Entry: main  << >>
それぞれのアツい午後
 mattioさんより新作! 前作の続編なのでまずはそちらをどうぞw
 それにしてもプール編ですよプール!











 ――アリサ――

 あぁ、熱い……熱い……
 なんなの、この照りつけるようなうっとおしい熱気は。
 いやいや目をあける。
「あ、アリサちゃんっ……大丈夫?」
 ……あぁ、納得。目の前に映ったのはあたしの太陽……
 通りで熱いはずよね。
「ん……」
 あたしは右手を伸ばしてその太陽を――

 ――水が、降ってくる?

「……っ」
 びしょぬれ。
 ……雨なわけ、ないわよね。空は憎いくらいの快晴だもの。
 無言で起き上がり、後ろを向く。
 あぁ、妙に柔らかいと思ったら。
 浮き輪、か……。
 ……別に、残念でもなんでもないけど。
「おぉ、起きたか、アリサちゃーん」
 あたしは首を振ってかかった水を切り、同時にうつろな頭を無理矢理に覚醒させる。
「……ええ、あんたに水ぶっかけられる直前に」
 声のした方を今更にらむこともしない。
 知ってるから。このあたしにこんな無礼極まりない暴挙をやってのける命知らずは、一人しかいないから。
「そかそか、そりゃ良かった。アリサちゃん、ここがどこか解かっとるか?」
「……プール」
「自分が倒れたん覚えとるか?」
 ちらっと、あたしをノックアウトした『元凶』の方を見やる。
 『元凶』は「わたしがどうかした?」とでも言いたげな表情。
「…………何となく」
 ヒョウ柄の水着を着たすずかの悩殺ポーズに――はやての入れ知恵だけど――急激に頭がオーバーヒートしていく感覚はよく覚えてる。
 そう、やっぱり倒れちゃったの……不覚。
 自分も色違いのお揃い水着を着てるってのに、すずかが着るとこんなに破壊力があるのね。
「アリサちゃん、日射病なんじゃない? あっちの日陰で休んでよう?」
 すずかの指差した方を向く――ベンチ、か。
「……そうね」
 ここはプールサイド。
 あそこならここより日差しが防げるだけ、幾分頭の熱気も冷めるだろう。
 ただ、まだ熱を出す要素は『いる』のだけれど。
「日射病て……すずかちゃん、素で言うてるの? それとも……」
「え? 何が? はやてちゃん」
「いや、やっぱりええよ」
 はやてがあたしを見て苦笑。
 あたしもつられて同じく苦笑。
 ま、すずかならそんなもんよね。
 ちょっと、安心。
「じゃあ、ちゃんと掴まっててね。行くよ」
「なっ」
 身体がふわっと宙に浮く。
 おんぶ。
 すずかによる、おんぶ。
「ちょ、すずか、そんな背負わなくても……!」
「アリサちゃん、背中で暴れないでっ」
 怒られた。すずかに……
 あぁ、もう。どうしてこんなことに――
 ほら、みんなが見てるじゃない。
 ……むぅ。なんだろ、この複雑な気持ちは。
「おぉ〜、なんとも貴重な光景やね。色違いのヒョウが仲良く交――ヴぃっ!」
 ――さすがあたし。投げた浮き輪が見事命中。
「見てみなさい、すずか。シマウマに成りすました変な生き物がのたうち回ってるわよ。貴重な光景ね」
「もう、ダメだよアリサちゃん。はやてちゃん、あんなに痛がって――」
 シマウマもどきが顔を抑えながらあたしに向かって親指を立てる。
「よっしゃ! やっと気付いてくれたね、アリサちゃん。そうなんよ、この水着実は二人に絡んでもらい……アリサ、ちゃん?」
 あたしはすずかから降り、かごにまとめてあった手のひらサイズのビーチボールを持てるだけ持ってシマウマもどきに詰め寄る。
「そう、じゃあそのまま大人しく立ってなさい。望みどおり狩ってあげるわ」
「ひゃあぁー♪ よきにはからえ〜」
 シマウマもどきが身体をくねらせ、そのままプールにドボン。
「いつの時代よ! 待ちなさい!!」
 ハンティング、開始――!
「アリサちゃんっ」
 すずかの声を振り切り、あたしはすぐさまシマウマもどきを追走、プールへ――

