スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
魔法少女リリカルなのはFROZEN 第1話「流転-Returning End-」(2)
*注意*本作は「魔法少女リリカルなのはBURNING」の三次創作です。本編のネタバレを大いに含むため、先に「なのはBURNING」を読まれることを推奨致します。

 沈月さんより、お待たせしました、「なのはFROZEN」第2回です!










     ▽

 全ての始まりとなる瞬間。それは――果たして何処だったか……。
 そう考え、すずかが思い出すのは、決まってこの闇に閉ざされた世界だった。

 光。音。匂い。熱や触感。あまり意味はないが、恐らく味も。
 自分が自分として世界を認識するための、五つの感覚。それら全てが根こそぎ奪われた、無の世界。
 その場所で、膝を抱え俯き震える自分。痛みさえ伴って心を覆う、ただただ圧倒的なまでの孤独感。
 そんな場所。そんな、何一つ取っても全くもって意味の無いその場所で。
 彼女――月村すずかは、たった一つの行動のみを、ただそういうものであるかの如く繰り返していた。

「……アリサ、ちゃん」

 名を呼んでいた。
 涙涸れ、心折れ、思考は鈍磨し、既に意味のある音としてさえ響かぬ程に掠れたその声で。
 すずかは呼び、そして求めていた。その名が意味する、たった一人の少女の姿を。
 もう、決して届くことのないだろう呼びかけを、切実に……自分に残されたものはそれしかないとばかりに、無力感と孤独感のみが支配する絶望の中、すずかは続けていた。
「アリサちゃん……」
 それだけが、すずかに全てを諦めることを許さない、最後の祈りだった。
 その祈り。叶えるに足る力など無く、方法など知るはずもなく、そも伝わっているかどうかさえ曖昧な、一途なだけが価値である、それ。
 その声は、さながら親を呼ぶ迷子のようであり、また徴兵された夫の身を案じる妻のようでもあった。
 哀しいほどに、愚かなまでに。けれどもすずかは、その名を呼ぶことを止めなかった。
 他には……何も、無かった。

 だが、それでも――。
 その祈りが残されていたからこそ、すずかは手放さずにいられたのだ。
 最後の、最後の……終わりを迎えてしまう一瞬の、だが決して決定的ではないその瞬間に、確かに届いた――その耳に、心に、強く残った……あの言葉を。

 ――助けてください(・・・・・・・)、と。

 そう言っていた。

 ――アリサ(・・・)バニングスを(・・・・・・)助けてください(・・・・・・・)、と。

 確かに、そう聞こえた。
 切実に救いを求めるすずかに向かって。その声は、同じくらいに切実に、救いを求めていた。

 それは、祈りだった。願いだった。求めだった。
 自分と同じ、だが違う姿をした誰かは。自分と同じ、だが違う意味を持つ求めを。
 その声で、自分に向けて託そうとしていた。

 ――瞬間。風を……感じた。

 閉ざされた虚無の世界に。何処からか吹き込んできた、風が――。
「――、あ……え?」
 ふわり、と。
 鼻腔をくすぐる潮を含んだ空気の爽やかな香りと共に、ひゅうっ……と。鼓膜を震わせて、暗闇の中を巡っていった。閉ざされた世界に、或る筈の無い香り、音。空気、風。
 ――いや、

 海鳴り、が……。

 同時に、膝を抱えていた手に、何かが触れた。
 とうに失われ、何処とも知れない場所へと亡くなってしまったとばかり思っていた、五つの感覚。唐突に蘇った、久しく忘れていた実感に戸惑いながらも、すずかは震える手を伸ばす。
 何処にも届くことはないと諦め、ただ膝を抱えることしかしなかったその手。掴み取ったものは――。
「あ……」
 再び、ふわり、と。
 先ほどの風のように……いや、それよりも、もっとずっと柔らかく温かい感触。
 その手が触れたものは、ようやく見つけたそれは、とても――とても、大切なものだった。
 一見しては何の変哲も無い、探せば何処にでもありそうな――丸っこい、仔猫のぬいぐるみ。

