Entry: main  << >>
魔法少女リリカルなのはCHRONICLE 第二章「夜天の殺戮者」(2)
 第2章その2。今回は主役組のターン。会議は踊る、されど進まず。










     ◇


 10月23日、午前10時、聖王教会中央聖堂。

「今回の件が闇の書の守護騎士によるものだとすれば――やはり問題は、その主がどこに潜んでいるか、ということになるだろう」
 クライドの言葉に、ビュートとアメリアが頷いた。
「別の次元世界、という可能性は排除しても?」
「ここは次元空間的には孤島に近い世界だ。一番近い管理外世界でも、個人転送でどうにかなる距離じゃない。――闇の書の主は、アースガルドにいると見ていいと思う」
「やはりそうですか。となれば……」
 ビュートがひとつ鼻を鳴らし、手元のモバイルから映像を投影する。
 今までに、魔力を奪われた生物の死骸が確認された場所を示した地図だ。
「死骸の発見地域は広いですが、その死亡推定日時を調べてみると――次第に蒐集の範囲を拡大しているのが解ると思います」
 死骸の発見位置を示す印に、日付が書き込まれる。――第一ドームを中心に、北東部にある第三ドーム近辺から、南と西へ2方向に広がっていた。
「けど、これで拠点が第三ドーム近辺と判断するのは早計じゃないですか?」
「そこは、主がどういう人物かにもよるでしょうね。教会の動きを予見して動ける智者か、ただ考えもなく蒐集を続ける愚者か――」
「相手が愚であることを期待するのは間違いかと、騎士ビュート」
「その通りです。――いずれにしても、主がドーム内部にいるのか、それともそれ以外の場所にいるのかで、状況はだいぶ変わってきます」
 ひとつ息をついて、ビュートは冷めかけた紅茶を口にする。
 ドームの外部が汚染された大気と雪に覆われたこの世界で、ドーム以外に人間の住める場所。――それは。
「廃棄、区画」
「ええ。可能性として一番高く――そして一番厄介な場所、ですね」
 廃棄区画。それは機能不全を起こして廃棄されたドームの総称だ。
 汚染大気の侵蝕が進むそのドームは、しかし今も、ただ打ち棄てられているだけではなく、むしろ聖王教会によって、体よく利用されていた。――監獄として。
 重犯罪者や、教会の禁忌を犯して追放された者。そんな者たちの流刑地、収容所として、廃棄区画は利用されている。一度送られたら、出ることは決して叶わない檻。ドーム外のように即死には至らず、しかしじわじわと身体を蝕んでいく程度の汚染の中、楽園を追われた者たちは生き続けている。その数は、およそ数千人と言われる。
 そして、廃棄区画の内部は教会も基本的にノータッチである。既に住民によって一定の自治が形成されているらしく、教会は住民が廃棄区画から脱出するような事態の無いように外部から対策を立てるだけで、それ以外は放置と言っていい。
「廃棄区画とは互いに不可侵というのが暗黙の了解ですが、闇の書の主がそこにいるとなれば話は別です。あそこの住民が教会に良い感情を持っているわけが無いのですから、闇の書の力の使い道は、最悪のパターンの可能性が高いでしょう」
 闇の書の力は、純粋に破壊のみに特化したものだ。それは過去の稼働例からも明らかである。――それがもし、このドームへと向けられたら。アースガルドという世界そのものにとって、最悪の事態になりかねない。
「しかし、疑いがあるというだけで簡単に手をつけられる場所でもありません。――闇の書が稼働していて、そこに主がいるという確証がなければ。そして闇の書を押さえるに充分な戦力が保証されなければ、こちらとしても動けないのが実情ですね」
 紅茶を飲み干し、慨嘆するようにビュートは言う。
「――厄介ですね」
「厄介です。主が例えばドームの貧困層の住民なら、格段に楽なんですがね。可能性は低いですが――最近は妙な信仰もありますし、案外そっちかもしれません」
 アメリアの言葉に頷きつつ、紅茶のおかわりを用意しだすビュート。クライドも自分の紅茶を飲み干しつつ、ビュートの言葉に小さく眉を寄せる。
「妙な信仰?」
「ああ、そういえば話していませんでしたっけ。――数年前から、貧困層を中心に聖王教とは別の聖王信仰が広まってましてね。教会としても対応に苦慮しているんですよ」
「別の聖王信仰って――」
 アメリアが首を傾げる。「話が逸れますけど、どうします?」とビュートが確認をとってきたので、クライドは続きを促した。アースガルドに着任してから一週間。まだこの世界について、知らないことはいくらでもある。知っておくに越したことはない。
「聖王教の教義が、現世の幸福追求なのはご存じですよね?」
「ええ。確か――現世こそ聖王に護られた楽園であり、楽園に生きるからには幸福にならねばならない、でしたよね」
「はい。幸福を掴み取らんとする者には、聖王の福音が届けられるだろう――。無償の救済ではなく、あくまで幸福は自らの力で為すもの。それが教義の軸なわけなのですが」
 ひとつ溜息のように吐息し、ビュートは眼鏡の位置を直した。
「《楽園》信仰、楽園教なんて呼ばれてますが――それは、ウチの教義と全く逆を行くものでしてね」
