Entry: main  << >>
ハラオウン家の家庭の事情 「エイミィさんのお悩み相談室」
 久々にホームグラウンドのフェイト×なのはに戻ってきましたよ。まぁ今回の主役はエイミィですが。
 というわけでエイミィがフェイトさんから恋の悩みを相談される話。エイミィの一人称は自分の普段の文章のテンションで書けるので非常にやりやすかったです。ハラオウン家シリーズみたいなタイトルになってますが、第2弾があるかどうかは限りなく未定。





「……エイミィ、いる?」
 ある日の夜。あたしが部屋でくつろいでいると、不意にドアがノックされた。
 隙間からおずおずと顔を覗かせたのはフェイトちゃん。おや、珍しい。
「はいはい、いますよー。どしたの、フェイトちゃん?」
「あ、えと……ちょっと、相談したいことがあって」
 はて。フェイトちゃんからあたしへの相談ということは、仕事関係だろうか。バルディッシュのカスタマイズとか。
 ともかくあたしが促すと、フェイトちゃんはベッドにちょこんと腰掛けて、何故だか顔をうつむかせた。
 ……そして、しばし沈黙。そんなに言いにくいことなのかな、と首を傾げながら、あたしはフェイトちゃんの言葉を待った。
 フェイトちゃんは、しばらく膝の上で手を握ったり開いたりして――それからようやく、ためらいがちに口を開く。
「あの……その、ね。エイミィは、美由希さんと、友達だよね?」
「へ?」
 その言葉は全くの予想外で、あたしはちょっと目をしばたたかせた。何でそこでいきなり美由希ちゃん?
「あー、うん、そうだよ。美由希ちゃんとはもう大親友さー」
 意気投合したのは最近だけどね。けど、それがどうしたんだろう。
「んと……じゃあ、ね。その……エイミィは、美由希さんのこと考えたとき……ドキドキしたりとか、する?」
 なんだか顔を赤くして、フェイトちゃんはそんなことを聞いてきた。
「え? 美由希ちゃんの? ……いや、それは無いなぁ。あたしはそっちの趣味は無いし……って」
 えーっと、フェイトちゃん、つまりそれは、そーゆーことですか?
「……フェイトちゃん、ひょっとして、なのはちゃんのこと?」
 びくっ、とフェイトちゃんの身体が震えた。顔はもう真っ赤だ。あーあーあー、はいはい了解。そういう相談ですか。
 んー、まあ普段の様子から何となく想像はしてたけど……なるほどなるほど。
「そっか、なのはちゃんのことを考えると、フェイトちゃんはドキドキしちゃって困ってるわけだ」
「え……あ、えと、その……それは、微妙に違うというか、間違ってはいないというか……」
 もじもじとフェイトちゃんは胸の前で指を動かしながら、ためらいがちに言う。
「その……友達って、その人のこと考えるとドキドキしたり、胸が切なくなったりする人……のこと、じゃ、ないのかな」
「――――はあ」
「や、やっぱり違う?」
 慌てたように声をあげるフェイトちゃん。あたしは何と反応したものかと、こめかみに指をあてて首を捻った。
 ……あーっと、つまりアレですか。フェイトちゃんはその、「友達」の意味を間違えて覚えていたと?
「えーっと、もうちょっと詳しく聞かせてくれる? 何でそう思ったのか、とか」
「あ……う、うん」
 こくりと頷いて、それからフェイトちゃんは訥々と、今まで自分の中にあった気持ちを話してくれた。

 要約すると以下の通りである。
 プレシア事件が終結して以来、フェイトちゃんの中で、なのはちゃんは既に「そういう存在」だったらしい。
 ただフェイトちゃんは、自分がなのはちゃんに抱いている感情の意味をよく解らないでいたそうだ。
 でもって、なのはちゃんが「友達になりたい」と言ったもんだから、ちょっとややこしいことになった。
 フェイトちゃんの中で「考えるとドキドキしてしまう相手」=「友達」としてインプットされてしまったわけだ。
 ところが、こっちの世界に来て、新しい何人もの「友達」ができて、ちょっと違う、と気付いた。
 アリサちゃんやすずかちゃんにはドキドキしないのに、なのはちゃんにだけはドキドキしてしまう。
 同じ「友達」のはずなのに、どうして――というわけで、ここに相談に来たんだそうだ。要約終了。