 初めて見かけたのは、おもちゃ屋の店頭だった。ショーウインドウに飾られていたそれを、一目見て気に入って。けれど、いざ買おうという段になって、自分がそれを手にしてしまうのが、なんだかとても勿体無いことに思えてしまって。心の準備が……なんて躊躇を見せている内に、
 ――あーもう、じれったいっ。
 持ち前の行動力を遺憾なく発揮した彼女が、さっさと会計を済ませてしまって。
 ――あたしからの、プレゼントってことで。
 照れ臭さを誤魔化す素っ気無さで、ぽんと手渡してくれた。

 そんな、なんてことのない、ごくありふれた……平凡な幸せ。
 幸福の――結晶。

「アリサ、ちゃん……っ!」
 ぎゅ、と。掻き抱くように、縋りつくように、すずかはぬいぐるみを抱き締めた。
 柔らかな感触、懐かしい温もり。そこには彼女の名残が、確かにあった。
 何故このぬいぐるみがここにあるのか。そんなことは気にならなかった。あの風が運んできた……答えはきっと、それで十分だ。

 助けてくださいと、あの声は言った。
 それは同じだ。自分と同じ願いだ。

「……アリサちゃん」
 強く、強く。温もりを逃がさぬよう、手放さぬよう、つよく抱いて。すずかは顔を上げた。闇の向こう、奈落の底に通じるような深淵を、弛まぬ意志を秘めた瞳で、きっと睨み付けながら。

 さよならと、彼女は言った。
 泣いているような、笑っているような……そんな顔で。
 全ての感情を嘘でひた隠して、さよならと。
 泣いているような、笑っているような。そんな顔で……。

――だから。

 向かう先が奈落でも構わない。その先に彼女が居るというのなら、その底を破ってでも助けに行く。救いに行く。迎えに行く。
「今、助けに行くから――」
 目を閉じる。もう一度、瞼の裏に焼きついたあの姿を、強く強く心に刻んで。たかが闇如きでは決して覆い隠せない、赤く灯った焔を思い起こして。想い熾して。

 ………………。
 …………。
 ……。

 そして、開く。
 ――見慣れぬ白い天井が、そこにあった。



 ……それが。
 今のすずかの、始まりだった。

     ◇

「あれ……」
 『夢から醒めた』――突然に過ぎる意識の変遷をそう結論付けるまでに、数秒を要した。
 続いて、『ここはどこだろう』という疑問に思い当たり、考えを廻らせ、仰向けに寝たままでは天井しか見えないだろうと気付くまでに、更に数秒。
 体の節々の痛みに耐えながらなんとか体を起こす途中で、自分の腕に刺さった針と、そこから伸びたチューブに気付く。それを辿り、末端に位置する吊るされたビニールのパックらしき物を見て、ようやくそれが点滴なのだということを理解した。
「ぇ、と……?」
 首を傾げ、周囲を見渡す。
 自分が今居るベッドを中心に、周囲にはいっそ潔癖なまでに白いカーテン。振り返れば、背後の壁には用途の良く分からないつまみや、ジャックか何かを差し込むための端子のようなもの、そして中心に『月村すずか』と書かれたプレートがあった。枕元にはコードの繋がったスイッチのようなものもある。確か、そう……ナースコール。
 はやての見舞いで何度も来た。ここは、海鳴大学病院の病棟。……つまり自分は、入院患者としてここに居るのか、と。
 数分をかけて、ようやくそこまで把握できた。が……理解ができない。今に至るまでの経緯が、まるで思い出せない。どれだけ記憶の糸を辿っても、思い出せるのは数分前まで見ていた夢のことばかり……。
「(……夢?)」
 ……そう、夢だ。
「(おかしな夢……ううん、嫌な夢だったなぁ……)」
 何処とも知れぬ闇の中、何も見えない、感じない、孤独と恐怖。よく覚えている。
 そこで出会った、自分と同じ、けれども違う誰か。そして見た、痛みに耐え、苦しみに耐え、ただ何かの……いや、違う。自分の為に(・・・・・)、何かと懸命に戦うアリサの――。
「――っ!」
 瞬間、ずきりと。胸に痛みを感じた。咄嗟に押さえようとした手が、傍らに置いてあった柔らかい何かにぶつかる。ころころと転がり落ちて、カーテンの隙間で動きを止めたそれは――丸っこい、仔猫のぬいぐるみだった。
「……あれ、は」
 夢の中にも出てきた。最後の最後……全てを手放してしまいそうだった自分を救った風と、それに運ばれてきたかのように忽然と現れたのが、あのぬいぐるみだった。
 いや、違う。そうじゃない。夢がどうとかではなく……あれはすずかにとって、大切な――あまりにも大切なものだ。
 何故ならば、あれは。あのぬいぐるみは、あれはアリサが――。
「っ、また……」
 ちり、と。再びの痛み。胸を押さえながら、すずかは裸足のままベッドから降りた。冷たい床を二歩・三歩と進み、転がったぬいぐるみを拾い上げる。
 ――と。
「………………え?」
 ぬいぐるみを拾い上げた拍子。引っかかったカーテンの端がめくり上がり、白く覆われていた視界が開ける。その先の窓。そこから覗く光景に、すずかは我が目を疑った。
「なに……何、これ……?」
 喩えるならば、それは不出来な風景画のコラージュ。明かり取りの為か、壁一面のほとんどを使って広く取られた窓は、その異様極まる切り貼り絵の全容を、余すことなく透かし見せていた。
 そこには、太陽があった。明け方らしい、明るくも眩しさを感じさせない、始まりを予兆する輝きがあった。
 そしてその隣に……、

