Entry: main  << >>
東方野球in熱スタ2007異聞「夏に忘れた無何有の球を」(前編)
 霊夢&レティのバッテリー話、前編。今回は16話前後の話。
 腋太なんて東方野球じゃなきゃあり得ないカプだよなぁと思いつつ悪くない気がします。













 7/12(木)、博麗神社境内。


 夏めいた陽射しが、境内に燦々と降り注いでいた。
 箒を動かす手を止め、霊夢は手をかざして蒼天を見上げる。梅雨はもはやどこへやら、嫌になるほど良い天気だ、全く。
「あーつーいー」
 声に見やれば、萃香が縁側に寝そべって呻いていた。
「だらしないわねぇ、鬼のくせに。冷気でも萃めてくれば?」
「この夏場のどこに冷気があるのよ」
「チルノかレティのところにならあるんじゃない?」
 おお、と萃香は起きあがって手のひらをぽんと打つ。ぐびりと瓢箪を一度傾け、「それじゃちょっとチルノ捕まえてくる」と駆けだしていった。
 やれやれ、とその姿を見送り、霊夢はひとつ息をつく。確かに暑い。冷えた麦茶でも用意したいところだ。試合のある夜には涼しくなっているといいのだけれども。
 境内からも見える幻想郷スタジアムを眺めながらそんなことを思っていると、不意にひどく冷たい風が吹いてきて、霊夢は思わずくしゃみをした。夏場の風ではない。
 もうチルノを捕まえてきたのかしら、随分早いわね、などと思いながら振り返ると、そこにあったのは少々予想外な顔だった。妖精ではなく、妖怪の方だ。
「こんにちは〜」
 いつものほわほわとした笑みを浮かべて、レティは冷気を纏って現れた。体感気温が一気に下がり、霊夢はもうひとつくしゃみをする。
「くしっ。なんか珍しい顔が来たわね。賽銭箱はそっちよ」
「参拝じゃないわよ〜。明日の試合の相談に来たの」
 ああ、と霊夢は頷く。不振でしばらく二軍にいた霊夢だったが、交流戦も終わって先発の頭数が必要ということで、明日の横浜戦から一軍復帰の予定だった。
「了解。んじゃ、賽銭入れてちょっと待ってて」
「どっちにしても賽銭は取るのね〜」
 苦笑しつつ賽銭箱の方に向かうレティを見送り、霊夢は箒を置いて神社の方へ戻った。まあ、とりあえずは、来客にお茶でも用意しておこう。

