Entry: main  << >>
Pleasure, into the Rain
 ボンソワール、親愛なるアリすず派の諸君。我らに新たなアリすずSSが届けられた。何と影ラボの沈月影氏からの頂きものである。CURIO「レイン レイン」という曲が元ネタだそうだ。存分に堪能して頂きたい。
 ……いやホント、先日のぴーちゃんさんのに続いて、また凄いのがきましたよ! ああ至福。












 ――日曜日、それは休日。『家でのんびり』と言えば、程よく怠惰で心地良い響き。今のあたし。
 やらなきゃいけないことがない/何でも好きなことをしていい/無数の選択肢=際限無く広がる指針は無制限。概して、人はそれを暇と呼ぶ。
「――む〜〜……」
 寝台の上でごろり、寝返り。うつ伏せ→仰向け、反転する視界、瞳を覆うぬるい光。
 誘われ傾ける視線、窓の外。覗く風景、霞む白。
 ――曇り空、それは憂鬱。何をしてもしなくても、いずれ雫を零す空。潤む瞳のような雲。
 いつかはわからない“いつか”、予想はつくけど予測はつかない雨、暇という無制限への意地悪な制限。と言っても結局、人はそれを暇と呼ぶ。
「――ん〜〜……」
 寝台の上でむくり、身を起こす。毛布に根を張りそうな足を剥がすように上げて、ひやり、冷たさ裸足に凍みる床の上へ。
 ――さて、どうしよう。いやむしろ、
「どうしたものかしらね……」
 視線を落とす、左の手のひら。そこには小さな箱がある。白い包装紙、赤いリボン、小洒落た小箱。
 日曜日×曇り空=倍がけの憂鬱の中、非生産的にただ眺めていた、それ。無論、重要なのはその中身。小洒落た小箱に包んだ、青く光る小石。
 何の気なしに手に取って、安物だけど――似合うかな、なんて。思ったときには買っていた。
「…………よしっ」
 意を決して、今度は右の手のひら。小さな端末、携帯電話。メモリー#000。一瞬のコール。
 そして――、

「――あ、もしもしすずか?」

     *

ARISA & SUZUKA’s, Side Short Story…
 『Pleasure, into the Rain』
  ――open

     *

「――あ、もしもしすずか?」
「うん。おはよう、アリサちゃん」
 とりあえずの第一声は、それ。いつ何時、どちらからの電話でも、このやり取りは変わらない。多少非常識な時間であっても、相手がすずかなら何の不思議もなければ、ましてや迷惑もない。「何の用?」なんて疑問は言わずもがな、だ。そんなもの、「なんとなく」で十分である。
「わたしもね、今ちょうど電話しようかなって思ってたところなんだ」
「え――あ、そうなの? やけに出るのが早いな、とは思ったけど……何度目よ、これで」
「アリサちゃんからの電話だと……確か12回目だよ。二人合わせて21回」
「そ、そう……数えてんのね、あんた」
 電話をかけてみたら、あたしも/すずかもちょうど電話しようと思ってた――これも、初めてのことじゃない。
 ちょっと、結構、いやかなり? というか、すずかの言が本当なら(多分、ホントに本当なんだろう)物凄く頻繁……むしろ日常茶飯事だ。
 ――これからは私も数えてみよう。
「いや、それはいいのよ。いきなりだけど、すずか。あんた今暇?」
「うん。今っていうか、今日一日暇してたとこ」
「そう――暇、なのね」
 わかっていたことだ。実のところ今のは質問ではなく、確認なのだから。
 なのは・フェイト・はやての魔法少女三人組が休日を返上して出勤しているのは、一昨日の放課後聞かされて分かっていたことだし、となれば、そんな休日の過ごし方において、すずかは一人でいるかあたしといるかのどちらかだ。
 例外として家か何かの事情で用があるという場合もあるが、それならそれですずかのことだ。同じく一昨日の放課後の時点であたしに伝えない“わけがない”。断言しよう。
 それはさておき。
「(……しまった)」
 電話で呼び出すつもりだったのだが、それなら最初の一言で「会おう」ないし「会える?」って言っとくべきだった。暇かどうか確認して、「じゃあ会おっか」ってのは、ちょっと打算的に過ぎるのではないか。いやそもそも、確信があったとはいえいきなり電話して「今暇?」って、ぶっちゃけどうよ?
 え〜と、え〜と……。
 と、あたしがあれこれ悩んでいると、
「それじゃあ、会おっか」
 なんてセリフをさらっと吐くすずかである。
「――は」
 すごい。今電話越しでも満面の笑みが見えた。そりゃもう、花も恥じらい頬染めるくらいの。
 ごめん、嘘。あたしが頬染めるくらいの。
「アリサちゃん?」
「――ほぇっ!?」
 名前を呼ばれて、はっと我に返る。
「あ、っと! う、うん。そうね。えっと、じゃあ……」
 ちら、と時計を見遣る。場所はもう、決めてあるのだ。
「“いつもの公園”で9時――で、どう?」
「うん、“臨海公園”だね」
 臨海公園。あたしの家からはそう遠くなく、すずかの家からも近い場所。申し合わせたわけじゃないけど、いつの間にかそこが、あたしたちの間の“いつもの”待ち合わせ場所になっていた。
 じゃ、と声をかけて通話を切る。
「――よし、と」
 そうと決まれば、早速出かけなければ。
 今から出ても約束の時間には10分ほど早いのだけれど、すずかは多分、それよりもっと早く来る。逆の立場なら、あたしもそうする。
 服→実は既に外出用、OK。荷物→この小箱があれば良し、OK。チェック完了。念の為、というか日頃の癖でお財布その他が入ったポーチに携帯を放り込んで、肩から提げる。靴を履いて、玄関を開けて――目に付く、曇り空。
 潤む瞳のような雲、いずれ雫を零す空――気にしない、それがどうした。
「『そうだ、君に会いに行こう』なんて、ベタなキャッチフレーズみたいで素敵じゃない」
 なんというか――ほら、恋する少女は無敵なのだ。
 あえて傘を持たずに。あたしは少し小走り気味に、臨海公園へ向けて足を踏み出した。

