スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 またまたmattioさんから! ホワイトデーを舞台になのはさん争奪戦が繰り広げられるSSです(笑)
 なのはさん、アンタどれだけフラグ立てまくってるんですか!w 目指せハーレムエンド!(ぇ











それは平凡な町、海鳴市で起きた小さな事件。
一人の少女を巡って起きた、戦いとふれあいの物語。
時空管理局の関係者数名を数日の間、戦闘不能に陥れたその事件は発生現場の当時の風習と、その事件の中心となった少女にちなんでこう題されている。
「白い悪魔事件」―――。

ホワイトデー。バレンタインデーにチョコレートなどをもらった者が、そのお返しとしてプレゼントを女性へ贈る日。
小学4年生、高町なのははバレンタインデーにチョコを大勢に贈った。これは、その行為による結末のお話―。

伝えたい気持ちがあります。
世界にたった一人だけの、あなたのココロに・・。


3月13日。

― フェイト・T・ハラオウン VS 月村すずか ―

やっぱり、なのはちゃんと言えば真っ先に浮かぶ強敵は彼女だ。すずかは思った。
フェイトちゃん、彼女にはとっておきの「絆」がある。
真正面から闘うのは得策ではない。
やっぱり協力者が必要だよね。
―アリサちゃん、私達も負けてられないよ。―
…フェイトちゃんに。
「…それで、私に協力を?」
「はい」
リンディさん。フェイトちゃんの義理のお母さん。
フェイトちゃんの家に遊びに来たときピンときた。
この人なら、きっと――。
「私はフェイトの母よ?娘の恋路を妨害することに協力すると思っているのかしら?」
そう言うであろうことも予測済み。
「妨害ではありません、初恋は甘ければ良いというものでないことは、リンディさんほどの方なら理解していただけると信じてます」
「……」
「リンディさんももっとフェイトちゃんに甘えてもらいたいのではないですか?」
「……」
とどめ、だよ。
「初恋に敗れたフェイトちゃんを優しく包み込んであげたいと思いませんか?母として」
「なるほど、なかなかお上手ね」
「いかがでしょう?」
「・・それで、私は具体的に、何をすれば良いのかしら」
「それは―」

コンコン。

「艦長、すずかちゃん、お茶が入りましたよ―」
「あら、エイミィありがとう。さ、すずかさん、まずはお茶でも飲んで、それからゆっくり…ね?」
「はい、ありがとうございます。エイミィさん、いただきます」
「ごゆっくりどうぞー」


「―ありがとう、エイミィ。それと…ゴメンよ」
「やだなぁ、アルフ。そんな顔しないでよ。姉としては妹の恋路を応援したいに決まってるじゃん」
「でも、リンディたちは…」
「だいじょーぶっ、明日は痺れて動けないだろうけど、副作用とかはないはずだからっ」
「そ、そうなのかい…?」

月村すずか、リンディ・ハラオウン、脱落。


― アリサ・バニングス VS ユーノ・スクライア ―

フェイトも強敵だ。でも、その前にもう一人、厄介なのがいた。ユーノ。
あの子はフェイトにはない最大の武器がある。「男性」という、強力な事実が。
やっぱり協力者が必要よね。
「…それで、僕を呼んだのかい?」
「はい」
クロノ・ハラオウン。
ユーノと同じ魔法使いで、フェイトのお義兄さん。
おそらく、ユーノを陥れるのにこれ以上適任な人はいない。
「確かに僕は彼が苦手だが、恋愛は個人の自由だ。僕が妨害するほどのことでもないんじゃないのか?」
「単刀直入にお聞きします。アナタはユーノがなのはと結ばれてフェイトが悲しんでも良いんですか?」
「な!?」
「ユーノとなのはが恋人同士になるということは、つまりそういうことです。アナタは兄として、妹のピンチをみすみす見逃すんですかッ!?」
「うぅ…!」
……
「…僕は何をすれば良い?」
「どんな形でも構いません、明日だけで良いんです。ユーノをこちらの世界へ来れないようにして下さい」
「………」

ユーノ・スクライア、脱落。


― フェイト・T・ハラオウン VS シグナム ―

「シャマル、やはり為さねばならんか?」
「はやてちゃんのためでしょ?」
「主はやてのため…」
そう言うと聞こえは良いが…。
「それにぃ、シグナムだってまんざら嫌でもないんでしょ?テスタロッサちゃんのこと」
「な!?馬鹿を言うな!私は別に…!」
「うふふ、そういうことにしておきます」
「ふん」
まったく…。
そう、主はやてのためだ。
テスタロッサ、お前と高町なのはを明日会わせる訳にはいかない―!

