Entry: main  << >>
祝福の花
 満を持して(?)霧崎和也さんが登場ですよ! これでなのフェイ軍団全員集合というところでしょうかw
 そしてそもそも花の名前が読めなかった人がここに。……まぁいいや(ぇー












「わぁ、綺麗だね……」

小高い丘を登りきった私の目に飛びこんできたのは、街中では見ることが出来ないような
たくさんの美しい花たち……まさにお花畑と称するに相応しい場所だった。
この町で暮らし始めてもうすぐ1年半になるけど、こんな場所があるなんて知らなかった。

「えへへ。学校のみんなもあんまり知らない場所なんだよ」

私がその光景に目を奪われていると、私をここに案内した少女……なのはが遅れて丘を
登ってきた。その楽しそうな笑顔に、私の口元も緩くなるのを感じる。
学校から帰る途中、なのはに半ば強引に引っ張られて何かと思ってきてみたら……。
本当にもう、なのははいつだって私に予想外の幸せをくれる。

「うん、素敵な場所だ」

色とりどりの花が、自己主張でもするかのように咲き乱れるのはすごく綺麗だった。
さっきまで上ってきた山道とはまるで違う世界。どこか別次元へ転移魔法を使ったみたい
だった。

「フェイトちゃん、お花も綺麗だけど、こっちも凄いよー」

なのはに呼ばれ、私はここに来て初めて足元の花から目を逸らすと、私はゆっくりと
花を折らないように歩いた。
こんな綺麗な場所を、私の足で汚したくないから。

「フェイトちゃん、随分ゆっくりだったね」
「だって、こんなに綺麗な花だもの、なるべく踏まないで歩きたいし」

あんまり意識しすぎて、なのはの所へ行けたのはそれから3分もかかってしまった。
でもなのはは焦れたり怒ったりしないで、いつもの、私の大好きな笑顔で見ていてくれた。

「優しいなぁ、フェイトちゃんは。わたし、フェイトちゃんのそういうところ、大好きだよ」
「……っ、なのは」

私としては当たり前のことをしたつもりだったけれど、それをなのはに誉められて、しかも
恥ずかしいような嬉しいような言葉も聞いて、私は何も言えなくなってしまった。
なのはは本当にずるいなぁ、と思う。だって、そんなことを言われた私の胸のドキドキは
しばらく抑えられなかったから。

「ぼーっとしないで。ほら、見てみて」

そんなことを考えてると、なのはが私の腕に自分の腕を絡めて、私をここへ連れてきた時の
ように引っ張った。一瞬よろけそうになったけど、なのはが受け止めてくれた。優しくて
暖かい感触が私を包んだ。

「ね? こっちも凄いでしょ?」

言われてなのはの指差す方向を見ると、丘の下に広がる海鳴市が見渡せた。
ビルが建ち並ぶ所があったかと思えば、住宅街や緑が広がる場所もあり、そしてその奥には
無限の広がりを感じさせる海がある。
確かに、なのはの言う通りだ。この景色も背中の「お花畑」と同じ位綺麗だった。

「そうだね……まるで、夢の中にいるみたいだ」

大好きな人と2人で、幻想的な光景の場所にいる。
本当に夢みたいで、夢ならしばらくは覚めないで欲しかった。





「あれ……なのは?」

しばらくそんな風に物思いに耽ったり、周囲の眺望に目をやったりしていたら、気がつくと
いつの間にかなのはが私の隣からいなくなっていた。

「なのは……どこ?」

左右を見回してもいない。私は突然、この浮世離れした世界に一人取り残されてしまった。
私の胸に、わずかな不安がきざす。

「ここだよ、フェイトちゃん!」

でも、その不安もほんの一瞬で吹き飛ばされた。
なのはの声が聞こえたと思うと、これまた突然私の頭に何かが乗せられたのだ。
驚いて後ろを振り向くと、なのはが変わらない笑顔で、でも顔に少し汗を滲ませていた。

「これは?」

振り向いた時に私の頭に乗った物が落ちたので、それを拾い上げる。
それは、1種類の綺麗な花でできた冠だった。

「えへへ、フェイトちゃんへのプレゼントだよ」
「プレゼント?」

……ええと。
なのはからプレゼントを貰えるのはすごく嬉しいんだけど。
今日は何でも無い日なのに、どうしてなのはは私にプレゼントをくれるんだろう?
黙って受け取ろうかとも思ったけど、やっぱりどうしてなのか気になるし、そういう疑問を
抱えこむのは良くないと思ったので、素直になのはに聞いてみる。

「そっか、フェイトちゃんは覚えてないんだね」

え?
今日って何か特別な日だったっけ?
なのはの誕生日は先月だった筈だし、私は自分の誕生日を知らないし、他に特に何か
あったかな?
……私が覚えてなくて、なのはが傷ついちゃったかな?