 ……また、太陽があった。

 朝のそれよりも高く、天に頂かれるが如く、じりじりと肌を焦がす熱を撒き散らす業炎の球があった。
 更に、月。真夏の空をくり抜いたような――あるいは、何処からか切り取ってきたものを貼り付けたような、瞬く星を覗かせる夜天と共に、歪なまでに放たれる清廉な(ひかり)があった。
 そして、夕日。建物のシルエットが描く不揃いの地平線に沈み行く、終わりを迎えようとする赤い灯火があった。
 それは、不出来な風景画のコラージュ。
 慣れ親しんだ街並み。慣れ親しんだ蒼穹。慣れ親しんだ夜空。慣れ親しんだ夕暮れ。
 どれもこれもがごく普通の、余りにも当たり前な景色で。だが、だからこそ。同時に存在するそれらは、酷く禍々しく、吐き気を催すほどにおぞましかった。
 朝と昼と夕と夜と、それぞれを象徴する天体。狂った空に放り込まれたような、生まれ育った街。
 網膜から入り込み脳を侵すような、凄絶な不和を醸す映像。血漿のようなアカと、血管のようなアオと、屍体のようなシロと、腐肉のようなクロ。何、という疑問が、思い浮かぶ端から、何故、という嫌悪に塗り潰される。
 楽園のように満たされた地獄のような現実が。叩けば割れる薄っぺらな窓一枚隔てた世界に広がっていた。
「…………」
 声が、出ない。日常という日常が、正体の無い指先に壊されていく錯覚。降って沸いたような恐怖に息を呑むことすら赦されず、すずかはただ愕然と、その悪意に満ちた風景を眺め――、
「ああ――」
 同時に、認識していた錯覚の一部を、現実として理解した。
「夢じゃないんだ……」
 と。
 その感覚を『理解』と呼んでいいものか……それは、すずか本人にとっても判然としない。ただ、分かったから分かる、としか言いようが無かった。
 夢……いや、自分が眠っている間の、あの記憶。醒めても尚薄れず、頭の中に留まり続けている、無力感と、孤独感と、絶望感。
 ――分かる。悲しいほどに、実感できる。
 夢ではない。嘘でも、妄想でも、勘違いでも、作り物でもない。
 だから……痛む。胸が。心が。あの、血に溺れ足掻くように戦っていた少女の姿が、現実であったと。そう、気付いてしまったから。
 そして、思い出す。最後の言葉。あの祈りを。

 ――助けてください。

「……うん」
 誰にともなく、すずかは頷いた。そう、ここでただ在りもしない何かを待つだけでは、夢の中で膝を抱えていたのと何ら変わりない。託されたのは、自分なのだ。
「行くよ」
 託された祈りは決意を呼び。願いは原動力に。無力感も、孤独感も、絶望感も、全てをひた隠して。衝き動かされるまま、すずかは病室を出た。

