Entry: main  << >>
東方野球in熱スタ2007異聞「神奈子様の初恋」
 大ちゃんの話の後編が上がる前にこっちが出来てしまったので公開。28話のあのネタです。話自体は最終回アフター。なお件の大投手に関する記述はwikipediaや『その時歴史が動いた』等を参考にしております。












 結局、早苗は本当に境内にマウンドを作ってしまった。

「いきますよ、神奈子様」
「ああ、思いっきり投げな」
 ひとつ頷き、早苗は大きく振りかぶる。細い身体がしなり、思い切り振り抜かれた腕から、放たれる白球。それは真っ直ぐに綺麗な軌道を描いて、乾いた音とともに神奈子の構えたミットに収まった。
「なかなかサマになってきたじゃないかい」
 返球を受け取り、早苗ははにかむ。奇跡の力で色々と過程を多少すっ飛ばしているとはいえ、早苗自身が努力していることは確かだから、神奈子も止める気は無かった。相変わらず方向性は間違っているけれど。
 諏訪子の方は「やっぱり止めた方がいいんじゃ」などと言うが、野球を通じて麓の巫女や白黒の魔女あたりが友達になってくれるかもしれない。こちらの責任も大きいとはいえ、早苗の浮世離れ、同年代の友達のいないことを気に掛けていた神奈子としては、これがその一歩になればいいと思っていた。
「連中、投手陣はタイトル無しでしたからね。絶対に負けませんよ。目指すは沢村賞です」
「また大きく出たねえ」
 あのタートルズの投手陣でも、タイトル獲得者は結局ゼロである。まあ、目標を高く持つのはいいことだ。――その方向が多少変に曲がってしまっているとしても。
「そういえば、神奈子様」
「うん?」
「沢村賞の沢村って、確か昔の大投手の名前からでしたよね? えっと――」
「……沢村栄治」
 微かに目を細めて、神奈子は呟く。――それは本当に、懐かしい名前だった。
「そうそう、それです。どんな投手だったのか、神奈子様、ご存じだったりします?」
「――――」
 刹那、脳裏に浮かんだのは、たった70年ほど前の光景。陽光を背に、高く左足を振り上げた、あの独特のフォーム。
「……懐かしいね。じゃあちょっと、休憩がてら昔話でもしようか」
 立ち上がり、マスクを外して神奈子はひとつ息をつく。
 社の階段に腰を下ろすと、タオルで汗を拭いながら、静かに語り始めた。
「そう、あれは70年と少し前の秋のことだったね――」


    ◇


 まだ、日本にプロ野球が無かった頃の話さ。もちろん巨人も阪神もない。学生野球の華やかなりし頃だね。華の早慶戦ってやつさ。

 私もね、野球って遊びが人間たちの間で流行ってるってのは知ってたけれど、ルールもよく知らなくてね。変わったものが流行るもんだね、なんて思いながら眺めてたのさ。

 そんな頃だったね。麓の方に、やたら人の萃まってる気配があってね。退屈だったものだからちょいとお忍びで降りてみたのさ。聞こえてくる話をまとめると、どうもアメリカの方から野球チームがきて、日本の選抜チームと試合してるらしい。わざわざあの変な遊びのために海を渡ってくるなんて、ご苦労なもんだねえ、なんて思ったもんさ。それで冷やかし半分に、試合の行われる球場に行ってみたわけだよ。

 球場は大入りでね、神社にゃ滅多に無いような熱気に包まれててね。スタンドから見下ろしてみれば、アメリカの選手と日本の選手が並んでるわけだよ。これがもう、大人と子供みたいなもんさ。アメリカの選手はみんな太くて大きくてね、見ただけでこりゃあ敵わないねと私でも悟るぐらいさ。実際、そこまで日本選抜は9連敗中だったって話だしね。

 そんな日本選抜の中にも、特に細っこいがいてね。どう見ても早苗と同い年ぐらいなんだよ。あんな子供が何してるんだい、と思ってたら、試合が始まるとその子供がマウンドに上がったもんだからたまげたね。投手が投げて打者が打って多く点を取った方が勝ち、ぐらいのことは私も知ってたからね。あんな子供じゃ何点取られるか解ったもんじゃないねえ、なんて思ってたわけさ。

 ――そう、そのときマウンドに上がったのが、沢村栄治さ。
 ん、それで実際どうだったのかって? まあまあ焦るんじゃないよ。話はこれからさ。

 周りの話を聞きかじって、色々情報を萃めたんだけどね。日本の沢村って投手はまだ17で、何日か前にボコボコに打たれたって話だった。で、アメリカの方はそれこそ国を代表するようなスター選手揃いってことでね。残酷なもんだねえ、なんて思ってたんだけどね。