―アースラ艦内―

「テスタロッサ、その、明日は一日私に付き合わないか?」
「…?一日、ですか?シグナム」
「そうだ」
「…模擬戦ですか?ごめんなさい、私、明日は大切な用があるんです」
「違う。その、お前の歌を、聞かせてくれないか」
「うた?」
「いつだったか、お前に言ったな。時々で良いから、お前の歌を聞かせて欲しい、と」
「な、何も明日でなくても…」
「いや、明日でなければダメなんだ。わ、私の気持ちを伝えるには…!」
「…え?ええ!?」
『こう言えばきっとテスタロッサちゃんはシグナムに首っ丈よっ!』
くっシャマル、本当なんだろうな…!
「……」
テスタロッサが固まっている。無理もない。
私がお前との今の関係を覆そうとしているのだからな。
「……ごめんなさい、シグナム」
「なっ!?」
「私がこの気持ちを伝えたいのは一人だけです。あなたではありません」
……。
…テスタロッサが、去っていく。
……ごめんなさい、シグナム。
ゴメンナサイ。
ゴメンナサイ。

シグナム、脱落。


― 八神はやて VS ヴィータ ―

「なあはやて、明日のほわいとでーって、どんなもの贈ればいいんだ?」
「…ヴィータ、それ知ってどうする気やの?」
「う…そ、それは」
「誰に渡す気なんや?」
「だ、誰だっていいだろ…」
「なのはちゃんはダメやで」
「えっ?」
「なのはちゃんには私が贈り物渡して想いを伝えるんや、ヴィータがなのはちゃんに贈り物して誤解されたら私が困ってまうもん」
あたしははやての、なのはへの想いを知ってる。
でも、はやてはあたしのなのはへの想いを知らない。
ずりぃ――。
「は、はやてッ!!」
「んー?何や」
「く、くれぐれも、言っとく、けど守護騎士の使命を忘れたわけじゃねえ」
「…?何言うてるのかさっぱり分からんよ、ヴィータ」
く、くそっ…。
「ッ…!あたしは、あたしも、なのはに伝えたいことがあるんだ!」
「!…ヴィータ、それは主に反抗したい、言うてるの?」
「違うッ!」
「…なら、なんやの?」
…!
「お、女として、だ」
「え?」
「お、女として、はやてと、対等に戦いてぇ!……デス」

………

「…ふふ…」
え……、はやてが、笑ってる?
「…よう言うたな、ヴィータ」
「…はやて」
「なのはちゃんは鈍感さんやよ?ちゃんと作戦考えとるんやろな?」
「え…いや…」
そこまでは考えてなかった、全く。
「分かった、私が考えたる。ヴィータ、後はヴィータが自分で何とかするんやで?悔い残さんようにな」
「はや…てぇ…」
「バカやねぇ、戦う前から泣き出してどうするん?ヴィータらしゅうないよ?」
「ごめん…ごめんよ…はや、て……」

八神はやて、棄権。


― フェイト・T・ハラオウン VS ヴィータ ―

「あ…」
「お…」
―テスタロッサ。なのはのパートナー。
まさか鉢合わせるとは思ってなかった。
「ヴィータ、その服…」
「な、なんだよ…」
やばいよ、はやて。はやてのくれたこの服はなのはに見せないと意味がない。
……そう、はやての…!
―はやてが選んでくれたこの服を着て、なのはに約束するんだ。
明日、あたしに付き合ってくれって。こんなところで―!
「負けられねえ…!」
「え?」
うう、あ、あたしがテスタロッサに勝ってるところは…。
「あ、あたしなんか、このあいだなのはにけ、ケーキ、おごってもらったんだぜ」
「へ?」
「そ、それだけじゃねえ。局の連中からも評判良いって、なのはに褒めてもらった」
「……」
…ち、ちくしょぉ。こんなんじゃ、コイツに勝てねえっ。
「お、お前なんか、いつも一緒にいるくせに、こ、告白するっ度胸もねーんじゃねーのかっ!?」
「あ……」
「へ?」
あれ?テスタロッサの顔が…?
「…ッ!」
「お、おい…」
て、テスタロッサが、逃げてく…?なんで?
か、勝ったのか?
…勝った、んだよな。
はやて、あたし、よくわかんねーけどテスタロッサに、勝った…!

フェイト・T・ハラオウン、脱落…?