     *

 ――その、ほんの数分後。あたしは自分がいかに調子に乗って……というか、浮かれていたかを思い知らされた。
「なん、で……っ、こんなときに……限、って……っ!」
 まさに急転直下。
 雲は既に泣きじゃくる赤ん坊のようで、空は雫を零すっていうかぶっ壊れた蛇口? みたいな有様。
 恋する少女は無敵って……なんだそれ、カッコ悪。
「もーーーー! こんなバケツひっくり返したような雨、欧米か!」
 っていうか、南米か! そもそもスコールっていうのは驟雨(しゅうう)――つまりにわか雨のことで主に積乱雲から降るもので……あんな広くてのっぺりした雲の何処が積乱雲か。
 しかも、編み上げが可愛かったからつい買っちゃったこのブーツ。走りづらいったらありゃしない。何でこんなの履いてきちゃったのよあたし。
 とにかく色んなものに思いつくままの悪態を吐きながら、それでも走る、駆ける、急ぐ。
「(……あれ?)」
 そこでふと、奇妙に感じた。休日の朝だというのに人通りの多い今日。微妙に変な目で見られてるのは、まあいいとして、何故だか妙に走り易い。
「(そっか)」
 雨が降ってるから、だ。
 あたし以外の通行人は皆傘を差して、つっかえないよう触れ合わないよう、距離を取って歩いてる。
 子供の背丈のあたしは、人の脇・傘の下、人と人の奇妙な隙間を縫うように走ってる。
 まるで虫食いのアーケード。雨を遮るための、それでいて隙間だらけの傘の下、あたしはびしょぬれになりながら走っている。
 何のために? すずかに会うためだ。そうだ、傘なんて無い方が、こんなに速く走れる方が、すずかに早く会えるんじゃないか。あたしは何も間違ってなかった。
 全力疾走に乱れる呼気は、いつしか弾む息に変わって。
 曇天のぬるい光と、意味を成さない虫食いのアーケードしか映らなかった視界に、やがて見慣れた黄色い小さな傘を見つけて。
 最後の直線。近寄るようにと言うよりむしろ駆け抜けるように、あわよくばこのまま抱きついちゃえ的な欲求を「それじゃすずかが濡れちゃうじゃない!」という高度な自制心ないしツッコミで抑えながら、雨に煙る視界で「アリサちゃ〜ん、こっちこっち!」と手を振っているのか「アリサちゃ〜ん、早く早く!」と手招きしているのか判然としない(っていうか、両方か)すずかに駆け寄った。うん、ゴール。
「す、すずか……あんた、なんでもう着いてんのよ……っ」
 差し出された傘の中、ぜえはあと息を整えるあたしだ。
「うん。アリサちゃんのことだから、きっと傘持ってないだろうなぁと思って。そしたらアリサちゃん、きっと全力疾走で、きっとわたしが来るまでずっと雨の中で待ってるんだろうなぁって。ちょっと急いで、走ってきたの」
「………」
 “きっと”ばかりのすずかの言葉。でも、それは嘘だ。
 確かにこの臨海公園まではすずかの家の方が近いけど、たとえ同時に出発したってあたしの『全力疾走』がすずかの『ちょっと急いで』に遅れるはずがない。多分すずかも、結構本気で走ったはずだ。
 ん……でも、その割にはすずか、全然濡れてないし、息も乱れてないし……あ。
「ねぇ、すずか」
 なんとか息を整えて、次いで渡されたペットボトルの水を半分くらい一気飲みして、あたしは顔を上げた。
「うん?」
 小首を傾げるすずかと目が合う。同時に傘を持たされて、両手が空いたすずかは取り出したタオルであたしの髪を拭き始める。……え、っていうかちょっと待ってなにそれ四次元ポーチ? どう考えても“バスタオル”が入るサイズじゃないんだけど。
「多分なんだけど、すずか、もしかしてあたしの電話取った時点でもう家から出てたでしょ」
 その言葉に、すずかは一瞬きょとんとして、
「あはは……ばれちゃった」
 と、ばつの悪そうな笑顔を浮かべた。
