Entry: main  << >>
遠くない未来
 鴇さんよりいただきましたー。なのフェイ結婚ネタSSでございます。
 3/3は結納の日だったみたいで、ネタ的にも丁度いいのではないかとw アリすず分もあって素敵素敵。











”私は、なのはのことが好き”

それは私の告白の言葉


”私も、フェイトちゃんのことが好き”

それはなのはの返事の言葉


”ずっと一緒にいようね”

それは2人の誓いの言葉


この想いは決して消えることなく、さらに深まるばかり
女の子同士でも関係ない、愛に形などない
ただ、結婚という契りを交わせないことを除いては・・・



純白のウェディングドレス
女の子なら誰もが一度は憧れる衣装のひとつであろう
それが今、私の目の前にある
クロノとエイミィの結婚式をまもなくに控え、先日衣装店で借りてきたものだ
つい見惚れてしまう、真っ白で本当に綺麗
私もいつか着ることになるのだろうか
この世界ではもう私も結婚できる歳だ
純白のウェディングドレスを着た自分を想像してみる
・・・・上手く想像できない
想像しても出てくるのはウェディングドレスを着たなのはの姿
…とても綺麗だ
だけど、私はその隣には立つことはできない
女の子同士では結婚できないのだから
わかっている、わかっているけれどあきらめきれない
だって私はなのはのことが好きだから、なのはのことを愛しているから
ウェディングドレスの隣には漆黒のタキシード
私が、これを着てなのはの隣に立つことはできないだろうか
できないだろう、格好だけ変えても女の子
女の子同士は結婚できないこの現実を変えることはできない
やはり無理なのだろうか、あきらめるしかないのだろうか

「フェイトちゃん」
突然の声に私は驚く、そこにはエイミィが立っていた
「どうしたの、ウェディングドレスをじっと見ちゃって」
「き、綺麗だなって見てただけ」
先ほどまでの考えを振り払い、答える
「本当にそれだけ、何か別のこと考えてなかった〜」
「ほ、ホントにそれだけだよ、それだけ」
「ふーん、まいっか」
そういっているが、信じてないようである
「しっかし、まさか私がこれ着てクロノくんと結婚式を挙げるとは思ってもみなかったわ」
士官教導センターの頃から同期、信愛する上司と部下、仲の良い友人、愛すべき弟分
だった2人の関係新たに、夫婦という関係が追加される
どのようないきさつでこうなったかわ詳しくは知らないけれど
「フェイトちゃんも結婚できる歳になったんだよね、フェイトちゃんはどんな人と結婚するのかな〜」
「ええっ!?む、無理だよ私、結婚なんて・・・」
そう、無理に決まっている
私が好きなのはなのはだけ、この気持ちは変えられない
だから私には無理なのだろう、結婚なんて
ウェディングドレスを着ることなんて
「ねっ、フェイちゃんこのウェディングドレス着てみない?」
「えっ!!だ、だめだよそんなこと」
「平気、平気ちょっとぐらいなら。せっかくここにあるんだから」
「で、でも・・・」
これはエイミィが着るもので、私ではない
でも、心の中のどこかで着てみたいという気持ちも・・・
「そうと決まればさっそく、ほら脱いで、脱いで」
「ちょ、ちょっと、エイミィっ」
そう言って、私の服を脱がそうとする
「大丈夫大丈夫、お義姉ちゃんにまかせないって」
「はう〜」


