スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
四つ葉のクローバーを、君に。
 何と隅田さんからの投稿作品が! 浅木原はひとり狂喜乱舞しております(ぇ
 ちょっと片想い風味のこのもどかしさにみんなで悶絶しようぜ!












「んーっ、いい天気だねーっ」
「そうだね、なのは」
今日はわたしもフェイトちゃんも久々に休日が重なったので、アリサちゃんとすずかちゃんと一緒にピクニックへと来ていた。
朝早く起きて作ったお弁当を持って、海鳴公園へ。
とてもいい天気で、隣にはフェイトちゃんがいて。たったそれだけのことだけれど、わたしにとってはそれで十分過ぎるほど幸せだった。
「そうだフェイトちゃん、その、お弁当…」
「あ、うん。ちゃんと作ってきたよ。なのはのお弁当」
「えへへっ、ありがと、フェイトちゃん!」
わたしとフェイトちゃんは、実はある約束をしていた。
それは、お互いのお弁当をそれぞれ作ってくること。これのためにわたしは今日いつもよりもちょっと早起きして、一生懸命お弁当をつくった。
そのせいでちょっと眠いけれど、フェイトちゃんが喜んでくれる姿を考えるだけで嬉しくて。
「わたしも作ってきたからね。フェイトちゃんの!」
「…うん。ありがとう、なのは」
こうして実際に嬉しそうに微笑んでくれるだけで、頑張ってよかったなぁと思える。
それと同時に、わたしの中でのフェイトちゃんの存在の大きさを改めて認識した。
(あぁ、やっぱりわたし、フェイトちゃんのこと)

「はいはい、すとーっぷ!」
「ひゃっ!?」
「にゃっ!?」
そこへ聞こえてきたのは、アリサちゃんのちょっと怒ったような声。
慌てて声のした方へと目を向けると、そこには案の定目を吊り上げているアリサちゃんと、その隣にいるすずかちゃんがいた。
「まーったくもう、何二人の世界作ってるのよ」
「なのはちゃん、フェイトちゃんも。お昼ご飯の時間までまだ時間あるし、ちょっと遊んできたらどうかな?」
一人憤慨しているアリサちゃんの背を優しく撫でて宥めながら、すずかちゃんが提案してきてくれた。
とりあえず、ここはその提案にのらせてもらうとしよう。わたしも久々の休みだから、フェイトちゃんとゆっくりしたいとも思っていた。
それに、きっとすずかちゃんにも、わたしと同じ思いがあるのだと分かったから。
「ありがとう、すずかちゃん。…行こ、フェイトちゃん! それじゃ二人とも、ごゆっくりー!」
「なっ!? ちょ、ちょっと待ちなさいよ! ごゆっくりって…!」
「…アリサちゃん、いや?」
「え、や、そ、そんなわけじゃなくって…!」
フェイトちゃんの手を引っ張って駆けていると、後ろから聞こえてくるのはそんなやり取り。
アリサちゃんも、素直になれればいいのにね。
そう思って隣のフェイトちゃんと苦笑い。
二人とも、お互いのことを想っているのは目に見えているのだから、大丈夫だと思えるのだけど。



でも、わたしもアリサちゃんのことなんて言えないかもしれない。
女の子同士なんて、おかしいから。
素直にこの想いを伝えるなんて出来ない。
怖いから。
もしも拒絶されたらって想像するだけで―ほら、こんなにも胸が痛い。
…だからわたしは想いを伝えることを先延ばしにし続けている。

