Entry: main  << >>
魔法少女リリカルなのはBURNING あとがき(ネタバレ無し版)
 あとがきです。とりあえずこっちはネタバレ無しで。
 ネタバレ全開ぐだぐだ版はのちほどw









 全ての始まりは、2006年8月11日。
 ――StrikerSの製作発表でした。

 続編の噂が囁かれ始め、怪情報が飛び交う中での満を持しての3期の発表。
 跳ね上がったテンションの赴くままに、嘘予告を書き殴りました。

 当時考えていたネタを片端からぶちこんだだけの、ただの妄想の固まり。
 それをこねくり回し、磨き上げ、形を整えて出来たのが、この「なのはBURNING」でした。



 実質的に初めての挑戦と言っていい、二次創作の長編。それが原稿用紙1300枚という、全く未知の領域に突入するなど予想もしないままに書き始め。……書けば書くほど、まずます「魔法少女リリカルなのは」という作品を好きになっていく自分に気がつきました。
 純粋にアリサとすずかの物語だったはずのこの作品が、いつのまにかなのはとフェイトの物語へ、エディックというひとりのオリジナルキャラクターの物語へ、そして脇を彩るたくさんのキャラクターたちの物語へと広がり、ここまでの大長編になったのも。そしてこれだけの長さの物語を、自分が書ききることが出来たのも。全ては、リリカルなのはという作品の持つ力によるものだったのだと思います。



 そして、こんな暗く、重く、原作に喧嘩売るような大長編に、よもやこんなにもたくさんの読者様がついてくれるとは、本当に全く予想だにしない事態でした。
 毎回毎回、コメント欄に書き込まれるたくさんの感想は、執筆の何よりの原動力でした。 
 この物語がここまで成長したのは、紛れもなく読者の皆様のおかげです。



 本当にたくさんの人に支えられて、この物語は生まれ、育ち、――そして完結しました。
 無事、完結まで、辿り着くことができました。


「バーニングアリサ」という素晴らしいジャンルを生み出した桃桜さん、皆村春樹さん。あなたがたの業績がなければ、「アリサが魔法少女になってなのはたちと戦う」というこの作品の基本コンセプトは生まれなかったと思います。――ありがとうございます。
 プロットの構成、テーマの練り込み、その他あらゆる面で自分の執筆を支え、イラストまで描いてくれたすけひろゆう氏。君の協力がなければ、この作品はきっとどこかで派手に破綻していたと思う。――本当にありがとう。
 素敵なアリサさんとすずかさんのサークルカットを描いてくださった稚乃ふみゆ先生。格好良すぎるロゴを作ってくださったwingさん。頼んでもいないのにイメージイラストを描いてくださったHALさん。書籍版挿絵のお願いを快諾してくださった総一朗さん。――ありがとうございます。
 11話の原稿チェックをしてくれたSISさん、柏岡明さん。あなた方の言葉で、自分の書いたものに本当に自信が持てた気がします。――ありがとうございます。
 コンちゃん。天波浅葱さん。翠屋チャットの皆様。――しょーもない自分の話に延々付き合ってくれて、本当にありがとうございます。ご迷惑をおかけしました。
 kitさん。本当に何から何までお世話になりっぱなしで申し訳ありません。――ありがとうございます。
 リアル友人諸氏。励ましの言葉を本当にありがとう。――いつでも飲もう。


 そして、感想をくださった全ての方。全ての読者様。

 クリューゲル=ストランザーさん。神野黎伯さん。しゃどうさん。
 touzituさん。kicchomuさん。ぐらんぐさん。mattioさん。りーりーさん。
 霧崎和也さん。鴇さん。スズメバチさん。クロガネさん。銀結城さん。
 桜木ナミキさん。ミヅキさん。冷凍蜜柑さん。草団子さん。機龍さん。
 しおさん。mayuさん。雑記(仮)さん。桃野かえるさん。悠真さん。
 ぴーちゃんさん。REOさん。レウルーラさん。ぎりゅうさん。tukaiさん。
 nanasiさん。izumoさん。ヴァーネルさん。沈月影さん。桜花さん。
 LuckyStarさん。ラスティさん。白露さん。瞬間遮断機さん。ばっちさん。
 黄昏の魔弾さん。maisyuさん。双九朗さん。新堂紘さん。青葉才人さん。
 録さん。LNFさん。れくさすさん。はるけさん。美風さん。トーコさん。
 Mittyanさん。ACEさん。高島松さん。紅夢さん。星野水音さん。時喰さん。
 朝倉柳さん。充さん。PETERさん。静奈鈴音さん。慧姐さん。隅田さん。
 並木朱鷺さん。久我拓人さん。銀希片さん。結城しんさん。

 ――他、名前の解らない、本当にたくさんの読者様方。
 本当に、ありがとうございます。

(上記の皆様ひとりひとりへのお礼は、こちらにて!)



