Entry: main  << >>
ハラオウン家の家庭の事情 「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」
 久しぶりの短編更新。そしてなのはでは初めての男×女モノ。てことでクロノ×エイミィです。いや元々幼なじみスキーなので男女モノもいけるのですよ? 5人組ではやらないだけで。クロノとエイミィは幼なじみの範疇だしー。
 てことで、アースラクルーの飲み会でクロノが色々と問い詰められたり、エイミィが泥酔したりする話。たまにはこういう普通のラブコメ書くのもいいですな。クロノ×エイミィの組み合わせはお気に入りなんで、気が向いたらまた書くかもー。






「はい、それでは今回の巡航任務も何事もなく終わったことを祝しまして、かんぱーい!」
『かんぱーい!』
 母さん、もとい艦長が楽しげに乾杯の音頭をとり、グラスがぶつかり合う音が響き渡った。
 海鳴市某所、居酒屋「夜天」。そこに、アースラクルーの総勢20名が集まっていた。定期巡航任務を終えたあとの、恒例の打ち上げである。
 今まで打ち上げはミッドチルダでやっていたのだが、先日の花見以来、こっちの酒にハマってしまったクルーが多く、打ち上げ会場も移動してしまったのだ。
 誰も彼も楽しげに、ビールがなみなみと注がれたグラスを美味そうに傾けている。そんな様子を横目で見ながら、僕もウーロン茶に口を付けた。
 一応ミッドチルダの法律では既に飲酒可能な年齢になったが、こっちの世界では20歳まで飲酒は不可らしい。郷にいれば郷に従え。……従っているのは僕ぐらいのようだが。
 それに酔いつぶれた知り合いの惨状を何度となく目にしているので、あまり積極的に酒を飲もうという気にはなれないのである。
「お待たせしました、唐揚げと串焼きです」
「おほっ、肉肉〜!」
 運ばれてきた料理に、アルフが目を輝かせている。その後ろでフェイトは、遠慮がちにウーロン茶を飲んでいた。打ち上げ初参加のフェイトは、この雰囲気に少々気圧されているようだ。
 艦長はギャレットの酌を受けて、楽しげにビールを空けている。エイミィは女性クルーたちと何やら盛り上がっているようだ。
「こら成長期の少年、いいから食え食え」
 と、隣から料理の盛られた皿が押しつけられる。振り向くと、既に顔を赤くしたアレックスがニヤニヤと笑いながらこちらを見ていた。
「そうそう、ついでに飲め飲め。15になったんだろ、もう大人だ」
 今度は反対側から、ビールの注がれたグラスが押しつけられる。ランディだ。いつの間にか2人に挟まれるような格好になっている。
「いや、僕は酒は……。というか、大人と少年とどっちなんだ」
「どっちでもいい、今は飲め、そして食え」
 肩を掴み、ぐい、とグラスを押しつけてくるランディ。
「そうだ、飲め! そして俺たちに本音を聞かせろ! ぶっちゃけるんだ!」
 反対側からアレックスにも押さえつけられる。いや、ちょっと待ってくれ。というか本音って何だよ! ぶっちゃけろと言われても、何を……
「いや、だから僕は……」
「黙れ! 逃げるな! 男なら立ち向かえ! というか今日は飲むまで帰さん!」
 もう意味が解らない。だがひとつ確かなのは、僕がビールを飲むまでは、この2人は本気で離してくれそうにないということだ。
「……解ったよ。ただし、一杯だけだからな」
「よっ、大将! さすが!」
「イッキ! イッキ!」
 まるっきり体育会系のノリである。覚悟を決めてグラスを受け取ると、ぐっと泡だった液体を喉に流し込んだ。
 ……苦い。正直、なんでこれをそんなに美味そうに飲めるのだろう。謎だ。
「おーっし、よく飲んだ!」
「これでお前も立派な男だ、クロノ・ハラオウン!」
 何だそれ。成人の通過儀礼か。
「……ほら、飲んだぞ。これでいいだろ」
「いや、まだだ。貴様のぶっちゃけトークを聞くまでは離さん!」
 押さえつける手を離そうとするが、アレックスとランディはますます強い力で押さえつけてくる。目が据わってるぞ、おい。
「だからさっきから何なんだよ、本音とかぶっちゃけとか……僕に何を言わせたいんだ」
 飲みかけだったウーロン茶を手に取る。流し込んだアルコールが、じん、と頭のどこかを痺れさせはじめていた。
 身体がぽかぽかと熱を持ってくる。それを冷まそうと、僕は冷たいウーロン茶を口に含み、