「おじゃましまーす」

なのは、はやて、アリサ、すずかの4人が来た
ウェディングドレスがあると聞いて見に来たのだった
「あ、4人ともちょうどいいところに、ちょっとこっちにきて」
頭の上にはクエスチョンマークが浮かんでいる
何かと考えつつエイミィに連れられ部屋に入る
そこには・・・
「うわぁ〜」
「これは、また」
「なっ」
「きれい・・」
驚き方、第一声は4人それぞれだが、見たものは同じ
そこには、純白のウェディングドレスをきたフェイトがそこに立っていた
「・・・・・ぁ」
突然きた・・・いや、来るっていってたっけ・・
そんなことより、現れた4人の自分の格好を見られて顔を赤らめ、4人の顔をまともに見れず、フェイトは下を向いたままだ
「いや〜、フェイトちゃんがどうしても着たいというもんだからね。で、どうよこのフェイトちゃんのこの姿は」
・・・そ、そんなこと言っていないよ
「とっても綺麗です!」
「馬子にも衣装やな」
「ちょっと、はやてそれ褒めてないわよ」
「冗談やて、冗談」
「でも、ホントに素敵」
「でしょ、でしょ、私も着せたときには似合うとおもったものね〜」
そんな5人の素直な言葉はとてもうれしかった
とくに、なのはに言われるのは・・・
「でもいいな〜、フェイトちゃんだけわたしも着てみたいな」
「それをいうならうちも着てみたいです」
「私も、私も」
「私も、すこし・・」
やっぱり、女の子の憧れウェディングドレスは誰もが1度は着てみたいものなのだろう
「うーん、こうなったら出欠大サービス、みんなも着ていいよ。
あーでも、結婚前にこれきて結婚できなくなってもしらないからね」
「うっ」
「それは、ちょっと」
「怖いわね・・・」
「そうだね・・」
それでも、着てみたいという気持ちに勝てず、着ることに
順番をじゃんけんで決め、ファッションしショーが開始される
トップバッターはアリサ
「わぁ〜アリサちゃんよく似合ってる」
「当然よ」
「馬子にも衣装やな」
「はーやーてー」
「だから冗談やて冗談」

2番手 すずか
「すずかちゃん、お姫さまみたいやな〜」
「そ、そうかな。アリサちゃんはどう思う?」
「い、いんじゃないの」
「なんで、顔赤くなってるんや?」
「あ、赤くなんてなってないわよっ!」

3番手 はやて
「はやてちゃんも似合うよ」
「ホント馬子にも衣装ね」
「ほんまか、おおきにな」
「・・・ながしたわね」

最後はなのは
「なのはちゃん、やっぱ白い服よー似合うわ」
「くやしいけどほんとね」
「うん、うん」
本当にきれい、想像していたよりもすごくきれいだ
ドレスを着ているなのはを見ているとあの時の考えが蘇ってくる
私はドレスを着たなのはの隣に立つことはできない
なのはの姿を見ているとその悲しい現実がさらに実感できる・・
「フェイトちゃん、ちょっと」
「なに、エイミィ?」
「実は着てほしい服が一着あるんだけれど」
「ん?」