「逆というと、楽園は現世ではなく、別にある、と?」
「はい。この世は楽園などではなく、聖王の召されし天上こそが真の楽園と。そしていずれ、聖王はゆりかごに乗って守護者とともに再臨する。その時この世は真の楽園の一部となるだろう――といったものだったかと」
「ゆりかごと、守護者?」
「ベルカのお伽話ですよ。聖王のゆりかごと呼ばれる巨大戦艦と、その守護者ファブニール。古代ベルカを平定した聖王を語る、ただのお伽話です。――全く、誰が言い出したのかは知りませんが、お伽話はお伽話。聖王の加護を否定する者に、福音は届けられません」
 呆れたような調子で語りつつも、ビュートの視線は厳しい。一週間をここで過ごして、ビュートが敬虔な信徒であることはクライドも把握している。ビュートからしてみれば、聖王教の教義を根幹から否定するような信仰など愚にもつかないものなのだろう。無宗教派のクライドには、今ひとつその感覚は理解しがたい部分もあったが。
 むしろ、貧困層のような現世の幸福を信じられない人間に、その信仰が広まるのは心理的に理解出来ると思ったが、口には出さないでおいた。
「まぁ、いずれにしても。――闇の書の稼働、それ自体を確定させてしまわなくては、何も始まらないのは確か、か」
 代わりに、クライドは吐き出すように口にする。この一週間、結局のところ結論はそこに行き着くのだ。――しかし未だに、闇の書の稼働を示す明確な証拠はない。状況証拠ばかりな上に、人の踏み込めない場所と不可侵地域が現場では、どうしようもなかった。ドーム外部で活動していると思われる守護騎士たちと接触する手段はヘリしかなく、ヘリでは守護騎士たちの攻撃の前にあまりに無力。最初に犠牲になった騎士2名のように、雪原の中に屍を晒すことになるだけだ。これ以上の無為な犠牲を出していい道理など無い。
「守護騎士たちが、ドーム内部に襲撃をかけてくるのを待つしかない――というのは、あまりにも歯がゆいですね」
「最悪なのは、このまま闇の書を完成させられてしまうことです。ドーム外部での蒐集だけで終えられてしまっては、さすがに手のつけようもない。――闇の書の完成に必要なリンカーコアはかなりの量ですから、強靱なものが多いとはいえ絶対数の少ない外部生物だけで足りるということは無いとは思うのですが」
 腕を組んでアメリアが唸り、ビュートも眉を寄せながら呟く。
 捜査開始から一週間、状況が煮詰まるのはあまりにも早すぎた。状況に対し、こちらから打てる手はあまりにも限られている。
「騎士ビュート。……廃棄区画の潜入捜査という手段は」
「危険すぎます。おそらく教会から来た人間だとばれた時点で殺されますよ。――そうでなくても、生きてはいけるとはいえ、汚染されていることに変わりはありません。第一、潜入したとして、どうやって闇の書の主を特定するのです?」
「――目星は、ついているんじゃないんですか?」
 アメリアが不意に言い、ビュートが微かに眉を動かした。
「闇の書は古代ベルカの遺産で、過去の記録を見ても主は古代ベルカ式の使い手。このアースガルドでも、古代ベルカの使い手はそう多くありませんよね? ――廃棄区画へ追われた古代ベルカの使い手となれば、それなりに絞り込めるんじゃないですか? そのぐらいのことを、騎士ビュートが見落としているとは思えないのですけれども」
 その問いかけに、ビュートはすぐには答えず、新たに淹れた紅茶を一口。
 そして、どこか苦笑するように笑みを漏らした。
「――仰る通り。廃棄区画の古代ベルカ式の使い手は、一通りリストアップ済みです」
 しかし、とビュートはそれ以上を断ち切るように言い放つ。
「今の段階では、何もかも仮定に仮定を積み上げていく作業でしかありません。全ては仮説、砂上の楼閣です。――それはおふたりとも、お解りでしょう」
 全くその通り。事件に対して先手を打つということなど、厳密に出来はしないのだ。未然に防がれた事件の存在を立証することは出来ないし、起きてしまった事件を先んじて防ぐことも出来はしない。予言者ではないのだから、結果に基づいて動くしかないのだ。それは本当に、どうしようもない現実。
「現状で出来ることは、結局は今もやっていることです。ドーム内の古代ベルカ式の使い手、その身辺の洗い出し。貧困層を中心に、教会に対する不満分子への監視の強化。――向こうがそれで尻尾を出す可能性は低いとしても、やるしかない」
「――本当に、歯がゆい事件だ」
「ええ、全くです」
 議論が終結し、いわく言い難い沈黙が落ちる。ただ紅茶のたてる湯気だけが、凝り固まった場の空気の中に溶け――
「よお、シャルウィーダンス? 会議はぐるぐる踊ってるか?」
 そこに、見計らったように空気を読まない闖入者が約一名。言うまでもなくヴォルツだ。
「隊長。――乱組みは終わりですか」
「おう、本日も完勝完勝。ま、ウチの連中もちったぁ根性がついてきたか。悪くねぇ連携も出たし、叩きのめし甲斐があるってもんよ」
 腕をぐるぐると振り回しながら、豪快にヴォルツは笑う。クライドたちが会議の間中、ヴォルツは騎士団の若手騎士たちと一対多の模擬戦を行っていた。その様子はクライドも見たことがあるが、全力で突っ込んでくる若手騎士をちぎっては投げちぎっては投げするヴォルツの様子には、師であるリーゼロッテの特訓を思い出さずにはいられなかった。
