Entry: main  << >>
おとぎ話は目覚めた後にも
 昨日頂いたぴーちゃんさんの作品の破壊力が凄まじすぎた影響で、ついカッとなってあのSSをすずかさんの視点から書いてしまいました(何)。久しぶりの短編がこれかい! しかも勝手にラスト追加してるし!
 ……えーと、じゅうはっさいいじょうすいしょうでお願いします(マテ
 昨日のアレを未見の方は、まずこちらを先にお読みくださいませw











 全身に伝わった柔らかな衝撃に、まどろみにたゆたっていた意識が覚醒する。
 ぼんやりと瞼を開ければ、私を見下ろすアリサちゃんの顔があった。
「あれ……アリサちゃん?」
 ……ああ、そうか。本を読んでいて、その途中でついうとうとしちゃって……
 けど、何で身体が宙に浮いたみたいに落ち着かないんだろう?
 私はゆっくりと視線を巡らして――そしてようやく、自分の状態を把握した。
 ベッドの傍らで、私はアリサちゃんにお姫様抱っこされていたのだ。
 うたた寝してしまった私を、アリサちゃんが運ぼうとしてくれていたらしい。
 一気に顔が熱くなる。――まるで、アリサちゃんが王子様みたいで。
「あの、あのっ、アリサちゃん、ごめんねっ」
「別に謝ることないでしょ。私が勝手にやったんだから」
「でもっ」
「こらっ、暴れないのっ。落ちたら大変でしょ」
 慌てて降りようとするけれど、逆にしっかりと抱き直されてしまう。
「お姫様はこれくらいされて当然なんだから、遠慮しないでもうしばらくじっとしてなさい」
 優しい笑顔でそんなことを言われたら、それ以上抵抗できるはずもなかった。
「はい……」
 真っ赤になっているのを自覚しながら、私は頷く。それから、アリサちゃんの首にそっと腕を回した。
 本当に、王子様に抱きかかえられたお姫様の気分。
 見上げれば、アリサちゃんも頬を赤くして、ぎこちなく視線を逸らす。
 王子様の心臓がドキドキと波打っているのが、触れあった身体から伝わってくる。
 ……私の心臓も、たぶん同じぐらいにドキドキしていた。
「アリサちゃん」
「なに?」
「私、すごい嬉しいよ」
「……そう」
 ぶっきらぼうな返事をする王子様。私はそんな様子にくすりと笑う。
 ……けど、いつまでこうしていてくれるんだろう。
 すごく嬉しいし、幸せなんだけど……アリサちゃんの腕は、疲れないんだろうか。
 そう思うけれど、アリサちゃんが自分から降ろしてくれるまでは、降りるに降りられない。
 なので私は、アリサちゃんにかかる体重が少しでも軽くなるように、首に回した腕に少し力をこめた。
 ――その拍子に、ほんのちょっとアリサちゃんとの顔の距離が近付く。

 ……キス、したいな。

 不意にそんな思考が頭をよぎり、そのまま離れなくなった。
 すぐ近くにあるアリサちゃんの顔を見つめる。……この体勢だと、ちょっとキスは難しい。
 このまま、アリサちゃんに抱っこされていたいという欲求と。
 アリサちゃんにキスしてほしいという欲求が、私の中でせめぎ合う。……どうしよう。
「…………」
 腕がいい加減疲れてきたのか、アリサちゃんがしきりに私を抱え直す。
 ……そうだ。ふたつ同時が出来ないなら……順番にすれば、いいんだよね。
 私はアリサちゃんを見上げて、もういいよ、と視線を送る。
 アリサちゃんは少し困ったように眉を寄せて……それから、諦めたみたいに、私をそっとベッドに降ろした。
 宙に浮いた不安定な感覚が消えて、背中に感じる柔らかいシーツの感触。
 ――けれど、私はアリサちゃんの首に回した腕を放さなかった。
「……すずか、どうしたの?」
 近付いたままの顔。アリサちゃんが顔を赤くして、けれど平静を装うように尋ねてくる。
 吐息が、微かに頬をくすぐった。
 ――キス、してほしい。アリサちゃんに、もっと触れて欲しい……
 そんな、お姫様らしくない欲求が、どんどん自分の中で高まっていく。
「アリサちゃん……お姫様の目覚めに、必要なものって知ってる?」
 ドキドキするのを隠すように、わざと遠回しな言い方をして、いたずらっぽく笑ってみる。
 アリサちゃんは、ひとつ苦笑いすると……私のお願いに、すごく優しく応えてくれた。

