Entry: main  << >>
一番守りたいもの、それは――
 やっぱり進捗がはかばかしくないのでmattioさんの新作置いておきますね。













 ひょっとするとこれは、互いに引かれ合った、という事象なのだろうか。
 だとしたら、ちょっと嬉しい、けど。

 ――それにしても、迂闊だった。でもこのミッドチルダでも特に広大な、クラナガンのこんな小さなコンビニの前をなのはが通りかかるなんて、予想できるわけがない。
 その考えが、甘すぎた。
「フェイトちゃん」
 困った。なのはになんて返事を……いや、言い訳すればいいのか解らない。
 別に悪いことをしたわけでもないのに。ただちょっと、立ち読みしてただけなのに。この後ろめたい気持ちはなんだろうか。
「フェイトちゃあん……」
 ほら、なのはが困ってる。しっかりしろ、フェイト。この際何でもいい、返事をしないと。
 ……できれば全く関係のない話題を持ち出して、さっきのことをなかったようにして……。
「えと。きょ、今日のなのはは、……か、可愛いね」
 とっさに口から飛び出したのは、なんとも味気のない褒め言葉。自分で自分に呆れ返った。
「ふぇ? それって、いつもは可愛くないってこと?」
「あぅ。いつも可愛い、けど」
「でも先月受けた取材の時は写真写りが悪くて良くないって言われたよ?」
 あまりに聞き捨てならないことを言われて思わず眉を顰めた。
「な――そんなことないよ! あんなに可愛く写ってるのに……誰がそんなこと言ったのっ」
 許せない。なのはを侮辱するなんて、相当ひねくれた人か、なのはの飛びぬけた魅力に嫉妬してる人のどちらかに違いない。
 ――と。言ってしまってから、なのはの苦笑を目の当たりにしてから、なのはの策略にはまってしまったことに気づいた。
「あ、あはは。やっぱり、さっきフェイトちゃんが読んでたのって、わたしの記事が載った雑誌だったんだ」
 ……バレた。ずるいよ、誘導尋問なんて。ただでさえ私は引っかかりやすいというのに。
 あぁ、そうか。なのはの記事を、なのはに内緒で読んでる自分を、他でもないなのはに見られたから。だからこんなに気が滅入ってるんだ。
 ……ひとまず、これだけは確認しておかなければならない。
「なのはのこと、悪く言った人がいるっていうのは、本当?」
「にゃはは、ううん。みんな褒めてくれたよ、笑うとすごくいいって。撮った写真焼き増しして欲しいってカメラマンの人に頼んでた人とかいたし」
「…………そう」
 羨ましい、もとい、なんてずるい人たちだ。そこにはきっと、雑誌に載らなかった写真もたくさんあるに違いない。どうせ焼き増しするなら読者の分も数に入れて欲しい。だって職権乱用じゃないか。
 ふと、閃いた。エイミィなら何とか入手してくれるのでは。家に帰ったらそれとなくお願いしてみよう。
 ……これは、職権乱用じゃない。…………多分。
「フェイトちゃんは必要ないでしょ。わたし、いるんだから」
「え……」
 思わず振り向くと、知ってるよ、とばかりにニッと笑うなのはと目が合った。
 あぁ、また顔に出てしまったのか……それともなのはの勘がいいのか。
「えへへ。でもびっくりしたなぁ、フェイトちゃんがコンビニで立ち読みなんて」
「あぅ」
 仕方ないじゃないか。その場で読まずにはいられなかったのだから。
「わたしが外から手振っても全然気づかないし」
「あぅ」
 仕方ないじゃないか。写真のなのはに釘付けだったのだから。
「しかもすっごいニヤニヤしてたし」
「え、えぇ!? そんなこと、ないよっ!」
 それは、納得いかない。確かに夢中で読み耽っていたことは認めるけど。そんなニヤニヤするような内容があっただろうか。
 あぁ、でもニヤニヤはともかく、私のことを言ってるんだ、と推理できる、なのはの受け答えの部分では思わず頬が緩んでしまっていたような気もする……。
「ショックだなぁ、真面目な記事をあんないやらしい顔で読まれてたなんて」
 なのはがくたびれたようにため息をついた。これはいつもの、私を困らせるための演技だろうか、それとも……。
 もう、どこまでが本心なのか、なのはのことが読めない自分が悲しい。
「ごごごご、ごめん! でも変な気持ちで読んでたわけじゃないんだよっ? ほんとだよっ?」
