Entry: main  << >>
The honey holiday
 初投稿のフィールドさんより、なのフェイSSが届きましたー!
 じゅうはっさいいじょうすいしょうなようでありますよ?w











 ピピピピピピピピ!
「ふにぃ………」
 ベッドで安眠をむさぼっていたわたしの耳に、目覚ましのコール音が入って
きた。
 うう、うるさいなあ。
 毛布から右腕をにょきっ、と出して、手探りでベッドに備え付けのボタンを
見つけて押した。
 同時に収まるコール音。ああ、静かになった。
 目をつぶる。
 ……………
 うう、中途半端に眼が覚めちゃったよ……

 起きようかなあ。でも、今日は連休の初日で、早く起きる理由は無いし。
 今日くらいはお寝坊さんしてもいいはずだもん。
 それに、昨日の夜はフェイトちゃんと、その、ベッドの上でがんばっちゃっ
たから、まだすこし眠い。
 寝ぼけ眼でベッドの周りを見回すと、ほの暗い部屋の中に、カーテンの隙間
から差し込んだ日の光がアクセントとなって床に筋を作っていた。
 あ、まだフェイトちゃんはいるかな? 抱きついてフェイトちゃん分を補給
したいよー。
 後で思い返すと、かなり頭の悪いことを考えつつ、フェイトちゃんを求めて
わたしの体がごそごそとダブルベッドの上を彷徨う。
 見つからない。うー……シャワーかな? 結構、汗かいちゃったし。
 フェイトちゃんとしたあと、そのまま何も着ずに眠ってしまったので、今は
裸だけど、汗を吸って湿ったシーツの肌触りはちょっと気持ち悪い。
 わたしもシャワー浴びに行こうかなあ。
 うーん、でも、もう少しお布団の中で眠ってたいし……

 そんなことを考えていると突然、まぶたに入る光が強くなって、わたしはう
つ伏せのまま、反射的に頭から毛布に包まった。
「朝だよ、なのは。もう起きないと」
 まだ霞がかったわたしの頭に、ハスキーな優しい声が響く。
「……うー」
 頭だけ毛布から出して、ごしごしと目をこする。
 苦笑する気配。

 首をちょっとフェイトちゃんのほうに向けた。
「あ………」 
 開けた窓のカーテンの端を手にしたまま、フェイトちゃんは、黒のレース地
の下着だけでほかにはなにも着けていなかった。
 はっきり言おう。凄く綺麗で見とれた。
 綺麗な金色の髪、ルビーのような両の瞳。白い肌に黒地の下着がアクセント
になって、女の人特有の胸のふくらみ、ほっそりとした腰、足の付け根を際立
たせていて、裸のときよりも、ずっとえっちだ。
 その悩ましげなスタイルで、朝日の光を背にしたフェイトちゃんは天使みた
い。
 フェイトちゃんの体をぼーっと眺めていると、フェイトちゃんがわたしの視
線に気付いて、恥ずかしげにちょっと顔を赤らめた。

「なのは、どうしたの?」
「ううん、フェイトちゃん、きれいだなあって思っただけ」
 あ、うつむいて黙っちゃった。
 耳まで真っ赤。うわぁ、凄く可愛い。
 こんな顔をされるとなんだか、ちょっといぢめたくなってくるなあ……よし。
「フェイトちゃんって、胸、大きいよね」
「えっ……」
 話題を振られて、フェイトちゃんが口ごもった。何か言う前に、畳み掛ける。
「やっぱり、わたしがいっぱい揉んでるからかな?」
 にゃはは、と笑いながら、ちょっと意地悪くわたしが言うと、フェイトちゃ
んの顔が面白いくらいに慌てふためく……と思いきや、ベッドの上に片膝を乗
り出して、わたしを覗き込んできた。
 あ、あれ?
 戸惑うわたしにフェイトちゃんが、赤くなったまま、恥ずかしげに微笑む。
 頬がかっと赤くなるのがわかった。うう、その笑顔は反則だよ、フェイトちゃ
ん……
 だというのに。
「うん、なのはの愛情をいっぱいもらって、わたしの胸、すくすく育ってるよ」
 こんなことを囁かれて、余計に赤くなった。