「エイミィさんとフェイトは?」
「あれ、ほんまや、どこいったんやろ?」
私たちが、ドレスに見入っている間にどこかにいってしまった
「そろそろ終わりにしない、これ以上着るとせっかくのドレスもしわになっちゃうし」
「そうだね」
なのはがドレスを脱ごうとした
「お待たせいたしました〜」
そこにいなくなっていたエイミィが現れる
「本日のとりを飾ります、この方の登場です」
「「え?」」
いったいなんだろう?誰もがそう考えたことだろう
「それでは、どうぞ」
ほらほら、とせかされ登場したのは
「「おー!」」
今度は驚き方、第一声は同じだった
登場したのは、漆黒のタキシードに身を包んだフェイトの姿だった
「フェイトちゃんすごく素敵〜」
なのはがとびっきりの笑顔で言ってくれた
「これどうしたんですか?」
「なんで2着も」
この部屋にもタキシードがある、なぜ2着もあるのだろう
しかも、よく見るとフェイトの着ているタキシードはこの部屋のあるのと少し違っている
「衣装を選んでいたときにね、偶然見つけたんだよね女性用のタキシードってのを。
それで見たときにこれだっと思っておもわず買っちゃった」
「か、買ったんですか」
「けっこうしたんだよ〜」
「な、なんでまた・・」
「さぁ〜なんでだろうね〜、ほらほらずっとそこに立ってないで、なのはちゃんの隣に立つ」
「わっ・・」
背中を突然押され、びっくりする。なのはの隣に無理やり立たされる
「フェイトちゃん・・」
「なのは・・・」
・・・・間近で見るとほんとに綺麗だ・・
小学のころからずっと一緒だけど、最近はかわいさだけでなく綺麗になっている
今こうして、ウェディングドレスを着て隣に立ってみるさらにそれが際立つ
「うんうん、やっぱり2人そろわないと」
「ドレスだけでもいいけど、タキシードを着た人が隣にたつとまた違うね」
なのはの隣に立てた、うれしさと、恥ずかしさで、まともになのはの顔を見れない
同じようになのはも、フェイトの顔を見れないでいた
「あんたたち、せっかくだから結婚式の予行でもしてみたら」
「「・はっ?」」
…け、結婚式!?しかも、予行って?
「いつかはやるんだろうけど、こんなチャンスなかなかないわよ」
「い、いつかわって・・アリサちゃん知ってたの?フェイトちゃんと私が・・え、えと、あの、その・・」
なのはが驚いたようにアリサにたずねる、
私となのはが恋人同士になったことを言った覚えはない
「あっきれたわね、何年あんたたちと付き合ってると思ってるの、
それに公衆の面前であれだけべたべたしてれば誰だって気づくわよ、むしろ気づかないほうがおかしいわ」
「「はうっ・・」」
もはや、私たちの関係は公然の秘密となっていた
「それでやるの、やらないの?」
急にそんなことを言われても・・・けれども、私の中でやってみたいという気持ちが膨らんでくるこんなチャンスそうあるわけない、女の子同士で結婚できないけれど、せめてこんな形でもなのはとやってみたい・・・けど、なのはが何と答えるか・・・
「なのは・・どうする?」
「んーわたしはやってみたいかな、こんな機会なかなかないと思うし、予行って意味でもやりないな」
…なのは、今なんて・・・
すると、私にしか聞こえないような声で・・・
「わたしはフェイトちゃんのこと好き・・愛しているから、だからいつかは結婚したいそう想っているの、女の子同士は結婚できないけれど、私達の中でそう想っていればそれだけでいいと、わたしは想うの・・・」
なのはの言葉を聞き、私はなんてばかなのだろうと思った、悩む必要なんてなかったではないか、
女の子同士では結婚の契りは結べない、けれど私達の中では契りは結べる
世間が認めてくれなくても、ここにいいるみんなが認めてくれる
それだけでいいじゃないか・・・
「ちょっと、聞いてる!やるの、やらないの!」
苛立ってアリサは私たちに再度聞いてくる
それに、私たちはこういった
「「やります」」


その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか


・・誓います


永久の愛を誓う口づけを…


ヴェールを上げ見つめあう
紅い瞳をみる、蒼い瞳
蒼い瞳をみる、紅い瞳
どちらともなく、瞳をとじて・・・
唇が、重なりあう・・・永遠の愛の誓い・・・


「見せつけてくれちゃってま〜、若いっていいね〜」
などと年寄りくさいことを言っているエイミィ
「でも、これでよかったんですよね」
横にいたはやてが尋ねると
「大成功、まさかここまで作戦通りうまくいくとは思わなかったわ」
「ほんまに、連絡もらったときにはびっくりしました。いきなりフェイトちゃんとなのはちゃんの結婚式やるから手伝ってって」

この一連の騒動はエイミィの計画だった
ウェディングドレスが家に来て以来フェイトの様子がおかしくなった
ドレスを前に考え込むようになり、アルフの話ではうなされる日があったという
それを見かねたエイミィがこの計画を立てた
悩んでいることも大方想像できていたおそらくなのはの事だろうと、2人がそうゆう関係だって事も知っていた
そこでふざけてはじめた結婚式の予行かこつけて2人を結婚させようと、この後2人が本当の結婚式を挙げるかはまた別として・・・
そのためにもう1着同じウェディングドレスを借り、エイミィが着るのは見つからない安全な場所に隠し、タキシードは本当に購入した、エイミィが欲しいというのもあったが
アリサとすずかにも協力を依頼、フェイトにドレスを着たところを見計らい来てもらいこの流れに乗せてもらう、自分達が着たいというのもあったが
なのはとフェイトが乗ってくるかという問題点もあったが、そこはなのはがなんとかしてくれるだろうと考えていたが、そこは結果オーライ
ともあれ、エイミィの計画は大成功に終わった

