Entry: main  << >>
キミのいない平日は
 mattioさんの新作ですよー。

















 思えばこうして学校の水道で洗顔するのは初めてかもしれない。
 やっぱり、動揺してるのかな、私。……なのはがいないくらいで。
 まったく、私はどこまでなのはに依存してるんだろう。きっともう、どうしようもないところまで来てしまってるんだろうな。
 しっかりするんだフェイト。こんなことで落ち込んでたら長期任務なんてこなせないじゃないか。
「……ふぅ」
 顔を洗って、息をつく。けどさっぱりするどころか、憂鬱な気持ちは残ったままだ。
 きっと表情にも出てしまっているに違いない。この憤りは。嫌な思いは。
 あぁ、気分が悪い。いっそのこと午後の授業は早退してしまおうか。こんな状態で授業を受けたところで何も頭に入りそうもないわけだし。
「だ〜れだっ?」
 声とともに視界が塞がれて、正面が真っ暗になった。
 でも驚きの声も上げれなかった。一瞬、勘違いしてしまった、期待してしまった自分の浅ましさが憎くて……ショックで。
 その声は、求めていたものとは違っていた。声はその人に似せたはいたけれど、本物と同じ、私の心をとろかすあの甘い声を出せる人なんて、時空を超えた世界にだっていやしない。
「……誰だろう」
 半ば投げやりに便乗してみる。
「ヒント、魔法少女です」
「……ふぅん」
 声マネの才能があるなんて、知らなかったな。
 うりふたつとまではいかなくても、なのはの特徴はよく捉えてると思う。
「ふぅん、て。つれないなぁ……フェイトちゃん」
 声が彼女本来のものへと変わって。ようやく手が解かれた。
 振り向いて姿を確認したら、案の定。解ってはいたけれど。
 なのはじゃ、なかった。
「重症やね」
「……何が? はやて」
「何がって。なのはちゃんがユーノ君とこに行ってしもたことやろ? その顔の原因は」
「……無限書庫に用があるんだよ」
 だから、致し方ない。本当は私がなのはに代わって仕事を引き受けたいくらいだけれど。なのはに怒られるのはもっと嫌だから。
 だから、こうして我慢してる。
「幼なじみとの再会なんよ? 本貸して借りてはい、さよなら〜、なわけないやん」
 痛いところを軽々と突いてきた。さすがははやて。
「……なのはは忙しいから、話し込んでる時間なんてないんじゃないかな」
「久しぶりに会うてみたら胸がときめいちゃったりして」
 思わず引き攣りそうになる頬を、あわててさすって諫める。ここで取り乱してははやての思うつぼだ。
「そうかな。なのはは鈍感だから、それはないと思うよ」
「静かな部屋に二人きり。きっと、どっきどきやね」
「二人とは限らないんじゃないかな。きっと他にも誰かいるよ」
 はやてがにやにやと見つめてくる。私の反応を面白がってるんだ。
「必死やね、フェイトちゃん」
「はやては、私をからかってるの?」
「いやいやいや、そんなことないよー。じゃ、わたしは先に教室戻るわー」
 手をひらひら振って、はやてが逃げるように駆けていく。はやての方が顔、引き攣ってた……。
 そんなに怖い顔をしてしまったのだろうか。そう思ったら、何だか悲しくなってきた。
「…………はぁ」
 ため息はもう、何度目だろう。気を張っていないとついつい漏れてしまう。
 ……もう一度顔を洗おう。水道と向かい合って、蛇口を再び――
「だ〜れだっ?」
 捻る前に、またしても視界を塞がれた。これにはさすがに、嫌気が差した。
「暇なの?」
「ふぇ? そんなことないけど」
 少しはやてを尊敬した。今度はさっきよりよく似せてる。本物かと思って不覚にも胸が高鳴ってしまったほどだ。
「もしかして、機嫌悪い?」
 ……本当に、似ている、と思う。なのはがいない時はこうしてマネしてもらおうか。そうすれば少しは寂しさも紛れるかもしれないし。
