Entry: main  << >>
青に魅せられた私―Moondust…―
 mattioさん新作。先手を打たれて(?)季節ネタのいつも通りなのフェイでございますよー。












「あ…そういえば、もうすぐ母の日ね」
「あ、そういえばそうだね」
「母の日?」
わたしの中であまり聞きなれてない単語だったので、反射的に口にする。
「あ、フェイトちゃん、母の日はまだ知らないんだっけ?」
…こっちの世界に来た時に、この国のことを知ろうとしていた時に、目にした覚えがある気がする。
それに…自分の中で、少しココロが動いた単語だったから。何となく、心に留めていた。確か…。
「えと……母さんに、感謝する、日?」
「その通りや。普通は贈り物としてカーネーションなんかを渡すんよ」
「へえ……」
カーネーション。確か花の名前だった記憶がある。
親に花を贈るなんて、素敵な行事だな…。
「まあ、わたしの場合はもらう側見たいやけどな」
はやてが照れたように笑う。すごく、嬉しそうだ。
「そっか、ヴィータちゃんたちにとっては、はやてちゃんがお母さんだもんね」
「えへへ〜この年でお母さん言うんも、ちょお複雑やけど…」
…はやてはそう言うけど、わたしははやてと守護騎士たちとのやりとりをよく見ているから、納得できる。
守護騎士たちについて話す時のはやての瞳は、とても優しい。
『お母さん』の『それ』と一緒だと思う。
「フェイトちゃんも、リンディさんに贈るの?」
「うん…そうだね……」
当然、贈るべきだと思う。まだ少し、気後れすることもあるけれど、リンディ母さんの精一杯の愛情を実感しているから。感謝しているから。
けど…。
「ん?どうかした?フェイトちゃん」
「…その……えと、その母の日って、お母さんにしか、贈っちゃいけないのかな…」
「へ?…どういうこと?」
「あー良いんよ、フェイトちゃん。血がつながってなくてもリンディさんはフェイトちゃんのお母さんやよ?そんなつまらんこと気にしたらあかんよ」
「あ、ち、違うよはやて。そういうことじゃなくて。その…」
あわててはやての言葉の意味を理解し、否定する。
「ふぇ?」
私の視線に気づいたなのはが、首をかしげる。
「…な、なのはに、贈っちゃ、ダメ、かな?」
「ええ!?」
「…また始まったわ……」
アリサ…どうしてそんなに呆れた顔するの?
『また』って……。
「ふぇ、フェイトちゃん、どうしてわたしに贈りたいの?…母の日、だよ?」
なのはがわたしにもっともな疑問を投げかけてくる。
「わ、わたしに『始まり』をくれたのは、なのはだから…なのはは、わたしにとっての『お母さん』でもあると思うんだ…」
うう、自分で言ってて照れくさい。なのはがわたしの『お母さん』だなんて。同い年の子に言うべきじゃ、ないよね、きっと。
「にゃ、にゃは、は…な、なんだか、それ、恥ずかしいよぉ」
「あぅ…ご、ごめん」
「…けど、嬉しいな」
なのはのはにかんだ表情。それを見て、勇気を出して言った甲斐があったと確信する。
「なのは…」
「えへへ……」
「はいはいはい、ストップストーップ」
アリサが私となのはの間に割って入ってきた。
「あ……」
「あ、アリサ…」
頬を膨らませている、アリサ。ああ、また怒らせちゃったみたいだ…。
「お願いだから、そういうノロケはあたしの許可をもらってからにしてくれないかしら」
「にゃはは……」
「ご、ごめん、アリサ…」
「…ちなみに、もしカーネーションを贈るなら、色には注意して買いなさいよ」
「え?色が違うと何かあるの?アリサ」
花の種類が一緒なんだから、色は好みで選んでいいと思ってたけど…。
「同じ花でも色が違うと花の意味が全く違ってくるの。カーネーションの場合、赤は『愛』、黄色は『軽蔑』、…白にいたっては『愛の拒絶』。…全然違うでしょ?」
「ほ、本当だ……良かった、買う前で」
もし、知らなかったとはいえ、リンディ母さんに白いカーネーションを贈ってしまっていたら大変なことになっていた。
リンディ母さんは、多分、いやきっと、花言葉を前もって調べていそうだ。
その、なんとなく。
「…あ、そうだ。今からお花屋さん、寄ってみない?わたしもアリサちゃんも、今日はお稽古事ないし…」
すずかがわたしの心中を見透かしたかのように、そう提案してくる。
「んー…わたしらも今日はお仕事入ってへんし、ええんやない?」
「そうだね、行こっか?フェイトちゃん」
「うん」
「ん、決まりね。行きましょっ」