「楽しそうですね、騎士ヴォルツ」
「お、アメリア執務官殿は解ってくれるか。そこの副隊長はイマイチ根性がねぇし、今度相手してもらえるかい。そっちも身体なまってんじゃねーか?」
「いいですね。負ける気はありませんけど」
「ほう、空戦AAAの意地ってやつか?」
「ランクなんて飾りですよ。――勝ちはせずとも負けるなかれ。執務官の鉄則です」
 ヴォルツの言葉に答えるアメリアも楽しそうだった。結婚してからも前線に出続けていることが示す通り、アメリアも実戦派なのだ。なかなか表だって飛び回る機会のない今回の件では、フラストレーションも溜まっているのだろう。
「ヴォルツ隊長、ほどほどにしてくださいね? 隊長の訓練は乱暴なんですから、治療する方の身にもなってくださいよぅ」
 ――と、ヴォルツの背後から少し舌っ足らずな声。
「しっ、シスター・セリカ!?」
 ひょっこりと顔を出した小柄な少女――もとい女性に、ビュートがしゃっくりのような声をあげた。大柄なヴォルツの背後に完全に隠れてしまっていたのは、第五師団医療隊の修道女、セリカ・ヘンリットである。ヴォルツとは昔からのなじみらしく、クライドとアメリアも既に顔合わせは済ませてあった。
 ――そしてもちろん、ビュートの件もふたりとも把握済みである。
「こんにちは、クライド提督、アメリアさん、それからビュートさん」
 ぺこりと頭を下げるセリカに、クライドとアメリアは頷いて返す。
「ビュートさん?」
 反応の無かったビュートに、セリカが首を傾げる。「あ、いやいや、」と取り繕うように首を振るビュートの様子は、明らかにしどろもどろで。
「こ、こんにちは、シスター・セリカ」
「はい。――大丈夫ですかビュートさん? 顔赤くありません?」
 ずい、と顔を寄せてビュートの顔を覗きこむセリカ。
「い、いやいやいや、大丈夫、大丈夫ですから!」
「――ひょっとして、昨晩のお酒が残ってるとか? アルコールはほどほどにって言ったじゃないですかー。隊長もっ」
 急に振られて、「んあ?」とヴォルツは間抜けな声をあげる。
「俺もかっ!? そりゃ濡れ衣ってもんだぜセリカちゃん。まぁ昨日も呑んだが」
「やっぱり呑んでるんじゃないですかー! もー、お酒取り上げますよ?」
「それは勘弁だぜセリカちゃ〜ん、酒は百薬の長って言うだろ?」
「薬も過ぎれば毒です。ていうかセリカちゃんって呼ばないでください。――ビュートさんも、体調管理はしっかりしてくださいよ? 心配する方の身にもなってくださいー」
「は、はい……」
 濡れ衣もいいところなのだが、セリカに睨まれてしおしおと萎縮するビュート。全く威厳のないセリカの説教がダイレクトに効くのは彼ぐらいのものかもしれない。
 ともかく――それまでの重い空気をあっという間にかき消す3人の様子に、苦笑混じりにクライドは肩を竦める。
『シスター・セリカは、あれは解っていてやっているのか?』
『騎士ビュートのことですか? ――どうでしょうねぇ?』
 念話でアメリアに話を振ってみたら、返ってきたのは含み笑いだった。
 ――全く、アメリアまでここの空気に汚染されてきているらしい。
『クライド提督。――こういう空気は、不謹慎だと思いますか?』
 と、今度はビュートからの念話だった。ベルカの思念通話とミッドの念話は基礎原理の共通する魔法なので、少しの調整さえすれば会話に支障はない。
『……粛々と事件に当たることで、事件が早く解決するならば、な。TPOを弁えるのは無論だが、何にしても結果が伴わなければ、結局は意味がない』
『同意します。――ウチの隊長も、ふざけてはいますが不真面目ではないと弁解させてください。信用できないかもしれませんが』
『騎士ビュートが保証するならば、信用するにやぶさかでないさ』
『ありがとうございます』
 ――そんな念話を交わしている間も、ビュートはセリカにたじたじのままで。
 本当に、変わった人間ばかりだ、ここは。
 クライドはもう一度、大仰に肩を竦めてみせたのだった。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 19:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:56 | - | - |
Comment
会議がぐるぐる踊ってるってーのはなかなか面白い表現ですなw
それにしても、なにやら粛々と進んでおりますなー。まぁ実際問題隠密行動に徹されるとヴォルケンズ見つけるのにも手間取りそーですしなー
Posted by: 緑平和 |at: 2007/11/19 10:46 PM
宗教の対立はどこにでもあるんですね。
お互いを認め合わず、滅び合いそうです。
まあ、元々バットエンドなんですけど(汗)。
Posted by: ユリかもめ |at: 2007/11/20 2:29 PM
現状では有効打をうてず、事が起こるのを待つのみというのは歯がゆい事でしょうね。
クライド氏の場合は特にそうではないかと。

