Entry: main  << >>
あなたの人生の物語 7/レティ・ホワイトロック
 その7。









 その日、幻想郷に初雪が降った。

「雪よ、雪よ〜。こな〜ゆき〜♪」
「ご機嫌ねえ」
 ひらひらと雪の舞う博麗神社の庭で、レティはくるりとターン、そしてステップ。
 そんな様子に、霊夢は身を竦めながら白い息を吐き出していた。
「だって、私の季節だもの〜」
 湧きあがる高揚感に任せて、レティはくるくるその場を回った。待ちこがれた自分の季節。寒ければ寒いほど、レティには過ごしやすい季節になる。気分の浮かれないはずもない。
「うう、寒……」
 とはいえ、人間の霊夢にしてみれば逆の話なのだろう。巫女服から剥き出しの腕をさすって、霊夢は縁側から粉雪を落とす雲を恨めしげに見上げる。
「そんな格好してるからじゃないかしら〜?」
「これが普段着なんだから仕方ないでしょ。誰が決めたんだか知らないけど」
 半眼で睨む顔を向けられて、レティはむぅ、と唸った。
「だからって〜。風邪引いちゃうわ〜」
 出掛けるときのように、上着でも羽織ればいいものを。
「てゆか、寒いのはあんたのせいじゃないの?」
「それは濡れ衣よ〜。今は別に寒気操ってないもの〜」
「そう?」
 確かに自分は寒気を萃めて気温を下げることは出来る。自分の過ごしやすさを優先するなら、もっともっと寒くしたいところだ。――けれど、ここでそれをしたら霊夢が凍えてしまう。
「……へぷしっ。うう、どてらでも出そうかしら」
「そうした方がいいと思うわ〜」
 くしゃみをひとつして、霊夢はまた白い息を吐いた。
「頼むからこれ以上寒くしないでよ?」
「しないわよ〜」
 また半眼で睨まれる。冬妖怪だからって、ところ構わず極寒の地にしているわけではないというのに、どうしてそんな恨めしげに見つめられなければならないのか。理不尽である。
「イマイチ信用ならないわねえ」
「ひどいわ〜。そりゃあ、私は寒い方が好きだけど〜」
「神社で凍死はしたくないわね……」
「もう、霊夢〜。人を何だと思ってるの〜?」
 さすがに怒っていいと思う。頬を膨らませて縁側の方に詰め寄ると、霊夢は肩を竦めた。
「雪女でしょ」
「そうだけど〜。霊夢ってばひどいわ〜」
「何よ」
 霊夢の傍らに腰を下ろす。庭に舞う雪はひらひらと、幻のように儚い。
「確かに、私は寒い方が幸せだけど〜」
 そう、確かに自分は寒い方が好きだ。極寒の冬こそ、自分の生きる季節だ。
 ――けれど今は、それ以上に大切なものがある。
「霊夢のそばにいるのが、一番幸せなのよ〜?」
 振り返ってそう言うと、霊夢は一度目をしばたたかせて、それから口を尖らせた。
「何よ、急に」
「だから、霊夢が嫌なら、寒くしたりなんてしないわ〜」
「……どーだか、ね」
 つい、と視線を逸らして、霊夢はぼやく。
「ひどい〜。なんで信じてくれないの〜」
「へくしっ。うー、こたつにでも入ってるわ、私は」
 レティの抗議を無視して、腕をさすりながら、霊夢はくるりと踵を返した。
「霊夢〜。むう〜」
 その巫女服の裾を掴んで、レティは頬を膨らませる。――人がせっかく、その、少々照れくさいことを言ったのに、完全スルーはひどいと思うのだ。いやまあ、霊夢がぶっきらぼうになるのはいつものことだけれども――。
「寒いのよ、馬鹿」
「馬鹿じゃないわ〜」
「はいはい、何でもいいから、積もったら雪片付け手伝いなさいよ?」
「解ってるわよ〜」
 どっちかといえばそれは萃香の仕事のような気もするが。頬を膨らませたままのレティに、霊夢はどこか疲れたようにひとつ首を振った。
「……それと、ね」
「うん?」
 すっと、霊夢がその場に膝をついて。両手がレティの肩に触れて。
 ――唇が寄せられるのは、一瞬のことだ。
「……はふ。れ、霊夢こそ、急に何するの〜」
 唇が離れて、顔がだらしなく緩むのを自覚しながら、レティは抗議のふりをする。
 何だかんだ言って、霊夢は最後には、自分の望むものをくれるのだ。
「別に」
「別にって〜」
 口を尖らせたまま、霊夢は素っ気なく言うけれど、やっぱりその頬は赤いのだ。
「……あんまり恥ずかしいこと言うんじゃないわよ」
 そんな、ぶっきらぼうな仕草も言葉も何もかも、やっぱり愛おしくてたまらない。
「れいむ?」
「あー、寒い寒い。こういうときはこたつで熱いお茶に限るわね」
 わざとらしく言って再び立ち上がった霊夢の裾を、またレティは掴む。
「れいむってば」
「何よ」
「……もいっかい、して」
「断る」
 即答だった。それはちょっとひどいと思う。
「なんで〜? れいむ〜」
「こら、ひっつくな」
 立ち上がり、その背中に抱きついてみた。霊夢はもがくけれど、本気で引きはがそうとはしない。そのことがまた、やっぱり嬉しかったりする。
「こうすれば、あったかいでしょ〜?」
「それとこれとは――」
「……霊夢。好き」
 霊夢の抗議を遮るように耳元で囁くと、その頬の赤みが増した気がした。
「っ、何よもう――」
「好き。大好き。……冬より雪より寒さよりも、霊夢が好き」
「だから恥ずかしいこと言うなっ」
 もがく霊夢を押さえて、レティは緩む頬を霊夢に寄せた。伝わる熱と鼓動が心地よい。
「何回でも言うわ〜。霊夢がもいっかい、キスしてくれるまで」
「……あーもう、そっちの方が寒くされるよりよっぽど勘弁してほしいわね」
 諦めたように息を吐いて、霊夢はこちらを振り向いた。その笑みは、やっぱり優しいのだ。
「れいむ〜」
「解ったから、もう。――目、閉じなさい」
「ん……」
 そして、白く染まる吐息の距離を近づけて。
 目を閉じて、レティは霊夢の柔らかな熱が触れるのを待って――。

