Entry: main  << >>
魔法少女リリカルなのはCHRONICLE 第三章「聖王の福音」(3)
 遅くなりましたすみません(´・ω・`) 第三章その3。今回は闇の書サイド。
 次回更新は……25日に出来たらいいなぁ。










     ◆


 この街には、空がない。
 世界の色は、ただ仄暗いモノクローム。埃の舞う薄汚れた空気が、淀んで腐っていく。
 希望などという言葉は、とうの昔に失われて久しく。
 幸福などという言葉は、遥か彼方に閉ざされて久しい。
 それも、至極当然のことなのだろう。
 ――ここは、聖王から見捨てられた場所なのだから。
「聖王の加護、か」
 薄暗い闇の向こう、ドームの天井を見上げ、サイノスは小さく呟いた。
 廃棄区画。この街に、それ以外の呼び名は無い。棄てられた場所、という以上の意味など存在しない。――ここにあるのは全て、見捨てられたものだ。
 廃墟にも似た、薄汚れた街並み。行き交う人々の瞳は濁り、その顔に生気は無い。
 襤褸を纏い、道ばたにうずくまる女と小さな子供。生きているのか死んでいるのかも定かでなく、その存在に誰も興味など覚えもしない。
 どこからか響く咳の音。今もまた、どこかで誰かの命が尽きているのだろう。
 希望など無い。あるはずもない。
 ここは檻。永遠に閉ざされた監獄。その中で、咎人はただ緩やかな死を待つだけ。
 ――ああ、されどそんなものが、かつては加護と呼ばれていたのだ。
「く、くくく……」
 自重するように、サイノスは小さく笑みを漏らした。
 全く、実に滑稽。それが道化でなくて、何だというのだ。
 鳥籠の中の世界しか知らぬ小鳥は、空を知らないが故に幸福だ。悲しいほどに。
 全ては哀れな道化でしかない。――真なる希望を知らぬが故の。
 微かな笑みを漏らしたまま、サイノスはゆっくりと、通りを歩いていく。
 杖のたてる固い音。すれ違う誰かの咳の音。
 静かに死んでいく通りを抜けると――彼の目的地が、眼前に姿を現した。
 それは、聖堂。かつて、聖王教会の第六聖堂と呼ばれていた場所。
 ――そして、今は、彼らの聖堂である。
 彼はゆっくりと、その門をくぐる。それはこのドームが棄てられるよりも以前から、彼が繰り返してきた日常の一部。
 本当に、滑稽な話だ。サイノスは小さく哄笑する。
 聖王教会枢機卿。かつて自らの名前に付随した、権力の証。
 それを失って、聖王に見捨てられ――そして手にしたのは、真実だったのだから。
 聖堂の扉を開く。重々しく軋んで開く扉。――それと同時。
 そこに集う人々の視線が、彼に突き刺さった。
 百人、いや二百人。年齢も性別も、何もかもばらばらの集団。老爺がいれば、サイノスの娘と変わらぬ幼き少女がいる。若き女も、壮年の男も。皆一様に、サイノスを見つめる。
 ――かつて、サイノスに向けられる視線は、苛烈なものだった。
 聖王教会枢機卿。その肩書きは、この街の人間にとっては仇と同義だ。
 ここは、その聖王教会によって、楽園から追放された者たちの街なのだから。
 故に、楽園を追われてなお、サイノスは罵倒され、蔑まれ、石を投げられた。
 娘とともに、それに耐えて暮らした。――だがそれも、昔のことだ。

 今、サイノスに向けられる視線は。
 無数の視線に宿るのは――希望だ。
 それはひどく、この滅びた世界に不釣り合いな光。
 間近にある幸福にすがりつく、希望の光だ。
 その光を、ここにいる皆に宿したのは――紛れもなく、サイノス・クルーガーなのだ。

 集まった者たちの間を、サイノスはゆっくりと抜けていく。
 そのたびに、皆が祈るように、サイノスへと跪く。
 そして、祭壇へと辿りつき、振り返ると、両腕を広げ。――おもむろに、口を開く。

