Entry: main  << >>
魔法少女リリカルなのはFROZEN 第1話「流転-Returning End-」(3)
*注意*本作は「魔法少女リリカルなのはBURNING」の三次創作です。本編のネタバレを大いに含むため、先に「なのはBURNING」を読まれることを推奨致します。

 4ヶ月ぶりのお目見え!w 沈月さんより、待望の「なのはFROZEN」第3回が届きましたよ!












 飽きるほどに見慣れた街並みがあった。
 生まれ、過ごし……10年と少し。長くはなくとも、決して短くはない時を共有した日常があった。
 その中で、少しずつでも育まれていった幸福があった。
 10年の歳月。けれども、今までの人生の全て。
 星も、季節も、巡る時間の全てを過ごした海鳴の土地は、彼女にとって“世界”だった。
 いや、違う。それはもっと輝かしかった。もっと温かく、そして幸せな場所だった。
 故に――そう、ただの世界ではなく、

 すずかにとって海鳴とは、真実“楽園”だった。

 物語のように壮大なものではない。神話のように絢爛なものでもない。
 ただ、穏やかなだけ。
 どこにでもあるような喜びと、ありふれた笑い声と、ほんの少しの悲しさと退屈が詰まった――それは、日常と呼べるものだ。
『そうあることが当たり前』
 それだけがたったひとつの、彼女の希望であり幸福だった。
 例えるなら、さらさらと緩やかに――けれども絶対的な確かさでもってせせらぐ小川のような。
 ……そんな優しい日常。そんな、温かな楽園。
 そう思う気持ちは、今も変わらない。それが例え、無惨に壊れ果ててしまったとしても。

 現在過去未来全てにおいて、虚構現実あらゆる可能性の上で、
 ここ(・・)はすずかにとって……楽園なのだ。

 そして――今。
 楽園に一人取り残された少女は、罅割れ崩れ果てた亡骸にも似た街路を、さながら殉教者めいた足取りで、ゆっくりと中心(・・)へ向かって歩を進めていた。