「だってアリサちゃん、電話するなり『今暇?』だもん。気づいてないと思うけど、アリサちゃんの『今暇?』って、『これから会おう』の合図なんだよ」
「――え、ウソ……」
「ホント。ほら、放課後に『今日これから暇?』とか、今日みたいな休みの日とか」
「………」
 そう、かも知れない。言われてみれば、思い当たる節がありすぎる。ああ、なんだ。意外とワンパターンなヤツなんだ、あたしって。ホント、全然気が付かなかったわ。
「でもすごいよアリサちゃん。良く分かったね、わたしがフライングしちゃったこと」
 そりゃまあ、他ならぬあんたのことだもん……とは、流石に恥ずかしくて言えないあたし。
「――あ、そうだ」
 そこで、はたと思い出す。こんな雨の中すずかを呼び出したのは他でもない。
「……その、これ」
 ポケットから取り出す、白い包装紙、赤いリボン、小洒落た小箱。
 ――ああ、やっぱり。なんとか手で庇ってはみたけど、ものの見事にびしょぬれだ。
「――――え?」
 目の前に突き出されるように差し出された“それ”に、すずかは目を白黒。箱とあたしの顔を交互に見比べるようにして、やがておそるおそる、“それ”を手に取った。
「こないだファンシーショップで見かけて……安物なんだけど、その……すずかに、似合うかな、って思って」
 たどたどしい口調で、何やら言い訳めいた言葉を口にしてしまう自分が、ひどくもどかしい。
「アリサ、ちゃん……」
 びしょぬれの小箱。白い包装紙は雨で色落ちしたリボンの赤に滲んで、端を止めたテープで濡れてぼろぼろ。全くもって不恰好。今のあたしにこそむしろ似合いで、すずかにプレゼント、なんてどう考えても不相応なそれ。
 けれどもすずかは、
「えと、開けてもいいかな……?」
 それを、愛おしむように胸にかき抱いて、そっと上目遣いにあたしを見上げていた。
「う、うん……」
 頷くあたし。それを見てすずかは、ぐしょぐしょになってしまって包みの役割なんててんで果たしていないそれを、それでも優しく丁寧に解いていく。
 こんなシチュエーション、もう何度目かになるのに。この気恥ずかしいような照れ臭いような、それでいて嬉しくて、胸の辺りがぽかぽかするような感覚。何度繰り返しても、この感情は慣れそうに無い。
 傘の柄を握る手にも、知らず力がこもる。
「わ――」
 取り出された、青く光る小石。ナイロンっぽい半透明の紐に揺れる、ペンダント型のアクセサリ。ジュエリーとかそんな大層なものじゃなくて、ファンシーショップで買った、それこそ申し訳なくなるような正真正銘の安物。
 うう、「それでも、すずかが身に着けているものなら、他のどんなものより価値がある」なんてフレーズを一瞬でも思い浮かべてしまった自分を記憶から消し去りたい……っ!
「ほら、貸しなさいよ。着けてあげるから」
 照れ臭さを誤魔化すようなぶっきらぼうなセリフ。差し出した手にそっと乗せられる小石と、重なる手のひら。黄色い傘の柄はすずかに返して、あたしはすずかの首に手を回す。
「―――」
 って待った。ドラマとかでは良くある光景だけど、これ実際にやるとかなりマズい。だって、鎖骨の辺りにすずかの吐息が……っていうか、なんでそんな真っ直ぐあたしの目を見てんのあんたわっ!
 震える手で、必死に小さな金具を繋ぎ合わせる。悪戦苦闘の末、ようやくそれが嵌った感触。
「……ん、着いたわよ」
 なんだか物凄い重労働を終えた気分で、あたしは役目を終えた両手をすずかの肩に置いてほっと一息。
「――あ」
 思えば、それがいけなかった。
 雨の中、傘も差さずに彼女の下へ全力疾走→ポケットから雨でびしょぬれのプレゼントを取り出す→箱を開け感動する彼女と、それを受け取って自ら彼女の首に着けてあげるあたし→そして、両手を肩において…………うっわ、ベタベタなくらいどらまちっく。
「アリサちゃん……」