 あたしはぽりぽりと頬を掻いた。まー何ともこそばゆいことで。
「あー、フェイトちゃん……それは普通、恋って言うものだと思うよ?」
「え……あ、え? こ、恋……?」
 ぼっ、と火が点いたみたいに真っ赤になるフェイトちゃん。あ、ちゃんと恋の意味は知ってたか。
 フェイトちゃんは金魚みたいに口をぱくぱくさせて、「……恋」と呟く。
「で、でも、それって……そんな、女の子同士、なのに」
「あー、まぁこっちの世界じゃどうだか知らないけど……そんなに珍しいことでも無いと思うよ。あたしの士官学校の後輩にも、そういう娘いたし」
 ……うん、あの時は色々と大変だった。クロノくんまで巻き込んじゃったもんなー。今じゃいい思い出だけどさ。
「エイミィ?」
「あー、いやいや、何でも。――で、フェイトちゃんはどうするの?」
「ど、どうする、って……?」
「フェイトちゃんは、なのはちゃんと友達のままでいたい? それとも……恋人同士になりたい?」
「こ、こいび、と?」
 しゃっくりをしたみたいな顔で、フェイトちゃんは黙りこくって……
「なのはと……恋人……」
 ――あー、トリップしちゃったよフェイトちゃん。もしもーし。何を想像してらっしゃいますかー?
 目の前で手を振ってみても反応無し。ふーむ、これはかなり重症かも……
「…………はぅっ」
 と、いきなり頭から湯気を噴き上げて、そのままフェイトちゃんは倒れ込んでしまった。
「フェ、フェイトちゃん? フェイトちゃーん!?」

     ◇

「あらあら……そんなことになってたの」
「どーしましょ、艦長?」
 倒れてしまったフェイトちゃんを部屋に運んだあと、あたしはリビングで艦長に一通りのことを打ち明けた。
 なお、クロノくんは丁重に追い出し済み。あの朴念仁にこんな話振っても仕方ないしね。
「どうする、って言っても……2人の問題だもの、私たちがあまり口出しするものでも無いんじゃないかしら」
 言いながら、艦長はいつもの砂糖&ミルク入り緑茶を美味しそうにすする。
「そうですよねー」
 あたしもコーヒーを飲みながら、ひとつ息をつく。
 問題は、なのはちゃんの方だね。何しろ、そのへんは凄い鈍そうだもんなぁ、なのはちゃん。
「……けど、どうしてフェイトさん、私に相談してくれなかったのかしら……」
「艦長?」
「恋のお悩み相談なんて、女の子の母親の醍醐味なのに。はぁ」
 ……いや、艦長、問題はそこなんですか。