     ◇

「は、はぁ……っは、はぁ……っ」
 気づけば息も絶え絶えに、すずかは黙々と足を動かしていた。
 誰の、何の姿も見えない廃墟のような無人の大通りを、点滴の袋を吊るすスタンドを杖代わりに、まるで何かに追い立てられるように、すずかは歩いていた。
 悲しいほどに遅い、足取りで。
「……ぅ、く…………」
 まるで水中を掻き分けながら進んでいるかのように、足が、躰が、ひどく不自由だった。
 素足につっかけただけのスリッパは鉛のように重く、身を包んだ病院の寝間着も、まるで鎖で編まれているかのようだ。
 言うことをきかない手足を、もはや自分でもどうやっているのかさえ分からない方法で、とにかくも前に押し出す。
「はぁ…………っつ、ぁ、は……」
 一歩、前へ。一歩でも、前へ。
 その度に、全身が激しく痛んだ。その関節はそういうふう(・・・・・・)にはできていないとでも言いたげに、筋肉が、骨が、軋むような痛みを上げる。
 踏み出す足が、体力を根こそぎ奪ってゆく。走る痛みが、なけなしの精神をも削ってゆく。
「く、っ……ぅ、」
 まるで自分のものとは思えない、作り物のような躰。だが、それでも自分の体だ。すずかは今の自分の状態を、漫然とだが理解していた。
 いやむしろ、あんな場所で目を覚ましておいて気付かない方がおかしい。
 病院の寝間着、とうに空になっている点滴、それを吊るすスタンド、そして……額に巻かれた包帯。
 つまりは、そういうこと。自分は病人で、怪我人で、入院患者……。
 杖を突きながらだろうと、仮に車椅子にかけていようと、今の自分はこうして瓦礫を避けながら街を歩いていられるような人間じゃない。それ以前に、ただ歩くという日常的な運動すら控えるべきなのだ。
 そして、理解(わか)っているより前に記憶(おぼ)えている。自分が本当は、あの無機質なベッドで横になっているべき――いや、横になっているはず(・・)の体なんだということを。
 そう、覚えている。いや、違う。思い出している。額に巻かれた包帯の内側にじくじくと蟠る痛みが、想起を急かしている。急かされ、促され、泡のように意識の水面に浮かび上がるのは、三つの記憶。
 まるで世界そのものが狂った遊園地にでもなってしまったかのような地震と、アリサが自分を呼ぶ悲鳴めいた叫び声と、いつの間にか視界を埋め尽くしていた、あのひどく物理的な凶器……。
「――っ!」
 つきり、と。額に疼く痛みが増した気がした。傷が、額の痛みが、「それは自分だ」と主張するかのように、脳裏に訴えかけている。「それが“今”の始まりなんだ」と。
「…………」
 なら、それが始まりだとすれば……自分は今まで、何をしていた?
 眠っていただけだ。世界がこんなになってしまった今の今まで、ただ安穏と、様々な現実からひた隠れて。
 そこに自分が負うべき責任などないことはわかっている。平和な現代の無力な一市民という言い訳を盾にしたとして、誰に責められることなどないとは、納得こそできずとも理解はしている。