「か、狩るならわたしを狩って!」

 ――ドボン。ぶくぶくぶくー。





 ――フェイト――

「あ……」
 さっと青ざめる。
 どうしよう。どうしよう。どうしよう……!
 プールに潜ろうと息を吸い込んだところで、重大な事実に気がついてしまった。
「どうかした? フェイトちゃん」
 横を向くとなのはが不思議そうにわたしを見つめている。
「……なのは」
 どうして、どうしてここに来るまで気づかなかったのだろう。
 持ってきた筈の……持ってこなければならなかった筈の品が、ない。
 それは水中で目をあけられない者の必需品なのに。
「ゴーグル、忘れてきちゃった……」
「あ。フェイトちゃんて、水の中で目、あけられないんだっけ?」
「……うん」
 認めたくなかった。
 そうだ。目をあけられなくとも潜ってしまえば良かったのに。
 そうすれば今日はやり過ごせたかもしれないのに。
 想われたい人に自分の欠点をさらけ出すのは何よりも耐え難い事実だから。
 せっかく楽しみにしていた時間が一瞬で、この場を去りたい鬱な時間へと変わってしまった。
「う〜ん……ゴーグルなら多分借りれると思うけど……そうだっ!」
 なのはがわたしの手を握ってきた。
「フェイトちゃん! わたしと特訓しようっ?」
「え……なのは、と……特訓?」
「そう! わたしが目をあけられるように手伝ってあげる」
 なのはの方を見つめる。けど、俯く。
 口をへの字にして、ぎゅっと目をつぶる。
 だって自分がふがいなさすぎて。
 だってなのはが優しすぎて。
 だって、嬉しすぎて。
「ほら、フェイトちゃん?」
 耳元で囁かれる、子供をあやすような声。
 けれど嫌な気持ちにはならないし、なれない。
 それが、多種に渡るなのはの『魔法』の一つ。
「……ん。ありがとう、なのは……」
 未来の教導官からマンツーマンでの指導。
 わたしは、なんて幸せ者なんだろう――






 ――はやて――

 ありゃー。アリサちゃんが沈んだっきり浮かんでこないんやけど。
 すずかちゃんも……やっぱり、実は確信犯なんとちゃうか。
 ええなあ。この二人なら夫婦漫才として十分業界に――
「アリサちゃんっ! アリサちゃんっ!」
 ――っとぉ。まずはアリサちゃんやね。
 すずかちゃんがプールに飛び込んでくるまで、すっかりフリーズしてたみたいや。
「よいしょっ……と」
 すずかちゃんから、引き上げたアリサちゃんを預かる。
「アリサちゃんはわたしが上げとくから、係員の人呼んできてもろてええか? すずかちゃん」
「う、うんっ」
 すずかちゃんが軽快にプールを上がり、駆けていく。
 すずかちゃんも、アリサちゃんが絡むととたんに目の色変わるなぁ。
 なのはちゃんといい、フェイトちゃんといい。
 わたしもいつかこうなるんやろか。
 ……さて、わたしだけじゃ心許ないし、『あの二人』は……と。
 …………。
 相変わらず絡みづらいオーラ出しとるなぁ……
 ま、しばらくはええか。
 人の恋路をなんちゃらとか言うし。
 うん、やっぱりわたしがしっかりせな。
 まずは、行動や。

「アリサちゃ〜ん。おぼれた言うのに、そのにやけ顔はあかんてー」

 とりあえず、突っ込んでみた。






 ――フェイト――

「う〜ん。やっぱり、無理そう? フェイトちゃん」
「ごめん……」
 残念そうななのはの顔。
 どうにも見ていられなくて、俯くことで目を逸らす。
 その顔をわたしがさせているんだと思うと、潜れない事よりも俄然辛い。
 自分のふがいなさに、ひどく落ち込む。
「にゃはは。謝らなくてもいいけど、う〜ん……やっぱり、いきなりは難しいかなあ」
 何度も、何度もなのはが優しく声をかけてくれているのに。
 何度も、何度も勇気をくれてるのに。どうして。
 この言うことを聞かないまぶたが憎らしい。
「じゃあ……奥の手、使っちゃおっか」
 なのはの声が、急に明るくなった。
 それにちょっと驚いて、思わず顔を上げる。
 上げた先にはなのはの、自信に満ち溢れた明るい笑顔。
「お、奥の手?」
「フェイトちゃん。せーので一緒に潜るよ」
「へ? う、うん……」
 なのはの両手がわたしの両手を握り、二人で向かい合う。
「いくよっ。せーのっ」
「っ」
 
 …………。

 ……勢いよく潜ったはいいけど。
 やっぱり、ダメだ。
 怖くて、またしても目に力がこもってしまう。

 ――あれ? 
 何、かな。唇に、何かが触れる感覚。

 ………………

 ――――!