「どうしたの、なのは? 耳まで真っ赤だよ?」
 風邪でも引いた? とフェイトちゃんが心配そうに聞いてくる。
 うう、恥ずかしくて、赤くなってるんだよっ。
 フェイトちゃんはそんな私の心情を知ってか知らずか、目をつぶってわたし
の額に自分の額をあてる。
 うわあ、目の前に眼を閉じたフェイトちゃんの顔がある……こ、これはこれ
で……うう、胸のどきどきが止まんない……
「うん、熱は無いみたいだ」
 安心したような優しい微笑み。
 あうあうあう……
「なのは?」
 わたしの顔をまじまじと見て、フェイトちゃんは首をかしげ……ぷっと吹き
出した。
 あ……
「ふぇ、フェイトちゃん、もしかして、からかってるの?」
「うん、なのはが可愛くてつい」
 そして、わたしのおでこにちゅっとキス。うう、悔しいけど全然イヤじゃな
い。っていうか凄く気持ちよくて、嬉しい。
「ふふ……」
 ごちゃ混ぜになったわたしの表情が面白かったのか、フェイトちゃんが笑い
をこらえている。
 むー……
「えいっ」
「えっ……きゃあっ!?」
 フェイトちゃんを無理矢理引き寄せた。

ベッドが僅かに軋んだ音を立て、わたしはフェイトちゃんの手首を掴んで、押
し倒す。
足といわず、腰といわず、わたしとフェイトちゃんの体が絡み合う。
しなやかで温かくて、引き締まった肌の感触。ちょっと汗のにおいの混じった、
フェイトちゃんの甘い匂い。
動いた分だけ筋肉になってる気がする、ってよくぼやいているけど、わたしは
このフェイトちゃんの肌触りが好き。
「ちょ、ちょっとなのは……」
「意地悪なフェイトちゃんにはおしおきだよ……」
 五指をフェイトちゃんの肌の上に滑らせる。
 瞬間、フェイトちゃんの体が引き攣った。
「ちょっ、なのっ、ひゃっ、うくっ、やめぇっ!?」
「にゃはは♪ フェイトちゃん、この辺が弱いんだよね〜♪」
 フェイトちゃんの弱いところなんて全部知り尽くしてるもん。
「えいっ、えいっ、えいっ、えいっ!」
「ひんっ、そこはっ、ら、らめぇ……っ」
しばらくの間、敏感なところをくすぐられて、フェイトちゃんは笑いそうにな
るのを必死にこらえながら、とんとんとん、と涙目でわたしの腕の付け根辺り
を何度も叩いていた。