 そっと……軽く、愛おしむみたいに、どこまでも優しく重ねられる……アリサちゃんの唇。
 触れあう時間は長くない。唇を重ねるだけのキスはほんの数秒で。

「……うん、正解」
「なら、そろそろ離したら」
 困ったように、アリサちゃんが言う。けれど、私は腕を放さなかった。
 お姫様を目覚めさせる、王子様のキス。
 それはとても素敵だけど……紳士すぎて、今の私には物足りなくて。
「やだ」
 思わず漏れる素直すぎる言葉。
「やだじゃないのっ」
 アリサちゃんは強く言うけれど……無理矢理離れようとはしなかった。

 ――ああ、全く、お姫様らしくない。
 すごく……はしたないことを、私は考えてる。
 だけど、膨れあがるばっかりの気持ちはどうしようもなくて。

「……襲うわよ?」
 まるで、そんな私の内心を見透かすみたいに、王子様が全然王子様らしくないことを言った。
 ひとつ心臓が音を立てて跳ね……見下ろすアリサちゃんの視線が、完全に理性を吹き飛ばしてしまう。
「うん。アリサちゃんになら、襲われたい」
 口をついて出る、お姫様らしくないにも程がある言葉。
 アリサちゃんは呆れたように首を傾げる。
「どこのお姫様が『襲って』なんていうのよ?」
「アリサちゃんのお姫様」
 私の言葉に、アリサちゃんは吹き出した。
「そうね、すずかは私のお姫様だったわね」
 アリサちゃんの手が私の頬に触れて、くすぐったさに私は目を細める。
 ……その手で、もっと優しく、たくさん触れてほしい。
 もっといっぱい……キスしてほしい。
 優しく見つめてくれるアリサちゃんが、愛おしくて。
「……だったら、お姫様の願いはかなえないとね」
 そして、――私が次の言葉を発する間もなく。
 アリサちゃんの唇が、今度はさっきよりも強く、私の唇に押し当てられた。
 まさぐるように、擦れる唇。こぼれる吐息。……そして。
 開いた隙間から滑り込んでくる……アリサちゃんの舌。
 私はそれを受け入れるように、自分からも舌を差し出して。
 ……聞こえてくる水っぽい音に、理性が完全に焼き切れるのを感じながら。
 アリサちゃんの首に回した腕に、強く強く、力をこめた。

「……ホントに、いいの?」
 唇が離れて。……舌と舌の間に、つ、と銀色の糸が伝う。
 ベッドが軋み、私の上に覆い被さったまま、アリサちゃんが言った。
「これ以上したら……ホントに止まれないわよ?」
 それは、とても優しい言葉。……うん、やっぱりアリサちゃんは王子様だ。
 そんな優しい王子様だから、私は自分の全部を、委ねるように頷く。
「……うん、いいよ」
 きゅ、と握り合う手と手は、既に汗ばんでいて。
「すずかが、嫌がるようなことも……しちゃうわよ?」
「嫌なことなんて、ないよ」
 アリサちゃんの言葉に、私はゆっくり首を振る。
「……アリサちゃんがしてくれることなら、どんなことでも、私は……嬉しいよ」
「――――」
 目を細めるアリサちゃんは、けれどもまだ少し、躊躇うように手を握り直して。
 ……襲うわよ、なんて言ったにしては、やっぱりアリサちゃんは優しすぎるから。
 もっと乱暴に、無理矢理してくれちゃっても、私は全然構わないのに。
 というか……そうしてくれたら、すごく嬉しいのに。
 ……ああ、やっぱりはしたない。こんなお姫様、お話の中には絶対にいない。
 だけど……そんなお姫様でもいいと、アリサちゃんが思ってくれるなら。

「……だから、おねがい、アリサちゃん。……えっちなこと、して」

 これ以上もないぐらいお姫様らしからぬ言葉を、私は囁いて。
「…………すずかのえっち」
 そんなことを、王子様に囁き返されて。

 ――そしてまた、アリサちゃんの唇が、私の唇を塞いだ。



 王子様らしくない王子様と、お姫様らしくないお姫様。
 お話の中には絶対いないようなふたりだけど。
 ――これはお話じゃない、ふたりで触れあう時間だから。

 夢の中でも、目覚めても。あなたの隣で、あなたの温もりを感じていられますように。

 ――大好きだよ、アリサちゃん。
| 浅木原忍 | 22:49 | comments(15) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:49 | - | - |
Comment
いやはやっ、素晴らしいです!
自分のつたないSSから、こんなにもあまーい雰囲気のSSができるとわ!
最後がもう、モニタの前で転がるくらい危険ですw
これはもう完敗ですね!
自分も負けないようさらに極甘SSを目指さねば!
Posted by: ぴーちゃん |at: 2007/04/06 10:56 PM
アリサ視点も甘かったですがこちらも負けないくらい甘いですね。
見てるこっちが恥ずかしくなりそうです(/ω゚\)チラッ♪(*/0\*)イヤァーン♪
Posted by: 落葉 |at: 2007/04/06 11:31 PM
あぶない、つい最近18歳になったばかり、読めなくなるところだった。
あまーいです〜、お姫様らしくないすずかさん、素敵です。
お話にはいないけれど、アリサとすずかならではのお話ですね。
Posted by: |at: 2007/04/06 11:41 PM
ああああああああああっ!