 病室を出たすずかを出迎えたのは、大方の予想通り、耳が痛いほどの静寂だった。入院棟の廊下も、扉が開け放された他の病室も、ナースステーションも、全てが無人。だというのに、気配だけは感じる。『誰かがいるはずで、今は少しの間席を外しているだけ』――そう思わせる空間だった。
 二年前のあの聖夜に、良く似ている。違うのは、あの異常で不愉快な空と、手を触れる温もりが無い空っぽの手のひら……。
「――っ」
 泡のように浮かび上がる弱気を振り払うように、すずかは頭を振った。寂しさに打ちひしがれていたのは過去。今の自分は、それを取り戻すためにある――そう自分を奮い立たせ、歩を進める。
 案の定エレベーターは動いていなかったので、階段を使う。点滴のパックを吊るした滑車を両手で持ち上げ、患者に支給されているらしい飾り気の無い寝巻きと備え付けのスリッパで、何度も転げ落ちそうになりながら、一階へ。
 ロビーを抜け、エレベーターと同様に通電されていない自動ドアをこじ開け、やっとの思いで外へ。
 ――外。狂った空と、それに巻き込まれた街。壊れた世界。
 だが、その恐怖に抗いながら一歩を踏み出したすずかを待っていたのは、地上三階の病室から臨んだそれとはまた違う、もっと現実的(リアル)な意味で崩壊した光景だった。

     ◇

「はぁ……」
 溜息めいた呼気とともに肺に満たした紫煙をゆっくりと吐き出しながら、瓦礫の山に腰掛けた彼は、周囲に散らばる有象無象をぞんざいに眺めた。
 既に原型を留めず、最早どれがどの部品(パーツ)だったのかさえ判別できないほどばらばらに砕け散った、人間を模した木の根や幹。その周囲に飛び散り、今尚じわじわと地面に染み込んでいく、血液に似た赤い樹液。
 地獄絵図に似た、死に彩られた虚ろなヒトガタの謝肉祭(ファイナルチェリオ)――足元に臥す紛い物の人体は、そのどれもが、彼の知る人々と同じ顔をしていた。
「――ちっ」
 自嘲を乗せた舌打ち。向けるのは、知人と同じ姿をしたモノを――悪趣味な模造品と分かっていたとはいえ――破壊するのに、何の躊躇も……感慨さえも抱かなかった自分に。
 苛立ちを紛らわせるためか、男は手甲のような鉄板に包まれた手の中の煙草をぐしりと握り潰した。
 そして、それを待っていたかのように、口元に歪な嘲笑を貼り付けたままさらさらと砂になっていく偽者(マネキン)
 眺めること数十秒。ソレらが塵に還っていく様を見届け、彼は瓦礫を一飛びで降りる。同時に、

 ――力を、

 耳元で囁かれるような、か細い声を聞いた。思念通話だ、と。そう理解しておきながら、敢えて肉声で毒突くように答える。
「っ。またか……」
 否、答えてはいない。返すのはあくまでも独り言だ。一方通行らしいこの念話は、こちらの声に一切の返答を寄越さない。
 ただ、

 ――力を……どうか力を貸してください。

 こうして求めるだけだ。力を、助けを、救いを。
「ったく……どうせ呼ぶなら、せめて待ち合わせ場所くらい指定しろってんだ」
 何度目かの舌打ちを吐いて、彼は二本目の煙草を取り出し火を点ける。血のような樹液を浴び、湿気りに湿気ったそれは、ひどく不味かった。
「さて」
 次はどちらに進もうか、と。男は視線を巡らせる。居場所の分からない、自分を呼ぶ声の主。探査を繰り返し、ようやくこの近辺にいるらしいことは割り出したが、何処も彼処も崩れた建物と罅割れた地面と蔓延る木の根ばかりで、正直気が滅入る寸前だ。とにかく歩き回るという策は、いい加減不毛なものに思えてきた。
 かといって、何処かで何らかの動きがあるまで待とうとすれば――、
「……これだよ」
 ぼこり、と。地面に縦横に走る罅を更に広げながら、歪な木の根が現れた。見る間に人の背丈ほどに成長したそれは蜥蜴の尾のように根元から独立し、新たなヒトガタを取る。先と同様、それは男の見知った顔だった。
 やれやれ、と。再びの溜息を漏らし、構える。次からは敵と遭遇する前に上空へ逃れようと硬く心に誓い、彼はかつて部下だった者の偽者(マネキン)目掛けて、手甲の嵌った右手を振り上げた。