 そして最後に、「魔法少女リリカルなのは」という素晴らしい原作を生み出した都築真紀さんと、全ての製作スタッフの方に、百万回のありがとうを。





 それまでの自分の、色々なものをなげうって、ただひたすらにこの物語を書き続けた半年間。――紛れもなく、最高の半年間でした。物語を紡ぐ楽しみ。文字書きとしての原点に立ち返り、新たな、大きな一歩を踏み出せた半年間だったと思います。

 ありがとう。
 本当にありがとう。





「魔法少女リリカルなのはBURNING」。
 この物語の全ての登場人物と。
 この物語に関わった、全ての人へ。
 最後はこの言葉で、締めようと思います。





 ――あなたの未来に、どうかたくさんの希望と幸福がありますように。





2007/04/02
テレビ和歌山でのStrikerS放送開始15分前
自室PCの前にて

浅木原 忍

| 浅木原忍 | 00:57 | comments(37) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:57 | - | - |
Comment
連載完結おめでとう御座います&お疲れ様でした。

結局完結してから読もうと思ってたけど待ちきれなくて今読んでいる途中です。
ようやく11話まで来ました。
一応MXTVで見ようと思ってるのでこちらでは金曜日ですか、それまでもう少し楽しもうかと思ってます
Posted by: LNF |at: 2007/04/02 2:28 AM
完結おめでとうございます。
完結したら読もうと思ってたので
今から読み始めます〜
Posted by: ハロ |at: 2007/04/02 3:00 AM
浅木原様、初めてメールさせて頂きます。

えーと、何から言えば良いかちょっと考えてしまいますが…まずはBURNINGの執筆お疲れ様でございました。

私めは桃桜さんのホームページにてここの存在を知りましてBURNINGを読ませて頂きました。

初めは展開の(回を追うことに)右肩下がり具合に流石においおいって思いました…。

…が最後の2,3話で急激な右肩上がり(?)ぶりを見てちょっと安心致しました。

しかしこの作品のオリキャラであるエディックさんは回によっていい人にも悪い人にも見えて何とも掴みどころの無いキャラだったなと…
あ、結果的に悪い人って訳ではありませんでしたが…

ふぅ…兎に角これはうまく正史に入れられるサイドストーリーだと言えますね。

この作品のアリサも、桃桜さんの作品のアリサも結果的にあれこれ色々考えて、尚も前に進む心の強さみたいな物を手に入れた…のかも知れませんね。(きっとそうだと信じたい←個人の願望か!?)

さて、とりあえずは筆を置いてしばらくおやすみ下さいませ。
(まだ色々やらないといけない事がある様にお見受けしますが…)

…とはいえ、一つの物語の終わりは新たなる物語の始まりでもある訳でして…
アリサの物語はまだ始まったばかり…と言ったら流石に怒りますか…(汗)。

私は文章家では無いので物語を書く事は出来ないのですが、私の頭の中では「その後」のアリサやエディックの物語を(失礼ですがほぼ勝手に…)構想してしまっています。(まあ、形にはならないでしょうが…)

さて、そろそろ私はこれにて失礼致します、最後に愚文・駄文の程お許し下さいませ。では…
Posted by: 通りすがりの者です。 |at: 2007/04/02 4:34 AM
初めまして。
小さな巨神兵と申します。
え〜、始めて書き込むと何を言ったら良いのやらわかりませんね。とりあえず、自分がここに失礼させてもらったきっかけは、なのは関連のサイトをひたすらサーフィンしていた末にたどり着きました。
今まで自分は同人系や二次創作などの類はあまり見なかったのですが、浅木原さんの小説を見るやいなや、一気にハマりました。
第一話のアリサとすずか、そしてなのは達の日常が崩壊する描写、そしてアリサの想い。それを見てただ「上手い」と。
浅木原さんの作り出す世界観にべた惚れしてしまいました。
今や浅木原さんの大ファンです。(お名前連呼すいません