「うん」
 ぴく、と私の両目を覆う手が震えた、気がした。ちょっとだけ、罪悪感を感じてしまった。冷たくしすぎたか、と。
 はやてなりに、純粋に気遣ってくれてるのかもしれないのに。
「わたしのせい?」
 いつまで、なのはを演じ続けるつもりなのだろう。
 ……あぁ。ふと、なんだか嫌な予感がしてきた。寒気もする。
 もしかして。もしかして、後ろにいるのは。
 唾を飲み込んで、思い切って訊ねることにする。
「……あの」
「うん?」
「すごく、今更なのかもしれないんだけど」
「うん」
 首を振って、その手を剥がして。振り返って、血の気が引いた。嬉しいはずなのに。
「……なの、は」
 声が震えた。
 なのはが。なのはが、そこに立っていた。
 驚いた顔の私を見て、みるみる不機嫌極まりない表情へと変わっていく様は、本当に、寒気がして、……怖かった……。
「誰だと思ったの? フェイトちゃん」
「えと、……あぅ」
 言えるわけがない。言ったが最後、想像したくもないことが起きてしまう気がして――。
「あ〜あ、がっかりだなぁ。早くフェイトちゃんに会いたかったから、こっちに着いてすぐに学校来たのになぁっ」
「あぅ」
 申し訳ない気持ちが邪魔して、その嬉しい言葉に喜べない。
 膨れてそっぽを向くなのはが不意にじろりと見つめてきた。
「もう帰るね。フェイトちゃんもその方がいいんでしょ?」
 否定しようと口を開くよりも早く、なのはが背を向けてしまった。
 あぁ、なのはが、行っちゃう。帰っちゃう。
 あわてて回りこんで通せんぼした。なのはがムスッとした顔で睨んでくる。
 どうすればいいのか解らなくて、ひとまず頭を下げた。
「ごめんね、なのは」
「…………」
 返事が来ない。
「なのはがいないから、おかしくなってたんだ」
「…………ふぅん」
 そっけない。やっぱり、まだ怒ってるのかな。
「小さい子みたい」
 ぼそりと呟かれたその言葉が鋭い矢となって私の胸にグッサリと突き刺さった。
 もう、泣いてしまいそうだ。自分が情けなくて。 
「わたしと同じなんだ。フェイトちゃんは」
「――ぇ」
 思わず顔を上げた。そうしたら、まず意外な表情が視界に飛び込んできた。
 なのはは、笑っていた。私が間の抜けた顔を晒さずにはいられないほど、穏やかに。
「わたしが帰ってきて、嬉しかった?」
「……うん」
「どれくらい嬉しい?」
 懸命に考える。せっかく見せてくれた、なのはの笑顔を膨らませたくないから。
 照れる自分を叱咤して、正直な気持ちを口にした。
「と、飛びつきたい……くらい」
「飛びつくだけ?」
 なのはが少し不満げに首を傾げる。
 と、飛びついた後にすることといえば……。
「抱きしめちゃう、かも」
「ふぅん。フェイトちゃんて、やっぱり奥手なんだ」
 あぁ、ますますなのはの顔が曇っていく。
「き、キスもしちゃう、……かな」
 なかなか働いてくれない頭からとっさに出てきたのは自分でもびっくりするような、普段じゃとても言えない願望。
 苦し紛れに半笑いを返したら、なのははいやらしい笑みを返してきた。それはもう、子供っぽく。
「フェイトちゃんてば。だいた〜ん」
「あ、あぅあぅ」
「えへへ。さっき冷たくしたから、させてあげないもんね」
 べー、となのはが舌を出してきた。
 何だかおあずけを宣告されたようで、がっくりとうなだれる以外になかった。
「だから、わたしがしてあげるね」
「え――……っ」
 刹那。首に絡みつくように飛びついてきたなのはが、……なのはの唇が。
 触れていた。それは、とても長い時間に思えた。僅かな時間のはずなのに。
 間もなく体を離したなのはが自分の胸を指差して、ちろりと舌を見せた。
「言ったでしょ。同じだって」
「…………そうだね」