 突然響き渡った轟音が、寸前でふたりの間に無粋に割り込んだ。

「ちょ、何事!?」
 地面の揺れと、破裂音のような爆音に、ふたりは驚いて振り返る。
 白く粉雪が舞う博麗神社の庭、その向こうに見える景色に。
 ――何の冗談かと思うような、水柱が噴き上がっていた。


      ◇


「間欠泉?」
「要するに温泉よ、温泉。お湯が噴き出してるわけ、どばーっと」
 水柱を確認しに行った霊夢は、戻ってきて開口一番にそう言った。
「個人的にはあんまり近付きたくないわね〜」
「そりゃそうでしょうね」
 霊夢は肩を竦めた。冬妖怪のレティは基本的に熱が苦手だ。なので、身体を洗うのは基本的に水浴びである。霊夢と一緒にお風呂に入れない、というのは寂しくはあるのだけれども、人間にとってはぬるま湯的な温度でも、レティには結構辛いのだ。
「この匂いもそのせいかしら〜?」
「みたいね。なんて言うかこう……」
「おならみたいな?」
「言うな」
 間欠泉から漂ってくる、卵の腐ったような匂い。レティはよく知らないが、これが温泉の硫黄臭らしい。まあ、嗅覚は割とすぐに慣れるが。
「おお? 何か妙なもんが見えたから来てみれば、何だこの匂い?」
 と、そこに舞い降りてきたのは箒に乗った魔理沙だった。
「何かね〜、温泉が湧き出してきたみたいで〜」
「温泉? 穴掘って洞窟の宝探しでもしてたのか? まあ、お前なら膝の高さから落ちて死ぬようなことはないだろうけどよ」
「何よそれ。てゆか、そもそも勝手に噴き出してきたのよね」
「それこそ妙な話だな」
 ちょっくら私も行ってくるぜ、と魔理沙は再び箒に跨ると間欠泉の方へ飛んでいた。それを見送り、霊夢はふむ、とひとつ首を傾げる。
「温泉、ねえ」
「霊夢〜?」
「温泉、観光名所、賽銭収入アップ――いいんじゃない?」
 名案を思いついた、とばかりに霊夢はニヤニヤと笑みを浮かべる。何を考えているのかはレティにもだいたい想像がついた。
「温泉の工事、となれば萃香の仕事よね。――どこ行ったのかしら?」
「れ〜い〜む〜。よからぬこと考えてない〜?」
「何よ。こんな文字通り湧いてきたもの、活用しなきゃもったいないじゃない」
 賽銭収入も最近さっぱりだしねえ、と霊夢はため息。まあ、確かに球宴異変の終盤はこの境内にも優勝祈願の参拝客をよく見たが、あれ以来は本当に誰も来ない。――ふたりでいちゃついている分には、誰も来ない方がいいというのはさておき。
「入浴料を賽銭にするっていうのはいいかもしれないわね」
「それって何か色々と罰当たりな気がするわ〜」
「おいおい、取らぬ狸の何とやらもいいけどよ?」
 と、そこに魔理沙が戻ってくる。あらおかえり、と顔を上げた霊夢に、魔理沙は肩を竦めた。
「何か、お湯以外のものも湧き出てるぜ?」
「へ?」
 魔理沙の言葉に、霊夢とレティは顔を見合わせた。