長編連載、本当にお疲れ様でした!
これからも、応援してますので頑張ってください。
それでは、変な日本語&長文失礼致しました。
Posted by: 小さな巨神兵 |at: 2007/04/02 6:13 AM
完結おめでとうございます、そしてお疲れ様でした。
この半年、長かったような短かったような・・・でもこの半年はこのBURNINGに出逢えて本当によかったです。更新を楽しみにして、これからどうなるんだろうと授業中にもよく考えていました。

長期連載本当にお疲れ様でした。
Posted by: |at: 2007/04/02 12:31 PM
リリカルなのはBURNING
堂々の完結、本当におめでとうございます。

ワタクシごときの拙い言語力では、この素晴らしい作品に相応しい賛辞をうまく伝えることが出来ないのですが、とにかく素晴らしい作品に仕上がったと思います。

物語の展開、設定、舞台描写や心理描写とそれに付随する巧みな言葉運び。
どこを取っても秀逸で、本当に素晴らしいとしか言い表しようがありません。

何より私がこの作品を素晴らしいと思うのは、しっかりとキャラクターを描こうという姿勢が文章を通じてビンビン伝わって来たことでした。

家族や友達、仲間たち。名もなきキャラクターたち。
そこに存在するすべてのキャラクターたちには、それぞれに絆や友情、葛藤や憎悪、いろんな思いがあって、悩みながら、迷いながら、悔やみながら、苦しみながら、それでもあがき続けて、今を乗り越えて生きて行く。
リリカルなのはという作品は、そういった人と人との繋がりを描く作品でもあると私は思うんです。
その意味で、BURNINGはまさしくリリカルなのはだと思いました。

こんなにも素晴らしい作品に出会わせて下さった浅木原さん、本当にありがとうございました。
執筆お疲れ様でした!!
Posted by: LEO |at: 2007/04/02 3:27 PM
初めまして、以前からBURNING拝見させて頂いてました、Realと申します。

まず最初に、浅木原さん「魔法少女リリカルなのはBURNING」執筆、本当にお疲れ様でした!!。

とっっても楽しかったです!!、途中、何度もハラハラするような場面があり
「これで、ハッピーエンドを迎えられるのか!?」と何度か思ったりしましたが
でもきっと「浅木原さんならば、皆を幸せにしてくれるに違いない!」と勝手に思い込み(チョトマテ)
読んできました。
そして遂にそれは最終話で叶いました、みんな幸せになってよかった‥‥。
つーか皆、救われて本当によかった‥‥。(ノД`)・゜・。. .。.:*・゜゚・

もう‥これ以上の言葉が、自分には見つかりません!。

なんか、とてもメチャクチャな文になって、読みにくいと思いますが(汗)
とにかく、こんなにも素敵な作品を読ませて頂いて、本当にありがとうございました。

ありきたりな言葉ですみませんが、本当にお疲れ様でした!。
最後に駄文長文、失礼致しました。


P.S、次からはきちんとコメントするように致します
それでは。
Posted by: Real |at: 2007/04/02 3:52 PM
連載完結おめでとうございます、そしてお疲れ様でした。
どうしても伝えたいことがあるので、失礼承知で長々と書かせていただきます。
このサイトに初めて感想を書かせていただいてから二ヶ月と日が浅いですが、なんだかとても長く感じました。
あるサイトになのはの単語が書いてあって(そのサイトはなのはメインじゃなかったんですが)それからどういう物語か知りたくて、それで色々検索したんです。
それで公式サイトを見たりウィキを見たりして、キャラクターや大まかなストーリーの流れを知って。
そうして色々なサイトを見ていったらこのサイトにたどり着いたんです。
今思うと「なんじゃこりゃ?」とか物凄く失礼なこと考えつつ、「BURNING」の0話と1話だけ読んでみたんです。
それで、「なのは本編見たいなー」と思って。
それまで興味はあったけど、そこまで見たいとは思っていなかったんです。
だけど、BURNINGを読んだらどうしても本編が見たくなって。
レンタルショップでまとめて借りて一気に見て。
このサイトがきっかけで、なのはの世界と出会うことができたんだと思います。
一方的ですが、素晴らしいきっかけを作ってくださり、ありがとうございました。
Posted by: 桜木ナミキ |at: 2007/04/02 5:38 PM
完結お疲れ様です。
ついに終わってしまいましたかって感じで、ちょっとした喪失感がありますね。
正直2次創作作品でこの喪失感を味わえるとは思いませんでした。
過去エヴァ、ダイの大冒険、ガオガイガー、ハンター×ハンター、ヒカルの碁などいろいろな二次創作に触れてきましたが、この喪失感は無かったです。
実際のアニメーションや漫画でもあまりこの喪失感は味わえないのですが、それほど偉大な作品だったのだと思います。(ここ数年ではハルヒとAs以外喪失感なし。武装練金でも喪失感は無いですね。)