 だが、それで納得できるほど、すずかは日和ってなどいないつもりだ。「知らぬ間に守られてしまった」と自己嫌悪に陥ってしまうのは、決して自惚れなどではないはずなのだ。
 自分自身さえ守ることができなかったのは、少なくともすずかにとって、目を背けてはならない事実だ。
 故に、進む。今更遅いと言われようと、手遅れだと笑われようと、今自分がすべきことさえわからないほど自分は愚かではないと、他ならぬ自分自身に証明するために。
「く……ぅ!」
 全身に間断なく走る電流のような痛みに歯を食いしばって耐えながら、棒のような手足を引き摺って、血を吐く思いで、すずかは往く。往かなくてはならない。
 “その場所”へ。この街――すずかにとっての“楽園”の中心へ。
 ……気付いていた。気付かないはずがなかった。自分が向かっている場所が、何処なのか。
 病院の窓から覗いた風景。たとえ狂った太陽と月と星に照らされていても、それでもそれは、見慣れた街並みだ。すずかの“世界”だ。
 自分が今辿り着くべき場所――そこ(・・)は、中心だった。世界の、幸せな物語が紡がれる楽園の、紛れも無く中心だったのだ。
 すずかにとっての楽園。つまりは、すずかの日常の。
 歪に螺旋狂た大樹が、さながら悪夢のように聳える、その場所。それは――、
「わたしの……」
 そう、気付かないはずがない。そこ(・・)は楽園の、ささやかな幸せが紡がれる世界の、紛れも無く“中心”だった。
 すずかにとっての楽園――つまりは、すずかの日常の。
 その、場所は――。

「……わたしたちの、がっこう」

 私立聖祥大付属小学校。すずかの通う学校。日常の中心。楽園の、中心。
 それを悪夢と呼ばずして何だというのか。
 血管を連想させ、否応にも嫌悪感を呼び起こす有機的な枝葉。瑞々しさの欠片もない枯れ朽ちたような――敢えて例えるなら死体の肌のような幹。にもかかわらず風に吹かれ揺れる様は活き活きとしていて……どこか畸形じみた“生命”を思わせる。
 理性ではなく本能で確信できる。あれはあるべきではない、あってはならない存在だ。
 ――不思議と疑問は抱かなかった。
 そんなものがすずかの世界の中心にある理由……考えるまでもなかった。
 あれが。あれこそが……根源。そして、発端だ。
 全ては(・・・)そこにあるはずだった(・・・・・・・・・・)
「…………」
 その、確信。それ一つさえあれば、十分だ。今のすずかに必要なものは、それだけだ。
 それさえあれば、なんだってできる。体の痛みに耐え足を踏み出すことも、指をすり抜ける希望にもう一度手を伸ばすことも、恐れず、退かず、毅然と立ち向かえる。
 だから決して、膝を突かない。壁に杖に無様に縋っても、足だけは絶対に折らない。
 ――何一つも、まだ諦めてはいないから。
「……うん」
 頷いて、すずかは顔を上げる。地面に張り付いていたような足を力づくで引き剥がして、進む。
「往くから」
 透き通る声は、遠い空へ。
「わたしが、きっと」
 ………………だが、