     ◇

 翌日の夜。
 あたしの部屋には、昨日に続いてフェイトちゃんの姿があった。
「――つまり、意識してしまって、一日マトモになのはちゃんの顔が見られなかったと?」
 つっかえつっかえ語ってくれた話を総合すると、そういうことになる。
 うーん、フェイトちゃんらしいと言うか、何と言うか……恥ずかしがり屋さんだもんねぇ。
「なのはを困らせちゃった……どうしよう……」
 ほとんど泣きそうな顔で俯くフェイトちゃん。そこまで気にすることでもないとは思うけど……ま、そんなところも恋する女の子だね。
「んー、つまるところ、元通りなのはちゃんの顔が見られるようになればいいわけだ?」
「う、うん……けど」
 一度意識してしまうと、もう元通りというわけにはいかない。好きって気持ちは無かったことにはできないもんね。
 まあ、自覚したばかりで神経過敏になってるだけだろうから、時間が経てば何とかなることだとは思うけど、今のフェイトちゃんにそれを言うのも酷かな……とすると。
「ところでフェイトちゃん的には、なのはちゃんとの関係は今のトコ現状維持でいいんだよね?」
「え、えと……」
「このまま一気に告白しちゃうのも手だと思うけど」
「こっ、こくは、く」
 ぼんっ。あ、爆発した。
「ぁゎゎ……ゎ、ゎゎ」
 フェイトちゃん、挙動不審モード。また想像の世界にトリップしてしまったみたい。あらら。
 さすがにまた倒れられても困るので、肩を掴んで揺さぶると、何とかフェイトちゃんはこっちに戻ってきてくれた。
「はいはーい、落ちついた? 指、何本あるか解る?」
「さ、3本……」
 OK、ついでに色々と了解。これは告白とかはまだ先の話だね……。
 とりあえずは、暴走気味のフェイトちゃんの意識を落ちつかせるのが先決、と。
「そうだね、フェイトちゃん……ラブレター、書いてみる?」
「ら、ラブレター?」
「そう、ラブレター。ただし、出さないの。書くだけ」
 きょとんとした顔で、フェイトちゃんがあたしを見上げる。意味を掴みかねているようだ。
「自分の中に溜め込んでるから意識しちゃうわけよ。言葉にして外に出せば、きっとすっきりするんじゃないかな」
 ――要するに、王様の耳はロバの耳、という話。ホントは口に出して叫ぶのが一番いいだろうけど、フェイトちゃんにそれはちょっと無理かな。
「言葉に、して……」
 フェイトちゃんは、胸の前でぎゅっと手を握る。そして――決意を秘めた表情で、ぐっと顔を上げた。
「うん……やってみるよ」
 いや、そんな一大決心することでもないと思うけどね?

 で、その日の深夜。喉の渇きを覚えて、あたしはふと目を覚ました。
 飲み物を取りにキッチンの方へ歩いていると、ふと廊下に灯りが漏れているのに気付く。
 ――フェイトちゃんの部屋だった。
 時間は午前3時。……まさか、まだ起きてる?
「……フェイトちゃん? 起きてるの?」
 ドアをノックしてみる。……返事はない。ノブを回してみると、鍵はかかっていなかった。
 そっと開けて、隙間から中を覗いてみると……フェイトちゃんは、机に突っ伏してすやすやと寝息を立てていた。
「あらら、フェイトちゃん、そんなトコで寝てたら風邪引くよ?」
 フェイトちゃんの肩を揺さぶると、小さく身じろぎしてフェイトちゃんが呻く。
 ――その拍子に、フェイトちゃんの腕の下で、便箋がかさりと音をたてた。
 ああ、書いている途中で寝ちゃったわけだ。なるほどなるほど……。
「…………」
 ふと、悪魔があたしに囁いた。――フェイトちゃんがどんなこと書いてるか、見てみたくない?
 暴走気味のフェイトちゃんが、衝動のままに綴ったラブレター。それが無防備に、今、あたしの手元にある。
 ――正直に答えよう。ひっじょーに見たい。
 ああ、解っている。その手紙は誰に見られることも想定していない、純粋に自分のための手紙だ。それを他人に見られることがいかに恥ずかしいかは重々承知している。恥ずかしがり屋さんのフェイトちゃんだったら、それこそ悶死してしまうんじゃないかというほどに。
 けれど。だからこそ。――読みたい。ものすごーく、読んでみたい。
 無意識のうちに、便箋に手が伸びる。まどろむフェイトちゃんを起こさないように、その腕の下から、そっと、便箋を、抜き出して、
 ――ひどくあっさりと、禁断の手紙はあたしの手元に舞い込んだ。
 ごめん。ごめんねフェイトちゃん。心の中で何度も謝りながら――あたしは、その手紙を、