思い出してみれば浅木原忍様のBURNINGに出会ったのは昨年の秋ぐらいだったと思います。たぶんフェイト対アリサ前後だったかもしれません。
実はなのは系の二次創作はそれまでは読んでなく、会社でたまたまラジオからETERNAL BLAZEが流れて何となく検索したのが最初だったと思います。
失礼ながら最初はアリサ主人公って変って思ってました。笑
でもいつの間にかアリサってキャラが好きになってしまいましたね。
それからは各なのは系サイトをめぐるようになりました。
もともとなのはっていう作品は好きだったのですが、ここまで好きになるとは思いませんでした。
浅木原様には感服してしまいますね。
正直あのロゴも会社でBURNINGを読んでて、思わず作ってました。一度は破棄も考えていたのですが、とりあえず送ってみようって思い送らせてもらいました。笑

長々となってしまいましたが本当にすばらしい作品を読ませていただきありがとうございました。

ではBURNING書籍版などがんばってください。

では。
(wingの悪い癖って事でおもいっきり蛇足ってことで、エディックはツヴァイ製作に関わるのでしょうか?トワ=ツヴァイって事は無い?まぁ戯れ言ってことで………。汗
すみません。無視してください。)
Posted by: wing |at: 2007/04/02 8:03 PM
 完璧でした。

 思い返せばBURNING5(4)。あの騎士達の思いに涙腺が決壊した瞬間から、自分はすでに「なのは」の世界とBURNINGに惚れ込んでいたのでしょう。あれから本編も見て、改めてBURNINGを読み返し、そしてついに完結を見届けて……この物語を最後まで読んでよかったと、心から思いました。
 自分が「なのは」に求めている要素のすべてがこの物語にはあって、この物語を動かしたすべての人々が、破綻なく自らの思いを貫いたのだと確信できます。悲痛に綴られる思いに何度涙したことか、もはや数えることもできません。

 …………えっと、短い文章ですみませんが、最後は堅苦しいのは抜きで。

 めちゃくちゃ面白かったです。
 たくさんの感動を、ありがとうございました。
Posted by: 柏岡明 |at: 2007/04/02 8:46 PM
ここは敢えて一言……
本ッ当にお疲れ様でした!!

それと完結を記念して進呈↓
まずはフレームを二つ出して、一方に
http://www.youtube.com/watch?v=fSyKqWdj2fI
の05:26〜07:16を音有りで再生し、もう一方に
http://www.youtube.com/watch?v=cy_Ii-wD21c&mode=related&search=
の00:21〜02:09を音無しにして
前者のより一瞬遅れて再生して
前者のは映像は見ずに音だけを聞きながら
後者のを音は聞かずに映像だけを見る
(注:動画自体は私が作ったわけじゃないですが、どれを映像用の動画にするかとか、この動画の曲を使おうとかっていうことは自分自身で考えたことです)
Posted by: レウルーラ |at: 2007/04/02 10:15 PM
連載完結おめでとうございます。年が明けてからというもの、毎日こちらをお邪魔することが習慣になるほど楽しませていただきました。これからも人知れず毎日覗かせていただこうと思いますwお疲れ様でした、それと、ありがとうございましたっ。
Posted by: mattio |at: 2007/04/03 12:00 AM
>LNFさん
 そろそろ読了された頃でありましょうかw 中盤はあんな展開でしたが、無事ああいう形に落ちつきましたw お楽しみいただけていることを祈りつつ。本当にありがとうございましたっ!