「――ほんとうに?」

 祈りの歌のようなその声は、突如として背後からかけられたその声によって、呆気無く掻き消された。

     ◇

 その瞬間、止めを刺すつもりで繰り出した拳が空を切った手応えに、彼は咄嗟に地を蹴って目前の敵から距離を取った。
「む……」
 今までに無い動きだった。目の前の、そして周囲の全ての敵は皆、彼の記憶通りの癖を持っていた――まるで過去を再生しているかのように。
 その上で彼は、まず間違いなく息の根を止められるタイミングで攻撃した。彼の知る限りにおいて確実に相手の反応を上回る速度。繰り出した正拳を前に相手は為す術なく顔面を打ち抜かれ地に臥していたはずだ。
 にもかかわらず、相手は避けた。辛うじて確認できた回避行動は、スウェーバック――準備運動で言う後屈のように体を仰け反らせる動作だった。
 再現であるはずの相手の、彼の知らない動き。それはつまり相手が、今や彼の知らないものになっている、ということに他ならない。
 彼は今までと違う、自分の知らない反撃を警戒し、両腕を胸の前で十字させ防御の姿勢を取った。
 ――が、
「なんだ?」
 警戒した反撃はおろか、一切の行動が無い。相手は彼の拳を避けた仰け反った姿勢のまま、ぴくりとも動かなかった。まるで操り糸の切れた人形のような姿勢は、人体としてはかなり無理のある体勢だ。
 ――そしてその言い回しは、喩えではなく真実だった。がらん、と音を立て、彼の見知った顔を模した偽者(マネキン)が崩れ落ちる。周囲で彼を取り囲んでいた他の偽者(マネキン)も同様に、“動くモノ”から“ただのモノ”に成り下がり次々と地面に転がってゆく。
 数秒待っても動きがないことを確認し、彼は訝りながらも構えを解いた。
「――?」
 崩れ落ちた拍子に足元まで転がってきた一本の手を拾い上げる。あまりにも写実的な、芸術の域を超えたその手。死体のようにくたりと垂れ下がりながらも木としての乾いた質感を失わないそれに内心辟易しながら、彼はさながら検死医にでもなった気分で改める。
 機能停止、とでも言えばいいのだろうか。拾い上げた腕をはじめとして、周囲に散乱しているガラクタ全ては、スイッチが切れたように沈黙していた。
 いや、スイッチが切れたというよりは……、
「供給を絶たれた、ってとこか」
 そう推測する。さきほどまで感じていた、恐らくは動力だったであろう魔力反応が、今は全く感じられない。
「さて、ブレーカーが落ちたか……それとも優先順位が下がったか」
 手にしていた腕を放り捨て、代わりに懐から再度煙草を取り出し、彼は考える。
 今の推測……勘だが、正しいのは後者だろう。数えるのも億劫なほどに蹴散らしてきたヒトガタだが、その動きは「ただ戦うだけ」に見えた。ぽつぽつと思い出したように繰り返される襲撃は、とても本気で殺しにかかってきているように思えず、かといって足止めを狙っているにしては戦い方が普通(・・)過ぎる。
 勝敗に頓着のない、目的の見えない襲撃。彼はそれがひどく“自動的”なものに思えた。
 とすれば……それが唐突に終わりを迎えたということはつまり、“自動的”ではなく“能動的”に行うべき事態が、ここではない何処かで発生している、ということか。
「なるほど、どうやら見えてきたな」
 ここ(・・)に自分以外の別の何かが存在していることは、既にあの声が証明している。何処からとも無く「力を貸してください」と繰り返す、あの声だ。それを追って、彼はこうしてここまでやって来たのだが……未だその尻尾すら掴めないでいた。
 そしてこれは、そんな中でようやく掴んだ僅かな手掛かりだ。探す相手が動きを見せたのであれば、それを見つけ出すことなど、彼にとって造作も無い。
「ふ――……」
 すぅ、と彼は息を潜め、じっと周囲の気配に感覚の腕を伸ばした。絶えず襲撃に見舞われていた先までは取ることができなかった、感覚を総動員した広域探査。音、気配、魔力反応、どんな些細な変化も見逃さない、針の先のような鋭い神経の糸。
 その、末端に、
「……これか」
 ちり、と。こめかみの辺りを刺激するような、微かな感覚を覚えた。感じた気配の正体は、恐らく人間。今までのような模造品とは違う、確かな生命の鼓動だ。
 今までの面倒は何だったのか、拍子抜けするほどあっさりと手にしてしまった道標。やれやれとばかりにぞんざいに頭を掻きながら、それでも彼はその残滓を手放さないようしっかと記憶に焼き付け、上空へ飛び上がった。
「さて、」
 周囲で最も高いビルの屋上よりも高く、高高度から臨んだ先にあったのは、広いグラウンドとかまぼこ型の大きな建造物――即ち体育館、そして横に広い特徴的な建物が一つの敷地に収められた複合施設だった。
 つまりはようするに、
「学校……か?」
 ――である。然程この街の地理には詳しくない彼だったが、それが有名なエスカレーター式の進学校であることは知っていた。
「確か、聖祥大付属小……」
 広く、大きく、並の小学校とは比較にならない堂々とした佇まい。いっそ贅沢なまでの様々な設備の数々が一望できた(・・・・・)。その事実に、彼はひどい違和感を覚えたが……ともかく(・・・・)
 気配を感じたのは、ここから見てその少し手前だった。
『――今度こそ、そこに居てくれよ?』
 誰にともなく送る念話。答える声は、無論ない。何度も試して、あの念話が一方通行であることはとうに確認済だ。期待も未練もありはしない。
 ただ……そう。なんだかんだと言いながら、結局はあの求めに応じている自分自身に、彼は先の自嘲とは正反対の苦笑を漏らしていた。
 どうやら自分は、やさぐれたつもりになっているだけで、まだ完全に非情には成りきれていないらしい。
「……なんて、つまんねぇ感傷か。我ながら面倒臭ぇ奴だよ、俺は」
 ぽつり、一人ごちて、彼は空を蹴る。
 そう、つまらない感傷だ。清算だ贖罪だと言い繕うのにも、もう疲れた。
 やれることがあるから行動する。ただ、それだけだ。
「――っ」
 そう思って、彼は気付いた。