「OKハラオウン執務官、単刀直入に聞こう。――お前はロリコンか?」
 噴いた。
「……っ、なっ、何だ、いきなりっ」
「10歳は犯罪だと言っているんだっ」
 呪詛のように言葉を吐き出すアレックス。いや、だから意味が――
「ハラオウン執務官はいたいけな10歳の少女3人を弄んでいる」
「はぁ!?」
「そういう噂が一部でまことしやかに囁かれている」
 大真面目な顔でとんでもないことを言い出すランディ。
「管理外世界の住民をたらし込んで入局させ、義妹の教官を自ら買って出て四六時中侍らせ、さらには魔導騎士にまで手を出したとか出さないとか」
「なのはとフェイトとはやてのことかっ!?」
「それ以外に誰がいるんだ」
「壮絶な誤解だっ」
「それが嫌ならその役得ポジションを俺に譲れっ」
 背後からアレックスに羽交い締めにされる。いや普通に苦しいから! チョークチョーク!
「本当だな? 本当になのはちゃんとも、フェイトちゃんとも、はやてちゃんとも何も無いんだな?」
「な、無い! 断じて無いっ」
「よもやそこで、実はアリサちゃんやすずかちゃんと」
「あるかっ」
 お前らはそんなに僕をロリコンにしたいのか!?
「そうか……なら、やはりエイミィさんなのか」
「は!?」
 何でそこでエイミィの名前が出てくるっ!?
「そうだな、そもそも根幹はリーゼ姉妹なんだからな。やはり年上趣味か」
「やはりって何だやはりって! アリアとロッテが何だって言うんだっ」
「ハラオウン執務官がリーゼ姉妹に仕込まれたのは、魔力だけではないとこれまた専らの噂」
「意味が解らないっ」
「実際、エイミィさんとは本当に何も無いのか? 士官学校時代からの付き合いだろう?」
 不意に、こちらを見据えるランディの目つきがひどく真剣なものになる。酒に酔っているとは思えないほどに。
「何も、って……。エイミィは、僕の姉みたいなものだ」
「自分がそう思っていても、相手はそうじゃないということは往々にしてあるものだぞ?」
「いや、エイミィに限ってそれはない!」
 断言できる。エイミィが僕に? ありえない。それはもう絶対に。
 あいつにとって僕は、弄り甲斐のある弟分だ。どう考えても、それ以上でもそれ以下でもない。
 そりゃまあ、以前旦那さん候補だとか何だとか言われた記憶もあるけれど、あれだってほとんど冗談みたいなものだ。
「しかし、家族でも無いのに同居しているのも事実だろう?」
「いや、それは」
「ぶっちゃけた話、今のお前とエイミィさんの関係は、数年後にはなし崩しに結婚のパターンだ。間違いなく」
「そんな馬鹿な……」
 結婚? 僕とエイミィが? ……想像できない。無理だ。うん。
「はーいそこー! 一体何の話で盛り上がってるのかなー!?」
 と、そこに唐突に、当の本人――エイミィが割り込んでくる。
「え、エイミィ? お前、顔真っ赤だぞ!?」
「いぇーい!」
 いや、「いぇーい!」じゃなくてだな!
「ああエイミィさん、今ちょっとクロノ執務官のロリコン疑惑に関して尋問をしてたところで」
「アレックス!」
「えー? クロノくんがロリコン? ――あっはっは、それ大正解!」
「な゛っ――」
 エイミィの爆弾発言に、アレックスとランディが大仰に歓声をあげる。エイミィ、なっ、何を言い出すんだっ!
「だって聞いてよ、クロノくんったらさぁ、家でフェイトちゃんに『お兄ちゃん』って呼ばせて悦に入ってるんだよ? 血の繋がらない妹萌えとか言ってるんだよ? 人として色々と駄目だよねー!」
「え、エイミィ! 勝手に話を捏造するなっ――」
 立ち上がろうとした肩を、ぐゎしと掴まれる。……寒気を覚えながら振り向くと、その背後に炎を噴き上げるアレックスがいた。
「…………OK、ハラオウン執務官、言い訳は地獄で聞かせてもらおう」
「ま、待てアレックス、誤解だ! ランディも何か、」
「弁護の余地は無いな」
「ちょっ――」
「まーまー大丈夫大丈夫! フェイトちゃんの純潔はあたしが守るし! そもそもフェイトちゃんが好きなのはなのはちゃんだから、概ね問題なしっ!」
「え、エイミィ! いきなり何言ってるの――」
 フェイトの悲鳴とエイミィの大声に、「がんばれフェイトちゃーん!」だの「百合幼女萌えー!」だのわけのわからない歓声が湧きあがる。
 そして――僕の周囲に集まってくるのは、殺気だった男性クルーの面々。
 その瞬間、僕は死を覚悟した。
 ――さよなら人生。