それにしても廃棄区画、荒廃した情景が目に浮かびます。
そこで救いを求める故の信仰が生まれるというのはよくある事象でしょうね…
Posted by: T |at: 2007/11/20 7:19 PM
>緑平和さん
 小田原評定とゆーかウィーン会議というかw
 ヴォルケンズと主役組がぶつかるまでの前提作りが世界設定のせいで思ったより難しくなってしまってちょっと困ってますw おかげでバトル突入がだいぶ遅くなってますがご了承下さい(ぇー

>ユリかもめさん
 宗教ネタは生半可に足をつっこめる領域ではないので、今作でもあまり突っ込んだ話にはなりませんが、楽園信仰は物語の根幹に関わってくる重要問題なので気に留めておいてくだされば。

>Tさん
 BURNINGのときもそーだったんですが、管理局vs敵組織の構図になると「敵が動いてくれないとどうしようもない」って問題が常につきまとって、作者としてもちょっと困りものだったりしますw
 廃棄区画に関してはまた後ほどー。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/11/20 11:30 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 神霊廟編』(19/5/5 例大祭16新刊)
メロンブックス とらのあな


『石ころ姫にオオカミさんのご加護を!』(19/3/18 名華祭新刊)
メロンブックス とらのあな


『だれもが幻想を愛していた 少女秘封録』(18/12/30 C95新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 非想天則編』(18/12/30 C95新刊)
メロンブックス とらのあな


『稗田文芸賞メッタ斬り!ファイナル これでおしまい完結編』(18/10/14 秋季例大祭5新刊)
メロンブックス とらのあな


『稗田文芸賞メッタ斬り!ファイナル スカーレット野望編』(18/10/14 秋季例大祭5新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 星蓮船編』(18/8/10 C94新刊)
メロンブックス とらのあな


『彼女は幻想に閉ざされる 少女秘封録』(18/5/6 例大祭15新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 地霊殿編』(18/5/6 例大祭15新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 緋想天編』(17/12/29 C93新刊)
メロンブックス とらのあな


『傀儡無情 東方×連城三紀彦短編集』(17/10/15 秋季例大祭4新刊)
メロンブックス とらのあな


『夏と幻想と彼女の死体 秘封倶楽部短編集』(17/9/18 科学世紀のカフェテラス新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(17/8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(17/5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(17/5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(17/3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(16/12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(16/8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(16/5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(15/12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL BOOK☆WALKER
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links