 彼が投げた瞬間、みんな目を丸くしたのを覚えてるよ。
 私もね、一瞬何が起こったのか解らなかったね。そのぐらい速い球だった。

 え? あの白黒とどっちが速いかって? さあ、そりゃ解らんね。案外、今ならごくごく普通の球だったのかもしれないさ。けどね、少なくとも私を含めて、球場にいたみんなが呆気に取られたね。もちろんバッターもさ。

 それでね、頭一つ大きいようなアメリカのバッターを、バッサバッサと三振に切っていくんだよ。上ずるみたいなストレートとね、大きく落ちるドロップ……今で言う縦のカーブかね。その2種類の球だけで、相手のバットがくるくる回るのさ。当たってもボテボテだよ。丸太みたいな腕した連中が、全然遠くに飛ばせないのさ。

 こうね、左足を顔の高さまで振り上げてね。そこからこう、腕がまるで竹みたいにしなるのさ。びゅんっ、て腕が空気を切る音が聞こえてきそうな勢いでね。細いのにどんな足腰してるんだい、ってぐらい力強くマウンドを踏みしめてね、ズバン、ってミットに投げ込むのさ。昔は安物のミットだったからね、捕ってるキャッチャーは大変だったんじゃないかね。

 結局ね、向こうの4番にホームラン1本打たれたんだけど、失点はそれだけさ。1失点完投。だけど打線の方が相手に抑えられてね、0-1で負けてしまった。それでもみんな、総立ちで拍手を贈ったもんさ。アメリカ相手に、日本の投手がほとんど完璧に抑えこんだんだ。誰もね、日本がアメリカに敵うわけがない、って思ってたんだろうね。あの人のピッチングのことでしばらくはもちきりだったもんさ。

 今でも鮮明に思い出せるよ。太陽を背にしてね、マウンドで振りかぶる沢村がね。――私もね、年甲斐もなく興奮しちまってね。変な球遊びじゃなく、野球ってスポーツが人間たちの中にあるんだ、それはこんなにも面白いもんなんだって、その時初めて知ったのさ。



 それから少ししてね、今で言うプロ野球ってのが出来た。東京巨人軍、大阪タイガース、名古屋軍、東京セネタース、名古屋金鯱軍、それに阪急軍と大東京軍。後から大和軍と南海も加わったね。

 中でもね、やっぱりあの日本選抜チームが元になった巨人が強かった。スタルヒン、中尾、藤本、三原、中島、田部、吉原……凄い選手がたくさんいてね。けどその中でもやっぱり、あの人は、沢村は輝いてたね。アメリカの強打者が打てなかったストレートとドロップだ、日本の打者なんてみんなキリキリ舞いさ。まぁ、たまにフォアボール連発するのはご愛嬌だったけどね。みんな沢村に憧れて、左足を振り上げて投げてみるんだけど、誰もマトモに投げられたもんじゃない。誰も真似できないフォームで、誰も真似できないボールを投げる沢村は、マウンドの英雄だった。

 けどね、そんな英雄がボールを投げさせてもらえない時代があったんだよ。……知ってるだろう? 戦争ってやつさ。



 全くね、私もとやかく言えた義理じゃないけどね……。けどね、これだけは言えるよ。あの人の肩はね、手榴弾を投げるためにあったんじゃない。白球をミットに投げ込むためにあったんだ。そのボールでね、球場に詰めかけた私らを、熱くたぎらせてくれる。そのためにあったんだよ。――人を殺すためにあったんじゃ、ないんだよ。

 でも、あの人は戦争に呼ばれてしまった。それでね、何より大事な肩を痛めてしまったんだよ。帰ってきたときには、もうあの速球は影を潜めてね。あの左足を高く上げるフォームも出来なくなってしまってた。それでもね、コントロールだけは残ったんだ。だからあの人は諦めずに、自分の武器を変えて投げ続けた。マラリアにやられて、マウンドで倒れることすらあったってのにね……。あのフォームが、あの速球が見られなくなっても、沢村栄治はやっぱりみんなのヒーローだったさ。

 けど、残酷なもんさ。二度目の召集から帰ってきたときには、生命線だったコントロールすら無くしちまってね。とうとう下手投げにしてまで、何とかやっていこうとしてたんだけどね。アメリカの大打者を翻弄した沢村栄治の姿は、もうどこにも無かった。