      ◇


 沸いて出てきていたのは、怨霊だった。
 怨霊たちは、間欠泉と一緒に天高く舞い上がって、それからふよふよと辺りを漂い始める。
「これじゃ、人間のお客が寄ってこないじゃない」
 むぅ、と唸りつつ、しかし霊夢は漂っている怨霊をどうかしようという気は無さそうだった。
「れいむ〜、このままでいいの〜?」
「さてねえ。ま、害が無ければいいんじゃない?」
 幽々子とかルナサとかと似たようなもんでしょ、と投げやりに霊夢は言い放つ。ふよふよと頭上を漂っているこれと一緒にされたら幽々子も怒ると思うが。
「止められるもんならともかく、温泉と一緒に沸いてるんじゃねえ」
「ホントに温泉開業する気なのね〜」
「何よ、不満?」
「ううん、霊夢がいいなら別にいいんだけど〜」
 歯切れの悪い言葉に、霊夢は訝しげに目を細めた。
「――あやややや、異変解決の専門家たる博麗霊夢さんとしては、今のは問題発言では?」
 と、そこに黒い羽根を散らして割り込む影。文だ。
「相変わらず目ざといわねえ」
「情報は鮮度が命なもので。――で、この怨霊は放置プレイですか?」
「少なくとも、今のところ私には害は無いみたいだしねえ」
 ずずず、と霊夢はお茶をすする。あやややや、と文は肩を竦めた。
「困りますねえ」
「何がよ?」
「そうねえ、困るわねえ」
 ひょい、とさらにその場に現れる影ひとつ。空間がぱくりと割れ、そのスキマから姿を現したのは――八雲紫だ。レティは傍らで小さく息を飲む。
「紫、あんたまで何よ?」
「それは勿論、異変解決のお手伝いをしてさしあげなければなりませんわと」
「こら、ちょっと――」
「あ……」
 紫と文に引きずられるように霊夢は連行されていく。レティはそれを見送ることしかできない。――まるでそこに存在しないかのように、文と紫には完璧に無視されていた。
 結局、自分の存在は彼女らにとってはその程度なのだろうか、と思う。
 スキマ妖怪。妖怪の大賢者、八雲紫。
 幻想郷でも最強、最高齢クラスの妖怪、鴉天狗の射命丸文。
 ――吹けば飛ぶような冬妖怪の自分が、霊夢のそばにいることなど、彼女たちにとっては些事でしかないのだろうか。だとしたら。
「……れいむ」
 レティは胸の前で、ぎゅっと手を握りしめた。


