Entry: main  << >>
BURNING AFTER #04「王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日」(前編)
 というわけで、トワさん人気投票1位記念SS前編です。後編(中編?)はまた後ほど。
 あと、#04扱いになってるのは仕様です。旧#04はスキマ送りになりました(ぇー












「……むぅ」
 ぽかぽかとした春の陽気が気持ちいい、三連休の初日。
 月村邸の玄関前に止まったリムジンの車内で、アリサは手鏡と睨めっこしていた。
 髪型OK、寝癖なし。お化粧はほんの少し彩りを加えるぐらい、すずかもそれでいいって言ってくれてる。服は最近のお気に入り、短くなった髪型に合わせてちょっとボーイッシュスタイル。ま、王子様だし。
 何回目の確認だったか、もう忘れたけど。――大丈夫、今日のあたしもパーフェクトだ。
「よし」
 ぱたん、と手鏡を閉じると、それを合図にしたようにドアが開いた。鮫島のドアを開けるタイミングはまさに職人芸の領域である。
 ひらりと車外に身を躍らせ、くるりとアリサは振り返る。ドアを閉めた鮫島に、「じゃあ、今日はすずかのところに泊まるから、迎えはいらないからね」と何度目かの念を押す。「承知いたしました」と頭を下げ、そして鮫島の運転するリムジンは走り去っていった。
 それを見送り、さてと、とアリサは月村邸の玄関に向き直る。約束の時間は午前九時半。腕時計を見れば、ちょうどぴったりその時刻。OKOK。
 インターホンを鳴らせば、すぐに返ってくる返事は聞き慣れたノエルのもの。「おはようございます、アリサです」と名乗れば、ほどなく扉が重々しい音をたてて開く。
 ――そしてその向こうに佇む、大好きな人の姿。
 その姿に、アリサはとびっきりの笑顔で笑いかけ、
「おはよう」
「はい、おはようございます、マスター」
 返ってきたのは、何だか抑揚の薄い挨拶だった。
「――――」
「…………」
 沈黙。
「今日も良い天気ね」
「はい、マスター」
「どこ行こっか?」
「マスターにお任せします」
 沈黙。
「……って、違ああああああうっ!?」
 アリサの叫びに、しかし目の前の月村すずか――ではない少女は、しかし小さく首を傾げた。
「どうしました? マスター」
 ぜーぜー、と肩で息をするアリサは、びしっと指を目の前の少女に突きつけて叫ぶ。

「どーしたもこーしたもっ、なんであんたがすずかの家にいるのよっ、トワ!」

 アリサの叫びに、しかし当の本人――トワは、ただ不思議そうに首を傾げるばかりだった。
「どうして、と言われましても……。マスター、私がここに来ていることを、ご存じなかったのですか?」
「聞いてない、全くこれっぽっちも聞いてないわよっ! てゆか何で管理局の外に出て来られてるのよ! 技術部の保管庫に仕舞われてるはずじゃ――」
「……迷惑、でしたでしょうか?」
「ぅ」
 まくしたてるアリサの言葉が、困ったようなトワの言葉に急に詰まった。抑揚の薄いトワの声だが、そこには確かに感情の機微があることを、アリサは知っている。そして今のトワの声は――ひどく寂しく悲しげだった。
「べ、別にそういうわけじゃなくて、……その、単にびっくりしただけなんだけど、えーと、その」
「……はい」
 しどろもどろになりながら、アリサは目の前にある少女の顔に目を細める。――直接にこうして顔を合わせるのは、果たして何ヶ月ぶりだろうか。
 トワの姿は、最後に言葉を交わしたときから、何も変わっていない。表情の薄い、すずかと同じ顔。黄昏色にグラデーションする長い髪。白いヘアバンドと小学校の制服。全て――あのときのまま。
「……何だか、久々の再会が、全然締まらない形になっちゃったわね」
 小さく苦笑して、それからアリサはふっと微笑んで。
「久しぶり、トワ。――元気そうね」
 その言葉に、トワはただ、こくりとひとつ頷き。
「お久しぶりです。――会いたかったです、マスター」
 とっ、とアリサに向けて、一歩踏みだし。
 そのままもたれかかるように、アリサに身体を預ける。
「と、トワ?」
 アリサの感触を確かめるように、胸元に頬を寄せるトワ。その表情は、変化は薄いけれど、とても幸せそうで、だけどどこか泣き出しそうで――。
「……寂しかった、んです」
 微かに震えた声で、吐き出すように、トワは言った。
「マスターと離れて、ひとりぼっちになって……。胸が苦しくて、切なくて、悲しくて……マスターに会いたくて、どうしようもなくなってしまって……」
「――――」
「世界で一番大切な人と会えないことが、離れていることが、触れられないことが……こんなに辛いということを、知りました。寂しいという気持ちを――知りました」
 訥々と紡がれるトワの言葉に、アリサはただそっと、その背中に腕を回すことで応えた。
 そこにある温もりを、確かめるように。
「……ごめん、トワ」
「謝らないで下さい。マスターは間違ったことはしていないんですから。――これはただの、私の我が侭です。ですが……今はその、我が侭に甘えても、いいですか」
 上目遣いに見上げる視線に、アリサは微笑む。
「……うん。――おかえり、トワ」
「マスター……っ!」
 すがりつくように、トワはアリサの胸元に顔を埋めて。アリサはその黄昏色の髪を、そっと優しく撫でた。
 離れていた時間は短くなかったけれど。今ここにある温もりだけで、その全てを埋められるような気がして――

