Entry: main  << >>
ストラトスフィアの少女(4)
 最終話。ひとまずこれにて終了です。うたたPと米職人たちにもう一度限りなくリスペクトを。
 リリカルなのは×初音ミク第2弾「プラネタリウムの少女」近日連載開始予定。











     ◆


 その世界は、長い間争いを繰り返していた。
 たくさんの血を流し、たくさんの悲しみを生み、たくさんの憎しみを宿してなお、戦いは終わらなかった。
 何のために戦っているのか。
 誰のために戦っているのか。
 もう、誰もそれを思い出せなかった。
 ただ――殺し合うために、殺し合っていた。

 そんな世界の片隅に、ひとりの老いた科学者がいた。
 科学者には最愛の息子がいた。父の知性と、母の優しさを受け継いだ、自慢の息子だった。
 けれどその息子は、戦場で帰らぬ人となった。

 科学者は悲しみ、嘆き、戦争を憎んだ。
 息子を奪った戦争を、終わらせなければいけない。
 こんな無意味な殺し合いは、止めなければならない。
 ――そして科学者は、それを作り出した。
 碧の髪と碧の瞳。自由に空を舞い、歌う、機械の人形。
 蒼穹の歌姫。

 少女が奏でる旋律は、平和の果てしなき祈り。
 その歌声は、『意志』ある全てに作用する。
 人工知能を搭載した機器は元より、ヒトにさえも。
 少女の歌声は、全ての『意志』に介入し。
 その『意志』を、単一のものへと書き換える。
 ――平和へ。
 戦いを止め、争いを無くす。そんな『意志』へ。

 そして、少女はひっそりと大空へと飛び立った。
 蒼穹の彼方、成層圏から少女は歌う。
 歌声は風に乗り、全世界へと響き渡る。
 ――そして、この世から争いは消える。
 そのはずだった。

 しかし、偶然の出会いが、歯車を狂わせる。
 編隊からはぐれた一機の戦闘機。
 ラースタチュカ――燕の名を与えられたその機体が。
 飛行中の歌姫を見つけたことが――事態を動かす。

「女の子が、空を飛んでいたんだ。ひどく寂しそうに歌っていた――」
 パイロットの少年の言葉は、最初こそ酸欠で見た幻覚、笑い話として片付けられた。
 しかし、各地の戦場で、歌声とともに戦闘機がその戦闘機能を停止してしまう事態が多発。そして、科学者が逮捕されたことにより、歌姫の存在は露見した。

 歌声からシステムを防御するプログラムが組まれ、《歌姫》撃墜作戦が始まる。その編隊の中に、最初に《歌姫》を発見した少年パイロットの姿もあった。
 そして、成層圏を上昇し続ける歌姫の元へ編隊は辿りつき、機銃が歌姫へと向けられる。
 ――しかし、先に火を噴いたのは、《歌姫》へ向けた銃口ではなく。最後尾を飛んでいた少年の機体が、味方へと向けた機銃だった。
《――ラースタチュカ8、血迷ったか!?》
《ああ、血迷ったんだ。僕は――歌姫に!》
 少女の目の前で始まる戦い。彼女の歌声が響く中で、次々と墜ちていく機体。歌うことしか出来ない彼女には、それをどうすることも出来ず。
 ――そして、ただ一機で歌姫を守ろうとした少年の機体が、ついに火を噴いた。
 墜ちていく、燕の名を与えられた機体。
 その中で、少年はただ叫んだ。

『Ad astra』――と。

 その言葉を最後に残して――少年の機体は爆散する。
 そして、残った機体が、歌姫へと銃口を向け、
 ――歌姫はただ、一筋の雫をこぼして、歌った。
《Ласточка》――墜ちた燕の名を。
 その歌声はあまりに強く、あまりに悲しく――
 防御プログラムなど容易く貫いて、戦闘機は次々とコントロールを失って墜ちていく。
 そして歌姫は――ただ、燕の残した最期の言葉のままに、高く高くへと飛び立った。ストラトスフィアの向こう、空の果ての向こう側を目指して――

 その後、歌姫がどうなったのか、記録には残されていない。ただ確かなことは、その世界では結局戦争は止むことはなく、やがて何の意味もなく、世界は滅びた。
 ――その後、他の世界で、奇妙な現象が観測され始める。
 空から聞こえる、ひどく悲しい歌声。
 その歌声は、あらゆるシステムに介入し、その機能を一時的に停止させ――その果てに、ヒトの《意志》にさえ介入する。
 介入は永続せず、歌声の消失とともに人々は我を取り戻しそれ以上の影響は残さない。
 そして各地に、伝説だけが残っていく。
 蒼穹の果てで歌う少女。次元を放浪する悲しき歌姫――その伝説だけが。