 そんなわけで、社務所に場所を移し。
「お茶飲む? って、あんたの場合飲んだら溶けそうね」
「平気よ〜、冷まして飲むから」
「あ、そ。じゃ、はい」
「ありがと〜」
 霊夢の差し出したお茶は、レティの手の中であっという間によく冷やされる。便利ねぇ、などと思いながら霊夢は熱いお茶をすすった。暑気払いに熱いお茶というのも、悪くないものである。
「で、実際のとこ何しに来たわけ? 今まで試合前に相談に来たことなんて無かったじゃない」
 訝しみつつ、霊夢は問いかける。実際、レティとはオープン戦の頃からバッテリーを組んでいるが、球場を離れたところでこうしてコミュニケーションを取ることはあまり無かった。大妖精と一緒にバカルテットの面倒を見ている、という印象ばかり強い。
「ん〜、相談に来たのは本当よ〜。でも、それだけじゃないわ〜」
「勿体ぶるわね」
「これが素なだけよ〜」
 ゆるゆるとした発言に、霊夢はひとつ吐息。こののんびりとしたマイペースさは幽々子にも似ているが、あっちは紫ほどではないにせよ、裏で何か企んでいそうな気配がある。それに比べるとレティのゆるさは平和なものだ。くろまく〜、などと自分で言っているあたり、特に。
「で? もうひとつの用件は?」
「大したことじゃないわ〜。ねえ霊夢、結婚しましょ〜」
 ――だから、気の抜けていたところに、その言葉は完全に不意打ちだった。
 口に含んでいたお茶を、霊夢は盛大に噴き出す。気管にお茶が入り込んで息が詰まった。
「――――っ、げほっ、げほっ、なっ、何言い出すのよっ!?」
 涙目で叫ぶと、レティは「大丈夫〜?」と首を傾げながら、ポケットからハンカチを取り出して差し出す。受け取って口元を拭いつつ、霊夢は今のレティの言葉が何かの聞き間違いでないかと記憶を精査するが、
「私じゃ駄目かしら〜? 結婚」
「だからなんでそうなるのよ!」
 聞き間違いではなかった。全く、唐突とかいうレベルの話ではない。魔理沙とアリスや妹紅と慧音ではないのだ。
 状況に思考が追いつかない霊夢に構わず、レティは脳天気な表情を崩さないまま、悠然とお茶を一口。
「ほら、捕手って女房役って言うじゃない。だから、月の姫と従者みたいに、私生活でももう少し親しくしようと思って〜」
 ――ああ、まあ、言いたいことは解るけれども。
 ようやく少し冷静さを取り戻した思考で、霊夢は小さく唸る。確かに捕手との呼吸が合わないと、自信を持ってボールを投げられないのは事実。輝夜相手だと投げづらいのは、どうもあの露骨に意地の悪いリードが、あまり細かいことを考えずに投げたい自分と合わないからじゃないか、と霊夢自身も思っている。
 そのあたりの摺り合わせもあるし、ゲームを中心になって組み立てる立場である以上、普段から捕手との間に信頼関係が無いと、というのは解る。まあ、永琳と輝夜のような桁外れな年数の主従関係は例外みたいなものだが。
 だからまぁ、もう少し普段から仲良くしよう、というレティの提案自体は別に構わないのだけれども。けれども、である。
「いや、段階飛ばしすぎでしょ!」
 だからといって、何でいきなり結婚になるのか。女房役を言葉通りに受け取らないでほしい。そういう誤解はあの緑の巫女だけで充分だ。
「ふつつかものですが、よろしく〜」
「人の話を聞け!」
 しかし、三つ指ついてかがみ込むレティは、そんな霊夢の抗議などどこ吹く風なのだった。