 うーん、もう、許してあげようかな。
 動かしていた手を止めて、フェイトちゃんを軽く抱いて、目尻にたまった涙
を拭ってあげる。
 フェイトちゃんが目を瞬かせて、わたしの顔を見た。
 至近で見詰め合う。
その瞬間。
わたしたちは、胸の高鳴りを覚えるわけでもなく、衝動的にするわけでもなく。
目をつぶって、互いに抱き合って、ごく自然と、唇を合わせた。
「んっ……」
 さっきみたいにふざけてるときには恥ずかしいのに、こんなときには、普通
にキスできるわたしたちって、変なのかな?
 眼を開けるとフェイトちゃんが目を細めて私を見つめていた。
 フェイトちゃんの瞳はきれいなサファイアルビー。はじめてキスをして、は
じめて体を交わして、もう何年もたって。
 こうやって自然にキスもできるのに、この宝石のような瞳で、こんな風に見
つめられると、今でもどきどきする。
 よく、はやてちゃんが『フェイトちゃんは、なのはちゃんにぞっこんやねえ』
とからかうけれど、それはわたしもそう。
 わたしはフェイトちゃんが好き。ううん、言葉だけじゃ、この感情を説明す
ることは出来ない。
 フェイトちゃんがいるから、わたしは幸せでいられる。
 フェイトちゃんがいなくなったら、わたしはきっと生きていけない。
 ふと気付くと、唇を重ねたまま、フェイトちゃんが不満そうに眉を寄せてい
た。こんな顔もフェイトちゃんだと凄く可愛いのだけど。
 唇を離す。
「キスしてるときに考え事?」
 今度は拗ねた表情。
 フェイトちゃんは自分以外の女の子に構うときも、大体こんな顔をして、わ
たしを困らせる。
 わたしよりもずっと大人っぽいのに、どうしてこういうところは子供なんだ
ろう、といつも思う。けど、実は、嫉妬するくらい、わたしの事を想ってくれ
てるって考えると嬉しくて、複雑、かなあ……
「誰のことを考えてたの?」
「フェイトちゃんのこと」
「……それならいい」
 照れたように微笑んで、わたしの鎖骨をなぞる。
 それがちょっとこそばゆくて、わたしはちょっと微笑った。
「えへへ……」
 微笑いながら、指でフェイトちゃんの髪を梳くと、私の指の間で金色の髪が
踊り、絹のようにさらさらと流れていく。
フェイトちゃんが心地よさそうにわたしの胸元に頬擦りするように頭を預けて
きた。
「んっ……」
重みでわたしの胸がすこし圧されてちょっと苦しいけど……フェイトちゃんの
息が胸元に吹きかかるのと相まって、しびれるような、むらむらとするこの微
妙な感覚がとても心地いい。
ついでに、どうせなら、直接手で触って、その、揉んでくれてもいいのに、と
か思ってしまう。
 うーん、いつのまにか、えっちな体になっちゃったなー。わたしもフェイト
ちゃんも。
 苦笑しながら、フェイトちゃんの髪を梳いていた右手で、フェイトちゃんの
頭をゆっくりと、感触を確かめるように撫でる。
同時に空いていた左手で、背中を弄ぶように人差し指で、フェイトちゃんの弱
いところを撫で回した。
「はぁっ……」
 フェイトちゃんが悩ましげな溜息を吐いて、足を絡めてきた。
 潤んだ瞳で胸元からわたしを見上げる。
「なのは……今日の用事は?」
「んーっと……なにもない、と思うよ?」
「じゃあ、今日はずっとこうしてていい?」
 蕩けそうな甘い響きに、わたしの中の何かが首をもたげる。
 フェイトちゃんの濡れた瞳が煌いて、暖かくなる優しさとぞくぞくする欲情
の視線が、わたしの瞳をまっすぐに貫く。
 うあ、わたしもなんだか蕩けそう……
「フェイトちゃんのえっち」
「……ダメ?」
 うう、そんな眼でそんなこと言われたら、ダメなんて言えないよ……
「いいよ。今日はずっといちゃいちゃしてよっ♪」
「うん!」
 フェイトちゃんが輝かんばかりの笑顔でぎゅーっとわたしに抱きついて、キ
スの嵐を降らせてきて、蜂蜜のような甘い休日が始まった。
 えへへ、今日は一日中甘えちゃうからねっ♪
| 浅木原忍 | 21:04 | comments(13) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:04 | - | - |
Comment
蜂蜜のように甘いSSごちそうさまです。

前日にはがんばったようで、そして連休初日の朝から大好きな人と一緒に過ごす。もう、たまりませんねなのフェイは。私はそんな2人にぞっこんです、これからもずっと。
連休中は一日とは言わないでずっと思いっきり甘えちゃってください。
Posted by: |at: 2007/04/30 9:33 PM
甘!!

