Entry: main  << >>
にと×ひな! Stage1「人恋し河童と厄神と」 SIDE:A
 連載開始。雛編第1話です。びっくりするほどポロロッカ!












 自分がいつから独りだったのか、覚えていない。
 ただ、気が付いたときには独りで。それからもずっと独りだった。
 独りでいることが当たり前で、そのことに疑問も覚えずにいた。
 ――幸福を知らない者に、不幸という概念が理解できないように。


    ◇


 厄についての基礎知識。

 この世に存在する厄の総量は一定であり、それは常に循環している。
 気流や川の流れのように、厄も流れ移ろうものだ。不幸が永遠に続かないのはそのためである。誰かに取り憑いた厄は、やがて流れ移ろい、別の誰かに取り憑く。そうして一定の厄が、世界をぐるぐると回っている。
 厄を人形に託して「流す」のは、そうした厄の性質に基づくものだ。厄の流れというものは、気流や水流のような他の「流れ」に沿っていることが多い。だから、厄を川に流すというのは理にかなっている。

 そうして、流された厄を溜め込むのが、厄神の仕事だ。
 大量に集まった厄は悲惨な不幸を呼ぶ。そんな塊のような厄も、小さな厄もまとめて引き受け、そしてささやかな厄に散らして、少しずつ放流していく。
 厄を消し去ることは出来ない。幸福と不幸が等量であることは世界の大前提だ。故に、厄神はあくまで厄を溜め、細かくちぎってまき散らすだけ。
 そうするように定められているから、そうする。
 ――それだけの、存在だ。

 そして、大量に厄を溜め込んでいる厄神は、大前提として孤独である。近付けば必ず、その大量の厄が不幸を呼ぶのだから、当然の話だ。
 厄神に厄を祓ってもらう者も、それ以上厄神に近寄ろうとはしない。厄神は厄を祓うと同時に、厄を呼ぶ存在でもあるのだから。

 鍵山雛も、そんな厄神のひとりである。


    ◇


 その日、河で河童の少女を拾った。

 妖怪の山の滝から流れてくる河の傍らに、雛の家はある。
 そして雛の活動範囲は、河の周辺にほぼ限られていた。河を流れてくる厄を回収し、溜め込む。それが雛の仕事であり、それ以上何をするわけでもない。無論のこと、本来不可視である厄が見ても解るほど溜め込まれている雛の周辺に近寄って来る者など、妖怪でもまず居ない。
 そのはずだったのだが。
「……どうしたものかしら」
 ぐったりと横たわる少女の姿を見下ろして、雛は溜息をつく。
 人形なら厄を回収するだけで済むが、河童が流れてくるのは想定外だ。放っておくわけにもいかないが、しかし溺れた河童への対処法など知っているはずもない。だいいち河童は溺れるものなのか?
「厄いわ……」
 もう一度溜息。よく見れば、河童の少女にははっきり解るほどの厄がまとわりついていた。これでは河で流される程度の不幸で済んだのは僥倖かもしれない。
 とりあえず、厄を回収しておこう。雛は少女へとおそるおそる手を伸ばし、