「え、霊夢、レティと結婚するの?」
「そうよ〜、よろしくね〜」
 結局手ぶらで戻ってきた萃香は、社務所に居座ったレティの姿に目を丸くした。ちなみにチルノを連れて帰ろうとしたら大妖精に涙目で抗議されたので引き下がったらしい。「鬼だって馬に蹴られりゃ死ぬことだってあるかもしれないし」とは萃香の弁である。何のことやら。
「おー、これからもっと暑くなるし、涼しくしてくれるなら歓迎だよー」
「それは任せて〜」
 ナチュラルに流すな。というかそのレベルの問題なのか。居候のくせに。
 頭痛を覚えて溜息をつく霊夢に構わず、「おー、涼しい涼しい」と萃香はレティの冷気をさっそく堪能していた。呑気なものだ。
「ていうか、ここに居座るつもり?」
「結婚するならそうなるんじゃないかしら〜」
「だから結婚言うな」
「つれないわ〜。私はもっと霊夢のこと知りたいだけなのに」
「こら、ひっつくな! 寒いのよ!」
 すり寄ってくるレティの冷気に、へくし、と霊夢はくしゃみをする。寒暖差が激しすぎて身体に悪い。萃香は何やらニヤニヤとこちらを見つめていた。ああもう。
「……一応ね〜、私だって責任感じてるのよ〜」
「責任?」
 不意にレティの声が呟くような響きになって、霊夢は怪訝に目を細める。
「霊夢が、他のローテ投手に比べて力が劣ってるとは思わないわ〜。それなのに打たれるのは、やっぱり捕手の私の責任だと思うの」
「……単に、私が投げて私が打たれた、それだけのことじゃない」
 目を細め、霊夢は答える。基本、輝夜が正捕手に座っているとはいえ、レティのときも魔理沙や映姫や幽香はちゃんと仕事をしているのだ。自分が炎上した責任を、レティに被せるつもりはないのだが。
「ほら、そう答えるでしょ〜。それじゃまた同じ事の繰り返しだと思うのよ〜」
「む」
 人差し指を突きつけられて、霊夢は軽くたじろぐ。レティはぐっと顔を寄せると、霊夢の手を冷たい手できゅっと握った。ボールを投げる、右手。
「投げるのは霊夢。受けるのは私。抑えても打たれても、それはふたりで挑んだ結果なんだから、ちゃんとふたりで考えないといけないと思うの〜」
「…………」
 レティに握られた手を見下ろして、霊夢は小さく息を吐いた。……バカルテットと一緒くたに考えていたから、レティがここまで真剣に野球に挑んでいるというのが、少々意外だったというのはある。けれど、それ以上に。
 ふたりで、という言葉が、何かひどく耳慣れないように、霊夢には思えた。
「……あんまり細かいこと考えるのは好きじゃないのよ」
「それなら、それでいいわ〜。考えるのは捕手の仕事だもの。だから、」
 握られた手が、レティの胸元に寄せられる。その身体は冷たいはずなのだけれど――なぜか、触れたその手と胸元が、どこかあたたかい気がしたのは、夏の熱気のせいだろうか?
「霊夢には、私を信じてほしいの」
「――――」
 はっと目を見開けば、レティが真剣な眼差しで、こちらを見つめていた。
 見つめてくる瞳は真っ直ぐで、冷気で寒いはずなのに、何故だか頬が熱くなる。
「霊夢が一番いいボールを投げられるように、私は頑張るわ〜。だから霊夢は、その私を信じて投げてほしいの〜。なんとなく、とか、勘で、じゃなくて。私が、霊夢を信じて出すリードを、信じて投げて。そうすればきっと、結果はついてくるわ〜」
「……善処するわ」
「善処しなくても信じてほしいんだけどね〜」
 一瞬前の真剣な表情が、まるで幻だったように、レティはいつものゆるい笑顔を浮かべた。
 霊夢は目を細めて、レティが離した右手を、何度か握り直す。
 ――信じて、か。
 どうにもそんな言葉は、この幻想郷には似つかわしくない気もするのだけど。
 これは異変なのだから、それでいいのだ。そういうことに、しておこう。
「とりあえず、もうすぐお昼だし、支度ぐらい手伝うわよ〜」
「……そ。なら火の回り以外、適当にお願いするわ」
 答えて、霊夢は視線を巡らす。萃香は何やら、どかりとあぐらをかいて瓢箪を傾けていた。
「あんたも同じ居座るならレティを見習いなさいよ」
「んー、いいけど、もう一口だけ。どーも口の中が甘ったるくてね」
 ぐびり。こちらをニヤニヤと見つめながら言う萃香に、霊夢はただ肩を竦めた。