「楽園は、また一歩、近付いた!」

 ――歓声が、サイノスの言葉に応えた。
 それを聞きながら、サイノスは思う。――家に残してきた、娘のことを。
 この場所に集まった皆の目にある、希望の光。
 それを、宿してやらねばならぬのは、誰よりも、あの子だ。ノアだ。
「守護者ファブニールの目覚めは、近い!」
 聖堂に響き渡る声で、サイノスはいつもの言葉を繰り返しながら。
 ――ああ、ノア。愛おしい我が娘。
 苦しみも悲しみもない楽園で、今度はお前と、幸せになろう。
 お前を泣かせはしない。悲しませはしない。父として、今度こそお前を愛するから。
 だから――楽園まで、あと少しだから。
「聖王の名を騙る邪教徒は、知るだろう! 真実の楽園が何処にあったのかを!」
 サイノスの言葉に、人々は歓声をあげ、跪き祈る。
 希望と幸福の失われた世界で、淀み朽ちていくだけの生は、もうすぐ終わるのだ。

「求めよ、真実の楽園を! 祈れよ、真なる聖王の加護を!
 さすれば与えられよう! 慈悲深き聖王の守護者が導く、永劫の幸多き未来が!」

 そしてサイノスは、杖を持たぬ手を高く天へと掲げ、握りしめる。
 その手に、失った全てを握りしめようとするかのごとく。

 人々の祈りの声が、聖堂を揺るがす。
 ――その場所には確かに、希望というものが、存在したのかもしれなかった。


     ◆


 母親の顔を、自分は知らない。
 記憶の片隅に残っているのは、ただ、温かくて大きな腕の感触と。
 ――囁かれるような、旋律の断片。
 それは、きっと、子守唄と呼ばれるメロディ。
 見知らぬ母親の腕の中で聴いた、その旋律。
 歌詞は知らない。ただ音階だけを、覚えていた。
 まだ、声を失う前。……その旋律をよく、ひとりで口ずさんでいた。
 父の前で歌うと、どうしてか怒られるから。――ひとりきりで歌っていた。
 ずっと、ひとりだけで。

 ――いや、違う。
 ただひとり、その歌を聴いてくれた人が、いた。
 その歌を聴いて――頭を撫でてくれた人が、いた。
『上手だね』と褒めてくれた人が、いた。

 その人の名前を、自分は、知らない。


     ◆


「……主ノア。いらっしゃいますか」
 ノックの音と、ドアの向こうからの声に、ノアは枕から顔を上げた。
 シグナムの声だった。ベッドから降り、ドアを開けると、烈火の将は一礼して入室し、そのままそこに傅いた。
「先ほどは、ヴィータが失礼を致しました」
 その言葉に、ノアは小さく喉を鳴らす。……ヴィータに払われた手の痛みは、とっくに引いていたけれど、ただノアはぎゅっと右手を握りしめた。
 振り払われたことで、ヴィータに怒っているわけじゃない。怒る資格なんて自分にはない。……結局、自分が主として認められていないだけの話なのだから。
 だから、ノアはふるふると首を横に振って。声は出せないけれど、唇を動かした。
『きにしないで』、と。
 それに対して「しかし……」とシグナムは言いかけたが、それ以上言葉は続かず。
 代わりに、烈火の将はひとつ息を吐き出して。
「……ヴィータも、決していつもあのような非礼な態度ばかりではないのです」
 そんな言葉を、どこか確かめるように、口にする。
「むしろ、そう、以前の主などには、ヴィータはよく懐い――て、……」
 だが、シグナムの言葉は、ひどく不自然に途切れた。
 訝しみ、ノアはシグナムの顔を覗きこむ。シグナムは何か、まとわりつくものを振り払うように、数度首を横に振った。
「……失礼しました」
 結局、呟くように吐き出されたのは、ただその一言だけで。
 途切れた言葉の続きは、まるで存在しなかったように、淀んだ空気にかき消える。
 ――それが何を意味するのかは、ノアには理解できなかったけれど。
『だいじょう、ぶ?』
 ノアはただ唇をそう動かすだけ。けれど、シグナムはそれをちゃんと読み取ってくれた。
「問題ありません、主ノア」
 返ってくるのは、どこか機械的な返事だったけれど。
 ……これ以上、交わす言葉も思い浮かばなくて、ただノアは退出を促す。
 疲れているだろうから、自分のことなど気にせずに、休んでいてほしかった。
 いや……単に、守護騎士たちと居ることが苦しくて、逃げているだけなのかもしれない。
 ――詮無い思考。全ては無為だ。ノアはただ、小さく溜息を吐き出す。
 その溜息は届かなかったか、あるいは触れずにいてくれたのか。……シグナムは促された通りに立ち上がり、「大変失礼を致しました。――それでは」とだけ言葉を残して、部屋を出て行く。
 その姿が消えれば、またノアはひとり。
 シグナムを見送って、ノアは再び、ベッドに倒れ込む。