>ハロさん
 どうぞ、文庫本3冊分は確実にあるボリュームの話ですので、ゆっくり腰を落ち着けて読まれることをオススメいたしますw ともあれ本当にありがとうございますっ!

>通りすがりさん
 はじめまして〜。
 いえいえ、アリサの物語、大切な人といる未来はここから始まるのです。物語が終わっても、その後に続く登場人物の未来に思いを馳せられるような、そんな作品としてこのBURNINGをお楽しみいただけたなら、作者冥利に尽きるというものです。 この物語を「リリカルなのは」という作品の正史の片隅にあってもいいと思っていただけたなら至福。本当にありがとうございます!

>小さな巨神兵さん
 はじめまして〜。大ファンとはまた面映ゆいですw
 自分の作り出す世界と言っても、それは都築さんとアニメスタッフの生み出されたものに乗っかったもので、やっぱりそれは「リリカルなのは」という素晴らしい作品の持つ力に他ならないのだと思います。ともあれ、この長い話に最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございましたー!

>鴇さん
 この作品が、少しでも心に残るものであったなら、作者としてそれ以上の幸福はありません。半年間お付き合い本当にありがとうございましたっ!

>LEOさん
 無印とA's、ふたつの物語で紡がれたたくさんの想いを大事にして、そこに少しでも新たな想いを積み重ねられたらいいと思いました。「リリカルなのは」の二次創作として、この物語も「リリカルなのは」だと思っていただけたなら、本当にこの物語を書いて良かったと思います。本当にありがとうございました!
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/04/03 12:28 PM
 多いので2回に分けましたw

>Realさん
 はじめまして〜。
 ひたすら転がり落ちるばかりの展開、わざわざ不安を煽るようなことをレスで書いたりして、無闇にハラハラさせてしまって申し訳ありませんでした(苦笑)。みんなが幸せになる結末を喜んでいただけたなら何よりでありますっ。
 コメントに関しては、最後にこんなお言葉をいただけただけでも充分すぎるほどですw 本当にありがとうございましたー!

>桜木ナミキさん
 ま、まさかBURNINGからリリカルなのはに入られたとは……! うわー! これだけでも自分がBURNINGを書いたことにはちゃんと意味があったんだと実感しました!
 ようこそ、こちらの世界へw そしてどうぞ、これからもよろしくお願いします。本当にありがとうございました!

>wingさん
 偉大なんてそれは言い過ぎですよw まあ、そう思っていただけるほどにお楽しみいただけたなら、作者冥利に尽きるというものですっ。
 エディックのデバイスデザイナーという設定、書籍型だったH2Uというあたりから見当がついている方も多いと思いますが、蒼天の書&リイン恭発の影にはエディックの尽力があったという裏話がこっそり隠れていますw トワ=リイン兇任呂△蠅泙擦鵑韻匹唯
 あんなに素敵なロゴまでいただいてしまって、本当に、本当にありがとうございましたーっ!

>柏岡明さん
 柏岡さんをなのはの世界に引っぱって来られたのが、BURNINGの残した最大の功績だったような気が自分的にはしないでもないです(ぇー
 七転八倒しながら書いた11話にいただいたメッセージには本当に勇気づけられました。過分なお言葉、心の底からありがとうございましたっ!

>レウルーラさん
 どうもですw 進呈品もありがとうございましたw
 短い間でも、この物語をお楽しみいただけたなら何よりです。ありがとうございましたー!

>mattioさん
 たくさんの投稿SS、送られてくるたびに「負けてられん!」とモチベーションが上がりました。ギリギリでStS放送に間に合うことが出来たのもそのおかげかもしれませんw
 本当にありがとうございました!
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/04/03 12:41 PM
なんだか自分の名をあげてもらって嬉し恥ずかしですが、書籍化がんばってください。その際には布教活動のお手伝いでもと思っています。なんだか,簡単に『がんばって』に頼っている気がしますが,一緒になのはで盛り上がりましょう。
Posted by: mayu |at: 2007/04/03 9:35 PM
 連載完結お疲れ様でした。遅ればせながら、最後まで読ませていただきました。雑記(仮)です。
 毎回楽しみにしていた作品が終了するのは寂しいですが、やっぱり好いものですね。それがハッピーエンドなら、なおさら感慨深いですね。
 この作品をきっかけに、すでに見た、なのはStS第一話、その他諸々の影響を受け、自分も話を書きたいという意欲が沸いてきました。
 BURNINGは完結しましたが、書籍化、そして次に始まる新たな物語。これからも楽しみにしています。それと、書き込みをする事は少ないと思いますが、陰ながら応援しています。