― フェイト・T・ハラオウン VS アリサ・バニングス ―

………。
負けた、…ヴィータに。
…ヴィータに……!
何も、言い返せなかった。
悔しかった、私の知らないところで、なのはと一緒にいるヴィータが、羨ましかった…!
それに、あの格好。
なのはがよく着てる服に、そっくりだ。
私も欲しい…じゃなくて、羨ましい…じゃなくて。
一瞬、ヴィータがなのはに見えた。
なのはに、責められてるみたいだった。
去年の今頃、結局何も想いを告げられずに終わったことを―。

「フェイト」
「…アリサ……?」
どうして、ここに…。
「…何してんのよ、こんなとこで」
「えと……」
言えるわけがない。ヴィータに言い負かされたなんて…。
しかも、なのはのことで……!
「ちょっと、アンタに聞きたいことがあるの」
「聞きたい、こと?」
「そう、明日はなんの日か、覚えてるわよね?」
「…うん、ホワイトデー、だよね?」
私にはもう意味のない行事だけど。
「ん、よろしい。で、何でこんなとこでしょぼくれてんのよ」
「えと、それは、その…」

パチッ

「ッ!……?」
「見てたわよ、一部始終」
あ……。
「あんな小さな子に何言われ放題言われてんのよ、馬鹿馬鹿しい」
「……」
…ヴィータは一応、私より長生きしてるんだけど…。
「私はちゃんと気持ちを伝えるわよ、なのはに」
「…!」
「アンタみたいに逃げたりしない」
「…」
「結果、なのはがなんて返事をしようが後悔しないわ。大切なのは、全力で伝えようって気持ちだもの」
「……」
「まずは言葉にしないと伝わらないもの」
「……!」
そうだ……そうだった…。
想いはちゃんと言葉にしようって、決めたんじゃないか!

捨てれば良いってわけじゃないよね。
逃げれば良いってわけじゃ、もっとない――!

「―うん……!」
なのは…!
「…今の、嘘だから安心して良いわよ」
「えっ?」
「なのはには、もうアンタがいるんでしょ」
「え……」
「アンタからなのはを奪うのは簡単よ。なんたってアリサ様だもの」
うう…、か、簡単…。
「でも私と違って、アンタからなのはをとったらなに、やらかされるか、分かった、もんじゃないから、……」
アリサ…泣いてるの…?
「それじゃ、せいぜい頑張る、ことね…」
「―アリサ……ありがとう…」
……。
…ああ、もうっ。自分のおせっかいにはホンット呆れるわ。
今年こそ、って思ってたのに…!
……。
泣いて、ないもん。泣くわけないでしょ。
私は、アリサ・バニングスなんだからっ。

アリサ・バニングス、棄権。

フェイト・T・ハラオウン、復活。


― フェイト・T・ハラオウン VS ヴィータ (再戦) ―

…なのはの家の前に来たは良いけど、は、入れねえ…。
もうどのくらいたったかな。
…ちぇ、なのはのヤツ、気ぃ利かして出てきてくれてもいいじゃねーか。
せっかく、あたしがわざわざここまで来てやったんだからよ。

「ヴィータ」
「えっ?―て、テスタロッサ!」
ま、まだやるってのか!?てっきり…
「ヴィータ、私はまだ負けてない」
「あんだと?」
「私の想いを伝えてない」
「お、想い…?」
伝えてないって…アタシに、か?
「なのはは渡さない」
「なっ」
「私は、なのはが大好きだ!」
「ななっ」
「なのはのパートナーは、私なんだ!!」
「く…」
な、なんだよコイツ…さっきまでと全然違う。
は、はやて…!
「ヴィータ、私は明日なのはに気持ちを伝えるつもりだったけど、ヴィータが今日が良いって言うんなら構わない。今すぐ、なのはに選んでもらおう。どっちがなのはにふさわしいかを!」
「う、ぅ………ッ!!」
ちくしょぉっ!!
「あっ…!ヴィータ、どこへ…!」
ッ―。勝てねぇ。勝てる気がしねぇ…。
ちぇ、なよなよしてたと思ったら…最初っからソイツだせってんだ。
―はやて、…負けちゃったよ、テスタロッサに。
でも、いいよな?あたしが満足したんだから。
…ったく、負けたのに顔がにやけてるなんて、どーかしちまったかな?
―ウチのリーダーに似てきちまったのかな、あたし。


「………」
アリサ、これで、良いんだよね。
―このすぐ先になのはがいる。でも、勝負は、明日だから―。
「明日、ちゃんと伝えるからね。なのは――!」

ヴィータ、脱落。



3月14日、決戦。

― フェイト・T・ハラオウン VS 高町なのは ―

「なのは」
「フェイトちゃん」
「なのは、私、なのはに渡したいものがあるの」
「あ、ひょっとしてホワイトデーの?」
「うん」
「ありがとうっ、ふふ。何をくれるのかなっ」
「―私を受け取って欲しいんだ」
「ふぇ!?」
「私を、高町、フェイトにしてくださいっ」
「フェイトちゃん…」
「なのは…」