 ――目を閉じてみれば、浮かぶのは数時間前の出来事。
『はじめまして、主ノア』
 そんな言葉と共に姿を現した――闇の書の意志との会話だった。
 闇の書の意志であり、闇の書そのものである、と名乗った、銀色の髪の女性は。
 ただ、いくつかの事実を、ノアに告げていった。
 蒐集が400ページを超えたために、自分が起動したのだということ。
 666ページに至れば、真にノアは主として覚醒し、その力を振るえるということ。
 そんな、ひどく事務的な言葉を告げるだけで。
 ――ノアの知りたいことは、何ひとつ教えてくれなかった。
 いや、そんなのは当たり前なのだ。ノア自身、何が知りたいのかも解らないのだから。
 だから、管制人格の起動によっても、何が変わるわけでもなかった。
 本当に、何も変わらなかった。そのときは。

 枕に突っ伏した顔を上げてみれば、傍らに闇の書が鎮座していた。
 その革張りの表紙に触れて、ノアはふと思う。
 ――過去の主は、いったいどんな人物だったのだろう。
 思い出すのは、先ほどのシグナムの、不自然に途切れてしまった言葉。
 過去の主には、ヴィータも懐いていた、と、シグナムは言おうとしていた。
 ……ヴィータに懐かれる主というのは、きっと立派な主だったのだろう。
 自分のように、ひ弱で魔法も使えないような、無力な主ではなく。
 強く、たくましく、賢く、優しい、――そんな主だったのだろう。
 ……ねえ、闇の書。
 声に出せずに、ノアは呟く。……教えてほしいことが、ひとつ浮かんだから。
 どうすれば、そんな立派な主になれるのだろう。
 どうすれば、守護騎士たちに慕われる主になれるのだろう。
 どうすれば――守護騎士たちは、自分に笑いかけて、くれるのだろう。

 笑って、ほしい。

 ――何か、ひどく大事なことに気付いたような気がして、ノアは目を見開く。
 もやもやと胸の奥でつかえていたものが、すっと晴れたような感覚。
 手探りの闇が、微かな光で照らし出されたような、そんな気がした。

 ――笑って、ほしい。

 ああ……そうか。
 ノアの脳裏を、いくつかの顔が去来する。
 それは、ひどく不鮮明な、自分を抱き上げた誰かの顔であり。
 いつも険しい表情しか見せてくれなかった、かつての父の顔であり。
 ――全てを失ってから、自分に笑いかけてくれるようになった、父の顔であり。
 それから、それから。
 ……いつだったか。自分にあの、うさぎのぬいぐるみをくれた人の。
 ひとりで歌っていた自分を、『上手だね』と褒めてくれたあの人の。
 優しい、笑顔。

 あんな風に、笑ってほしい。

 そうだ。そうなんだ。――笑って、ほしいんだ。
 この灰色の街に来てからの父のように。ぬいぐるみをくれたあの人のように。
 笑ってほしい。守護騎士たちに……笑いかけて、ほしいんだ。

 この街に来る前、立派な家と、ふかふかのベッドと、豪華な食事があったけれど。
 あの頃は、父が笑ってくれなかった。
 この街に来てから、崩れそうな家と、固いベッドと、貧しい食事しかないけれど。
 今は父が、笑いかけてくれるから。――ノアは、それが嬉しかった。

 笑っていてくれると、嬉しいから。胸の奥が、あったかくなるから。
 だから自分も、父に笑いかけていた。父が笑い続けていてくれるように。
 ――ああ、なんて簡単なことだったんだろう。
 主とか、守護騎士とか、よく解らないことが多すぎて、考えすぎていただけだったんだ。