   ◇


 その日の夜。
「……まだ、夜はわりと涼しいわね」
 冴え冴えとした月を見上げながら、霊夢はひとりごちた。別にレティのせいではなく、夜風は心地よい涼やかさを伴っていた。……だから眠れないのは、暑さのせいではない。
 結局レティは本当に、試合後もバカルテットたちと別れてこちらにくっついてきた。今は空き部屋のひとつに布団を敷いて眠っている。朝になったら部屋が凍ってはいないかと若干不安だが、そのときは追い出せばいいか、などと考えた。
 まぁ、結婚云々はさておき、別に居候が増えるぐらいはどうという問題でもないのだ。レティを嫌っているわけでもない。そもそも嫌っていたらバッテリーは組まないだろう。
 ただ――妙にお尻のあたりがむずがゆいというか、座りが悪いというか、そんな気分なのだ。
 それはあるいは、昼間のレティの言葉のせいなのかもしれなかった。
「信じて……ね」
 溜息のようにひとつ吐き出して、それから霊夢は手にしていたグラブをはめる。右手にボールは無いけれど、境内に一歩踏み出して、ひとつ振りかぶった。
 ぐっと踏み込んで、腕を振る。――傾斜のない境内では、マウンドとは感覚が違った。フォームを崩しそうなので、これ以上は止めておこう。グラブを外し、縁側に腰を下ろして、
「あら、珍しいことしてるわねぇ」
「深夜の参拝は賽銭五割増しよ」
 今更、そんな風に唐突に現れる輩に驚きはしないので、振り向きもせず霊夢は答えた。
「残念、今は持ち合わせが足りないわぁ」
 全く残念がらない口調で、紫はそう答える。無論、このスキマ妖怪が博麗神社に賽銭を投じていったことなど一度もないわけだが。
「貴女がひとりでこっそり練習なんて、どういう風の吹き回しかしらね?」
「さあね、洩矢の巫女が神風でも吹かせてるんじゃない?」
 ふぅん、とどこか愉しげに紫は微笑する。
「あの冬妖怪の言葉に感じ入るところでもあったのかしら」
 聞いていたのか。まあ、紫の場合はどこにでも居てどこにも居ないようなものだから、そんなことも今更驚くには価しないことではあるが。
「ま、少なくともあんたの言葉よりは感じ入るものがあるわね」
「酷いわねぇ。まるで私が常に嘘八百並べ立ててるみたいな言いぐさ」
「あんたは嘘はつかないでしょ。本当のことは言わないだけで」
「そう、正解。博麗霊夢の言うことは全て正解よ」
 お茶でもほしいわね、と霊夢は思った。やり過ごすための道具が足りない。
 よくもまぁ、永夜異変のときはこんなのと共闘したものだ。あのときは無理矢理連れ出されたようなものだったけれども。
「用が無いならそろそろ寝るわ、明日先発だし」
「そういえばそうだったわね。頑張ってね」
「……どっかの誰かに勝ち星消されるのは私の力の範囲外だけどね」
 そんな皮肉も、このスキマ妖怪は飄々と受け流すだけなのだけれども。
 意味がないと解っていてもそう言い返してしまうのは、やはりこの異変のせいだ。
 ――頑張ってね、なんて、何の誠意もない紫の言葉に。
 レティのあの、真剣な表情が重なるなんて――全く、どうかしている。
「霊夢」
「何よ」
 立ち上がった霊夢を、紫は呼び止める。振り向きもしない霊夢に、紫は。
「グラブ、忘れてるわよ」
「――――」
 ああ、本当に、どうかしている。
 満月でもないのに、さざ波が収まってくれないのだ。
「おやすみなさい、霊夢」
 紫の言葉を背に聞きながら、ふすまを閉める。世界が夜の帳に閉ざされる。
 床に戻り、目を閉じて、霊夢は思った。