「覚えてなくても仕方ないか……もう2年も前だもんね。
今日は、私とフェイトちゃんが初めて会った日なんだよ」

ああ、そうか。
私は胸につっかえていた物が取れるような、すっきりとした感覚を覚えた。
友達になって、こっちの世界に来て。
それから一緒にいるのが当たり前になったから、すっかり忘れてしまっていたけれど。
2年前の、今日。
それが……私となのはにとっての、始まりだったんだ。

「フェイトちゃんは、自分の誕生日を知らないって言ってたけど」

続いて紡がれたなのはの言葉に、私ははっとした。
覚えてたんだ、私が前にそう言ったのを……。
それなのに、私はなのはと出会った日が今日だということをすっかり忘れていて。
すごく申し訳ない気持ちになった。

「そんな顔しないで、フェイトちゃん……わたしが好きでやったことだから。それで、
誕生日のお祝いが出来ないのは可哀想だったから、代わりにわたしとフェイトちゃんが
出会った日にお祝いをしようと思って……ダメだったかな?」

私はまた、言葉が出なくなった。
母を失い、絶望の淵にあった私を引き上げてくれたなのは。
こんな私のことを好きと言ってくれて、大切に想ってくれるなのは。
私にたくさんのものをくれたなのは。
この少女の優しさは、底無しなんじゃないかという錯覚すら覚える。

そんななのはが、どうしようもなく愛しくて。
私は、その小さな身体を強く抱き締めていた。

「ふぇ、フェイトちゃん?」
「ありがとう。そしてごめんね、なのは……。私は何も返せてないのに、なのはにずっと
貰いっぱなしで」

最初、なのはは驚いて私の言葉も聞けない状態だったみたいだけど、しばらくして
その腕が私の身体に回された。さっきのような心地良い体温を感じていると、なのはの口から
甘く優しい口調で言葉が漏れた。

「ふふ、今言ったでしょ? これは私が好きでやってることだって。それに、私だって
フェイトちゃんにたくさんもらったんだよ。だから、そんな風に自分を責めないで」

なのはの言葉の響きに、私はそっと彼女の身体から手を離し、正面からその顔と向き合う。
そこには、私にとって何より大切な人と、その太陽のような笑顔。
ずっと一緒にいたいと、ずっと側にいて欲しいと思わせる、優しい表情。

「ありがとう、なのは」
「うん! おめでとう、フェイトちゃん」

ただそれだけ言葉を交わして、再び私達は抱き合った。
もう、言葉は要らないから。
触れ合った身体から、背中に回した手から、お互いの想いが伝わってくるから。
――大好きだよ、なのは。





「そういえば、この花はなんていう花なの?」
「これ?これは忍冬っていうんだよ」
「すいかずら?」
「そう。……さて、ここでフェイトちゃんに問題で〜す。忍冬の花言葉は何でしょう?」
「花言葉? なのは、私この花の名前も知らなかったんだよ。分かるわけないよ」
「にゃはは、それもそっか。それじゃあ答えを発表しま〜す。忍冬の花言葉は……」





――愛の、絆。
| 浅木原忍 | 23:01 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:01 | - | - |
Comment
最近の天気に合ったさわやかな作品で良かったです。 
Posted by: mayu |at: 2007/05/09 6:41 AM
本当にこの2人は微笑ましくて正にベストカップルです。
2人っきりの時はいつもこんな感じかもしれません。
Posted by: ユリかもめ |at: 2007/05/09 12:56 PM
いや〜微笑ましいですね。これが戦闘になったら怪獣大戦争になるのだから不思議だ。

余談ですが、BURNING1巻を本棚に置いといたら、ライトノベルと間違えて読んだ妹が「2巻読みたい」とか言ってました。なのは知らない人にも受けるとは完成度がスゴク高いってことですね。
Posted by: ミヅキ |at: 2007/05/09 2:22 PM
お待ちしていました、これで全員集合ですか、こう考えるとなのフェイの人口って結構多いんですね。

ほのぼのしていて、その中に甘さがあって好きですね。2人の愛の絆が切れることは決してありません。
Posted by: |at: 2007/05/09 8:11 PM
なのフェイににやにやしながら読みふけってしまいました
文章かけるってやっぱりいいなぁ…
Posted by: えーま |at: 2007/05/09 11:21 PM
のほほんとした、ほんのりと甘いSSですね〜。

でも、さり気無く花言葉で愛を伝えて…さすがはなのはさんですw
これだったら、フェイトが落ちてしまうのも無理はない…!
Posted by: maisyu |at: 2007/05/10 12:41 AM
終始ほのぼのとしつつ、優しい甘さ。流石ですっ。
それにしても最近では花冠を作れる人は見ないですが、もしかしてなのはさんは前々からひっそり練習してたりとかしてたんでしょうか(笑)
そうだとしたら微笑ましくて良いですね。全てはフェイトへの愛のためにっ!
Posted by: 隅田 |at: 2007/05/10 12:54 AM
はじめまして、羨星(せんせい)と申します。
二人きりの日常、フェイトさん視点でのどきどきとした感じが伝わってきて、
鳥肌が立つほど感動しました。ありがとうございます。

そして、大変申し訳ありませんが、一つだけ気になった表現があります。
>私は、その小さな身体を強く抱き締めていた。
小さな身体という表現がありますが、二人とも子供なので
お互いを小さく感じることはないのではと私は思いました。
生意気を言うようで誠に申し訳ありません。

最後になりましたが、これからも霧崎さんの作品を楽しみにしています。それでは。
Posted by: 羨星 |at: 2007/05/12 5:35 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links