 何でだろうね。他にもたくさんの選手が戦争に呼ばれて、身体を壊したり、命を落としたりしてね。景浦、石丸、林、吉原に田部も……。なんで野球が好きで、野球をしたかっただけの人間に、それが許されなかったのかね、あの時代は。私の力であの人の肩を治せたら、なんてことを思ったりもしたもんさ。でも、それは無理でね。――結局、あの人は……三度目の召集からは、帰ってこなかった。

 戦争が終わって、プロ野球が再開されてもね、後楽園のマウンドにあの人はいなかった。沢村栄治はね、伝説になっちまったのさ。もう誰の手も届かない、正真正銘の伝説さ。……神がね、人間を信仰しちまうなんて、滑稽な話だよ。だから私はね、いつまでも覚えておこうと思うのさ。あの人の球を、あの人のマウンドでの姿を知る人間が誰も居なくなって、沢村栄治の名前が本当に、完全な伝説になってしまっても……私だけは、あの人の球を、あの人の姿を覚えている。生きた沢村栄治の、生きた球をね。いつまでもこの目に焼き付けておこうと思うのさ。あの秋の日、神の私に知らない世界を教えてくれたあの人への、それが私の恩返し。――つまらないことだけね。


    ◇


「……って、なんだい、なんであんたが泣いてんだい」
 語り終えて振り返ってみれば、早苗がぽろぽろ涙をこぼしていた。
 呆れたように息をつき、その涙を拭ってやると、早苗は小さく嗚咽して、「ずびばせん」と鼻声で謝る。
「神奈子様が野球に詳しかったのは、そういう背景があったからなんですね……。私、何も知らなくて、神奈子様にとって大切な野球を――」
「はい、そこまで。早苗が何も気にすることじゃないさ」
 ぽん、と早苗の頭に手を載せて、神奈子は苦笑する。
「今のは私の、つまらない思い出話。早苗には関係のない話さ。……野球、楽しいかい?」
「……はい」
 こくりと頷く早苗に、神奈子は笑って。
「なら、楽しみな。お前さんも、この間の件で解っただろう? あの連中の野球には“心”がある、って。その“心”ってのは、つまりそういうことさ」
「……楽しむ、こと?」
「そう、みんな野球が好きだから、野球が楽しくて、野球がやめられないのさ。――今のお前さんなら、解るだろう?」
 そして神奈子は、グラブとボールを早苗に手渡す。
「ほら、休憩は終わりだよ。沢村賞を獲るって宣言したんだ、しっかりやってもらわなきゃ、いち沢村栄治ファンとして黙っちゃいられないからね?」
「――――はいっ!」
 立ち上がる神奈子の背中を追って、早苗も駆け出す。
 ――結局、野球に夢中なのは自分の方なのかもしれない。
 そんな自分に苦笑しつつも、それも悪くないと思いながら、神奈子はマスクを被った。
 マウンドには、振りかぶる早苗の姿。その姿は、あの人と被りはしないけれど。
 彼がボールに込めた想いは、同じマウンドから、受け継がれていくのだろう。
 たとえ彼の名が幻想になっても。野球への想いは、きっと――。


    ◇


 沢村栄治。
 生涯通算成績、105試合63勝22敗、防御率1.74。

 神々も恋した大投手、と呼ばれたか否かは、定かではない。




*参考
 Wikipedia - 沢村栄治
 -不滅の大投手-沢村栄治記念館
 『その時歴史が動いた』より「世紀の対決 沢村vsベーブ・ルース 〜日本プロ野球誕生の時〜」(youtube)
| 浅木原忍 | 22:39 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:39 | - | - |
Comment
BGMを「神々が恋した幻想郷」にしてじっくり読ませていただきました。
読んでから沢村栄治の偉大さと涙が込み上げてきました。
これからもSS頑張ってください。ファンとして応援します。
Posted by: 雷降 |at: 2008/05/08 3:34 AM
連続コメですいません orz(土下座


28話終わって直ぐ来ました。
お酒入ってるせいか涙が止まりません。

感動をありがとうございました。
冬コミ作業大変なようですが、体調に気をつけて頑張って下さい。
Posted by: |at: 2008/11/14 10:26 PM
野球が出来る喜びを再確認できました。
ありがとう。
Posted by: sss |at: 2009/02/01 11:35 PM








Trackback
 今見たら、既にアップされていたので少し感想をば。 東方野球in熱スタ2007異聞「神奈子様の初恋」(Rhythm Five)  読んでいて神奈子様の語る言葉が聞こえてくるかのような臨場感がありました。と言うか脳内では、感慨深げに語る榊原良子ボイスの神奈子様の声が流れて
青猫随想録 | at: 2008/05/06 11:20 PM

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links