「実はそのいやらしい顔、ケータイで撮ってあるんだ。後で皆にメールしておくからね」
「そ、そんな……」
 考えただけで身震いする。それはもう、極刑を言い渡されたのも同然だから。というか、自分のいやらしい顔がどれだけ酷いものなのか、よく想像がつかない。
「にゃは。取引する?」
「え?」
 にんまりと笑うなのはが、ぽん、と自分の制服のポケットを叩いた。
「わたしのお願い聞いてくれたら画像消してあげる」
 ……なるほど、最初からそれが目的だったわけか。さすがはなのは。先のことまで計算済みということか。
「……お願いって、どんな?」
「えへへ。――」
 なのはが目を閉じた。若干背が高めな私に合わせて、顎を上げて。頬のみならず耳まで赤くして。
 あぁ、やっぱり、キスか。お安い御用だ、それで周りに醜態を晒さずに済むのなら。
「ん、……ふ」
 こんなお願いなら、言ってくれればわざわざ悪戯なんかしなくたって聞いてあげるのに。
 そんなところが可愛いのだけれど。
「っ。……にゃは。じゃあ早速お願い聞いてもらうね」
「…………え?」
 ぺろっと舌で唇を小さく舐め回すなり、ふふん、とばかりに可愛い威張り顔を見せてくれる、なのは。
「え、じゃないよ。わたしまだお願いしてないでしょ。言ってないもん」
 ……そう、きたか。さすがはなのは。
 いつも私の想像の上をいく、困った小悪魔天使だ。言い返せるわけもない。
「じゃあ、なのはのお願いって、何?」
「もう一回、して」
 そう言って、なのはが再び目を閉じた。
 軽く突き出された唇が、そろそろと私のそれに近づいてきて、そして、私は――
 ――――――パシャリ。
「ふぇ? ……フェイト、ちゃん?」
「……撮った、よ? なのはの、」
 とても人には見せることのできない、可愛い顔を。真正面から。手早く携帯電話を操作して、画像保存。
「………………あ、あああああぁ〜っ!!」
 数拍おいて、なのはが地団駄、足踏みして悔しがりだした。
「ずるい! ずるいずるい!! ずるいずるいずるいずるいずるい〜」
「なのはに言われたくないよ」
 元はというと、なのはが勝手に私の顔を撮ったりなんかしたのが悪いんだ。
「なのは、これ消して欲しかったら、……そっちの画像も消して」
 やりすぎな気もするけれど、こうでもしないと、いつきちんと画像を消してくれるのか解らない。
 それを引き合いに、なのはに好き放題されては困る。
 ……それも、ちょっと興味を引くけれど。なのはのためにならないから。
「…………うぅ〜」
 そんなに消したくないのだろうか。なかなか携帯電話を取り出そうとしない。
「……撮ってないもん」
「え?」
 なのはがぼそりと呟いた。それが思いがけない返事で、頭が真っ白になってしまった。
「勝手に撮ったりなんか、ほんとはしてないもん」
「嘘……」
「ほんとだもん。フェイトちゃんのばか」
 なのはがつん、といった具合に顔を背けた。
 これは、きっと演技じゃない、よね。
 あぁ、けどどうもなのはの意にそぐわない行動をとってしまった。それだけは解った。
「何したら消してくれるの? フェイトちゃん」
 じろり、恨めしそうに見つめられるとまるで私がなのはをいじめたみたいじゃないか。
「……えと」
 どうしよう。思いがけず逆転して、優位な立場になってしまった。
「変なお願いはダメだよ?」
 心外だ、なのはじゃあるまいし。
 と、これ以上の言い争いはするべきではないから、そこは口に出さないことにする。
「――じゃあ、」
 真っ先に浮かんだ、今一番欲しいものを要求することにしよう。
「ふぇ――っ」
 急に距離を詰められて目を見開く、なのは。その驚く顔が可愛くて、つい目を伏せるタイミングを逃してしまった。
 不意を衝いたはずの私までどきりとしてしまった。唇に触れる柔らかさよりも、あまりに近い距離で交錯した瞳が、私の心を砂糖菓子のように甘く、とろかしていく。
 息が苦しくなってきて、唇を離して。
 改めて、早速手札の権利を行使することにする。私の望みは、キスではないのだから。
「笑って、なのは」
 ――ほら、やっぱりそうだ。口付けた後の顔が、一番素敵だ。なのはは。
 ふと。雑誌に載ってた、ある質問に対するなのはの答えと、私のそれが同じであったことに今更気づいて、思わず笑みがこぼれてしまった。