 ――自動的なのは、自分こそだ。

     ◇

「…………え?」
 それは、すずかが今一番聞きたかった声だった。最早手の届かない、遥か彼方へ消えてしまったはずの声だった。痛みに耐え、希望に手を伸ばして、血を吐く思いで探し求めていた声だった。
 だが、同時にそれは、
「そのちっぽけな想いで、ほんとうにあたしを助けられるの? ねぇ――

 ――すずか?」

 ――こんな場所には、絶対に、あってはならない声だった。

「アリサちゃん、なの……?」
 無意識に零した問いかけは確認ではなく、誰何だった。
 何の脈絡もなく唐突に現れた彼女、それがすずかには、まるで夢の中の出来事のような――決していい意味ではなく――、何処か茫漠とした存在感を醸しているように見えた。
「当たり前でしょ。わたしが、そう何人もいるワケないじゃない」
「――――」
 目の前に立つアリサは、実にアリサらしい、飾らない態度だった。勝手知ったる中と、愛想を気にせずわざとぶっきらぼうな言い回しをする口調は、紛れも無くアリサのものだ。
 すずかの良く知る――だがそれだけに、その態度はひどく違和感を浮き彫りにさせるものだった。
「どうしたの、すずか?」
 自然な挙動。何処からどう見ても、目の前のそれはアリサ以外の何者にも見えない。周囲を瓦礫に囲まれ、こんなにも幹から遠く離れた場所さえ木陰にしてしまう巨木の下にあって尚、変わらない仕草。
 ――普通過ぎる。
「すず、……」
「嘘だよ」
 異常の中にある普通は、より一層、異常だった。
「嘘だよ、嘘……そんなのがアリサちゃんなはずない」
 ひどい侮辱。椅子に縛り付けられて何枚も不出来な騙し絵を見続けさせられたかのように、眉間の辺りがちりちりする。背筋がぞわぞわして、みぞおちから吐き気がせり上がってくるようで、ひどく気持ちが悪い。
 目の前のそれは、まるでアリサがアリサの物真似をしているようだった。
「わたしの知ってるアリサちゃんは、こんな場所でそんな風に笑っていられるほど、強くも弱くも、ない……っ!」
 小さく、搾り出すように、すずかは叫んだ。すずかがアリサに対して抱く、偽らざる気持ちを乗せて。
 すずかは知っている。あの雪の日、唐突に二人放り出されてしまった日常の外で、アリサがパニック寸前の混乱の中にあったことを。何も知らないが故にどうすることもできない弱さを、アリサが秘めていたことを。
 すずかは覚えている。あの雪の日、アリサが精一杯の虚勢を張って自分を守ろうとしてくれていたことを。何も知らなかった頃のそれが、アリサが持っていた唯一の強さだということを。
「…………」
「――――」
 傷ついたような……しかし紛い物めいた表情を浮かべるアリサと、痛みか恐怖かそれ以外の感情か、かたかたと唇を震わせ、けれども毅然とした表情でそれを見据えるすずか。
 沈黙する二人の間を、ひゅう、と埃を巻き上げながら一陣の風が吹き抜けていった。はためく、髪と髪。
 やがてそれが収まると、
「……じゃあ、何? あたしの何が、違う?」
 アリサは一転して感情の欠落したような無表情で、そう問うた。
「わたしたちは、特別じゃないから」
 すずかは答える。
「わたしたちは『普通』。『特別』なみんなが帰ってくるための『普通』の場所を、『普通』なりの強さで守っていくのが、わたしたちが出来る精一杯」
 そう、二人で決めたわけじゃないけれど、それはすずかとアリサが抱く、共通の決意であったはずだ。
 『普通』という日常の中に、ほんの少しの『特別』を内包した、すずかと……そしてアリサの。それが楽園だったはず。
 もし仮に『特別』の側に立つことになってしまったとしても、絶対に守らなければならない、それが無意識の誓いであったはずなのだ。
「だから、違う。アリサちゃんは、」
 すずかの良く知るアリサは、
「そんなふうに、居ていい人じゃない」
 きっぱりと、言い放った。ともすれば、それは取り留めの無い内容であったかも知れない。けれど、すずかが今口にした言葉は、すずかが抱く心からの真実だった。
「――そう」
 その言葉を受け、アリサは頷く。
「それは、否定? 拒絶? まさか逃避じゃないわよね?」
「…………」
 すずかは答えない。言うべきことは全て言った。もうこれ以上、すずかが目前のそれに対して何らかの感慨を抱くことはない。
 ただ……強いて答えるとすれば、
「どれも、きっと違う」
「へえ、じゃあ何?」
「あなたがアリサちゃんじゃないっていう事実の、肯定」
「――っ」
 すずかがそう言うと、目の前のそれは初めて、アリサのものではない感情を見せた。驚いたような、感動したような、納得したような表情で、息を呑む。
 そして、
「………………そう」
 最後に何かを諦めたような顔をして、ふっ……と。幻のように掻き消えた。それはまるで、初めからそんなものは何処にも存在などしていなかったかのように。
「…………」
 今のは、なんだったのだろう。幻覚というにはひどく現実味を帯びていた。束の間の夢というにはあまりに理想とかけ離れていた。残ったのはただ、無為な虚脱感ばかり。
 何がしかの意味があるようには、到底思えなかった。そう、きっと、意味などない。
 そう思い、すずかは首を振って今の出来事の残滓を振り払い、今自分が進むべき方向へ足を向けた。

 ――そこで、理解した。今の出来事の意味はすずかではなく、むしろ世界に対して存在していたことに。

「――!?」
 変わっていた。いや、変質していた、というべきか。
 まるでリビングデッド。廃墟のようだった街が、あの大樹を中心に――律動していた。
 瓦礫を覆う木の根は蛇のようにぞわぞわと蠢き街を侵食し、天を覆う枝は風もないのにがさがさと葉を鳴らし、大樹が、街が、世界が、まるで死んでいるように生きていた。
 そして、とうに壊れ果てた街並みを繰り返し繰り返し蹂躙する木の根の一本がしなり、明確な敵意、排除するという意思を持って、すずかに向けて、
「っ!」
 ――振り下ろされた。



BACK|NEXT(to be continued...)
| 浅木原忍 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:06 | - | - |
Comment








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links