     ◇

 その光景を目の当たりにした瞬間、すずかは唐突に足元の地面ががらがらと崩れていく錯覚に襲われた。
 地上三階の病室から見た空とは比べ物にならない衝撃。狂ったようなだの、地獄のようなだの……そんな比喩的な表現が馬鹿馬鹿しくなるほどに。
 そう、病室からではわからなかった。いや、窓に張り付くようにして地上を見下ろせば、あるいは気付けたかも知れないが……とにかく、すずかはまだ理解し切れていなかったのだ。
 三色の太陽と唯一の月が照らす空の下の海鳴の街並みは――本当に、現実的(リアル)な意味で、“壊れて”果てていたのだということに。
 賃貸ビル、民家、コンビニ、ガソリンスタンド……見渡す限りの建物という建物が、大地震にでも見舞われたかのように倒壊し、崩壊している。それを支えるはずの地面もまた、同様にひび割れ、場所によっては人一人を飲み込んでしまうほどの広い溝になっていた。
 そしてそれ以上に。最も異常なことに。それら全てが、歪に捩くれた――螺旋狂(ねじくれ)た――木の根のようなものに覆われていた。子供たちが「お化け屋敷だ」と噂する廃屋の壁に蔓延る蔦のように、鼠か何かを捕食する蛇のように、腐肉に群がる蛆のように……街全体が、それ自体が幹のように太い根に侵食されていたのだった。
 その中心、核となるのは――、
「……あそこだ」
 病室の窓からは死角だった、恐らくは海鳴市の中央にして最奥。暴君の風情で君臨し、また絶対として孤立し顕在する、世界を冠する大樹。
 街を席巻する根、幹の全ては、その大樹を中心として伸びている。
 ――にもかかわらず。
 背後の海鳴大学病院は、それら悪夢の体現を一切受けていなかった。
 まるで、奇跡。白い壁はまるで何かから護られているように、一切の根を拒絶していた。
「……アリサちゃん」
 ――また(・・)護られた(・・・・・)。何故かは分からないが、確信があった。この奇跡は、アリサの最後の願いだと。他の誰でもなく、自分でさえなく、すずかのためだけを願い、起こした奇跡。
「アリサちゃん……」
 ひどく、胸が痛む。その奇跡を自分に使っていれば、あるいはこうはなっていなかったかも知れないのに――そう考え、仮に自分がその立場だったとしても同じ道を選んだだろうと気付き……だとすれば、いずれにせよ救いは半分しか存在しなかったのか、と。世の不条理を嘆かずにはいられなかった。
「――っ」
 ぎり、と。拳を握り締める。叱咤するように痛む胸を叩き、顔を上げた。
 向かうは大樹。救うべき最愛の彼女が、そこで深き眠りに就いていると信じ、すずかは悪夢の世界への一歩を踏み出した。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 20:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:38 | - | - |
Comment
どうもこんばんわ、吉です。

楽しみにしていた『なのはBURNING』の別線物語。
1話では、クーという男性とすずかが共に『崩壊』した世界で戦っていましたが、この2話は1話よりも前に起こったことなんですよね。
こういう展開は好きですよ。


「助けて」と声をかけてくる謎の存在は、やはり『彼女』なのでしょうか?

前回に引き続いて、続きがとても気になります。
これからも頑張ってください!
Posted by: 吉 |at: 2007/09/12 12:32 AM
お待ちしてました!
まだ物語りは始まったばかりですが、ワクワクします♪
Posted by: 通りすがりのF |at: 2007/09/12 2:34 AM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links