 私が一番守りたいもの。それは――
| 浅木原忍 | 18:44 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:44 | - | - |
Comment
大手の雑誌とは言え、嫁であるなのはさんの写真を見て脳内で「なのはかわいいよかわいいよなのは」を繰り返しつつ妻の可愛さを次元通信の大音声で叫びたい衝動に駆られて居るであろう、顔が緩みっぱなしで仕方がない夫なフェイトさんと、無視されたけどその相手が自分の写真で、写真でも自分の夢中になってくれるのは嬉しいけど、でもちょっとその写真の自分に出さえ嫉妬を抱いてしまう妻ななのはさん…

あのぉこれ一体何処のバカップルなんでしょう(爆)微笑ましいんですけど…
あれ?ちょっと待って?フェイトさん立ち読みって事はこれコンビニの中ですよね?
店員さんや他のお客さん居ますよね?
公開プレイ?(プレイ言うな)




スイマセン、自分これからミッドチルダ速攻行ってこのコンビニ探して防犯ビデオのコピー頼んできます。ブルーレイに焼きますよ?マヂで
Posted by: LNF |at: 2008/09/02 12:28 AM
はじめまして、イヒダリ彰人です。

なんだろう……みんなから言われてウンザリしてるとは思いますが、自分からも一言。

『甘ぁぁぁい!』

ここまで前人未踏の甘さを表現した小説を、自分はいまだかつて見たことがない。
しかも、そんな甘い物語を十以上も生み出している。
mattioさんの脳味噌は砂糖菓子で構成されているのか!?

それと局通vol.13を見ました。
合同誌ならではの試みに感動しました。とてもとても素晴らしい!

これは自分も負けていられない。
こうなったら辛い話を書いてやる!(辛い話ってなんだろう? ハバネロ食べながら考えよう)
Posted by: イヒダリ彰人 |at: 2008/09/02 10:17 PM
 >LNFさん
 すみません、その防犯ビデオは管理局の制服を着た謎のタヌキによって強奪されたようです(ぇ

 ちなみに雑誌閲覧中のフェイトさんは周りには雑誌を聖母のような甘い微笑で眺める美少女、としか映ってません。罪なコですね(ry

 >無視されたけどその相手が自分の写真で〜
 ていうかその乙女なのはさんいいですね、私のツボです。ネタ浮かんだらぜひそんな感じのなのはさんが書きたいものです。


 >イヒダリ彰人さん
 はじめましてー。こちらこそ、局通でのご活躍はよく目にしておりました。

 ウンザリなんてしてませんよーw私には最高の癒しです、ありがとうございます。

 元からこんなだったわけじゃないんですよ? いつからでしょう……なのフェイSS3へ寄稿した辺りからこういう妄想がぽんすか湧いて出てきて止まらなくなった気がします(ぇ
 きっとあの作品で自分の甘以外の要素を使い果たしてしまったんではないかと(笑)。

 局通の方も読んで頂けたようで、ありがとうございます。
 私なんぞがこんな取り組みするのは厚かましいとは思いましたが、高ぶる気持ちを抑えきれなくてつい……。

 そんなそんな。辛い話とか言わずに甘いの書きましょう? 皆なのフェイで糖尿になっちゃえばいいんだ(ヲイ
Posted by: mattio |at: 2008/09/03 5:42 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links