……
………
…………

「…こうして改めて見ると、すごい種類だね…」
お花見はついこの間やったけれど、こうして花屋に来て花を見ることなど、初めての経験だ。
「あんまり立ち止まってじっくり見る機会ってないもんね」
そして、花を見て回るなのはも新鮮だ。すごく絵になるというか、やっぱりなのはは、可愛いと思う。
「なのはは、どんな花が好き?」
「うーん……あ!その花いいかもっ」
なのはの視線が、わたしの手元を向いてる…。
「…これ?……すいーと、ぴー…だって」
「えっと、花言葉は……『門出』、……『優しい思い出』、…『永遠の喜び』…」
なのはが花にかけてある、プレートを読み上げる。
「なんとなくだけど、なのはにすごく似合ってる気がするよ」
「へ?そうかな?」
「うん。それに形も可愛らしくて、明るい香りがして……なのはにぴったりだよ」
「…にゃはは…なんか、照れるな…」
わたしの正直で、本当はちょっぴり照れくさい感想も、なのはの様子を見ると薄れる。
「ふふ……」
「そうだ。フェイトちゃんに似合う花も見つけてみない?」
「え、わ、わたしに…?」
「うんっ」
わたしに似合う花なんて、あるのかな…。まったく想像もつかない。
「え、えと……じゃあ、なのはが、選んで、くれないかな」
気になる。なのはが選んだ、わたしに似合う花というのが…。
「にゃはっ、いいよー」
なのはがくるくると辺りを見回る。わ、わたしに似合う花…どんなだろう。ドキドキする…。
「……あ、ねえフェイトちゃん。これなんかどうかな?」
なのはが手招きしてる。わたしは早足でなのはに駆け寄る。
「これ?……がーべ、ら?」
「うん。……花言葉は、『希望、前進、悲しみ、崇高美、神秘』…かぁ」
「な、なんだか、恥ずかしいよ」
悲しみはともかく、希望だとか、神秘だとか、なのはから口にされるだけでドキドキする。
別に私のことを褒めてるわけでもないのに…。
「あはは、すっごく合ってると思うよ。…綺麗で、可愛さもあって、…何となく優しい感じがする。フェイトちゃんみたい…」
き、綺麗で、可愛さがあって、…優しい、感じ……。
「あ……ありがとう…なのは…」
嬉しい……来て、良かった…。


「………」
変ね。楽しい楽しい下校時間なのに、どうしてこんなに気疲れを感じるのかしら。
「あ、アリサちゃん…」
「………」
さっき注意したばっかりなのに…あのバカップルは…。
「アリサちゃん、諦めた方がええよ。あの二人には誰にも邪魔できん、『結界』が張られとる。…もう文句言うだけ無駄やよ」
…『結界』ってなによ。こっちは平凡な小学四年生なのよ。
常識から外れたものをあたしに教え込まないでほしいわね。
「はやてちゃん、アリサちゃんは何も言ってないよ?」
「おぉ、すずかちゃんナイスツッコミや!その調子でこれからもどんどん絡んでな」
「あ、あはは…がんばるよ」
良かったわね、はやて。良い『相方』を見つけたようで。
これでいつでも漫才コンビとして食べていけるわね。
「………来ないほうが良かったかしら」
空を見上げて独り言ちる、あたし。
ああ、今日はうっとおしいくらいの五月晴れ。
こんなあたしの曇った気分も浄化してくれればいいのに。
「えっと、アリサちゃん。わたしたちは邪魔しちゃ悪いから、向こうに行ってよっか?」
そんなあたしに気づいてすぐにフォローを入れてくれるすずか。
悪いわね、こんな順応性の無いあたしに気を使わせて。
「…気が合うわね、すずか。ちょうどあたしもそうしようと思ってたところよ」