 囁くように呼んで目を閉じるすずか。いや、ちょっ、ダメだってここ外だしそこにもあそこにも人とかいるし今ちょっと知らないお姉さんと目が合ったし逸らされたしっ!
「すず、か……」
 だめ、と言える雰囲気じゃない。押し切られたら負けのような気もするけど、逃げたら逃げたでそれもある意味負けのような……。
「(ああ、もうっ!)」
 右良し左良し、後ろは知らないっ!
 両肩に置いた手を腕に回して引き寄せて、触れ合うようにキス。――嗚呼、何故だか分からないけど、意味も無く全力で走り出したいこの気恥ずかしさ。
「――えへへ」
 何か笑ってるしこの子は。
「ありがとう、アリサちゃん」
 それは、どっちに対してのありがとう? 尋ねたい思いを自制する。
「ほら、行くわよ」
 もちろん行く当てなんて無いんだけど、とにかくこの場から離れたい一心ですずかの手を取る。うん、と太陽のような笑顔の気配を背中に感じた。
「――あ」
 と、すずかの声。立ち止まる。
「?」
「止んだね、雨」
 見上げた空。相変わらずの曇天、ようやく泣き止んだ泣き虫な雲の切れ間、一筋の光が見えた。
 ――太陽の、光。それをすずかは、
「綺麗だね、アリサちゃんの髪みたい」
 こともあろうに、そう評した。でも確かに。雨の雫に透かしたあたしの髪は今、優しく照らす太陽の光を反射して煌めいて見えた。
 ――だったらやっぱり、太陽はあんたじゃない。
 そう、呟く。聞こえないように。でも、全部が聞こえないのは悔しいから、振り返りながら呟いた。
「あ――」
 そうして振り返る刹那、視界を過ぎる七つの色彩。
「すずか、あれ」
 指差す空。雨に煙る朝、街を彩る傘、それら全てを覆うようにして、空に一本光の橋が架かっていた。
「すごい、大きな虹……アリサちゃんの家から、わたしの家に架かってるみたい」
「……ホント」
 すずかの言う通り、ここから見るその虹の袂にはあたしたちの家があるように見えた。それは、そう。あたしの家とすずかの家を繋ぐ、橋。
「あの虹のたもとまで行ってみるっていうのも、悪くないわね」
 それは遠回しに、今日はこのままどちらかの家で遊ぼうってだけの話なのだけど。
「それじゃあまず、左側だね」
 言って指差す、虹のたもとの左側。あたしの家。
「……そうね、まずこの服を着替えないと」
「うん」
 二人手を取って歩き出す。あたしが来たのと同じ道。
 今度はゆっくり、休日ののんびりした人の速さと同じ速度で。
「ああ、そうそう」
 そうだ、すっかり忘れてたけど、これだけは言っておかないと。
「似合ってるわよ、それ」
 すずかの胸に、そっと揺れる小石。元の青と、雨の雫と、太陽の光が混ざり合って、それは不思議な七色の光を放っているように見えた。



ARISA & SUZUKA’s, Side Short Story…
 『Pleasure, into the Rain』
  ――close
| 浅木原忍 | 18:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:01 | - | - |
Comment
最近の天気て,不安定ですよねー。と実際に流れている時間とおんなじ感じのシチュエーション良いですね。てもちぶさのときこそ,絆を深める事をするのが一番ですから,あとはこのまますずかのやつは・・・・とまぁあとはそれぞれの想いのなかでということで。
Posted by: mayu |at: 2007/04/08 8:27 PM
ああ…あまりの甘さに脳がとろけてしまいそうです…

原曲は存じ上げませんが良い感じです。

素晴らしいSSごちそうさまでした。
Posted by: LNF |at: 2007/04/09 1:28 AM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links