 最後に、始まりをくれた素晴らしい物語を書ききってくれた浅木原さんに、心からの感謝を。
Posted by: 雑記(仮) |at: 2007/04/04 6:28 PM
>mayuさん
 どうもありがとうございますw
 皆様のお言葉はどれも浅木原の頑張りの源ですよ!

>雑記(仮)さん
 最後までお付き合いくださり本当にありがとうございました! このBURNINGが、新たな物語を生み出すきっかけとなるのでしたら幸いであります。頑張ってくださいね〜。こちらも書籍化頑張ります!
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/04/04 8:02 PM
先週はPC不調だったので先ほど12、13話まとめて読ませてもらいました。
とにかく高い構成力に驚かされました。最初から全13話分のタイトルもあったということは軌道修正もほぼ無かったんでしょうし。
ただその場で思いついたのを追加していったアリサSが情けなくなるくらいで……

A's12話の決戦時、正直自分の名前とデバイス名を名乗って攻撃するのは演出とはいえやりすぎじゃないかなぁと思ったのですがBURNINGの12話ではそう思わなかったのは描写の巧みのなせることでしょうか。

最後にアリサから魔力をなくすというか元に戻すというのはStrikerSにつながるよう、という当初からの予定なのでしょうか?
うちは散々迷ったのですが(デバイスが無茶なSモードで壊れるオチも考えてました)アリサStrikerSにつなげられるようにしてしまったので予定通りに終わらせたというのならばお見事だと思います。

書籍版や次回作(?)も楽しみにしていますので頑張って下さいませ。
Posted by: 桃桜 |at: 2007/04/05 12:06 AM
>桃桜さん
 どうもです、感想ありがとうございました!
 構成は……いや、自分も結構思いついたものを随時追加してたりしてるんですけどね(苦笑)。浅木原の得意技は適当に書いた部分の辻褄を後からさも伏線のように合わせることです(ぇ)。そもそも最初のプロットではトワは消える予定だったのか何とか。結構軌道修正してますよ(苦笑)。
 ただまぁ、「過去は変えられないから、未来を変えるために今を戦う」という根幹部分は揺らぐことなく最後まで辿り着けたので、作品としてはまとまったかなぁと思う次第です。

 最終的にアリサの扱いは、StrikerS(というかA'sエピローグ)に繋げるために日常に帰るのは確定していたのですが、魔力資質を残すかどうかは最後まで悩みました。結局消えたのか消えてないのか微妙に曖昧な結末になってますが(笑)。BEAT GEYSERさんの「キズナノカタチ」とは違う結末にしたかったというのと、魔法の世界に夢を見つけた無印なのはさんとの対比的な意味合いもあって、こういう形に落ちつきました。方向性は違うけど、自分にとってかけがえのないものを見つけたのはどちらも一緒、ということでひとつ。