     ◇

「はぁぁぁぁぁ〜っ」
 翌朝、ハラオウン家の食卓。あたしが盛大についた溜息に、クロノくんが眉を寄せた。
「エイミィ、朝からどうした?」
「あー、いや……何と言いますか……」
 ぐるぐる。意味もなくコーヒーをかき混ぜるあたしに、向かいのフェイトちゃんが首を傾げている。
 ……うう、その純真無垢な視線が痛い。
「そのね、あたしももう若くないんだなぁと実感したと言いますかね?」
「何だそれは……」
 呆れたように肩を竦めるクロノくん。まー実際、呆れられても仕方ない。自業自得と言いますか。
「エイミィ、具合悪いの? 大丈夫?」
 フェイトちゃんが心配げにこちらを覗きこんでくる。ああっ、汚れてしまったあたしをそんな目で見ないでっ。
「あーあーあー、平気、平気だからっ。ただ……あたしの心の黄ばみはもう洗っても取れないわけで……」
「……?」
 きょとんとした顔で、もう一度首をひねるフェイトちゃん。うん、フェイトちゃんは解らなくていいよ、こんな気持ちは……。どうかいつまでも綺麗な純白でいてください。
「あらあらあら」
 と、そこでキッチンからリンディ艦長が顔を出した。
 ――ぞくり。本能が、背筋を泡立てるという形であたしに警鐘を鳴らす。危険――そう、危機がすぐ眼前に迫っている!
「エイミィさんが若くないなら、私は一体何なのかしら?」
 ゴゴゴゴゴ。
 ――か、艦長!? 炎熱系魔法の直撃を喰らったわけでもないのに、何故に炎を背負って現れますかっ!?
 そしてあたしは思い出す。現役のSS級魔導師として前線で活躍していた頃の艦長が、“管理局の青き死神”と呼ばれ畏怖されていたという伝説を――
「じょ、冗談であります艦長! 艦長なら今でも“魔法少女リリカルリンディ”を名乗れますとも!」
「いやエイミィ、それは流石に無理が――」
 ごきっ☆
 言いかけたクロノくんの言葉は、そんなひっじょーに不穏当な音と一緒に途切れた。
 何が起こったのかあたしには認識できなかったけど、事実としてあるのは、同じ体勢のままのクロノくんが一瞬にして蒼白になり、脂汗をだらだらと流していること。
 てゆか艦長、「ごきっ☆」って何ですか「ごきっ☆」て! ☆つければリリカルになるわけじゃないですよっ!?
「うふふ、ありがとう、エイミィさん」
 そんな女神の微笑の浮かべて、艦長はキッチンに戻っていく。――と、とりあえず警戒レベルをSからDへ移行。
「……く、クロノ、大丈夫?」
「……………………」
 フェイトちゃんの問いにも返事はなし。……これはクロノくん、今日一日は再起不能かも。
 というか、あの「ごきっ☆」は一体何の音だったんだろう。
 ……深く考えないことにしよう。

