Entry: main  << >>
東方野球in熱スタ2007異聞「May I Help You?」
 輝夜&永琳、蓬莱バッテリーの割とどうでもいい話。えーりんはてるよの嫁。
 ある意味でセンバツの智弁和歌山リスペクト(ぇー












 7月23日(月)、幻想郷スタジアムプルペン。

 パァン、と小気味良い音を立てて、白球はミットに収まった。
「ナイスボールよー、永琳」
 声をかけつつ、輝夜は永琳へとボールを返す。
 約一週間のオールスター休みを挟んで、明日から後半戦。幻想郷スタジアムで対広島3連戦だ。初戦は火曜日ということで、先発は永琳である。そんなわけで、投手コーチの阿求を伴って、最終調整の投げ込みである。
「はい、次でラストね。ど真ん中ストレート、思いっきり来なさい」
「解ったわ」
 頷き、永琳は振りかぶる。美しいフォームから流れるように放たれた白球は、寸分の狂いもなく輝夜の構えたミットに収まった。正確無比のコントロールは健在だった。
「お疲れ様。輝夜、ちょっといい?」
 それを合図にしたように、阿求が輝夜に声をかける。「じゃあ、先に戻ってるわね」と言い残して、永琳はロッカーの方へ戻っていった。
「何かしら? 永琳の球に問題でもあった?」
 受けている側からすれば、文句なしの球だったと思うが。マスクを外して輝夜が首を傾げると、阿求は小さく首を振る。
「ううん。制球もキレも申し分無しよ。……ただね、ちょっと気になることがあって」
 と、阿求は何かを懐から取り出した。――何枚かのスコアシートだ。
「まあ、今更私が言わなくても気付いてると思うけど。永琳って、特定のイニングだけ崩れて失点するパターンが多いのよね。スコアシート見ても明らかなんだけど」
 ああ、と輝夜は頷く。確かにその通りだ。
 白黒や花屋のようなムラっ気のある投手の多いタートルズの中で、6〜8回を確実に2、3失点でまとめる永琳の安定感はピカイチだ。イマイチ援護に恵まれず勝ち星は伸びないけれど、QSの達成率でいえば文句なくチームトップである。
 しかし逆に言えば、ノリノリのときの白黒や花屋のように目の覚めるようなピッチングをすることも少ないということであり、零封も多くは無いのである。捕まっても試合中に立て直せるのだが、一度はどこかで捕まってしまう――それが永琳の投球だった。
「で、失点したイニングって、だいたい四球出した回なのよね」
「そうねえ。実況板でも『永琳の四球は失点フラグ』って言われてるし」
「私の個人的な印象なんだけど、永琳ってマウンドで考えすぎてるんじゃないかと思うのよ。特に四球で出した走者は返しちゃいけないって意識しすぎてるんじゃないかって」
 ふむ、と輝夜は鼻を鳴らした。永琳の四球自体が珍しいから、四球が失点フラグというのは印象論のような気もしていたが――。
「りょーかい。ちょっと対策、明日までに考えておくわ」
「お願いね」


   ◇


 何でも解っている、と思っていても、意外と見えていないことはあるものだ。
 近すぎて、当たり前に思っていることに、余所からの指摘でふと気付かされることもある。永遠亭に篭もっていた頃には、なかなかあり得ない話だったけれども。
「逆に難題を出される側になったわねぇ」
 永遠亭の自室。PCの前で、輝夜は溜息をつく。
 永琳が考えすぎている、という指摘は確かに、傍から見れば妥当なものかもしれない。輝夜にしてみれば、永琳が常に色々考えているのはあまりに当たり前の話だから意識もしなかったけれど、何も考えてなさそうな連中の多いあのチームの中では目立つのだろう。
 しかし、である。月の頭脳と呼ばれた永琳に対して「考えるな」というのは、それこそ呼吸をするなと言っているようなものだ。無心になれ、など、永琳といえどもおそらく言われて出来るものではない。
『に〜とにとど〜がっ♪』
 と、気付けば日付が変わろうとしていた。動画を遮って時報が流れ出す。
『にとゆきが子の刻ぐらいをお伝えしま』
「はいはい」
 F5でキャンセル。再び流れ出す動画を、しかし溜息をついて輝夜は閉じた。――さて、どうしたものか。
「輝夜様、お茶をお持ちしました」
 不意に声。振り向くと、ふすまが開いて鈴仙が顔を出していた。
「あら鈴仙、気が利くじゃない。ありがとう」
 受け取り、熱いお茶を一口すする。ほぅ、とひとつ息を吐き出して、輝夜は鈴仙を振り返った。
「鈴仙、ちょっといい?」
「は、はい」
 何かお茶に問題でもあっただろうか、と怯えたような鈴仙に小さく苦笑しつつ、輝夜は半ばおどけたように首を傾げた。
「永琳をびっくりさせるには、どうすればいいかしら?」
「……はい?」