 とっさに『目をあけて』確認する。
 ……案の定。
 目の前には目を閉じたなのはの顔が。
 そしてわたしの唇に触れているのは――……
 なのはの両の目がゆっくりと開かれ、蒼い瞳が現れる。
 そしてわたしを見て、かすかに目が細まる。

 ほら、あいたでしょ?

 ……とでも言わんばかりの、微笑。
 なのははやっぱり、最高の教導官になれるよ……。
「ぷはっ。……ね?」
 にこにこ笑うなのはの笑顔は、最高のご褒美のようで。
 慌てて顔を手で隠して、呟く。
「……なのは」
「ん?」
「えと……まだ、一人じゃ、うまくあけられないかもしれないから、もう少し練習して、良いかな?」
 あぅ……しまった。
 ちょっと、直球すぎたかもしれない。
 けど相手がなのはだから、かえって遠回しすぎたかも。
 言ってしまってから猛反省する。……手遅れ、だけど。
「あはは。フェイトちゃんてば、そんな遠回しに言わなくたって、したいって言ってくれればいつでもしてあげるよ」
 急激に頭のてっぺんまで火照る。
「な、なのは……」
「フェイトちゃ」

「なのはちゃ〜ん!! フェイトちゃ〜ん!!」

「ふぇ?」
「はや、て?」
 見るとはやてがベンチの辺りから手を振っていた。
「悪いけどちょう、こっち来てー」
 なのはと顔を見合わせプールから上がり、はやてたちに駆け寄る。
「どうしたの……って、アリサちゃんっ!?」
 なのはが素っ頓狂な声を上げる。
 わたしは、声を上げることすらできない。
 アリサが、ぐったりと仰向けに寝てる――
「アリサちゃん、おぼれてしもたんよ」
「飲んじゃった水はさっき出したし、鮫島さんにも電話したからもうすぐ迎えが来ると思うんだけど……」
 そういうすずかも、そわそわと落ち着きない。
「アリサがおぼれるなんて……体調、悪かったのかな」
「あは、は……」
 すずかが乾いた微笑。
 何か、あったのかな……
「けど、なんだか顔はすごく元気そうっていうか……」
 なのはが首を傾げる。そう。わたしも気になっていた。
 一見ぐったりしてるのにその、なんて言うか、にへら〜っとした、おかしな……もとい、幸せそうな顔。
「まあ、はは……」
 今度ははやても、乾いた微笑。
「みんな、ごめんね。わたし、アリサちゃんに付き添っていたいの。だから……」
 すずかが申し訳なさそうに呟く。
「永遠に?」
「へ?」
「ああー、なんでもないなんでもない」
 はやてが両手を振る。
 なんだろう、急に……
「分かってるて、すずかちゃん。わたしらはわたしらで好きにするから、アリサちゃんのこと頼むわ」
 それを聞いたすずかが、わたしたちに笑いかける。
「うんっ」
 ……わたしたち三人は誰からともなくプールへと引き返した。

 だって、『お邪魔』だから。






 ――すずか――

「すずかお嬢様。もしよろしければ、このままご一緒いただけますかな」
 車に乗ってからずっと気まずかった沈黙の空間が、鮫島さんの声で破られた。
「はい、ぜひご一緒させてください。鮫島さん」
「ありがとうございます」
 ミラー越しに見える鮫島さんの顔は、笑っていた。
「ん。んん〜……」
 その苦しげな声のする方を見ると、そこには窓に寄りかかり眉を寄せたアリサちゃんの痛々しいうなされ顔が。
 それを見たわたしは切ない気持ちで胸がいっぱいになって、思わずその頭を抱え込んだ。
「アリサちゃん。さっきは、ごめんね……」
「…………」
 せめて、これぐらいは――
「浮き輪ほどじゃないけど、今はこれで我慢してね」
 その抱えた頭を、自分の両ももへ――
 自分の真下にきたその顔をこめかみの辺りからあごまで、ゆっくりゆっくり、撫でる。
「…………ん……」
 アリサちゃんが、……微笑。
 それを見たわたしは窓越しに未だ空高く輝く日差しへと視線を移し、微笑。
 目を逸らさずには、いられなかったから。そうしないと、――――