 考えてることは同じだ。
| 浅木原忍 | 23:59 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:59 | - | - |
Comment
学校で何しているんだよぅこのやろう!! アリサさんが見てたらもうまずい事になってますね・・・いや、ここはあえてスルーだろうか?
とにかく久しぶりにいいものを読ませていただきました。次はぜひ、浅木原忍様のなのフェイラヴラヴssを!
Posted by: |at: 2008/11/16 7:35 PM
待ってました!待ってましたぞ!!mattio様の新作ぅーーー!!!
…すいません、取り乱しました。
相変わらず素敵なキュンキュン☆具合でニヤニヤしっぱなしでした!(キモイ)毎度毎度本当にありがとうございます!!これからも頑張ってください!!
なのフェイは正義だぁーーーー!!!
Posted by: neko |at: 2008/11/16 9:35 PM
いつのまにかすっかりmattio信者のイヒダリ彰人です。
もうこの二人はどうしようもないな。
そしてそんな二人のやりとりにニヤけてしまう僕はもっとどうしようもないな。
パソコンの前で一人、身もだえている姿を誰かに見られたりしたら……
はやてじゃないけどそれこそ「どっきどき」やね!

それと、時空管理局通信vol.14も見ました。
開いてみたらビックリ。挿絵がなんとあのコウセさんじゃないですか!
しかも一ページまるごと大胆に使ってのキスシーン。
衝撃の挿絵と、mattioさんの激甘文章が見事に融合したSSは、もはや等比級数的に拡大していきますね。
……おもに糖分が。
ああ、どこからともなくアリサの不機嫌な声が聞こえてくるようだよ。
Posted by: イヒダリ彰人 |at: 2008/11/17 2:32 AM
やっぱ甘ラヴ書かせたらmattioさんは神レヴェルやね。もう一々シーンが100%状態で映像&音声付きで再現出来るくらい作品感が凄いです。
所でコレはいつぐらいの話なんでしょう?中等部くらいだったらいいなぁ…
一番周りが多感な時期だし。
ああこの二人の周りでこの二人に当てられたり振られたりして撃沈した死屍累々の男女生徒達が多数見える…

いやぁ痒い痒い背中が。誰か渋いお茶淹れてくれないかな?
やっぱmattioさんのSSは血糖値が上がります(爆)
そろそろアリサさんの諦観の溜息が見えてきそうですね…いや?アリサさん達も対抗意識燃やすか?

「あれ?アリサちゃんツッこめへんの?」
「あ゛ー…もういい加減飽きたわよ…疲れるコトしたくないの」
「ほう、アリサちゃんはすずかちゃんが居らんから力が出んと?」
「そうね…そんなところかしら(ふん、その手には乗らないわよ)」
「くっ…(アリサちゃんもだいぶ手強うなりよったなぁ)」


聖祥は今日も平和ですな

Posted by: LNF |at: 2008/11/17 10:13 PM
 >名無しさん
 時間も場所も関係ない、それがバカップル!(ぇ
 あ、きっとアリサさんもすずかさんとこっそりこんな事してるはずだから目撃しても見なかった事にしてくれると思います(笑)。
 こんな拙い汚物よりいいものはネット放浪すればたくさん見つかるはずですよーw
 >浅木原忍様
 ほらセンセー、需要には応えてあげないとー(笑)。

 >nekoさん
 うわわわお待たせしましたゴメンナサイありがとうございます(涙)。
 まさかほんとに待ってる方がいるとは思ってなくてまったりしてました……。
 せめて月一投稿は守りたいのですけどねー。ちょいとイベント原稿が色々あってですね(ry

 >イヒダリ彰人さん
 信者キタコレ! あ、ありがとうございますです!(汗)
 で、局通ではまたしても厚顔ぶり曝してしまいましたねでも反省はもちろんしてません(ry
 もう文章読まなくてもあの絵が全てを語ってくれてますよね、さすがコウセさんの絵はインパクト抜群だz(ry
 私はイヒダリさんの緻密知的文章見るたびに自分のダメダメさを思い知らされてますががが(ry

 >LNFさん
 紙レベル、ですよね解ります吹けば飛んでしまう程度な(ry
 もちろん中学生を想定してます。もうちゅーなのフェイはmattioのデフォと認識していただいてもいいくらいです……はは。
 アリサさんはすずかさんとの前科があるので一概に突っ込めないのではないでしょうか(ぇ
Posted by: mattio |at: 2008/11/19 11:35 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links