「あ…」
ふと『それ』の存在が視界に入った。そして、わたしの脳内である一つの結論が導き出される。
「ん?どうかした?フェイトちゃん」
「う、ううん。な、なんでもない」
なのはに気づかれてはその計画が台無しになる。とっさに『それ』を、なのはの視界から遮るようにわたしが立ちふさがる。
「?ならいいけど…」
「……」
あわてて『それ』を隠した。…なのはは、気づいてない。
「な、なのは。アリサたちも待ってるだろうから、そろそろ行かない?」
「ふぇ?うーん…そうだね、別に今買うわけでもないから…行こっか」
「うん」

……
………
…………

…あのあと、一旦家に帰ってから花屋に引き返してきた。みんなの前で買ってはまずいから。
…ふと、さっきなのはの前で隠した看板を確認する。
見た瞬間に、これだ!と思った。リンディ母さんの分と含めると、ちょっと、わたしの手持ちのお金でぎりぎりだけど。
なのはに伝える気持ちに比べれば、どうってことない。
意を決して、店員に話しかける。
「あの……これ、まだ売ってますか?」

……
………
…………

………。
………。
………。
家に帰ってきてから、もう何時間たっただろう。
さっきからそわそわと落ち着きのない、自分がもどかしい。
右手には携帯電話。連絡先の電話番号もすでに画面に表示されていて、あとはたった一つ、ボタンを押すだけ。
…なのに、それができなくて、結局晩御飯を食べて、お風呂にも入って、今に至る。
早くしないと、夜の練習の時間になってしまう。
夜の練習にははやても来るから、今日二人きりで会うにはもういい加減決断しなければならない時間だ。
…今日を逃してしまっては、もう言い出す勇気が持てない気がする。
「……よし」

……
………
…………

………。
…結局、連絡も入れずになのはの家の、なのはの部屋のベランダまで来てしまった。
よく考えてみれば、今まで花を贈るなんてしたことがなくて、どうしても恥じらいが消えてはくれない。
…それにしても、なのはの部屋の電気がついていないのはどういうことだろう。カーテンも閉めてない。
いないのかな、……いや、もしかして、なのはのことだから。