連日といきたいですが,糖度でベットが使い物にならなくなるような気がするのですが大丈夫ですかね。こんなときにありがちな,洗浄糸と乾燥系の魔法があれば良いのに。
Posted by: mayu |at: 2007/04/30 10:08 PM
>鴇さん
物語的には甘えようとしたところで、スバルたちの自主訓練に狩り出されるとゆー展開も美味しいんですけどね。(笑)

>mayuさん
その辺は部屋のコーディネートを担当したちびリィンが気を利かせて、丈夫でお手入れ簡単な特注ベッドにしてあるかと(笑)
Posted by: フィールド |at: 2007/04/30 10:46 PM
いや〜これは極甘なのフェイですね〜。

こんなに好き合ってて…それで一緒の部屋になったら、こうなるのは必然ですよね〜。
しかしあまりしすぎると、六課のみんなにバレちゃう日も来るのでは…。
むしろ黙認、いや公認…?
Posted by: maisyu |at: 2007/04/30 11:24 PM
設定がツボにはまって全力で悶えますた。
Posted by: tukai |at: 2007/05/01 12:37 AM
こ、これは…あまりの甘さに糖尿病にかかりそうです(笑)
なのはとフェイトの関係はいつでも公然の秘密というやつですね?
朝っぱらからなのフェイを補充できて満ち足りた一日が送れそうです♪
ごちそうさまでした^^
Posted by: 落葉なみき |at: 2007/05/01 6:42 AM
>maisyuさん
>落葉なみきさん
このお話に限って言うと、このバカップル、プライベートでは場所を選ばず、らぶらぶ放射能(何)を発しているので、秘密でも何でもありません。
むしろ風紀上の問題で、はやてが頭を痛めてます。(笑)

>tukaiさん
悶えていただけたなら本望!
Posted by: フィールド |at: 2007/05/01 7:49 AM
ギリギリの表現がハマリました。
けど、昨晩に続き朝からこれでは体力がもたないような気が。
きっと昼前には寝てるかも(笑)。
Posted by: ユリかもめ |at: 2007/05/01 4:05 PM
なまじっか妄想力の高い私にはかなり危険な作品でしたね。
危うく失血死するところでしたよ鼻血で(ぇ
取りあえずまずは輸血パックをプリーズ(爆)
久々にのた打ち回れる作品を有難う御座いました。
つーか誰かコレ漫画化してくれないかな…(切実)


>このお話に限って言うと、このバカップル、プライベートでは場所を選ばず、らぶらぶ放射能(何)を発しているので、秘密でも何でもありません

つまりあそこは周囲に影響を及ぼさないための隔離部屋…
Posted by: LNF |at: 2007/05/01 9:56 PM
>ユリかもめさん
いちゃついてる最中に「くぅ〜、というお腹の虫の音」→一緒に食堂に移動→食事でも「あーん♪」等いちゃつく→その場に居合わせた人々に被災 とゆーコンボで一つ

>LNFさん
ま、漫画化っすか?(汗)
ヤマもオチも無い話なんで、さすがに無理ではないかと(苦笑)

<隔離部屋
あー、それはあるかも。扉には「この門をくぐるもの、一切の羞恥を捨てよ」とか書かれていたり(マテ
Posted by: フィールド |at: 2007/05/01 10:37 PM
はじめましコメントしてみました。なんすか、この甘々なSSは。こんなの見た日に、ゃ悶々として眠れないじゃないですか。でも見てよかったです。素敵なSSありがとうです。
Posted by: kazuki☆update |at: 2007/05/02 3:39 AM
どうも、ずいぶん前に一度だけコメントして音信不通だったRealです。
まぁそんなのはさておき
フィールドさん、極甘SS読ませていただきました〜。
これはヤバイですね!何がヤバイかってもうずっと、顔がにやけて悶えっぱなしで、血が足りなくなるところでしたよ(笑)。
とにかく、この虫歯が悪化しそうなほどの甘いSS、どうもごちそうさまでした(笑)。
Posted by: Real |at: 2007/05/02 2:47 PM
>kazuki☆updateさん
いえいえ、読んで頂けるだけで光栄です。

>Realさん
実は書きあがった後、「エロいだけで甘い話になってないような……?」と思っていたのですが、ちゃんと甘い話になっていたようで安心しました。(笑)
Posted by: フィールド |at: 2007/05/02 11:36 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links