 ただそれだけの、お伽話。


     ◇


「歌姫の残骸は、見つからなかったそうだよ」
 手渡されたスープは温かく、その熱でようやく、指先の感覚が戻ったような気がして、なのはは息をついた。
 ミッドチルダ地上本部医務局。病室で目を覚ましたなのはに付き添っていたのは、ユーノだった。
「あの歌姫は、いくつもの世界に現れては消えている。その理由は、はっきりとはしていないけれど……。今回の件で、なんとなく推測がついた。――たぶん、闇の書と同じで、転生を繰り返しているんだ」
「転生……」
 破壊されると、白紙となって別の世界に転生し、新たな主の元で再び蒐集を行っていた闇の書。それと同様に、あの歌姫も転生を繰り返しているとしたら、
「それって、つまり……」
「うん。――たぶん、あの歌姫は、大気圏を突破することが出来ないんだ。どれだけ高く飛ぼうとしても、いずれ大気の中で燃え尽きてしまって、……そしてまた、別の世界に転生して、空の彼方を目指す。……無限にそれを繰り返し続けている」
 ユーノの言葉に、なのははカップをぎゅっと握る。
 その熱が痛みのように、なのはの手のひらを痺れさせた。
「……ねえ、ユーノくん」
 ふと、なのはは口にする。
「アド・アストラ……って、どういう意味か解る?」
 その問いかけに、ユーノは軽く目を見開いた。
「どうして、そんな言葉を……?」
「……あの歌を、すぐ近くで聴いたとき、……歌姫さんの記憶を、見たの。その中で――ひとりぼっちだった歌姫さんが出会った、ツバメが。……その言葉を、くれたの」
 訥々と語るなのはの言葉は、あの共有した記憶の全てを語りきることは出来なかったけれど。
 ユーノは小さく鼻を慣らして。
 ……そして、耳慣れない異国の言葉を、呟いた。
「Per aspera ad astra.――スクライアの部族にいた頃、発掘で出向いた世界で聞いた言葉だ」
 ――ペル・アスペラ・アド・アストラ。
 その響きを、なのはは口の中で繰り返した。
「Perは、貫いて。asperaは、困難な。adは、その方向へ。astraは、星や天。――繋げると、困難を貫いて、天の方へ。困難を乗り越えて栄光を掴め、っていう格言だよ」
「天の、方へ――」
 ああ、そうか。
 だから歌姫は、天高くを目指していたんだ。
 愛おしいツバメが、それを願ったから。
 ――そして、きっと、その先に。
 ラースタチュカと、再び会えると――
「なのはっ」
 不意に、ドアの開く音と、聞き慣れた声。振り返れば、フェイトが病室に駆け込んでくるところだった。
「フェイトちゃん」
「あ、じゃあ、僕はこれで。……お大事に、なのは」
 入れ替わりにユーノが席を立つ。その背中を見送って、それからなのはは、フェイトに向き直った。
「なのは……大丈夫?」
「うん、平気。何ともなってないよ」
 にゃはは、となのははいつものように笑ってみせる。
 けれど、目の前のフェイトの表情は晴れず。
 ……なのはも、小さく苦笑した。
「ねえ、フェイトちゃん。……フェイトちゃんは、空を飛ぶの、好き?」
 その問いかけに、フェイトはどう答えていいか解らず、口ごもった。……フェイトにとっては、空を飛ぶのは別に特別なことでもなく、好きとか嫌いとか、そういう基準で分けることではなかったから。
「わたしは……空を飛ぶのが好き」
 フェイトの答えを求めていたわけではなかったようで、なのはは訥々と言葉を続ける。
「だけど……ときどき、ちょっと、怖くなるの」
 ふっとフェイトから視線を外して、なのはは病室の窓に目を向けた。そこから見えるのは、四角く切り取られた青空。ゆったりと雲の流れる、どこにでもある、ただの青空。
「空が、あまりに果てしなさすぎて。どこまでもどこまでも飛んでいけそうで――だけど、どこにも辿り着けなさそうで。気が付いたら、わたしはひとりぼっちになってるんじゃないか。空の中で、たったひとり、迷子になっているんじゃないかって――不安に、なるの」
 ああ、そうだ。
 だから――歌姫のお話を、聞かせてほしかったのだ。
 たったひとりで、なのはも届かない成層圏の高みを舞う、蒼穹の歌姫に。
 ――空の彼方は、どんなところですか、と。
 寂しくは、ありませんか。
 悲しくは、ありませんか――と。
「空は広くて、広すぎて、わたしは、どこへ飛べるんだろうって。……ちっぽけなわたしが、あの空の中で、どこに辿り着けるんだろう。ひとりきりで、ただ、真っ青な空の奈落に、墜ちていくしかないんじゃないかって――」
 そう。果てがないならば――空は、奈落だ。
 墜ちていくのと、何も変わらない。
 空の果てに燃え尽きて消えるか、
 大地に叩きつけられて砕け散るか、
 それだけの違いでしか――ない。
 だとしたら、そこにどんな希望があるだろう。
 無限に空の彼方を目指し続けるしか出来ない、歌姫のように。――そこには、希望なんて、
「……なのは」
 突然、あたたかな感触が、なのはを包み込んだ。
 それが、自分を抱きしめるフェイトの腕だということを理解するのに、なのはは少しの時間を要して。
「大丈夫だよ」
 耳元で囁かれるのは、愛おしい人の言葉。
「私が、なのはの隣にいるから」
 頬に触れる優しい手の感触に、なのはは目を細めて。
「なのはは、ひとりじゃない。……私が、なのはと一緒に飛ぶから。なのはと同じ空を、なのはの隣で飛ぶから。だから、なのははひとりぼっちじゃない」
 こつん、と額と額がぶつかりあって。
 フェイトの瞳が、優しくなのはを見つめる。
「――どれだけ空が果てしなくても、なのはがその中で迷子になっても。私が必ず、君を見つけるから。なのはの空を、孤独になんかしない。――私が、君のそばにいる」
「……フェイト、ちゃん」
「なのはの空を――私にも、分けてくれるかな」
 そう言って、フェイトは微笑んで。
 なのはの手を、ぎゅっと握りしめた。
 その手の温もりは、どんなものよりも確かで。
 だから、なのはは。
「……うんっ」
 少しだけ、震えた声で、そう頷いて。
 そっと、フェイトの胸元に、額を寄せた。
 髪を撫でるフェイトの手の優しさを感じながら。
 囁くのは、微かな旋律。