「――今日も、アツかったね。アリサちゃん……」

   *

 ――なのは――

「なんだか、結局プールどころじゃなかったね」
 わたしとフェイトちゃんだけで楽しむのも――はやてちゃんもすぐ帰っちゃったし……――気が引けたから、早いけど家路につく事にした。
「まあ、プールはいつでも来られるから。アリサの調子が良くなったら、みんなでまた来よう?」
「うんっ」
 そう。まだ夏は始まったばかりなのだから。
 フェイトちゃんとの、初めての夏。
 まだまだ、やりたいことはい〜っぱいあるんだ。
「なのは、その、今日はありがとう」
「ほぇ? 何が?」
「その、おかげで、水の中でも目をあけられるようになったから……」
「あ〜……うん……」
 うぅ……。
 フェイトちゃんのピュアな瞳が、わたしを罪悪感でいっぱいにする。
 うん。やっぱり、正直に言おう。
「ごめんね、フェイトちゃん」
「え? ……どうして、謝るの。なのは」
「これ……」
 差し出したのはフェイトちゃんの、ゴーグル。
「フェイトちゃんの鞄から、抜き取ってたの」
 それは更衣室での数秒。
 フェイトちゃんが目を逸らした、ほんの数秒。
 わたしに、魔が差した。
「ど、どうして?」
「あの……そうすれば、今日みたいなこと、できるかなって……思っちゃって……」
「…………」
 フェイトちゃんがゴーグルを手に取り、沈黙。
「ごめんなさい……」
 両手で胸を押さえつけて、ぎゅっと目をつぶる。
 次、フェイトちゃんに何を言われるか、……怖い。
「――えっ」
 ふいに、頭を何かに引っ張られる感覚。

 びっくりしてとっさに目を開けると、
「ん!? ん……」

 フェイトちゃんの……

 …………。

 キス、顔。

「……やっぱり、開いた」
 顔を離したフェイトちゃんが、その一言。
「へ……?」
 自分の間の抜けた声に、さらに赤面。
「これで、帳消しでいいよ」
 ……。
 プールに入ったばかりなのに、身体中が汗だくだよ、もお。
 うぅ〜。なんだか今日、いつもよりすっごく熱い……
 夏だから?

 …………なんて、ね。

「うん。ありがとう、フェイトちゃん」
「こちらこそ。ありがとう、なのは」

 今年の夏はいつもよりアツくなりそうな、そんな予感。

 すっごく楽しみ。
| 浅木原忍 | 21:53 | comments(11) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:53 | - | - |
Comment
アレで終わりだと思ったら、続いてるしww
前作同様和みました。
すずかさんは、狙っているのか、無意識なのか。
どちらにせよ末恐ろしいw

ところで、目に悪そうでプールの中とかでゴーグル無しに目開けたこと無いんですけど、普通ですよね?
Posted by: tukai |at: 2007/07/29 11:26 PM
 >tukaiさん
 >アレで終わり
 あれだけプールだの水着だの言っていて終わりにするのもなんだかシャクでしたので(笑

 >すずかさん
 きっと天然です(笑)けど個人的には両刀使(ry

 >ゴーグル無しに目開けたこと無いんですけど
 ミートゥーw
Posted by: mattio |at: 2007/07/30 9:19 PM
このラブラブオーラは、どちらのカップルから突っ込みをいれたらいいのでしょうかw
Posted by: 桜花 |at: 2007/07/30 10:47 PM
すずか嬢の一言で私も撃沈。
アレは絶対狙ってるに違いないですよね!ねぇアリサさん!?