 ……そして懺悔します。バーニングアリサS、まだ最後まで読めていませんorz 読破いたしましたら改めて感想をそちらに送らせていただきますー。ごめんなさいorz

 次回作は現状未定ですが、またお楽しみいただけたらいいなぁと思います。ではでは、本当にありがとうございました!
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/04/05 10:51 PM
すばらしい小説ありがとうございました。自分もちょっと書いているんで、この長編がどれだけ大変か少しわかります。
ラスト感動して泣いちゃいましたw
これからもがんばってください。
Posted by: RIM |at: 2007/07/10 11:34 AM
>RIMさん
 初めまして〜。読破お疲れ様でした&感想ありがとうございました!
 この長い物語が、少しでも感動を与えられたならそれに勝ることはありませんー。
 浅木原はこれからも頑張ります。はい。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/07/20 11:53 PM
長編お疲れ様でした。
久しぶりにこれほど作品への愛に溢れた二次創作に出会いました。
今まで読んでなくて損したってのが素直な感想です。
感動をありがとうございました。
Posted by: izm |at: 2007/08/15 1:30 PM
>izmさん
 初めまして。読破&感想ありがとうございました! そしてレスが遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした(´・ω・`)
 「なのは」という作品への愛は、全力全開で注ぎこんだつもりです。二次創作というのはそういうものでありたいと思いますし、それで自分の感じた想いを皆様と共有出来たら、こんなに素敵なことは無いと思うのです(恥ずかしい台詞禁止)。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/08/22 9:14 PM
小説が好きでいろいろ探していたのですが
他所でバーニングアリサにはまりここに来ました。
長編小説なのでかなり面白く読ませていただきました。
これを見てなのはアニメを全部見てしまいました
お涙頂戴は大変良かったです
これからもがんばって下さい
小説は1,2巻買わせていただきました
Posted by: caesar |at: 2007/09/21 11:32 AM
>caesarさん
 わ、ここからなのはに入られましたか! ようこそこちら側へw
 お買いあげありがとうございましたw お楽しみ頂けましたなら何よりですー。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/09/22 9:26 PM
一気に読みました。
マジ泣きした。
なのフェイ信者の一人として応援させていただきます。
Posted by: 百海 |at: 2007/10/28 3:31 PM
>百海さん
 一気読みお疲れ様でしたw
 なのフェイ長編はこれ以上書く予定はありませんが、色々と書く予定はたくさんありますのでよろしくお願いします。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/10/31 7:00 PM
すべて読ませていただきました。
この物語に出会えてよかったです^^
これからもたくさんの人々に忍さんの物語を送ってあげてください、私もその一人になれれば幸いです。
Posted by: ヒロアキ |at: 2007/11/03 10:34 PM
>ヒロアキさん
 読了お疲れ様でしたw
 この作品を読んだ時間が無駄にならなければ、何よりでありますよー。
 自分の作品が多くの人に読んでもらえるかは自分の腕次第なので、がんばりますw
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/11/05 9:57 AM
一気に全部読ませていただきました。
途中で区切ることができないくらいにハマりまして、気付けばもう朝ですw
感想を書き出すとうまくまとめられなさそうなのですが、話の展開に何度も驚愕しつつ、キャラ達の想いが痛いくらいに伝わってきて、うまいなぁと思ったのと、とにかく感動しました。私が今まで読んだ中で文句無しに最高のSSでした。
そんな作品に出会えたことに感謝しています。ありがとうございました。
これからもがんばってください!
Posted by: syk |at: 2007/12/02 8:32 AM
>sykさん
 朝まで一気読みお疲れ様でしたw
 この作品を読んだ時間が、楽しみの時間であったならば、作者としてそれ以上のことはありません。感想ありがとうございましたー。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/12/03 7:14 PM
PCを起動させる事すら珍しい私に起きた奇跡ですよw 
たった今読み終わったのですがいつの間にか日付が違う(汗
SSというものも自分的にはあまり読んだりはしないのですがこの作品は凄いとしかいえません!
キャラクター達の思いが、まるで自分がその場にいるような錯覚を起こさせる程でした。