―よし、これならきっと上手くいく。
バレンタインデーの次の日からずっと思い描いてきた。絶対、大丈夫だ。
なのはは、その、私のこういった気持ちがなかなか伝わりづらい性格だっていうのは良く分かってるつもりだ。
だから、私の持てる全てを使って、なのはを倒す(?)――!
―あ、なのはだ。
よし、いくよ――!
「なのは」
「あ、フェイトちゃんっ」
よし、言うぞ…!
「フェイトちゃん、実はね、今日ホワイトデーだから、私からフェイトちゃんに渡したいものがあるのっ」
「へ?」
あ、ちょ、えと、わ私もっ。
「フェイトちゃん、前になのはの贈り物ならどんなものでもいいって言ってたから、私の服をあげようかなって思ったの」
い、今なんて?ふ、服!?なのはの、服!!?
「フェイトちゃん、こっちの世界の春服はまだそんなに持ってないかなって、後ついでになのはの下着も入れておいたから、もし良かったら使ってねっ」
なのはの、し、し、しししした………!!!


Star Light Breaker A.C.S、直撃。


「にゃはっホワイトデーだから、白いパンツも入れてみたの…って、ふぇ、フェイトちゃんっ!?鼻血でてるよっ!!?」
なのはの、ばかぁ……。
「フェイトちゃ―――ん!!!」


「…ま、結局今年もこうなるのね…」
| 浅木原忍 | 15:41 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 15:41 | - | - |
Comment
誰かが、誰かを蹴落とし、妨害、脅迫、毒殺?なんでもありの凄まじいなのは争奪戦
さ、さすがなのはさん・・・といったところでしょうか。いたるところにフラグを立てておき最後には自分の展開にもっていく、白い悪魔の異名はだてではありません。
昔、12股ぐらいしないとイベントが進まないゲームを思い出します。
Posted by: |at: 2007/03/14 5:18 PM
…やっぱりなのはさんは『最強』でしたね。
うん。
ほかの誰よりも強力でクリティカルな攻撃。それでいて自らへ帰るダメージは0…
『白い悪魔』の字は伊達じゃなかった…
まぁ個人的にはフラグ立てまくっても実はフェイト以外はノーリアクションってのが最も悪魔ちっくかなと(切腹)

ところで、最後のセリフはエイミィ女史?
天下無敵な敏腕オペレーターにはすべてお見通しだったんですかね?
Posted by: LNF |at: 2007/03/14 7:55 PM
な・なのはさん
ま・・まさか気絶したフェイトを自分の部屋まで運んで
悪魔らしいやり方でフェイトをさらに悩殺する気じゃぁ
あ・・アクマめ////
Posted by: とぅうふ |at: 2007/03/14 11:21 PM
ふざけたssを読んで頂き感激です。もうこりごりしました。やはりなのフェイ以外じゃ妄想できません。初戦はアミダで決めました。結果、アリサVSユーノ…フェイトVSすずか!?で、まさかの師匠VSゲボ子…orz妥協しなかった末路です(涙)許してあげて下さい(泣)
>鴇さん
ふふ、きっと鴇さんがラブssを書いてくださるであろう、暴挙に出るならここしかない!ということで逆サイドに展開した結果がこれorz
発端はというとホワイトデーね…白、白い悪魔!んー白…下着だ!(←アホ)やるしかないのか…とw
>LNFさん
バカな話を一度やっておきたかったんですw
連載の方は「mattio的なのフェイ」(←はぁ?)フルドライブですw
このssとは思い入れが違います(ぉ
なので、どうぞよろしくw
>とぅうふさん
「ん…な、なの…は…?」
「あっ良かったフェイトちゃん!いきなり倒れちゃうから心配したよ…」
「…え、これ…」
「えへへ、びっくりした?さっそく私の服着させちゃったっ」
「なのはの、服…」
「にゃはっ。今フェイトちゃんがつけてる下着も私のだよっ」
「なのはの……ッ!!」
「フェイトちゃん!?フェイトちゃーーん!!」
全くもう、何を妄想させるんですかっ(笑)
Posted by: mattio |at: 2007/03/15 7:52 PM
結局フェイトはなのはには(絶対)勝てないんですね
Posted by: |at: 2007/06/06 3:43 PM
>3:43コメントの方
個人的にはフェイトに押し切ってもらいたいんですけどね(苦笑
Posted by: mattio |at: 2007/06/20 8:03 PM
いいですよ!
わたすもacs直撃しますた。
ただしいて言うと
スターライトブレイカ―acs=X
エクセリオンバスターacs=○
です。
Posted by: ロリコン |at: 2011/07/23 7:24 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links