そして策士だけど徹しきれないなのはさん。フェイト嬢じゃなくても激萌です。
いいです。もう永遠にイチャラヴってて下さい。草葉の陰でハァハァします(切腹)
とりあえずこんな「なのフェイ夫婦」はこの日の夜も熱くなるんでしょうか?(ぇ
Posted by: LNF |at: 2007/07/31 2:45 AM
拝読しました〜

>「見てみなさい、すずか。シマウマに成りすました変な生物がのたうち回ってるわ。貴重な光景ね」

アリサのこのセリフの言い回しが妙に気に入ってしまいましたw

やっぱりアリサとはやては名コンビだと思いますww
この二人メインの話も見てみたくなってきたり(^^;)


なのフェイは相変わらず入り込む余地なしですね〜
しかし、ゴーグル隠したりとか、なのはさんが普通の女の子に見える(ぇ
Posted by: LEO |at: 2007/07/31 3:33 PM
一つだけ言っておく。すずかは絶対確信犯だーーー。
でなきゃ「私を狩って」なんて言えないって。
あんな事を言ったら、もうアリサとお泊りが出来なくなっちゃう。
遅くまで狩られちゃう。

なのはとフェイトはいつもどおり。
策士のなのはに踊らされるフェイト。
きっと夜もっ(殴×蹴×殺)。
Posted by: ユリかもめ |at: 2007/07/31 3:38 PM
 判断はあくまでお任せしますが、一応うちのキャラは『策士』ならぬ『乙女』ですと主張するmattioですこんばんはw(ぇ
 コメント、毎度ありがとうございますです。

 >桜花さん
 ルート1:
 「すずか、なんか突っ込まれたわよ」
 「ふふ、私たちが仲良いから妬いてるんだよ、きっと」
 「ふ〜ん。困った人ね」
 結末1:だしにされる(ぇ

 ルート2:
 「フェイトちゃん……」
 「なのは……」
 結末2:二人はすでにアルハザードへ旅立っております(ぉ

 ルート3:
 「大丈夫や、桜花さん。まだわたしがおる。いくらでも突っ込んでくれてええよ」
 結末3:師匠と漫才(ぁ

 >LNFさん
 『乙女』故です(笑)で、結果アリサさんが狩られてしまったと(ぉ
 >この日の夜も熱くなるんでしょうか?
 それは未来の彼女たちの愛の巣か、他所様の作品に期待しましょう(笑

 >LEOさん
 >アリサとはやて
 LEOさん気に入ってくれるかなあ、とか思いつつ書いたり書いてなかったりな絡みでしたー(マテ
 二人メインはちょっと……(汗
 基本なのフェイは必ず入れなければならないしきたりですので(ぇ
 まあ、個人的に五人の話書くときは必ず入れたいくらい好きですよ、この絡みは。
 >なのはさんが普通の女の子に
 興味、予算等ございましたら合同誌をよろです(笑

 >ユリかもめさん
 すずかさんはきっと前から言おう言おうとしてたのですよ。で、今回チャンスが来て勇気を振り絞って言った、と。
 それはなのはも同様に恋心が悪戯してやってしまった、と。
 「乙女」に興味ございましたら合同(マテ
Posted by: mattio |at: 2007/07/31 7:45 PM
あ−−−−−、もう、アツイやら、甘いやら、もう、顔ニヤケまくりでしたよ。
これ、まだ続くのですね。
次も楽しみです。
Posted by: ほわとと |at: 2007/07/31 8:49 PM
 >ほわととさん
 >続く
 え、ええっ!? どこにそんな振りが!?(汗
 アツいシリーズ(ぇ はこれで終わりなんですけど、……今のところ浮かんでるシーンはまた季節ネタなんですけどねw
 季節をリアルと合わせる事でキャラを身近に感じてくれたら、なんて(笑
 ボツにならぬよう頑張りますです。
Posted by: mattio |at: 2007/07/31 9:12 PM
初めまして、ユウといいます。
読ませていただきました、読んでる間中ずっと顔がニヤついてしまいました、とても面白かったです。
Posted by: ユウ |at: 2007/08/01 9:27 PM
 >ユウさん
 はじめましてー。
 リアルも夏なわけですし、楽しく面白くを掲げて前作今作と仕上げてみました。
 私の脳内では五人が絡むと自然こんな感じになるのですよw
 コメントありがとうございましたw
Posted by: mattio |at: 2007/08/01 10:27 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links