しかし自分の文章能力の低さに嫌気が差しますね
とにかく私が言いたいのは

この様ないい作品を作り出してくれた浅木原忍さんに感謝。
ファンになりました。
お体に気をつけて頑張ってください・・・・です!
Posted by: 大輔 |at: 2007/12/06 12:17 AM
>大輔さん
 おっと、反応が遅れまして申し訳ありませんでした(汗
 読破お疲れ様でしたー。お楽しみいただけましたなら何よりです。色々と頑張ってますのでよろしければ今後ともよろしくー。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/12/13 11:00 PM
初めてコメントさせてもらいます。自分とこの作品の出会いはSSサイトの巡回中でしたがバーニングはそのなかでも指折りの作品だったと思います。最初から一気に最後まで読ませる勢いがあり携帯の充電しつつ読んでしまいました(笑)時間がたってからこの作品に出会ったのが少しもうちょっと早めにであっていればなあと悔しい気もしますがこれからはチェックしていきたいと思います。書籍も機会があれば必ず手にとりたいと思います。それでは楽しい作品をありがとうございました。お体ご自愛くださいませ。
Posted by: ジャマおじさん |at: 2007/12/24 10:37 AM
魔法少女リリカルなのはBURNINGという作品はとてもすごいと思います。
語彙が貧弱なので言い表しにくいのですが、この作品を呼んで、本格的にリリカルなのはの世界に引き込まれた気がします。
僕は寮生なので原作を見ることが非常に難しいのですが、(自分のパソコンも持ってない<泣)それでもリリカルなのはの二次創作を作ってみたいと思えるほど魔法少女リリカルなのはBURNINGという作品はすばらしいです。
浅木原さんはもっと自分のことを誇りに思ってもいいんです。誰がなんと言おうとも私は浅木原さんはすごい人だと思います。
リリカルなのはの世界に私を引き込んでくれた浅木原さんに最大級の感謝を。
そしてリリカルなのはという作品の土台となったトライアングルハート3の製作者全員に感謝と尊敬を。
リリカルなのはという作品を生み出してくれたスタッフの皆さんに尊敬と祝福を。
そして最後にリリカルなのはという世界を共有しているSS作家全員に最大級の祝福と幸運を。


長文失礼しました。それではまたリリカルなのはの世界で会いましょう。
 
Posted by: 結 |at: 2008/01/02 4:59 PM
>ジャマおじさんさん
 反応が遅れましたすみません(汗
 携帯の充電時間のような、少し暇な時間のささやかな楽しみになれれば、それで充分なのですw
 お楽しみいただけましたなら幸いです。どうぞ今年もよろしくお願いします。

>結さん
 はじめまして、コメントありがとうございましたー。
 この作品が、また誰かの創作意欲を刺激して、新しい作品を生み出すきっかけとなれば、それ以上のことはありません。今年も1年、リリカルなのはの世界を楽しんでいきましょうー。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2008/01/02 5:45 PM
どうも、コメントは二回目です。

魔法少女リリカルなのはBURNING、一気に読んで気がついたら夕方に。
何と言うか、これだけのものを書けるというのはそれだけで敬服します。

キャラがとにかく魅力的でしたが、私的にはやはりオリジナルのエディックに感情移入。
ああいうキャラに弱いのですよ、私。何と言うかあらゆる意味で好みでした。
過去の世界で必死にセレナの所に走って、でも辿り着けなかった所とか、アリサに対して悪役気取って叱咤される所とか。特にその直後のセレナの遺言に対する彼のモノローグは本気で涙腺に来ましたよ。

それだけに、最後にグリフィスで全部が繋がったとき、その僅かな「救い」に号泣。
「過去」から続いてきた「現在」が無意味なものではなかったのだと、彼が少しでも救われたのだということに心が一杯になりました。

いい作品を読ませていただきました。
本当にありがとうございました。






・・・あ〜何かアリすずに全然言及してないな・・・(苦笑)
Posted by: 劉耶・R・月島 |at: 2008/07/30 5:31 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『石ころ姫にオオカミさんのご加護を!』(19/3/18 名華祭新刊)
メロンブックス とらのあな


『だれもが幻想を愛していた 少女秘封録』(18/12/30 C95新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 非想天則編』(18/12/30 C95新刊)
メロンブックス とらのあな


『稗田文芸賞メッタ斬り!ファイナル これでおしまい完結編』(18/10/14 秋季例大祭5新刊)
メロンブックス とらのあな


『稗田文芸賞メッタ斬り!ファイナル スカーレット野望編』(18/10/14 秋季例大祭5新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 星蓮船編』(18/8/10 C94新刊)
メロンブックス とらのあな


『彼女は幻想に閉ざされる 少女秘封録』(18/5/6 例大祭15新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 地霊殿編』(18/5/6 例大祭15新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 緋想天編』(17/12/29 C93新刊)
メロンブックス とらのあな


『傀儡無情 東方×連城三紀彦短編集』(17/10/15 秋季例大祭4新刊)
メロンブックス とらのあな


『夏と幻想と彼女の死体 秘封倶楽部短編集』(17/9/18 科学世紀のカフェテラス新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(17/8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(17/5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(17/5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(17/3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(16/12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(16/8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(16/5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(15/12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL BOOK☆WALKER
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links