてくれたから。アリサちゃん、今まで私のこと、そういう風に見てた感じも無かったのに……だから、その……アリサちゃん、ホントは、』
「はいストーップ、そこまで」
 たどたどしいすずかの喋りが、どこに行き着こうとしてるのか察して、あたしはそれを遮った。
 ……まったく、もう。
「すずか、あたしってそんなに信用ない?」
『え!? べ、別にそんなつもりじゃ……』
 溜息混じりにあたしが言うと、すずかは慌てたような声をあげる。
 心配性、って言えばいいのかな。もうちょっと、自分に自信を持てばいいのに。
「確かに、あたしは今まですずかのこと、そういう風には見てなかったけど」
『……うん』
「でも、あのとき……すずかが好きって言ってくれたとき、あたしは嬉しかった」
 携帯の向こうで、すずかが軽く息を飲んだ音。あたしはふっと笑って、言葉を続ける。
「キスされても嫌じゃなかった。……すずかのこと、可愛いって思った。これって、つまり……気付いてなかっただけで、あたしもすずかのことが好きだった、ってことでしょ? 違う?」
『……そ、そうなのかな』
「そうなの」
 好きじゃなかったら、すずかのことを考えて眠れなくなったりなんてしない。
 抱きしめたい、キスしたいなんて思わない。
 そういうことでしょ?
「だから、夢でも何でもなくて、今、間違いなくあたしはすずかが好き。これは絶対。――信じられない?」
『……ううん、信じるよ、アリサちゃんのこと。……ありがとう』
 すずかの言葉に、あたしは頷く。……電話越しだから見えないけどね。
 でも、気持ちはちゃんと伝わってる。きっと。
 言葉に乗って、電波に乗って、すずかのところに届いてる。
『大好きだよ、アリサちゃん』
「――っ」
 耳元にいきなり直球がきて、急に顔が熱くなった。
 やば……見えないって解ってても、この真っ赤な顔は……いろいろとまずい。
『アリサちゃん?』
「……あ、いや、その。いきなり、あんまり恥ずかしいこと言わないでよ」
 あたしが言うと、不意にすずかはくすくすと笑い出した。
『ふふっ、アリサちゃん、さっきまで自分で、もっと恥ずかしいこと言ってたのに』
「え――ぅぁ」
 だぁぁぁっ、思い出させないでよっ!
 さっきまですずかに答えていた言葉が鮮明に蘇って、あたしは思わず抱いていた枕をベッドに叩きつけた。
 あああ、何言ってたんだろうさっきまでの自分は。恥ずかしすぎる……。
「すずかっ!」
『は、はいっ!?』
 七転八倒したい衝動をごまかすみたいに声をあげる。
「あたしにばっかり恥ずかしいこと言わせた罰として、すずかも何か言うっ」
『ええっ!? そ、そんな、いきなり言われても……』
 困ったような声。……いやまぁ、別にそんな恥ずかしいことでなくてもいいんだけど。
 それにいくつか、聞いてみたいこともあった。
「じゃあ、……いつ、なんで、あたしのこと好きになったの?」
 そう、それだ。なのはとフェイトはまぁ、色々あったみたいだからいいとして。すずかはどうして……あたしをそういう風に見るようになったんだろう。
 そもそも女の子同士だし……何か、きっかけでもあったんだろうか。そう思ったのだけど、
『え……? えと……なんでだろ?』
 答えは、拍子抜けするような、そんな言葉。
「いや、あたしが聞いてるんだけど?」
『だって……よく解らないんだもん。その、恋してるんだって気付いたのは最近だけど……たぶん、もっと前から好きだった。気がついたら……好きになってたの』
 ……そんなものなのかな、やっぱり。
 あんまりドラマチックな感じじゃないけど……でも、まぁ、それはそれで。
「てゆか、すずか。……男の人に興味無かったの?」
『……え、えと、よく解らない……かな』
「わかんないって」
『だって……初めて好きなったのが、アリサちゃんだもん』
 ――へ? 今、すずか、何て言った? 初恋が……あたし?
「……そうなの?」
『うん……たぶん』
 それは、何ていうんだろう。光栄? ……違う気がする。
 何だか、くすぐったい気分なのは、確かなんだけど。
『……アリサちゃんは?』
「あたし?」
 ――あたしの初恋? ……いや、そう言われても……
 パパ? 士郎おじさま? 恭也さん? ……憧れたことはあるけど、今みたいな気持ちかっていうと……それは違う。
 だとしたら……ええと、やっぱり、あたしも……
「……教えないっ」
『えーっ』
 不満げな声をあげるすずかに、「ぜーったい教えないっ」と、半ば笑いながら返す。
 そしたら、つられたようにすずかも笑い出して。
 何がそんなに楽しいのかもよく解らないまま、2人で何だか大笑いしてしまった。


 それからしばらく、他愛ない話を続けた。
 何てことのない会話だったけど、一言ひとことが何だか、キラキラと輝いてるみたいで。
 すずかの声を聞いているだけで、何だか幸せになれる。
 魔法みたいな……優しい気持ち。

『……じゃあ、おやすみ、アリサちゃん』
「うん、おやすみ、すずか」
 そうして、日付が変わる頃、いつもの挨拶とともに、電話は切れた。
 1時間弱の会話は、長かったようで、短かったようで。
 ――けど、確かなのは。
 あたしはベッドに倒れ込む。今はもう、眠れないようなドキドキじゃなくて……ぽかぽかあったかい、優しい気持ちが胸を満たしている。
 自然、あくびが漏れた。……いい加減寝ないと、明日起きられなくなっちゃう。
 柔らかいベッドの上で、あたしの意識はだんだんまどろみに沈んでいく。
 ……明日、すずかを迎えに行くとき、何て挨拶しよう。
 いつもどおり、「おはよう、すずか」でいいのかな。
 それとも……こっそりキスしちゃおうかな。
 すずかは、どんな顔であたしを待ってくれてるかな。
 明日から始まる、すずかとの毎日は……どれだけ、幸せなのかな。

 ゆっくりと、ゆっくりと、静かな夜が更けていく。
 新しい朝を始めるために、今は、おやすみなさい。

 また明日――君の声を聞けるように。
| 浅木原忍 | 22:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:59 | - | - |
Comment
ありがとうございました!
悶えさせえていただきました!
Posted by: |at: 2006/11/14 12:34 AM
 それは何よりでした(・∀・)
Posted by: 浅木原忍 |at: 2006/11/14 7:21 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links