      ◇


 その場に戻ってきたのは、八雲紫だけだった。
「……霊夢は〜?」
 おそらく無視されるのだろう。そんな予感を覚えながらも、レティは紫に訊ねる。
 けれど紫は、その声にゆっくりと振り向くと、底の見えない笑みをその顔に浮かべた。
「霊夢には、ちょっと異変解決に向かってもらいましたわ」
「どこに?」
「地底に」
 それで自分は地上から高みの見物だとでもいうのか。レティは眉を寄せる。
 いただくわね、と紫は霊夢の飲みかけのお茶に、勝手に口をつけた。
『誰がちょっかいかけて来るか、解ったもんじゃないからな。――霊夢に関しては』
『貴方と霊夢の関係については、今のところは誰も問題視していませんが、貴方が知りすぎてしまえば、話は別になりかねない』
 魔理沙と阿求の言葉が、不意に頭をよぎった。
 彼女らが口にした『誰か』とは――おそらく今、目の前にいる妖怪だ。
 八雲紫。スキマ妖怪。アリスによれば、あの球宴異変の首謀者もおそらくは彼女だ。
 ――その思考が読めない。彼女が何を望み、何を求め、……今の自分と霊夢の関係をどう思っているのか。解らないから、ひどく居心地が悪いのだ。
「……ねえ、紫」
「あら、何かしら?」
 レティの呼びかけに、紫はゆっくりと振り返った。
 その瞳の色は――どんな色をしていたのか、レティにはよく解らなかった。
「…………」
 どんな問いかけをかけるべきなのか、言葉は空転し、レティは口ごもる。
 霊夢のこと。博麗の巫女とは何なのか。紫にとって――霊夢とは何なのか。
 訊きたいことは確かにあった。けれどそれは、彼女に問いかけるべきことなのだろうか。
 八雲紫が何を求め、何のために動き――自分を、自分と霊夢のことを、どう見なしているのか。それが解らないから、問いかけは形にならずに口の中で淀んで消える。
 紫はただ、言葉を待っているのか、それともレティのことなど気にも留めていないのか、悠然とお茶を飲んでいた。「ちょっと渋いわねえ」と顔をしかめる。
「紫は――霊夢のこと、好きなの〜?」
 結局、口にできたのはそんな陳腐すぎる問いかけだった。
 紫は静かに、湯飲みをその場に置くと、目を細めてレティを見つめる。
 その顔が、不意にレティには、ひどく寂しそうに見えた。
「そうね、好きよ?」
 さらりと、紫はそう口にした。けれどその言葉は、ひどく機械的にレティには聞こえた。
「……私と、同じ意味で〜?」
「その問いに、貴方はどんな答えを期待しているのかしら?」
 問い返されて、レティは口ごもる。
 ――紫がただ、霊夢に恋をしているのならば。
 そんな単純な恋敵ならば――話は解りやすかったのだろう。
『もし紫が何かちょっかいをかけてきたら、『霊夢は私が居なきゃもう生きていけないのよ』ぐらいのことを言い返してやればいいわ。紫はどんな顔するかしらね?』
 アリスとそんなことを言って笑い合ったのを思い出す。
 けれど、実際には。――今、目の前にした紫は。
 冬の雪原に取り残されて、ひとりで泣いている少女のように、レティには見えた。
 そんなのは、自分の錯覚だったのかもしれないけれど。
「……私は、霊夢が好き。霊夢も……私のことを好きって、言ってくれるわ〜」 
 ひとつ唾を飲んで、レティはそれから紫を見つめて口を開いた。
「素敵なことね」
 平板な言葉。感情は見えない。そもそも――彼女に感情というものはあるのだろうか。
 スキマ。全ての境界。それを操る彼女の目に見えるのは、何だろう?
「ねえ、好きな人のことを知りたいと思うのは、いけないことなのかしら〜?」
「――――」
 紫は沈黙する。ひらひらと舞う雪に、音が吸い込まれるように、静寂が張りつめる。
「貴方は今、幸せかしら?」
 不意に、ゆかりは静かにそう口にした。
 その問いは、数日前に阿求からかけられた問いと同じ。
『――貴方と霊夢の関係は悪ではありませんが、必ずしもその結末は幸福になり得ないという可能性がそれなりに高いということは、覚悟しておいた方がいいでしょう』
 自分は妖怪で、霊夢は人間。寿命が違う、ということは理解している。
 けれど、あるいはそれ以外に、自分たちに何か不幸があるのだとして。
 ――だからといって、そんなことを誰かに決めさせはしない。
「ええ、幸せよ〜。今も、これからも〜」
 そうだ。これからも、自分たちは幸せなのだ。
 霊夢がそばに居る限り、幸せでいられるはずなのだ。
「これからも、ね。――霊夢の時間が、あなたよりも遥かに短いとしても?」 
「そんなの、解ってるわ〜」
「――そうね、そういうことにしておくのが、幸せということよね」
 皮肉めいた言い回しに、レティは眉を寄せた。
 その言葉は皮肉のようなのに――やっぱり、レティには。
 紫の言葉も表情も、何かを知ってしまったが故の孤独に見えるのだ。
 それは、あるいは、八雲紫という妖怪も――レティと、同じように。
「紫」
 その言葉は、レティにとってはただ、ぽつりとこぼれた印象だった。
「――紫も、誰かを好きになったこと……ううん、今も、誰かを好きなの〜?」
 そしてそれは、たぶん霊夢ではない。もっと他の誰かなのだ。
 その誰かは――紫のそばにはいない、誰か。
 レティにはなんとなく、そんな風に思えた。
「…………」
 紫は答えなかった。ただその沈黙には、最初に紫と向き合ったときのような息苦しさは感じなかった。
 雪がまた、ひらひらと舞い降りる。風はない。白が、世界を覆い始めようとする。
 想いも何もかも、その雪の下に覆い隠されてしまうのだとしても。
 ――いつか雪が溶けたとき、そこに何が残るのだろう。
「あら、どちらへ?」
 立ち上がったレティに、紫が振り返って顔を上げた。
「霊夢が帰ってきたときのために、ご飯でも用意しておくわ〜」
 あまり熱いものはつくれないけれど、自分に出来ることをしよう、とレティは思った。
 今は、そうすべきなのだと思った。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:12 | - | - |
Comment








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『Rhythm Five全作品ガイド2007-2017』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 花映塚編』(5/7 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『古書店鈴理庵の暗号 少女秘封録』(3/26 東京秘封新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス 個人通販


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links