コツコツ

…窓をノックしてみる。……部屋の中で、何かがもぞもぞと動いている。

コツコツ

もう一度窓をノックしてみる。今度はその動いていた影が窓に近づいてくる。
「フェイトちゃんっ!?」
窓が勢いよく開けられ、影の本人が姿を現した。
「…こんばんは、なのは」
寝ぐせがぴょんぴょんはねていてなんだか、可愛い。やっぱり、寝てたんだ。
「わわ、ごめんねフェイトちゃんっ。もしかして、もう練習の時間!?」
「ううん、まだだよ。…寝てたんだ、ごめんね起こしちゃって」
「あ、いいんだよっ。むしろ、えっと、…にゃはは、助かった、かも」
なのはが、ばつが悪そうに笑う。…どうやら、結果的に寝過ごしてしまうところを防ぐ形になったようだ。
そんななのはの様子に、私も少し、気が和らぐ。うん、今なら―。
「なのは、これ……」
今まで後ろ手に隠していた、贈り物を前に出す。
「え?わ……これ、どうしたの!?」
部屋の電気はついてないけれど、青白い月明かりに照らされて、その贈り物が姿を見せる。
「えっと…さっきの花屋さんで、内緒で買ってきたんだ」
『青い』カーネーション。それがブーケとなって、より鮮やかにラッピングされている。
「で、でも、お金は!?その、すごく高かったんじゃ…」
なのはが、すごくあわててる。
「なんとか大丈夫だったよ」
「だって、これって……」
「なのは、嫌、だった?」
なのはの様子にわたしもあわてだす。花を贈られること全てが良い方向へ向くとも限らないことに、今更気づく。
「そっそんなことないよ。すごく嬉しいよ。でも、わたしのために、こんな…」
その言葉にわたしは心底安堵した。…ああ、わたしの心配なんてしなくてもいいのに。
「放課後にも言ったけど、なのはは私に『始まり』をくれた、大切な人だから。ありがとうって気持ちを伝えたくて…」
「フェイトちゃん……」
「これ、『ムーンダスト』って言うんだって」
店員さんに前もってこの花の事について色々と聞いてきた。それで買う決心をした。
「この花の花言葉は、『永遠の幸福』…らしいよ」
「…永遠の、幸福……」
「…なのはには、ずっと、ずっと、幸せでいてほしいから…」
なのはにブーケを握らせる。
わたしの分の幸せもなのはに届けてほしいと、わたしの心からの『想い』を込めた、そのブーケを。
「……フェイトちゃん。わたしの幸せはね、わたしが幸せになるだけじゃ、ダメなんだよ?」
「なの、は……?」
なのはがブーケの中の一輪を取り出して、わたしの左手をとって、そっと握らせる。
「フェイトちゃんも同じぐらい幸せじゃなきゃ、わたしは幸せになれないよ」
「………。ん……」
油断、してた。なるほど、確かになのはならそう言うだろう。
ここでなのはらしい意見を聞くことを想定してなかった、構えてなかったせいで、頬が……熱い。
昼間でなくて、本当に良かった。
「…わたしも、もう渡しちゃおうかな」
「え?」
…暗いからよく分からないけど、なのはが机の上に置いてあった何かを持ってくる。
「えへへ…本当は、わたしとフェイトちゃんが出逢った日にって思ってたんだけど」
そう言いながら、なのはがわたしに…それを差し出してきた。
「今まで一緒にいてくれて、ありがとう。…これからもずっと一緒にキモチ、分け合ってほしいな」
それが空から差し込む月の光によって姿を現す。
「…『ブルーローズ』、だよ」
…青い、薔薇…?
青い薔薇の、ブーケだ。
「にゃは、珍しいでしょ?」
「これ、どうしたの?」
初めて見た。青い薔薇なんて。
「実は前からお母さんにお願いして、頼んでおいてもらってたの」
「…綺麗だ………」
見とれてしまった。他に感想が浮かばない。
…薔薇のブーケにではない。
『薔薇のブーケを持った、なのは』に。
「…青い薔薇ってね、『可能性』…って言う意味があるんだって」
「…『可能性』?」
「そう。…この青い薔薇ってね、この世界では絶対につくりだせない花だったの」
「………」
「けど、何年も、何年もいろんな人たちが努力して、生み出すことができた…不可能が、可能になったものなの」
不可能が、可能に……。
「…わたしね、フェイトちゃんが一緒だと思うと、分け合えてると思えると、どんなことだってできると思えるんだ…」
………。
…わたしは、欲張りだから。不安だけど、聞きたい。なのはの口から、『本当』を聞きたい。
「………友達だから?」
………。
…薄明かりだけど、なのはが優しく微笑んだのが、分かる。
「………わたしの、大切な人、だから」
………。
「……わたしの『不可能』は…多分、なのは次第で変えられると思う…」
ココロが、むくむくと高揚していくのが分かる。
「……うん」
月明かりと、花の優しい香り、そして色合いと。
…それよりも鮮やかで澄んで見える、なのはの瞳のせいで。
ココロの奥に閉じ込めていた、正直な気持ちが少しずつこぼれてくる…。
「…わたしはどうしても、諦めたくないんだ」
「…うん」
―ああ、ダメだ。もう止めようもない。
わたしは、なのはから受け取った青い薔薇のブーケから一輪を取り出し、なのはの前に差し出す。
「わたしも頑張るから。…なのは。わたしと、分け合ってくれるかな…?」
…なのはがわたしの精一杯の想いを込めた一輪を手にする。
「うん。もちろんだよ。フェイトちゃん…」
なのはの顔がふわっと綻ぶ。恥ずかしくて、絶対に口にはできないけれど、大輪が咲いたみたいに綺麗で、可愛らしい。
すっかりこの幻想的で、魅惑的な空間にココロを奪われてしまっている。
…なのはは優しい。こんなわたしに、こんなに素敵に微笑んでくれるのだから。
だから、ついついわたしも魔法にかかったようにぽろぽろと『本当』を見せてしまう。
「なのは…」
「うん…」
…『願い』を片手に、空いた片腕で互いの背中を支え合って―。