「フェイトちゃん、そろそろなのはちゃんが来る時間だよー」
 あたしが言ってドアを開けると、フェイトちゃんはちょうど制服への着替えを終えたところだった。
「うん。……あ、エイミィ」
「はいはい?」
「昨日は、ありがとう。……おかげで、ちょっと落ちついた、かも」
 胸に手を当てて、フェイトちゃんは言う。
 そのとても素直な感謝の言葉に、あたしは「あ、あはは……それはなにより」と苦笑で返すしかない。
 ま、まあ、フェイトちゃんがすっきりしたんだから、それでいいんだよね、うん。
 ――なんであたしだけこんなダメージ受けてるんだろ。
「フェイトちゃ〜ん!」
 と、そこでインターホンと一緒になのはちゃんの声。
「あ、それじゃあ私は行くね」
「……ん、行ってらっしゃい」
 ちょっと頬を赤らめながら、ぱたぱたとフェイトちゃんは玄関の方に駆けていく。その背中を見送って、あたしはひとつ深く溜息をついた。
 机の方を見る。手紙はもうどこにも見当たらない。机の奥にでも大事にしまい込んでいるんだろう。
 ここにいても昨夜のことを思い出して凹むばかりなので、あたしも部屋を出る。すると、玄関先から2人の話し声が聞こえた。
「……良かった。わたし、フェイトちゃんに嫌われちゃったのかと思って……」
 ああ、なのはちゃんの方はそんな心配をしてたわけだ。ホント、なのはちゃんは良い子だね、うん。
「そんな、私はなのはのこと、嫌いになったりなんかしないからっ」
 こっちはフェイトちゃんの声。多少うわずってるけど、普通に話せてるようで、まあ何より、かな?
 ――そんな風に思っていたら、次の瞬間爆弾が来た。
「私は、なのはのこと大好きだから――」
 思わずむせる。おおっとフェイトちゃん、いきなりの電撃告白っ!? この展開はさすがにあたしも読めなかったっ! たぶんフェイトちゃん本人も仰天の展開っ!
「フェ、フェイトちゃん……」
 それに対するなのはちゃんの声は――驚きとかよりも、感激したような響きで。おおっ、さらにこれは脈ありっ!?
「うんっ、ありがとう、フェイトちゃんっ」
「え、わっ、な、なのはっ!?」
 短い足音と一緒に、慌てたようなフェイトちゃんの声。ここからだと玄関先の様子は見えないんだけど、光景はありありと想像できた。涙目のなのはちゃんに抱きつかれて目を白黒させるフェイトちゃんの図――
 そして、なのはちゃんの口から、その一言がこぼれ落ちる。
「わたしも、フェイトちゃんのこと大好きだよ」
「え――」

「だから、これからもずっと友達だよ、フェイトちゃんっ」

 ……ええ、まあそうですよね。あまりに予想通りの展開すぎてお姉さん涙が止まりませんよ。
「う、うん……そうだね、なのは」
 ずーん、という効果音がここまで聞こえそうな気配を孕んだフェイトちゃんの声。南無。
 ……ま、まあ、とりあえず元通りということで、めでたしめでたし……ということで、ひとつ。



 ――ところで、これは完全な蛇足だけれども。
 その後のアースラでは、リンディ艦長の前で年齢の話は禁句という不文律が出来たのでありました。
 どっとはらい。
| 浅木原忍 | 00:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:00 | - | - |
Comment
初めまして、クリューゲル=ストランザーと言うものです。
八神家シリーズも面白かったですが、これはまた別の意味で破壊力がありますねアクセルシューター(第5話ver)の全弾直撃を受けてような心境です。
クロノまでも巻き込んだ後輩さんとかフェイトの手紙の中身とか、非常に気になります。
次回作はクロノ視点かリンディさん視点を熱望。
Posted by: クリューゲル=ストランザー |at: 2006/10/01 12:57 AM
>クリューゲル=ストランザーさん
 はじめまして〜。このブログの初コメントありがとうございます(笑)
 エイミィとクロノの士官学校時代の話は書きたいのですが、オリキャラを出さざるを得なくなるのでどうしたものかと考え中ですー。フェイトさんの手紙に関しては……まあ、汚れてしまった我々にはきっと想像もつかないような内容なんでしょう(笑)
 ハラオウン家シリーズ、やるとしたら次は「クロノ・ハラオウンはツンデレなのか?(仮)」もしくは「リンディ艦長はいつも大変」の予定ですが予定は常に未定です……。
Posted by: 浅木原忍 |at: 2006/10/01 6:55 AM
ふと黒いことを思いついた。

もし、ああ言う風に『友達』を強調するかのような感じのなのは嬢が実はフェイトの心の思いを全部知ってる上で、フェイト嬢からの愛の告白を待っているとしたら…

すみません。いいSSが台無しになりそうです。

Posted by: なのフェイ至上主義者 |at: 2007/01/22 10:37 PM
>なのフェイ至上主義者さん
 「君がここに〜」以外の作品でのなのはさんの内心はご想像にお任せします(笑)。純情と見るもよし、策士と見るもよし(ぇ
 ……WSSは普通に策士ですね(ぁ
Posted by: 浅木原忍 |at: 2007/01/22 11:04 PM








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 風神録編』(8/11 C92新刊)
メロンブックス とらのあな


『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links