   ◇


 7月24日(火)、広島東洋カープ戦(幻想郷スタジアム)。

「ここ2試合負け続きだし、今日は勝たないと2軍かしらね?」
「QS達成してるんだから投手の責任じゃないわよー。落ちるなら主にどっかの4番さんあたりじゃないかしら?」
「……聞こえてるぞ」
「あら、自覚はあるんだったらちゃんと仕事したらどう?」
 輝夜と妹紅の間に火花が散る。4番に抜擢された妹紅が先月ほどの活躍が出来ていないのは事実だった。永琳も永琳で、ここ2試合はどちらも7回3失点で敗戦投手という勝ち運の無さである。
 と、そこに「はいはい、そのへんにしておきなさい」と呆れ混じりにアリスが割り込んだ。
「永琳も妹紅も、あまり気にしないで。2人とも主力なんだから、あまり監督を困らせないで欲しいわ」
「ごめんなさいね」
「……善処しよう」
 永琳は苦笑し、妹紅は一度輝夜を睨んで引き下がる。輝夜はその姿にほくそ笑んだ。その様に、アリスはまたひとつ溜息。
「まぁ、ともかく。夏場でレティも調子崩し気味だし、大変だと思うけどしっかりお願いね、輝夜」
「了解してるわよー」

 そんなわけで、いつも通りに試合が始まる。広島の先発はベテラン、高橋建だ。
 永琳がコーナーを丁寧に突く抜群の制球力でゼロを並べれば、高橋もベテランらしいのらりくらりとした投球で凡打の山を築く。サクサクと進む試合は、6回まで両軍1安打ずつで0-0の投手戦になっていた。
 そして7回表、広島の先頭打者は2番東出。4球目のスライダーがやや甘めに入り、センター前に弾き返される。
 初めて先頭打者を許して、3番栗原。フルカウントからの6球目、空振りを取りにいったスローカーブに、しかしバットが止まる。ハーフスイングの判定は――セーフ。フォアボールで無死一、二塁。迎えるのは4番新井だ。
『低めに萃めて。打たせてゲッツー取りましょ』
『解ったわ』
 サインに永琳が頷く。初球、内角低めのストレート。狙い通りバットが出る――が。
 叩きつけた打球は、一塁の妹紅と二塁の美鈴の間を抜けていく。レミリアの強肩で本塁突入は阻止したものの、無死満塁だ。そして次は5番前田である。
「ごめん、タイムね〜」
 タイムをかけ、輝夜はマウンドへ駆け寄る。内野陣や監督も動こうとしていたが、それは視線と身ぶりで止めた。
「輝夜」
「大丈夫よ〜、まだ失点はしてないんだから」
 笑って、輝夜は永琳の肩を叩く。けれど、永琳の表情からは憂いが消えていない。負け続きなこともあるし、チームドクター兼任という立場上、それ以外にも色々と気に掛けていることも多いのだ、永琳は。
「目の前の打者に集中していきましょ。今日の球は最高なんだから、抑えられるわよ」
「……ええ」
 頷いても、やはり表情は晴れないままだ。
 ……仕方ない、奥の手を使いますか。
「永琳」
「ん?」
「集中できるおまじない、してあげるわ」
「――え?」

 きょとんと目を見開いた永琳の頬に、輝夜は手を添えて。
 マウンドで、ひとつ背伸びをして。
 ――互いの顔を、ミットに隠すようにして。
 永琳の唇に、自分を唇を寄せた。