 すずかがばっちりこちらを見ていた。

「――――っ!?」
 慌ててばっと、アリサはトワの身体を引き離す。
「す、すずか、あ、えっと、その、」
「おはよう、アリサちゃん」
 呂律の回らないアリサに、すずかはいつも通りの笑顔のままで言う。そしてトワの元に歩み寄ると、トワの肩に手を置いて、ちょこんと首を傾げて見せた。
「ふふっ、びっくりした?」
「――――心臓止まるかと思ったわよっ!」
 それはもう、色々な意味で。
「あの、すずかさん……。どうしてマスターに連絡をしていなかったのですか?」
「だってアリサちゃんが帰ってきたとき、本当は前から日付決まってたのに、教えてくれなかったんだもの。――だから、ちょっと仕返し♪」
 小悪魔じみた笑みを浮かべて、すずかは答える。
 そんなすずかに、アリサはただ、盛大に溜息を漏らしたのだった。


    ◇


 さて――どうしてトワが海鳴に居るのかといえば、やはりというか案の定というか、はやてとエイミィの策略だったりする。
 ミッドチルダを中心とした管理世界では、魔法が使えれば誰でも魔導師認定されるわけではない。管理局のランク認定試験を受けなければ正規の魔導師とは認められず、管理局認可のデバイス所持も許されない。魔導師とは立派な資格名なのである。
 認定を受ける前に魔力資質を失ってしまったアリサは、魔法を使った経験はあるが、魔導師を名乗る資格を持ってはいない。そしてあの事件後、管理局保管となったエターナルブレイズは管理局認可のデバイスとなり、魔導師でないアリサが所持することは出来なくなってしまった。
 ――あの事件後、アリサとトワが別れなければいけなかったのは、そのような理由による。
 で、管理局の技術部に保管されていたエターナルブレイズは、局外への持ち出しは原則禁じられていた。そのため、アリサとトワが再会する手段はほぼ絶たれていた、のだが。
 何事にも抜け道というのは存在するものであり、またそういう抜け道を見つけ出すことにかけては天才的な人物が、事件関係者に約二名存在したのは、僥倖というべきかもしれなかった。
 技術部保管の稀少デバイス、その局外への持ち出しはあくまで「原則」禁止であり、厳禁ではない。『特別な事情のある場合、制作者、管理者、もしくはその委任を受けた第三者が申請を行えば、その内容に応じ、一日〜数日の局外持ち出しが認められる場合がある』。――とくれば、あとは得意技、口先八丁の出番である。
 エディックの委任を受け、エイミィがマリーを通じて根回しし、はやてがその弁舌を弄して技術部のお偉方を言いくるめた。技術部の上層部的にも、犯罪者とはいえかつてのデバイス開発事業に大きな功績を残し、獄中から現在も多大な貢献をしているエディックからの申請となれば、無碍には出来なかったらしい。
 ――というわけで。