    ◇

「……ううう、飲み過ぎた……」
「………………」
 居酒屋の壁にもたれて呻くエイミィに声をかける気力も、今の僕には残っていなかった。
 ――正直もう、数分前までのことは思い出したくない。PT事件や闇の書事件より、ある意味よっぽど修羅場だった……。
 アレックスやランディたちは、二次会だと盛り上がっている。フェイトとアルフは既に母さんが一足先に送っているから、あとは僕たちがどうするか、なんだが。
「くーろーのーく〜ん」
「のわっ!?」
 突然背中にぐったりとのしかかった重み。酒臭い息が顔にかかる。
 エイミィが今度は、壁ではなく僕の背中によりかかっていた。
「……エイミィ、歩けるか?」
「う〜……無理……」
 こりゃ駄目だ。近くのクルーに声をかけて、ここで抜けることを告げると、僕はエイミィに肩を貸して歩き出した。
「全く、調子に乗りすぎだ」
「はんせいしてま〜す……うぷ」
「ここで吐くなっ!」
 千鳥足のエイミィを何とか支えながら、夜の道を歩く。早いところ大通りに出てタクシーを拾おう、うん。
「……ねー、クロノくん」
「ん?」
「あたしはぁー、クロノくんがー、ロリコンでもー、気にしないよー?」
 まだそのネタを引っぱるか。酔っぱらいの繰り言に、僕は溜息をひとつ。
「だから、さっきから何度も違うと……」
「男の子ってさぁー、自分より背の高い子と付き合うの、嫌がるもんねー」
「は?」
「そりゃそうだよねー、ちっちゃくてか〜わいい妹の方がいいよねー」
 ……さっきから何を言ってるんだ、エイミィは。
 ひどく間延びした調子で、エイミィは言葉を続ける。
 全く予想だにしない言葉を。
「ぶっちゃけるとー、あたしは結構クロノくんのこと好きなわけですよ?」
「っ!?」
「このままー、クロノくんと結婚ー、とかっていうのもー、それはそれでいいと思ってるわけですよー?」
「な、なっ、なっ、」
 衝撃に、口が上手く回らない。思考が全力で空回る。
 エイミィの、あまりに突然の発言。その内容を、上手く脳が認識してくれない。
 ――咄嗟に思い出すのは、ランディの言葉。
『自分がそう思っていても、相手はそうじゃないということは往々にしてあるものだぞ?』
 ま、まさかエイミィが本当に……?
 待て、いやいや待て、クールになれクロノ・ハラオウン。相手は酔っぱらいだ。OK、故にこれも酔っぱらいの繰り言だ。深い意味もないし、特に気にすることもない。
「身長であたしを追い越してくれればー、言うことないんだけどー……って、信じてないですなー?」
 僕の顔をジト目で睨んで、エイミィはそんなことを言い出す。僕の心を読んでるのかっ!?
「エイミィさんはわりと真剣なのですよー? 愛の告白なのですよー? ドゥユーアンダースタン?」
 いや、そういう言い方を真剣とは言わないだろう。……やっぱり酔っぱらいじゃないか。
 ああもう、何を驚いていたのやら。自分自身に呆れたように、僕は溜息をひと――