…………

『永遠の幸福』と『可能性』。

「絶対に、かなえようね――」

そう、二人で。

| 浅木原忍 | 21:40 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:40 | - | - |
Comment
蒼薔薇は知ってましたがムーンダストは知りませんでしたね…勉強になりました。
ちなみに蒼薔薇「奇跡」って花言葉もありましたね。
永遠の幸福に可能性そして奇跡…素晴らしいです。

そんな二人には私からチューリップの球根を進呈しましょう。
え?花言葉ですか?
「永遠の愛情」ですよ。
どうぞ二人で育てて下さい(誰が上手い事を言えとry


Posted by: LNF |at: 2007/04/29 11:18 PM
>LNFさん
ムーンダストについては私もネットで偶然見つけるまで知りませんでしたw
花言葉って一つの花に結構な種類の意味が込められてるから混乱しました(泣

>どうぞ二人で育てて下さい
やまだく〜ん。ありったけの座布団あげてくださ〜いw
Posted by: mattio |at: 2007/04/29 11:46 PM
花言葉って奥が深いですね、勉強になります。
2人には不可能はない、無限の可能性を秘めている、だからできる。
永遠の幸福を叶えることも、2人なら。2人には幸せな未来を歩んでもらいたいです。

Posted by: |at: 2007/04/30 12:11 AM
なるほど…同じカーネーションでも色によって違う意味があるとは…。
なんだか勉強になっちゃいましたw

蒼い薔薇の可能性…。きっと二人は、一緒ならどんなことでも乗り越えていくんでしょうね…。
それは、結婚だったり子供のことだったり…。
二人には、これから来る困難を打破して、幸福を掴んで欲しいですね!
Posted by: maisyu |at: 2007/04/30 1:16 AM
青い薔薇で真っ先に闇の書の夢を(ry

「永遠の幸福」への「可能性」、銭とも二人には掴んでもらいたい。
Posted by: tukai |at: 2007/04/30 2:15 AM
以前,MAD作品でめぐり合えた事とうSuddenly〜めぐり合えて〜という水樹さんの歌にあわせたものがあるのですが,その歌の中での『これから何が起きるの−二人の幕間だよ。』とか『世界が変わらなくても、何かが分かりだした。』の部分がありまして、今回の『可能性』とういうネタに共感と面白みを感じました。
Posted by: mayu |at: 2007/04/30 8:38 AM
>鴇さん
自分もこれを書く上でとても勉強になりました(笑)
なんだかあまりにも意味が多すぎるし、中には真逆な意味も込められている花も結構ありましたし(汗
ちなみにスイートピーはなのはの誕生花ですよーw

>maisyuさん
今回はいつもと違う色にしてみよー、なんて考えてると痛い目に…と言うことでご用心なされ!という思いも作品に込めました。
自分が何より調べていてびっくりだったので(笑)『愛の拒絶』!?みたいなw
なんとなく3期の末路を考えてみてこの花に行き着いた感があります。

>tukaiさん
投稿した後に偶然そのシーンに気づいて、『あ…』と(汗
誰に突っ込まれるかな…なんて(笑)
フェイトは母さんに会えた事で薔薇はスルーしていたということに(ぉ

>mayuさん
それは興味深いですねw…実は青い薔薇ってちょっと前までは『不可能』のシンボルだったんだとか(ぁ
あと青い薔薇には『神の祝福』って意味もあるんだとか。
多分花言葉は相当に奥が深いから煮詰めていけば二人に似合う花もたくさん見つかるでしょうねw
今回は『青』をテーマにしていたので、ムーンダストとブルーローズを選択しました。
Posted by: mattio |at: 2007/04/30 10:06 AM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links