たった一歩を、踏み出すことに戸惑って。



そうしてわたしとフェイトちゃんは近くの野原へと来た。
側にお弁当などが入っている荷物を置いて、二人して腰を下ろす。
どちらかが話すわけでもなく、流れるのは沈黙の時間。でも、決して気まずい雰囲気などではなかった。
「あ…これ」
「どうしたの、なのは?」
思わず声をあげてしまったけれど、ふと目に入ったのはシロツメクサ―いわゆるクローバーだった。
青々しくここら一帯に茂っているそれに触れて、フェイトちゃんに説明する。
「あのね、これはクローバーっていう植物なんだよ。最近見かけなかったから、ちょっとね」
「へえ…クローバーっていうんだ、この子」
わたしの言葉に、フェイトちゃんもクローバーに触れる。この子という言い方がフェイトちゃんらしくて、少し嬉しくなった。
そして、ふとクローバーに纏わる言い伝えを思い出す。
幸せにしてくれるという、四つ葉のクローバー。
今見えるのは三つ葉のそればかりだけれど、小さい頃はよく四つ葉を探したことを思い出して、知らず知らずのうちに微笑んでいた。
そういえば、探し出したそれをお母さんにあげたりしたなぁ。
お母さんに『幸せ』をあげたくて。自分の大切な人に、幸せになって欲しくて。
―今、わたしの大切で、特別なひとは。
傍らのフェイトちゃんに視線を移す。するとフェイトちゃんもこちらを見ていたらしく、目が合った。
なんとなく今考えていることを悟られてしまいそうで、恥ずかしくて慌てて目を逸らす。
そのまま逸らした視線で、四つ葉を探し始める。
喜んで欲しいと、『幸せ』をあげたいと思ったから。他の誰でもないフェイトちゃんに。
何にも出来ないけれど、日常の中のちょっとした『幸せ』くらいは、わたしが彼女にあげたかった。
「…? なのは、これ」
「どうしたの、フェイトちゃん」
突然フェイトちゃんがわたしの側の地面へと手を伸ばす。
その時、いつもよりも近い距離に少しだけどきりとしたのは秘密だ。
「ほら、他のは三つ葉なのに、これだけ四つ葉だ」
小さくごめんね、と言って手折られたそのクローバーは、確かに四枚の葉を持っていた。
「…すごいよ、フェイトちゃん!」
「え?」
先程までこっそりわたしが探していたはずのそれは、いとも簡単に目の前の少女に見つけられてしまったことになるのだけど、悔しいとは思わなかった。
ただ、わたしがフェイトちゃんにあげたかった『幸せ』を彼女が自分で手に入れてしまったことに、少しだけ切なさを覚えたりはしたけれど。
「四つ葉は珍しいんだよ。だからね…四つ葉のクローバーは、幸せにしてくれるっていう言い伝えがあるの。花言葉も『幸福』なんだって」
「…そう、なんだ」
けれど、フェイトちゃんは特にたいした感銘を受けたわけではないようだった。
それどころか、その手に持ったクローバーをこちらに差し出してくる。
「これは、なのはにあげるよ」
「えっ!?」
突然のフェイトちゃんの言葉に驚いた。
だってそれは、まさしくわたしがフェイトちゃんにしてあげたかったこと、そのものだったから。
「い、いいよ! だってそれはフェイトちゃんが見つけたんだし」
「ううん、他でもない、なのはにもらって欲しいんだ」
慌ててその申し出を断ろうとしたわたしは、その言葉に止まる。
それだけではない。そこには優しい目でこちらを見てくる、フェイトちゃんがいて。
「なのはに、幸せになって欲しいから」
(…反則だよ、それは)
顔が赤くなっているのが、自分でも分かる。
おまけにさっきから心臓がうるさい。
そんなわたしに気がついているのかいないのか、フェイトちゃんはわたしの手に、そのクローバーをそっと握らせる。
「そうだ。この間テレビで見たんだけど、この子には他にも花言葉があるらしいよ」
「え? そ、それってなに?」
丁度良い話題転換になると思ったわたしは、その言葉に即座に反応した。
けれど、次の瞬間にはわたしは、フェイトちゃんの腕の中にいて。
「―え?」

「『私を、思って』」

耳元で囁かれたその言葉に、くらりとする。
いつもと同じ静かな声。だけど、どこか違う。
咄嗟にどうしたらいいのか分からなかった。でも、何か言わなければならないような気がして。
自分でも何を言おうとしているのか分からないままに、言葉を紡ごうとした、そのとき。
「なのはー? フェイトー?」
「そろそろお昼ご飯にしないーっ?」
聞こえてきたのは、アリサちゃんとすずかちゃんの声。
そう理解したときには、フェイトちゃんはすでにわたしから離れて、側に置いていたわたしとフェイトちゃんの荷物を拾い上げているところだった。
その振る舞いは、あまりにも自然で。
―まるで、さっき何も起こっていなかったのように。
「……ほら、行こう、なのは」
そう言って、フェイトちゃんは声のした方へと向かって行ってしまった。
そしてわたし一人が、その場に残される。

―さっきのは、本当にあったことなのだろうか?

でも、身体が覚えているフェイトちゃんの温もりと、手の中のクローバーがそれは真実であることを物語っている。
けれど、でも。…あの言葉は。
「…わたしを、思って」
その言葉を、口に出してみる。
言葉というよりは願いに似たその響きは、誰にも聞かれること無く、晴れた空に溶けていって。

ねぇ、それはただの、花言葉だったの?