 唇に一瞬、何か柔らかくて温かいものが触れた。

「……………………え?」
 何が何やら、さっぱり解らない。何だ、今の? え? 唇に、……え? 顔が、エイミィの顔が……すぐ、近く。
「あははーっ、隙ありなのだよー、クロノくーん」
 楽しげに笑って、――そしてエイミィは、抱きつくようにして僕の身体にもたれてきた。
「え、え、えええ、エイミィ?」
「クロノくん……」
 切なげな声が、耳元で囁かれる。首筋にかかるエイミィの吐息。もたれた身体の柔らかさ。
 ――ああ、もう、何なんだ。なんで顔が熱いんだ。飲まされたアルコールのせいか。そうに決まってる、
「クロノくん、あたしね……」
 ぎゅっと、エイミィの手が僕の背中をきつく掴んだ。短い髪が頬をくすぐって、アルコールの匂いの中に、ふわりとした柔らかい匂いが混じっていて――
「あのね、あたしね――」
 ごくり、と喉が鳴った。その次にくるエイミィの言葉。それは、とても、決定的に、

「――もうだめ、吐く」

 致命的だった。

「ちょっ、ま、待て、エイミィ! ここで吐くな! 離れろ、というか離せ――」
「――うぷ」
「わ、うわ、わわわ、うわあああああああああああああああああああっ!」

 悲鳴が――夜の海鳴市に、長く長く、響き渡った。

    ◇

 翌日。
「うぅ……頭痛い……飲み過ぎた……」
 ベッドの中で、青い顔で呻くエイミィの姿があった。
「……そりゃ、あれだけ飲んだら、当たり前だ」
 水の入ったコップを差し出して、僕は溜息混じりに呟く。
 ――おかげで、昨日は酷い目に遭った。それはもう、何重もの意味で。おまけに、
「あー、もう昨日のこと何も覚えてないよ……」
 これである。……一言一句覚えている僕の身にもなってくれ。
 結局あれは酔っぱらいの妄言だったのか、それともエイミィの本音だったのか……。
 もし後者だったとしたら……僕は。
「ねー、クロノくん。あたし何か変なこと言ったりしてなかった?」
「――さあ、な」
 ……とりあえず今は、聞かなかった、何もなかったということにしておこう。
 それは、現状からの逃げかもしれないが……今は、まだ。
「まあ、今日は休みなんだ。ゆっくり寝て、明日にはちゃんと復帰してくれよ、エイミィ」
「ん……」
 毛布を被り直し、それからエイミィはふと、こちらを振り向く。
「……何か、今日のクロノくん、優しいね?」
「っ――別に、そんなこと、無い」
 そうとだけ答えて、僕はエイミィの部屋を出る。リビングに戻ると、母さんとフェイトがお茶を飲んでいた。
「あ、クロノ。エイミィの様子、どう?」
「ただの二日酔いだよ。寝かせておけばそのうち元気になるさ」
 椅子に腰を下ろし、僕は肩を竦めてみせる。フェイトはそれに苦笑した。
「クロノ、あなたもお茶にする?」
 母さんが急須を手に言う。僕は頷こうとして――ふと、思い直し、こう答えた。

「いや……今日は、牛乳にしよう」
| 浅木原忍 | 00:48 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:48 | - | - |
Comment
どうも、クリューゲル=ストランザーです。
いやいや。「なのはBURNING」も楽しみなのですがこっちもけっこう待ってました。前に自分が言った「クロノ視点」が読めて非常に面白かったです。
もー、アレックスとランディのオペさんズ(勝手に命名)の絡みッぷるが爆笑。それに便乗してきたエイミィさんは更に爆笑。幼馴染スキーは自分も同じなので、非常に共感できます。
これからも頑張ってください。アースラの食堂で皿洗いをしながら続きを待っています。それでは。
Posted by: クリューゲル=ストランザー |at: 2006/10/15 10:46 AM
>クリューゲル=ストランザーさん
 いつもながら感想ありがとうございます〜。幼なじみスキーでありましたか! 仲間!( ・∀・)人(・∀・ )
 StSのクロノ×エイミィ公式化を受けて、このカップリングはいろいろネタにしていきたいところです。たぶんBURNINGでも。ではでは。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2006/10/15 1:53 PM
自分こーゆー終わり方が大好きなのですよ!!
いやぁ〜エイミィーさん絶対に覚えてるでしょう?!
Posted by: れあな |at: 2007/10/31 3:09 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links