 ――ラースタチュカ。
 君が、わたしの、愛おしい、ラースタチュカなんだ。


 青空は、どこまでも果てしなく。
 世界の彼方まで、続いていて。
 吹き抜ける風は、ストラトスフィアも越えて。
 その果てへと、いつか届くだろうか。

 あの歌声はもう、聞こえないけれど。




"Fall into the Stratosphere" closed.

| 浅木原忍 | 23:52 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:52 | - | - |
Comment
なのはが独白する空についての思いは切ないですね。
最後に締めてくれたフェイトは流石です。
………ユーノ、もう少し頑張ろうぜ…

次回作ですかー、次はどんな話か楽しみです。
Posted by: T |at: 2008/02/03 8:50 AM
おー、これは。
ミクの孤独、なのはの心の奥の不安、フェイトの暖かさ、そしてユーノの哀愁とがなんともいえない余韻を感じさせる締め。
最後のは特にw
Posted by: JollyRoger |at: 2008/02/03 5:07 PM
完結お疲れ様です
ACとか空好き、ストラトスフィア好きな私は読んでて何故か泣いてました^^;
とっても良かったですーヽ(´▽`)/
Posted by: 時祭 |at: 2008/02/03 10:32 PM
目から汗が出てきました。

また、どこかに歌姫は転生するんでしょうか。そしてまた歌い続けるのでしょうか。そう考えると哀しい物語ですね。

そして、ユーノ……こちらも哀しいです(別の意味で)。

素晴らしいSSでした! 次も楽しみにしてます。

つまらない疑問ですけど、ペル・アスペラ・アド・アストラって、どこの言葉ですか?
Posted by: なかざわ |at: 2008/02/03 11:19 PM
>Tさん
 というわけで、なのは×ミクと見せかけてフェイト×なのはな話でした(ぇー
 淫獣は我が身を弁えているというかあの場に居続けても立場が無いというか(ry
 次はデPのあの曲です。削除されたヤツじゃないですよ?w

>JollyRogerさん
 淫獣の哀愁溢れる背中をぽんと叩くエイミィさん一名(ry

>時祭さん
 涙腺を刺激する話になってましたか?(汗
 初回掲載時に多くの人に期待されてた方向とは違う話になったのは確かだと思うのですがw お楽しみ頂けましたなら何よりです〜。

>なかざわさん
 なのは×ミクシリーズは基本的に哀愁の物語です。たぶん。それにしても何でみんなそんなに淫獣に言及するんですかw
 ともかく、お楽しみ頂けましたなら幸いです〜。
 あと、「ペル・アスペラ・アド・アストラ」はラテン語ですね。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2008/02/03 11:25 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links