 ――レティは、ちゃんと眠れているのだろうか、と。


   ◇


 7月13日(金)、対横浜ベイスターズ10回戦(横浜スタジアム)。
 先発、博麗霊夢は7回1/3を投げて自責点1、勝敗はつかなかった。

「おつかれさま〜」
 試合後、アリスや阿求との軽いミーティングを終えて球場を出た霊夢は、そこでかけられた声に軽く驚いて振り向いた。
「何よ、待ってたの?」
「ええ〜、一緒に帰ろうと思って〜」
 ほわほわと笑って、レティは言う。選手たちは一足先に解散させたから、レティもてっきり先に帰っているものだと思っていたが。
「一緒にって、歩いて2分の距離よ?」
「それでもいいの〜。霊夢と一緒に帰りたかったから〜」
「――――」
 まただ。何だろう、このざわめきのような、身体の奥の揺れは。
「ま、いいけど。疲れたし、帰って休みましょ」
「そうしましょ〜」
 すげなく言って歩き出す霊夢のあとを、ゆっくりとレティはついてくる。
 夜風は今日も涼やかだった。登板で火照った身体と、後ろのレティのせいかもしれないが。
「ルナサがね、謝ってたわ〜。勝ち星消してしまってすまなかったって」
「別に気にしてないって言ったのに。試合には勝ったし、ローテ復帰も確約だし」
「あ、確約もらえたのね〜、良かったわ〜」
 まるで自分のことのように、嬉しそうにレティは言った。何かそれがむずがゆくて、霊夢は軽く頬を掻く。まあ、霊夢にしても、一応これも異変解決である以上、いつまでも二軍で役立たず扱いされているのも博麗の巫女の面目に関わるから、ローテ復帰は喜ぶべきことなのだが。
「ねえ、霊夢〜」
「何よ」
「今日のリード、投げやすかったかしら〜?」
 その問いに、霊夢はひとつ鼻を鳴らす。
「……そうね、何となく投げたかった球と、リードはだいたい合ってたから、楽だったわ」
「そう、なら良かったわ〜」
 頷くレティに、霊夢は小さく息をつく。……輝夜とレティの違いは、輝夜が打者の嫌がる攻め方をする捕手なら、レティは投手の良いところを活かそうとする捕手、というところなのかもしれない。そんなことを、今更のように思った。――全く、今更に過ぎる。
「ありがとうね〜、霊夢」
「……何よ」
 一瞬、思考を読まれたような気がして、霊夢は訝しみ目を細める。レティはいつもの脳天気な笑顔を崩すことなく、軽やかな足取りで数歩、霊夢の前に出た。
「今日は、ちゃんと、私を見て投げてくれたから。ありがとう、ね」
「――――」
 その言葉に、小さく息を飲んで、霊夢はそれからひとつ夜空を仰いだ。
 朧な月が浮かぶ、夏の夜天。そのほのかな銀色が、やけに眩しい。
 ――今まで自分は、誰を見て投げていたのだろう?
 幻影の相手打者か。ホームベースか。それとも、捕手だったのか。
 それを思い出そうとしてみたけれど、よく解らなかった。
 あるいは――昨日のレティの言葉は、それを見抜いていたからなのか。
 異変。博麗の巫女。野球。先発投手。与えられた役割。やることはいつもと少し違う。自分ひとりで戦っているわけではないのに――自分はいったい、誰を見て戦っていたのだろう?
「……レティ」
「なあに〜?」
 首を傾げる冬妖怪に、霊夢はひとつ息を吐き出した。
 ――よくもまあ、そんなのでブルペンコーチなんてやっていたものだ、自分も。
 結局、自分が投げるボールを託す相手のことすら、ほとんど見ていなかったのだから。
「シーズンが終わるまで、うちに居ていいわよ」
 だから、霊夢はそんな言葉をかける。レティはその言葉に目を丸くした。
「ホント〜? 迷惑じゃないかしら〜?」
「先に押しかけてきたのはそっちでしょーに」
「嫌がられても居座るほど図々しくはないわよ〜」
「今更居候がひとりふたり増えても大差ないし、好きにすればいいわよ」
 投げやりな調子を装ってそう言い放ったところで、境内へと登る階段にさしかかった。
 互いに顔を見合わせ、博麗神社の鳥居を見上げて。
「それじゃあ、ふつつかものですがよろしく〜」
「だからふつつかもの言うな」
 それじゃまるで、本当に結婚するようではないか。
「あ、霊夢、レティ、おーい、なにしてんのー?」
 と、境内から酔っぱらった声がかかる。見上げれば、瓢箪を片手に萃香が手を振っていた。明日も試合だというのに、相変わらず勝手に酒盛りをしているらしい。
「……どうする?」
「明日は私もどうせベンチだし、少しぐらいいいんじゃないかしら〜」
「それもそうね」
 一軍復帰と、ローテ確約と、自分に勝ちはつかなかったがチームの勝利を祝して。
 ――こんなときは、あの酔っぱらい鬼に付き合ったって、文句を言われる筋合いは無い。



後編へ
| 浅木原忍 | 22:55 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:55 | - | - |
Comment
…………私は昔、普通に霊レティってメジャーだと思ってました。

今でも(自分の中では)思ってますが。
Posted by: 謳魚 |at: 2009/08/31 9:48 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links