 ノアは、ベッドから飛び起きる。そして、部屋を飛び出そうとして、ふと足を止めた。
 ――ただ笑いかけるだけで、守護騎士たちは笑ってくれるだろうか。
 自分の手を振り払う、ヴィータの険しい顔を思い浮かべて、ノアは唇を噛む。
 足りない。ただ、自分から笑いかけるだけじゃ、きっと足りない。
 それなら、どうしよう。
 ノアはきょろきょろと部屋の中を見回す。そして、一箇所に目を留めた。
 それは、部屋の片隅に置かれた、不格好なうさぎのぬいぐるみ。
 いつだったか――あの優しい男の人からもらった、あのぬいぐるみだ。
 思い出す。ぬいぐるみをくれた名前も知らないあの人の、優しい笑顔を。
 ぬいぐるみをくれた。『上手だね』と頭を撫でてくれた。……あの人。
 あんな風に、自分は笑えるだろうか。
 あの人みたいな笑顔を――守護騎士たちに、与えられるだろうか。

 ぬいぐるみを拾い上げ、埃を払って、ノアはぎゅっと両腕で抱きしめる。
 くたりと力なく頭を垂れたぬいぐるみは、やっぱりあまり可愛くはないけれど。
 ……これは、頑張っている彼女たちへの、主からのご褒美。
 ささやかだけれど、自分があげられるものは、これぐらいしかないから。

 また、拒絶されるかもしれない。手を振り払われるかもしれない。
 だけど、それ以上にノアは――笑顔が、見てみたかった。
 かつての主には懐いていたというヴィータの笑顔が。
 いつも真剣な表情だけのシグナムの。あるいは、シャマルの。ザフィーラの。
 どんな風に、みんなは笑うのだろう。――それを、見てみたくて。
 それが見られれば、きっと自分は、今よりは少し、立派な主になれる気がした。

 自らの意志を確かめるように頷いて、ノアは部屋のドアを開け、駆け出す。
 父は今、外に出かけていて不在だ。――守護騎士に会いに行っても、怒られない。
 きょろきょろと、父が戻っていないことを確かめて。ノアは真っ直ぐに、薄暗く冷たい廊下を駆けていった。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 22:58 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:58 | - | - |
Comment
ええ娘なんじゃがのぅ、世界はなんとも無慈悲で容赦がないもんですよぅ。まあノアやサイノスの素性もだんだんと明確になってまいりましたし、はてさてどうなるものやら。なにはともあれ、この小さな主にほんの僅かでも感じることのできる幸せを願っております。
Posted by: 緑平和 |at: 2008/01/22 11:47 PM
たった1つの思いを通す・・・それがいかに難しいことか。
壁は大きいですが頑張ってほしいと思ってしまいますね。
Posted by: らさ |at: 2008/01/23 6:33 AM
>緑平和さん
 クルーガー親娘の素性に関しては引っぱりすぎた気がして(ry
 ノアと守護騎士の物語の続きは次々回(予定)にてー。

>らささん
 ノアの想いはやさぐれヴィータに届くのかw どうぞお楽しみにー。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2008/01/23 12:08 PM
毎度の事ながら少女の心理描写が絶妙過ぎです。。。涙。
がんばれノアッ
Posted by: izm |at: 2008/01/25 3:20 PM
>izmさん
 ノア周りはイマイチどう思われているのか自信が無いのですがw 愛情表現の仕方を知らないだけで、優しい子なんだということが伝わっていれば幸いですー。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2008/01/26 8:14 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『石ころ姫にオオカミさんのご加護を!』(19/3/18 名華祭新刊)
メロンブックス とらのあな


『だれもが幻想を愛していた 少女秘封録』(18/12/30 C95新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 非想天則編』(18/12/30 C95新刊)
メロンブックス とらのあな


『稗田文芸賞メッタ斬り!ファイナル これでおしまい完結編』(18/10/14 秋季例大祭5新刊)
メロンブックス とらのあな


『稗田文芸賞メッタ斬り!ファイナル スカーレット野望編』(18/10/14 秋季例大祭5新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 星蓮船編』(18/8/10 C94新刊)
メロンブックス とらのあな


『彼女は幻想に閉ざされる 少女秘封録』(18/5/6 例大祭15新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 地霊殿編』(18/5/6 例大祭15新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 緋想天編』(17/12/29 C93新刊)
メロンブックス とらのあな


『傀儡無情 東方×連城三紀彦短編集』(17/10/15 秋季例大祭4新刊)
メロンブックス とらのあな


『夏と幻想と彼女の死体 秘封倶楽部短編集』(17/9/18 科学世紀のカフェテラス新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(17/8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(17/5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(17/5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(17/3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(16/12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(16/8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(16/5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(15/12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL BOOK☆WALKER
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links