 触れるのは一瞬。唇を離し、輝夜がにっと笑うと、永琳の顔が爆発したように赤くなる。――わお。効くかどうか半信半疑だったけど、ここまで効果絶大とは。
「かっ、かかかっ、輝夜っ――」
「じゃ、サインは全部私が出すから、しっかり投げてね〜」
 笑いながら、逃げるように輝夜はホームベースへ戻る。内野陣を見回せば、一塁の妹紅は呆れたように肩を竦め、二塁の美鈴は口元に手を当てて顔を赤くし、角度的に見えなかっただろう咲夜と藍は首を傾げていた。
 ともかく。ミットを構えて、輝夜はサインを出す。初球、ど真ん中ストレート。普段の永琳なら絶対に首を振る要求だ。だが、永琳は顔を赤くしたまま頷いた。――OK、雑念は消えてる。
 初球、要求通りのど真ん中に最高のストレートが来た。完全に予想を外された格好で、驚いたように前田は見送る。不敵に笑って、輝夜は2球目のサイン。永琳はまた頷いた。そうそう、それでいい。
 2球目も、ど真ん中へのストレート。今度は見逃さない。前田のバットが鋭く振られる――が、その寸前でボールが横滑りした。直球とほとんど球速差の無い、永琳の決め球のシュートである。
 芯を外された打球が、三塁線へ転がった。前進守備の藍が拾いバックホーム、受けた輝夜は迷わず三塁へ。カバーに入った咲夜のグラブにボールが収まるのと、二塁走者の栗原が滑り込むのがほぼ同時、判定は――アウト。ホームゲッツーだ。
 だが、咲夜はその判定を確認すらせず、くるりと身を翻らせる。その手から放たれたボールは――真っ直ぐに妹紅の構える一塁へ。
 バシィ、とファーストミットにボールが収まる。ワンテンポ送れて、前田が天を仰ぎながら一塁を駆け抜けた。――アウト。
「イェイ♪」
 思わず輝夜は、右手を高く月へ向けて突きだした。トリプルプレー、完成。無死満塁が一瞬にしてチェンジ、まさに永夜返しである。
 藍と咲夜がグラブを打ち交わし、妹紅が肩を竦め、ひとりプレーに関われなかった美鈴が複雑な表情を浮かべる中で、永琳だけが、マウンドでどこか呆然と突っ立っていた。

 ベンチ裏。
「か、ぐ、やっ、貴女はいきなり何をッ――」
「まぁまぁ落ち着いて永琳。落ち着かないと次の回もしちゃうわよ?」
「――――っ」
 顔を真っ赤にしたまま、永琳は押し黙る。うーん、こんな永琳は新鮮で可愛いかも、などと思いつつ、にひひ、と輝夜は笑った。
「あ、それとも試合に勝ったご褒美に取っておいた方が良かったかしら?」
「だ、か、らっ――」
「冗談よ」
 ふっと表情を緩め、輝夜は永琳の頬に手を添える。
「試合の間は、私だけを見て、永琳」
「――輝夜」
「なんちゃって」
 ちゅ。
「――――ッ!」
「あら、歓声。吸血鬼のお嬢様でも打ったかしらね。キャッチボールに戻りましょ」
 何事か叫びかけた永琳の言葉を遮るように、輝夜は走りだす。背後から、疲れたような溜息を吐き出して追ってくる永琳の足音が聞こえていた。


   ◇


 まぁ、その後の試合展開は概ね、語るまでもない。
 7回裏、2番咲夜が四球で歩くと、レミリアのツーベースで先制。妹紅が2ランで好投の高橋を打ち砕くと、永琳は8回9回をピシャリと3人で抑えて3安打1四球完封。3-0でタートルズの勝利であった。
 なお蛇足であるが、その日のヒーローインタビューで、7回表のマウンドでの出来事について射命丸から問われた永琳の取り乱した姿は、トリプルプレーのシーンと合わせてその後しばらく、ニトニト動画スポーツカテゴリのランキング上位に居座り続けたことを、付記しておこう。
| 浅木原忍 | 22:26 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:26 | - | - |
Comment
永琳が可愛いだとっ・・・!?
だが許す!むしろもっとy(ry
毎度の事読み手を楽しませてくれるいいSSを書いてくれる忍さんには感謝しています。私も別のジャンルでSS書いてたりしますがこれはホントすごいです・・・こんな文章を書ける能力が羨ましい
これからも無理せずに頑張ってくださいな。次回作も期待しています。
Posted by: 名も無き通行人A |at: 2008/06/06 4:43 AM
( ゚∀゚)o彡゜えーりん!えーりん!

永琳好きの俺としては永琳がちゃんと輝夜を呼び捨てにしてて、感動した!
素敵なお話をありがとう!
Posted by: |at: 2008/06/06 11:55 PM
あれ輝夜って「うどんげ」のこと「うどんげ」って言ってた様な…

それよりもあまりの甘さにクラッときました(≧▽≦)

永琳は確かに輝夜の嫁でしたww
Posted by: |at: 2008/06/10 7:22 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links