「ほんま仲ええなあの2人、今後ほんまに結婚式挙げるんとちがいますか?」
アリサとすずかにちゃかされている2人を見ながらはやては言った
「そのときはそのときで・・・もし、そうなったらなのはちゃん私の義妹になるのか、リンディ提督よろこびそうだし、私は2人がよければ結婚は賛成だけどね」
「あれ、義母さんとちがうんですか?」
「え!?い、いやー長く付き合っているけど、いきなりそんな呼び方をするのは・・・ちょっとこっぱずかしいというか・・・ま、そのうち、そのうち」
自分の話題になり顔を赤らめるエイミィ・・・これからこれから。
しかし、そうなるとなのはもフェイトと結婚したらリンディのことを義母さんと呼ぶようになるのだろうか・・・それは、そう遠くない未来なのかもしれない

「2人とも写真取らない?」
すずかはポケットからカメラを取り出す
「いいね〜、フェイトちゃん撮ろうよ」
「う、うん」
…この姿でなのはと写真、うれしいような、恥ずかしいような
「なんかポーズ決めなさいよ」
アリサからのリクエスト
私は言われたとたんひとつの考えが浮かんだ
…ちょっと、恥ずかしいけど、いいよね
「・なのは」
「ん?・・・わわっ」
驚くなのはを私は抱き上げた、いわゆるお姫様抱っこ
「フェイトちゃん・・・・えへ」
そういいながら私の首に腕を絡めててくる
そしてなのはは少し顔を赤らめながらも笑顔を見せてくれる
私の大好きななのはのとびっきりの笑顔を・・・
「それじゃ〜撮るよ、はいチーズ・・」
カシャ・・・その音と共に写されていたのは
どこにでもいるような
ウェディングドレスを着たお嫁さんと、タキシードを着たお婿さんの写真
女の子同士でも関係ない、2人は愛し合っているのだから・・・
また同じ写真をもう1度撮るのはそう遠くない未来なのかもしれない



私は目を覚ました・・・ちょっと寝坊しちゃったかな
一緒のベットで眠ったはずだが、隣には誰もいない
もう起きてしまったようだ、私も起きよう早く起きよう
私はベッドから降りる、目に飛び込んできたのは2つの写真立て
その2枚の写真に写っているのは
同じ2人の人、同じ格好、同じポーズ、同じとびっきりの笑顔
ただ、ひとつ違っているのは写した場所
ひとつは部屋の中、もうひとつは教会をバッグに
なぜ、この写真が撮られたのか
ひとつは親友達の策略によって、もうひとつは2人の新たなるはじまりのときに
もうひとつの共通点、どちらも2人は幸せそうな顔をしている
私は今とても幸せだ、そしてこれからも幸せは続くだろう永遠に
2枚の写真を撮った日にそう誓ったのだから・・・
さて、そろそろいこう 私の大切な人のところへ
写真にいるあなたではなく、今ここにいるあなたのもとへ・・・
私は走り出す、あなたのもとへ・・・
永遠の愛を誓ったあなたのもとへ・・・
左手の薬指に輝く指輪にそう誓ったのだから・・・