何てコンボ喰らっちまったんだよ、をい!

もう悶え死んでもいいや、うん。

アリすずを見れただけで…
Posted by: LNF |at: 2007/04/07 1:03 AM
即死コンボですかこれ・・・?
次元振が起きる予感!w
BURNINGの後日談にも見えるのですがw
Posted by: |at: 2007/04/07 1:23 AM
浅木原さん、ぴーちゃんさん。
お二人は何者なんですか?w
もうっ、こんなに読者をドキドキさせるなんてっ!! いけない物書きさんたちっ!!ww

いやー、ごちそうさまでしたw
何か、ここに来るようになってから、すずかのことを凄く可愛いいと思えるようになりましたw


それはそうと、ワタクシ、自分のHNを打ち間違えていたことに今頃気付きましたorz
ああ、恥ずかしい(--;)

これからはLEOを正式にしたいと思います。
混乱させてしまって済みませんでしたm(__)m


追伸:
mixiって携帯からでも出来るのでしょうか。自分なんかが参加していいものかと思ったんですが、興味があったもので…アドってこれで大丈夫ですか?
Posted by: LEO |at: 2007/04/07 1:28 AM
>ぴーちゃんさん
 本当はぴーちゃんさんのと同じところで切るはずだったのに、気がついたらラストを書き足してしまっていました! どうしてくれるんですか!w
 互いに極甘道を切磋琢磨していきましょう!w

>落葉さん
 糖分過剰で不健康です(ぁ
 覗き見するとノエルさんのロケットパンチが(ぁ

>鴇さん
 「推奨」ですから18歳未満でも大丈夫ですよ!w

>LNFさん
 ノックアウト!w

>名無しさん
 後日談かどうかはご想像にお任せしますw

>LEOさん
 すずかさんは可愛いんですよ……! 地味でも策士でも吸血鬼でもないお姫様なんですよ……! でも誘い受け(ぁ
 なのはSNSの招待状は送らせていただきました〜。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/04/07 8:24 AM
素敵な2本立て、しっかり悶えさせてもらいましたよ♪
今回も甘々のあんまみーやでしたね☆★☆

小悪m…じゃなかったwwお姫様なすずかがめっちゃカワユイです(*>▽<*)

こんな一級危険物なら喜んで拾っていきますよ!!(え
Posted by: りーりー |at: 2007/04/07 9:30 PM
何度も済みません、LEOです。

招待状を送って頂いたようなのですが、不具合があったのか、こちらに届いていなくて…orz
何度も問い合わせてみたんですが、受信メールは無いようで…(;_;)

大変お手数おかけして申し訳ないのですが、よろしければもう一度、今度はこちらのアドまで送っていただけないでしょうか。

何卒よろしくお願い致します。
Posted by: LEO |at: 2007/04/07 10:42 PM
>りーりーさん
 だからすずかさんは策士とか小悪魔とかじゃー!?w
 拾っていくのは構いませんが取り扱い注意です!w

>LEOさん
 再び送りましたー。どうでしょ?
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/04/08 1:31 AM
いい感じに仕上がりましたね。アリサをどう逆攻めしていくか考えているすずかもまたかわゆい、かわゆい。
Posted by: mayu |at: 2007/04/08 3:50 AM
>mayuさん
 逆攻めってw ぴったりの新用語がw
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/04/08 1:46 PM
これはなんてストパ二ですか・・・?それしかいえねぇ・・・・!!!!!
Posted by: ぎりゅう |at: 2007/04/12 12:28 AM
ちょ…鼻血が出そうなんですけど、出して良いですか?(笑)
もうアリすず可愛すぎですよっ!このままどこまでも行ってくださ(ry
Posted by: 霧崎和也 |at: 2007/04/17 4:45 PM
>ぎりゅうさん
 ストパニは実は見ていない浅木原です……!
 あ、でも小説と漫画を見た限りでは玉青×渚砂が大変良いと思われましたよ(ry

>霧崎さん
 某所のフェイトさんのようにはならないようにw
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/04/17 11:38 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links