「――びっくりするほどポロロッカッ!」

 全く唐突に、少女は跳ね起きた。わけのわからない言葉と一緒に。
「……あれ? ここは?」
 ぽかん、と目を見開いて、少女は周囲を見回す。その様子を、雛は口をぱくぱくさせながら、尻餅をついたまま見つめていた。情けないことに、びっくりして腰が抜けた。
「そうだ、確か河で足が滑って……って、あわわわっ」
 少女はぽんと手を叩き、それから慌てて背中のリュックを覗きこむ。中をじゃらじゃらと音をたてて掻き回し、大げさに安堵の息をついた。
「はぁ〜、良かった、リュックは無事だぁ……」
 そんな目まぐるしい少女の様子を、雛はただただ呆然と見つめて、
 そこで、顔を上げた河童の少女と目が合った。
 目をぱちくりさせる少女。その視線が何かひどく気まずくて、雛は思わず視線を逸らし、
「えーと……ひょっとして命の恩人さん?」
「え」
「助けてくれたのかな。ありがとねっ」
 ずい、と身体を寄せて、少女は雛の手を握る。冷たくて柔らかいその指の感触と、ぐっと近付いた少女の顔に、雛が半ばパニックに陥っていると――少女は不意にポケットをまさぐって、何かを取り出した。
「えと、これあげる」
 手渡されたのは、緑色の細長い物体。きゅうりだった。
「美味しいよっ」
「は、はぁ」
 にぱ、と笑う少女の顔が眩しくて、雛は俯き気味に視線を逸らす。手の中には瑞々しい緑色のきゅうり。……なんできゅうり?
「っと、里に戻らなきゃっ。じゃあね、ありがとっ!」
 実にせわしなく、少女は立ち上がって踵を返す。雛は茫然自失から抜け出せないままに、その背中を見つめて。
 ――けれど、少女が走りだそうとした瞬間、足元に絡みついた厄が、靴底を滑らせた。
「はぅぁっ!?」
 べしゃ、と派手な音をたてて前のめりに少女は転ぶ。
 そこでようやく、雛も我に返った。
「あ痛たたた……」
 鼻をさする少女の足元に歩み寄ると、そこに絡みついた厄をそっとすくい取る。ちゃんと厄を祓っていないらしく、それなりの量の厄が溜まっていた。これでは、上手くいくこともいかなくなる。
「じっとしていて」
 少女の全身にまとわりついた厄を、ゆっくり自分の元へ吸い寄せると、スカートの中に封じ込んだ。……これで、よし。
「これで、大丈夫」
「ほえ」
 振り向いた少女は、また目をぱちくりさせる。厄はよほど濃くならない限り普通は目に見えないから、何をされたのかは彼女には解らなかっただろう。ただ、言葉通り憑き物が落ちたような感覚はあるらしく、少女はただ首を捻って。
「んーと、よくわかんないけどありがとねっ。じゃっ!」
 ぱっと立ち上がると、今度は転ぶこともなく駆けだしていった。
 あっという間に遠ざかるその背中を見送り、雛は大きく息を吐き出す。
「……厄い、わ」
 ぺたんとその場に座り込み、雛は胸に手を当てた。
 ――何故だかひどく、動悸が速かった。

 握られた手の感触を思い出す。
 水に濡れて冷たい手は、けれど柔らかくて。
 すぐ目の前から、自分を見つめてきた視線。
 遠巻きに自分を眺める妖怪や妖精のものとは違う、真っ直ぐな瞳。
 ――何もかも、雛にとっては初めてのものだった。

『ありがとう』
 それが、感謝の言葉だということは知っている。
 けれど、こんなにも真っ直ぐにかけられたのは初めてだった。
 厄神は厄を引き受けて、溜め込む存在。だから厄を祓うと同時に、厄を呼ぶものでもある。――人も妖怪も妖精も、ただ厄を押しつけて、自分を遠巻きに眺めるだけだった。『ありがとう』なんて、誰も言いはしない。流される雛人形はただ流されるだけ。捨てられたもの、見たくないもの、ただのいらないもの――。
『これあげる』
 だから、厄以外のものを、誰かから貰うのも、初めてだった。

 おそるおそる、雛はそのきゅうりを囓る。
 河の水に浸っていたせいか、きゅうりは冷たくて。
「…………」
 けれど何か、胸の奥があたたかくて。
 その温もりの正体が分からないまま、雛はきゅうりをぼんやりと見つめていた。