後日談・その1

いつまでもベタベタしている2人を家において
アリサ、すずか、はやては家路についている
「なのはちゃんとフェイトちゃんうまくいってよかったね」
「あの2人にはあれくらいやってもらわないと」
もはや2人が親友以上の関係ということは見てればばればれで
今回のような壁にぶつかることは簡単に想像はつくだろう、だからエイミィから聞かされたときはすぐに納得し、親友として手伝うことにした、それと・・
「ま、うまくいってよかったし、私達はウェディングドレスを着ることができたんだから何も文句はないわよ」
「これで、うちらがエイミィさんの言ったとおり結婚できへんかったらどうする?」
先ほどエイミィから言われた一言
『結婚する前にウェディングドレスを着ると結婚できなくなる』
「そんなの嘘に決まってるわよ」
「うちはそうなっても大丈夫やけどな」
「なんでよ?」
「そんときはすずかちゃんにお嫁にもらってもらうんやから」
「なっ!?」
「まぁ〜」
突然指名されたすずかは平然とこたえる
「そ、そんなのぜ、絶対だめよ!」
「なんでや、うちすずかちゃんのこと好きやもんだから別にいいやん」
「だめなものはだめなのよ!」
「だからなんでや?」
アリサは顔を真っ赤にして
「だ、だってすずかは私のお嫁さんになってもらうからよ!!!」
辺りが急に静かになる・・・
「はい、よろこんで」
声がはっきりと大きく聴こえる
「・・え」
アリサの大胆告白にすずかは笑顔で即答した
「あちゃ〜振られてしもた」
「す、すずか・・」
「アリサちゃんからのお誘いよろこんでお受けいたします。それで結婚式はいつにする、早速きめようよ」
アリサの手をつかみすずかは走り出す
「ちょ、ちょっと、と、止まりなさいよ、すずか!」
アリサの声を無視しすずかは走り続ける
そして後ろを振り向きはやてにウィンクする、はやてもウィンクで返した
そんな2人のやりとりをアリサは見逃さなかった
「あ、あんた達謀ったわね!!」
「さーて、なんのことやろな」
「うん、なんのこと」
笑顔で答える2人に、アリサは・・・
「ぜーったい、認めないんだからー!!」
これはすずかの策略だったのか、それはわからない
この2人が今後どうなるのか、なのは達のようになるのか
意外とそれもまた、そう遠くない未来なのかもしれない・・・




その2

ここはアースラ艦長・クロノハラオウンの部屋
いつもは殺風景な部屋になぜか、華やかなウェディングドレスがある
いきなり自分の妻となるエイミィに1日だけかくしてといわれ持ってこられた
理由は聞かなかった、いや訊けなかったというのが正しいか・・・
ともあれ、1日誰もここに人が来ないことを祈ろう
これを見られてなんといいわけすればいいのか思いつかない
ため息をつきながら考える、このような日々が続くのだろうかと
まだ、新生活は始まっていない・・・これからもクロノの悩める日々は続くのか
そんなクロノのとある1日・・・
| 浅木原忍 | 15:02 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 15:02 | - | - |
Comment
いい作品を投稿してもらいましたね。一瞬夢落ちかと思いましたけど、ラストがすばらしい形となり感動しました。ではでは。
Posted by: mayu |at: 2007/03/04 7:56 PM
そう、それをやりたかったのさぁ鴇さん(悶
脳内で漢・なのはが根付いている私には当分書けそうもないorz
ごちそうさまでしたw
Posted by: mattio |at: 2007/03/04 8:25 PM
いや、読んでいて焦りましたです。
「ゆ、夢落ちっ!?」
って真剣にモニターに突っ込んでましたモン。
でも本当によい未来で良かった。うん、二人の絆は永遠すら超えて欲しいですからね。
後おまけもいいです。アリサ・すずか・はやての関係ってこういう感じで良いと思いますね。ツッコむ専門だったアリサもはやて師匠には敵わないでしょう。何せ本場の出身だし(謎)

素晴らしいSSありがとうございました
Posted by: なのフェイ至上主義者 |at: 2007/03/04 9:26 PM
>mayuさん
2人のラストは絶対このようにしようと決めていました、もちろん夢なんかじゃありませんよ。
”感動”なんて言葉を使ってくださって恐縮です。

>mattioさん
自分の中では漢・フェイトが根付いているのでどうしてもこんな風になってしまいます。
漢・なのはというのも挑戦してみたいですね

>なのフェイ至上主義者さん
この2人は夢で終わって欲しくないです、夢であってもそれは正夢であってほしいものです。焦らせてしまってすいません。
さすがのアリサもはやて師匠にはかないませんよ本場ですから(謎)自分の中ではこのような3人の関係が築かれてます。
Posted by: |at: 2007/03/05 1:51 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『傀儡無情 東方×連城三紀彦短編集』(10/15 秋季例大祭4新刊)
メロンブックス とらのあな


『夏と幻想と彼女の死体 秘封倶楽部短編集』(9/18 科学世紀のカフェテラス新刊)
メロンブックス とらのあな


『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links