    ◇


『期限はこの連休中や。目一杯楽しんでなー』
 通信の向こう、笑顔で言うはやてに、アリサはどう返したものか判断しかね、小さく肩を竦めた。
「まさかとは思うけど、不法行為の類はやらかしてないでしょーね、あんた。脅迫とか」
『なんや、ひどい言いぐさやなぁ。あたしはこれでも一応法の守護者、時空管理局員や。今回の件もあくまで合法的な手段に乗っ取っとるよ。もうちょい素直に感謝してほしいもんやけどなー』
 どうだか。ルール上合法的というだけで、ギリギリの手段を講じるぐらいははやてならばやりかねない。
 とはいえ、トワが今ここにいるのは、はやてとエイミィ、そしてエディックのおかげだというのは確かなようだった。
「……ん、まぁ、感謝するわ。またトワと会わせてくれて、ありがと、はやて」
『せやせや、感謝の念を忘れんといてなー。この恩は出世払いでええよ?』
 で、人が素直に感謝して見せればこれである。全く、素直でないのはどっちなんだか。
 ほななー、とはやては手を振り、通信が途切れる。アリサはすずかと顔を見合わせ、小さく苦笑し合った。
「なんかもう、はやてに借りを作りっぱなしで、後が怖いわね……」
「ふふっ」
 怪我をさせた負い目とか、トワの救出とか、悔しいが全くはやてにはすっかり頭の上がらないアリサである。まぁ、それを言ったらあの事件で迷惑をかけた全員に対してそうなのだけれども。
「で。――今日、どーしよ?」
 ひとつ息を吐き出して、アリサはトワの方を振り返りつつ言う。トワは小さく首を傾げた。
 何しろ突然のことだったから、全く遊ぶ計画も何もあったものではない。まぁ、元々これといった予定があったわけではなく。すずかの家で少しゆっくりしてから、どこか出かけようか、ぐらいのつもりだったのだけれども。
「トワ、どこか行きたいところとか、したいこととかある? ……って言っても、こっちの世界のことはあんまり知らないわよね」
 とりあえず、本日の主役はどう考えてもトワなのだから、本人の希望を伺いたいところではあるのだが。
「私は……その、マスターと一緒でしたら、何でも構わないのですけれど……」
 案の定の答えだった。さて、ではどうするか。
 別に、このまま三人でのんびりとお茶したり話したりしてるだけでも、充分楽しいとは思うけど。
「んー、それなら」
 と、すずかが声をあげた。
「前にこっちに居たころは、それどころじゃなかっただろうし……トワちゃんを色々、案内するっていうのは、どうかな」
「そうね、それが無難かも。トワはどう?」
「はい、構いません」
 よし、とアリサは頷く。まぁ、別に観光名所のあるような街ではないけれど、海鳴観光ガイドというのも、たまには悪くない。
「じゃあ、そうしよっか。――トワ、どんなところ見て回りたい? 遊べるところ? 美味しいお店? それとも公園とか――」
 立ち上がりつつ、アリサが声をかけると。「ええと……」と少し口ごもって、トワはそれから、おそるおそるという調子で、口を開いた。
「それなら……その。……マスターの、思い出の場所が、いいです」
 その言葉に、アリサとすずかは顔を見合わせる。そんなふたりに、トワはそっと、囁くように、自分の希望を口にした。
「私の知らない、マスターの大事な思い出を……色々と、聞かせてもらえたら、嬉しいです」



(つづく)
| 浅木原忍 | 22:07 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:07 | - | - |
Comment
トワちゃんお帰り〜。そしてはやて師匠GJ
タイトル通り平和ですね・・・本編では叶わなかった事を叶えて欲しいです。
Posted by: らさ |at: 2008/02/08 12:15 AM
トワよかったねーヽ(´▽`)/
のんびりしていくといいです^^
Posted by: 時祭 |at: 2008/02/08 1:19 AM
涙腺が決壊しやがりましたw

やっぱり、あの戦いを経ての今のアリサたちなのだと改めて思うと・・・・・・。

っく、ちくしょう、4つの数字がボヤけて見えねぇ。

Posted by: JollyRoger |at: 2008/02/08 8:47 AM
いや〜、風景を想像するだけでご飯三杯いけますね。素晴らしい光景です。
Posted by: なかざわ |at: 2008/02/08 9:56 PM
久々の書き込みDAZE!
はやて師匠gj!
アリサのほのぼの感を満喫する様子が見える。
Posted by: ぎりゅう |at: 2008/02/08 11:46 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『傀儡無情 東方×連城三紀彦短編集』(10/15 秋季例大祭4新刊)
メロンブックス とらのあな


『夏と幻想と彼女の死体 秘封倶楽部短編集』(9/18 科学世紀のカフェテラス新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links