    ◇


 淀んだ沼の水がやがて濁り腐るように、厄も留まることでその場所を腐らせていく。
 移ろう厄を萃め留めておくのが厄神の仕事。だが、ただ厄を萃めるだけでは、留まった厄が周囲を腐らせてしまう。
 故に、留めた厄も「流れ」に乗せておかなければならない。一箇所に留めつつ、厄を流し続ける。それはつまり、同じ所をぐるぐると回し続ける、ということ。淀まぬように水をかき混ぜるのと同じことだ。そうすることで厄は小さな「流れ」に乗り、淀み腐ることなく留めておくことが可能になる。
 雛が常にくるくると回っているのは、そういう理由だ。意味も理由もなく回っているわけではない。――本人が、それを意識しているかどうかは別として。

 何事につけても、この世には理由が必ず存在する。因果の歯車から抜け出せるものがあるとすれば、因果の境界すら操る妖怪ぐらいのものだろう。しかしその境界を操る行為にも因果がまとわりつくならば、結局は鶏と卵のパラドックスだ。
 ともあれ、あらゆることには原因があり、そして結果がある。これは世界の大前提。
 それは、幻想郷でも例外ではなく。
 そして、因果とは即ち、その出来事のもつ意味である。
 ――その意味を、個々人が如何に解釈するかは、また別問題としても。

 要するに、全ての出来事には意味がある、という話だ。
 例えばそれは――全く縁の無さそうな、厄神と河童の偶然の出会いであっても。


    ◇


 翌日も、普段通りに雛は河で厄を回収していた。
 常と異なる点があるとすれば、水面に映る自分の表情だろう。困ったような、浮かないような、自分でもいわく形容しがたい表情。
「……今日も、厄いわ」
 溜息を吐き出す。脳裏にちらつくのは、昨日この河で拾った河童の少女のことだった。
 くるくると変わる表情と、忙しない動作と、――向けられた、笑顔。
 それが眩しすぎて、瞼に焼き付いて消えてくれないのだ。
『助けてくれたのかな。ありがとねっ』
 耳の奥に甦るのは、彼女の声。
 名前も知らない河童の少女。残していったのは一本のきゅうりだけ。もう、会うこともないはずなのに。――どうしてこんなにも、彼女のことばかり、頭から離れないのだろう。
 あるいは、心のどこかで期待しているのかもしれない。
 また、彼女がこの河を下ってここに来てくれるのではないか、と。
 そんなことは、あるはずがないのに。
 ――周囲に不幸を溜め込んだ厄神に近付く者なんていない、と。
 誰から聞かされたのか、それは雛の奥底に刻み込まれた言葉。
 厄神という存在は不幸の象徴。不幸に近寄る者などいない。故に、厄神は孤独だ。
 そう、だから彼女も、もうここに来ることはない。仮に来たとしても、厄を祓うだけで、自分に近付こうとはしないだろう。それが当たり前、いつも通りのことなのに――、
『美味しいよっ』
 浮かんでは消える、彼女の声と笑顔。
 それは雛には眩しすぎて、明るすぎて。
 だから雛は、全てを振り払うように、首を振って――