―それとも。




その疑問には、誰も答えてなどくれなかった。
青い空も、緑の野も、誰かを幸せにするはずの、四つ葉のクローバーも。

まるで夢の中にいるようなそんな不確かな感覚に浸り、アリサちゃんに再び呼ばれるまで、わたしはそこに一人佇んでいた。


そのとき唯一明確に分かったのは、高鳴り続ける自分の鼓動。それだけだった。
| 浅木原忍 | 13:47 | comments(9) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 13:47 | - | - |
Comment
隅田さんの作品はサイトやしんしぃさんのサイトで読まさせていただきました。またこうして隅田さんの作品が読めて感激です。
『幸福』本当にこの2人には幸せになってもらいたいです。フェイトの言葉、この疑問の答えはなのはが持っているのでしょう、後は気付くだけ。その答えに間違いはないから

なのフェイSSごちそうさまでした。
Posted by: |at: 2007/03/30 3:08 PM
フェイトちゃん,天然やなー。さてさて,すみっこのほうでWeb漫画もよませてもらいましたけど,こんなかんじで静かに想う乙女なのはさんもいいですよね。隅田さんありがとうございました。
Posted by: mayu |at: 2007/03/30 3:27 PM
こういう雰囲気、いいですね。
暖かい雰囲気の中にある、ちょっとした緊張感。
片思いの雰囲気ってなんだかいいですよね。
こういう甘酸っぱいSS、大好きです。
素敵な作品、ご馳走様です。
Posted by: ぴーちゃん |at: 2007/03/30 4:30 PM
うわうわうわわ〜〜っ!
ゾクゾク来たゾクゾク来たゾクゾク来たぁ〜〜っ!

凄いよこれ、もう悶えることすら出来なかった…

ああ…自分じゃ絶対出来ないSSだ…

ゴチソウサマデシタ。もう素晴らしすぎて泣けてきそうです
Posted by: LNF |at: 2007/03/30 9:51 PM
皆さんご感想、ありがとうございます m(_ _)m


<鴇さん
そんな前から読んで頂いていたのですね…。ありがとうございます!
一人が一歩を踏み出せなくても、二人共が半歩でも踏み出せたなら、それはお互いにとっての一歩になるはず。
二人とも優しくて真っ直ぐですし、二人の周りには、立ち止まってしまったときに背中を押してくれる人たちがたくさんいますから。絶対に幸せになれると思います。


<mayuさん
フェイトさん、もしかしたら天然じゃなくて狙ってやってるのかもしれません(笑)…と、そんな恋の駆け引きも面白いと思います。
実際どっちなのかは読んでくださる方々の判断で。
ちなみに私、恥ずかしがっている女の子が大好物です(ぇ)そのせいでサイトの方のなのはさんは乙女なんですよ。つまるところ私の好みw


<ぴーちゃんさん
甘々な雰囲気も大好きですが、こんな切ない片想いっぽい雰囲気も大好きです。まぁこのSSではお互い無自覚な両想いっぽいんですけれど(笑)
恋をして経験するのは、甘くて嬉しいことばかりじゃなくて。こういった切なさや悲しみ、辛いこともあって。でも、それはとても愛しいものでもあると思います。
それが書けていれば幸いです。


<LNFさん
そこまで言ってもらえるとSS書きとして冥利に尽きます…!(照)
この『四つ葉のクローバーを、君に。』は結構な難産でしたが、その分お気に入りなので、そう感じてくださって嬉しいです。

元々四つ葉のクローバーは私が一番好きな花(草)なんですよ。
花言葉が『幸福』。大切な人のそれを願っていても、それは同時に『私を思って』という見返りも求めてるんです。
大切な人への思いが友情であれ愛情であれ―恋情であれ、自分が相手を思う分、相手にも自分を思って欲しい。そんなところがとても『人』らしくて大好きなんです。
と、まぁ思い入れがあるSSなので。話が逸れましたが(汗)ご感想、ありがとうございました。
Posted by: 隅田 |at: 2007/03/30 11:16 PM
いやぁ〜なのフェイって本当にいいですよね〜
隅田さんの作品もまた独特な良さが良いですね〜はまってしまいました≧≦
隅田さんのなのはもっと読みたいです
き、期待しています///

Posted by: とぅうふ |at: 2007/03/30 11:54 PM
<とぅうふさん
そうですよね、なのフェイいいですよね!!
独特…といいますか、甘々ななのフェイは他の皆さんが書いて下さっているので、ちょっと毛色の異なるSSを書いてみたいなぁと思って今回のSSが出来ました(笑)
そのように言って下さると嬉しいですね。これからも頑張ってなのフェイで書いていきたいと思います。
ご感想ありがとうございました!
Posted by: 隅田 |at: 2007/04/01 12:38 AM
SS楽しませて頂きました。隅田さんの書くなのフェイは暖かくて、なのはもフェイトも相手の事が好き!って感じがよく表現されていて、読んでいてうにうにと転がります(^^)
 執筆活動がんばってください。今後の他作品期待しております。
Posted by: knf |at: 2007/04/25 9:13 AM
<knfさん
初めましてー。ご感想ありがとうございますっ!
なのフェイは私に二次創作意欲を再燃させた素敵カップルですので、全力全開で二人の好き!という気持ちを表現しようと努めておりますー。なのでうにうに転がって頂けると嬉しいです(笑)
これからもなのフェイで書いていきたいと思っておりますので、生暖かく見守ってやって下さいませw
Posted by: 隅田 |at: 2007/04/30 2:09 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links