 木陰からこちらを見つめる、少女と目が合った。

 一瞬、時間が止まった気がした。
 そこにいたのは、確かに。帽子を被り、重そうなリュックを背負い、やけにポケットの多いスカートを翻した、――昨日の河童の少女だった。
 少女は視線が合ったことに気付くと、「はぅっ」と小さく声をあげ、こそこそと別の木へと移動しだす。そしてまたその陰から顔を出し――雛の視線がしっかり自分についていることに気付いて、「あぅぁ」と変な悲鳴をあげた。
「……何をしているの?」
 訝しみつつも、おそるおそる雛が声をかけてみると、少女は照れくさそうに頭を掻いて、「おかしいなぁ、なんで見つかっちゃったんだろう」と呟きながら前に歩み出た。――どうしても何も、最初からその姿は丸見えだったのだが。
「えーと、こんにちはっ」
 気を取り直すように、少女はにぱっ、と笑う。雛の顔を覗きこむように身を前に乗り出してきたので、思わず雛は一歩後じさってしまった。
「とりあえず、これ」
 と、少女はポケットをまさぐり、何かを取り出した。――またきゅうりだった。
「改めて昨日のお礼。助けてくれてありがとねっ」
 差し出されたきゅうりと、差し出す少女の顔を、雛は困惑して見比べる。その様子に、少女は少し困ったように眉尻を下げた。
「……きゅうり、嫌いだった?」
「あ……別に、そういうわけじゃ、ないけど」
 雛が首を振ってきゅうりを手に取ると、少女はまた満面の笑みになる。眩しい、その笑顔。
「きゅうり、美味しいよねっ」
 嬉しそうに何度も頷いて、少女はじっと雛を見つめる。その視線がひどく気恥ずかしくて、雛はくるりとそっぽを向いた。――顔が、何だかひどく熱い。手の中のきゅうりは冷たいのに。
「そういえば、昨日から何だか身体が軽いんだけど、ひょっとして何かしてくれたの?」
 と、少女が首を傾げながらそんなことを言う。
 はふ、とひとつ息をついて、振り返らないまま雛は答えた。
「……厄が憑いてたから、祓ったのよ」
「厄? あ、このへんに厄神様がいるって聞いてたけど、やっぱり君のことだったんだ」
「――――」
 きゅうりをぎゅっと握って、雛は俯く。――そう、自分は厄神。厄を祓い、厄を呼ぶ神。
「知ってるなら……早く帰った方がいいわ」
「ほえ?」
 雛の言葉に、少女はきょとんと目を見開く。
「私のそばにいたら、厄が移るもの。……また不幸になるわ」
 そうだ。自分がここに溜め込んでいる厄が、また少女にまとわりついてしまう。溜め込んだ厄に、誰かを巻き込んでしまってはいけないから、だから自分は独りでなければならないのだ。――そのはずなのだ。
 けれど、「んー?」と少女は腕を組んで首を捻る。
「えーと、昨日、私に憑いてた厄を、君が祓ってくれたんだよね」
「……ええ」
「で、君の近くにいると、厄が移るの?」
「そうよ。……目に見えるぐらい、厄が溜まってるでしょう」
 障気のような厄の塊が、雛の周囲には漂っている。こんなものがまとわりついてしまう前に、早くここから立ち去らないと、さもないと――
「んー? よくわかんないけど、厄が憑いたらまた君が祓ってくれればいいんじゃないの?」
「……え?」
 思いがけない言葉に、雛は思わず振り向く。
「だから、君の近くにいて新しい厄が憑いても、帰るときに君が昨日みたいに祓ってくれれば、何も問題無いよね? ……何か間違ったこと言ってるかな?」
 ――え? え、でも、だって……あれ?
 思考が混乱して、雛は目を白黒させる。――だって、厄が移るといけないから、でも祓えばいいって、確かに祓えるわけだけど、あれ、だけどそれじゃ――あれ?
 パニックに陥った雛を、少女は不思議そうに見つめる。雛より少し低い位置からの視線は真っ直ぐで、その視線に何かが崩れていくような感覚をおぼえた。
「で、でも、これだけの厄が近くにあれば、それだけで不幸になるわ」
「んーと、じゃあ厄神様は? その厄の真ん中にいて、不幸なのかな?」
「――――」
 自分が不幸か? ……解らない。不幸、という概念が、雛には実感として理解できない。
 ただ、厄の影響は自分には及ばない。そのことは知っている。厄の流れの中心にいるから。ちょうど台風の目のようなものだ。ぐるぐる循環する厄の流れは留まらないから、その中心にいる自分には厄がまとわりつくことはない――
 雛がそんなことをつっかえながら答えると、少女はまたにぱっ、と満面の笑みを浮かべた。
「じゃあ、厄神様のすぐそばにいれば安心だねっ」
 ――そして、まるで飛びつくように、少女は雛の腕にぶら下がった。
「ぁ……」
 急に触れてきた柔らかさと、少女の冷たい手の感触に、心臓が跳ねる。かーっ、と顔が熱くなって、雛は見上げる少女の視線から目を逸らした。けれど、腕にしがみついた少女の感触は離れなくて、心臓はどんどん鼓動を早くして、
「……それとも、迷惑かな」
 不意に、少女の声が弱々しくなる。見やれば、少女は小さく俯いて。しがみついていた腕を、そっと放そうとして――
 思わず、雛はその手を握りしめていた。
「ほぇ」
 顔を上げた少女は、きょとんと雛を見つめて。雛はどうしていいか解らず、しばらく口をぱくぱくさせて――それから、きゅっと少女の冷たい手を握り直した。
「……そんなこと、ないわ」
 結局、ようやく捻り出せたのはたったそれだけの言葉。
 ――だけど、答えはそれだけで充分だったのかもしれない。
「なら、友達になろう」
 少女の言葉に、雛は目を見開く。少女ははにかんで、雛の手を強く握り返して。
「友達。ね?」
 首を傾げてみせるその姿は愛らしく、笑顔はどこまでも明るく眩しくて――。
「とも……だち」
 その言葉の意味を確かめるように、雛は呟く。
 知識としては知っている。友達。一緒におしゃべりしたり、遊んだりする相手。――そんな風に、知識としてしか知らない存在。自分には、縁がないと思っていた、存在。
 目の前の少女と、友達になる。
 その意味とか、やり方とか、雛にはよく解らなかったけれど。
 ――ともだち、という言葉の響きが、なぜだかとても、心地よくて。
「私で……いいの?」
「うんっ」
 いっそ気持ちいいほどの即答で、少女は飛び跳ねるように雛の手を揺さぶる。
「えへへ、友達っ。よろしくね、えと――」
 と、急に口ごもり、少女は困ったように首を傾げた。
「えと、……名前、聞いてなかったや」
 たはは、と頬を掻いて、少女は苦笑する。雛も、そんな様子に小さく笑みを漏らした。
 ともだち。――その言葉の在り方は、まだよく解らないけれど。
 目の前の少女の手を、離したくないという今の気持ちは、大切なものな気がしたから。
「……雛。鍵山、雛」
 あるいは、誰かに名乗ったのも、これが初めてだったかもしれない。
 誰も自分の名前を呼ばないから、名前の意味も、知らずにいた――。
「ひな。……雛」
 確かめるように、少女はその名前を繰り返す。少女の唇が、ひな、という2文字を紡ぐことがひどくこそばゆくて、雛は小さく吐息を漏らして。
「私、にとり。谷カッパの河城にとり。――よろしくね、雛っ」
 そして少女も、今までで一番の笑顔で、そう名乗った。
「……にと、り」
 雛も、一文字一文字を確認するように、その名前を呟く。
 ただそれだけで、身体がほっと暖かくなった気がした。
「うんっ」
 ――にとり。にとり。……にとり。
 口の中だけで、その名前を繰り返して。雛は、そこで初めて悟る。
 名前というものは、きっとこんな風に、呼び合うためにあるのだと。
 呼び合うだけで、こんなにも――心の奥が、暖かくなるから。

「雛」
「……にとり」

 ――ああ、そうか。こういうのが、幸せなんだ。
 えへへ、と互いに笑い合って、名前を呼び合うだけで、どうしてこんなに幸せなんだろう。
 その理由は解らなかったけれど、今はただ、それだけで充分だった。




にとり編 Stage1へ
雛編 Stage2へ
| 浅木原忍 | 22:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:56 | - | - |
Comment
雛かわいいよ〜、雛。
いいね〜、こうゆう話も好きです。

続きを期待w
Posted by: Fat |at: 2008/06/11 10:09 AM
 ……え、なにこれ? クロガネを萌え殺す気ですか? 既に吐血しかけるくらいに悶えてるクロガネです。
 これは厄い。半端ねぇ破壊力だ。
 にとりいい子、にとりいい子。御値段異常ないい子ぶり。
 雛たん健気、雛たん健気。鼻血が出そうなくらいに健気。
Posted by: クロガネ |at: 2008/06/11 10:15 AM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links