Entry: main  << >>
あなたの人生の物語 3/レティ・ホワイトロック
 その3。









 毛糸と編み棒は、離れの奥の方に、箱に入って埋まっていた。
 とりあえず発掘したのはいいのだが、レティには編み物の心得など全く無い。誰かに教えを請うしかないが、霊夢へのプレゼントを編むのに霊夢に教えて貰うというのも変な話だ。
 そんなわけで、レティは人里に足を踏み入れていた。
 妖怪であるレティの姿にも、人々は特に奇異の目や怯えを向けることはない。幽香や藍あたりがよく買い物に来ている、という話は聞いた覚えがある。人里に来る人型の妖怪は、変に刺激しなければ話が通じる相手だというのは、人里の共通認識らしかった。
「え〜と……」
 人里に来るのは二度目である。もちろん、土地勘などあるはずもない。目的地は決まっていたが、場所がどこなのか確認するのを忘れていた。迂闊である。
 困ったわね〜、とレティが視線を彷徨わせていると、「お?」と不意に声がした。
「おや、霊夢ちゃんのお友達じゃないか。霊夢ちゃんは一緒じゃないのかい?」
 台車を引いて現れたのは、山菜屋の店主だった。
「あ、こんにちは〜。あの、慧音の寺子屋ってどこだか分かります〜?」
「おお、先生に用事かい? 寺子屋ならそこの角を右に曲がって三軒目だ」
 霊夢ちゃんによろしくな、と笑う店主にぺこりと頭を下げて、レティは示された方向へ向かう。果たして、すぐに看板が目に入った。『寺子屋 上白沢塾』。
「みんな、気を付けて帰るんだぞ」
「はーい!」
 折良く、がやがやと子供たちが寺子屋から姿を現した。その後ろに、見慣れた長身と変な帽子が見える。慧音だ。
 はしゃぎ声をあげて駆け出す子供たちとすれ違ったところで、慧音がこちらに気付いて驚いたように目を見開いた。「こんにちわ〜」とレティは片手を挙げて挨拶する。
「これはまた、珍しいな。霊夢殿は?」
「今日は一緒じゃないわ〜。ちょっとね、頼み事があって来たの〜」
 私に? と首を傾げた慧音に、レティは持参したそれを掲げる。毛糸と編み棒だ。
「慧音、編み物できるかしら〜?」
 きょとん、と慧音は目をしばたたかせた。


      ◇


 子供たちの去った寺子屋の一室は、がらんとして静かだった。
「まあ、教えるほどのものではないが」
「よろしくお願いします〜」
 毛糸玉を挟んで、レティはぺこりと慧音に頭を下げる。
 とりあえず簡単にやって見せようか、と慧音は編み棒を手に取る。
「しかし、どうして私のところに?」
「知り合いにこういうの得意そうなの、あんまり思い当たらなくてね〜」
 毛糸の巻かれた編み棒が、ちくちくと少しずつ編み目を結んでいく。
 ほえ〜、と感心した声をあげるレティに、「基本はこの繰り返しだ」と慧音は苦笑した。
「手芸や裁縫なら、監督殿――アリス殿の方が得意そうだが」
 ついつい癖でそう呼んでしまったか、慧音は言い直す。野球はもう終わったのだ。
「うん、最初はアリスのところに行ったんだけどね〜」
「断られたのか? アリス殿に限ってそんなことも無いと思うが」
「そうじゃなくて〜。魔理沙が居たのよ〜」
「……ああ、なるほど」
 お邪魔はできないという話である。納得したように慧音は息をついた。
「あ、ひょっとして慧音も、これから妹紅と会う予定だったりした〜?」
「いや、気にしないでくれ。そうだ、私も何か編んで妹紅に贈ろうかな。もうすぐ冬になるし」
 窓の外、寺子屋の庭の木々もすっかり葉を落としている。冬はもうすぐそこだ。
「こんな感じだな。やってみようか?」
「頑張るわ〜」
 慧音の手本と見比べながら、編み棒に糸を巻いていく。ふわふわの毛糸の感触。
「まあ、裁縫や編み物は根気だ。基本的な技術さえ身につければ、あとは仕上げまでチマチマとした作業の繰り返しだからな」
「時間はたっぷりあるから大丈夫よ〜」
 ちくちく。「……あれ?」見た通りにやっていたはずなのに、編み目が変な形になってしまった。「そっちじゃない、こっちを、こう」と慧音が修正を施す。やっているのを見ているときは簡単そうに見えたが、意外と難しい。
「こうやってひとつひとつ、時間をかけて作ってるのね〜」
「どんなものでもそうさ。それを使う人がいるから、作る人がいる」
 何もかも、求められて生み出されるんだ。編み棒を動かしながら、慧音はそう呟いた。
 ――それはあるいは、誰かも、ということなのかもしれない、とレティは思った。
「そうだな、もうひとつ私からアドバイスするとすれば」
 ふと動かす手を止め、慧音は正面からレティを見つめた。
「――贈る人への愛情が、編み物を完成させる、一番の秘訣だ」
 言うまでもない気はするが、と慧音は苦笑し、レティも頷いて笑った。


      ◇


「それじゃあ、今日はどうもありがとう〜」
「ああ。毛糸が足りなければ、向こうの道具店に行けばいい。大抵のものは揃ってる」
 陽はすっかり短くなった。寺子屋を辞したときにはもう、空は暮れなずみ始めている。レティと慧音の影も、土の上に長く色濃く伸びていた。
「霊夢殿にもよろしく……は、伝えない方がいいのかな?」
 慧音は苦笑した。まあ、作っていることを秘密にしているわけではない。
「そっちも、妹紅に逢い引きの時間遅らせてごめんなさいって伝えておいて〜」
「あ、逢い引き違う!」
 赤くなって叫ぶ慧音に、レティはくすくすと笑った。
「じゃあ、また……あ」
 踵を返そうとして、ふとレティは足を止めた。「ん?」と、寺子屋に戻りかけていた慧音が振り返る。
「ねえ、全然関係ない話になるんだけど〜。慧音って、確か歴史の先生よね〜?」
「ああ、それがどうかしたか?」
「……霊夢の生まれのこととか、ご両親のこととか、知らない?」
 再び、慧音は目をしばたたかせる。
「博麗の巫女って、幻想郷の歴史の重要人物じゃないのかしら〜? よく知らないけど〜」
「あ、ああ……いや、すまない。幻想郷内の歴史は、私の専門ではないんだ」
 首を振り、慧音は腕を組んでひとつ唸る。
「そういう話なら、阿求殿の方が詳しいだろう」
「そっか、そうよね〜」
 幻想郷のあらゆる事象をまとめる幻想郷縁起の編纂が、稗田阿求の仕事だ。それならば、霊夢のことについても色々と知っているに違いない。
『あんまり深入りしない方が幸せってことは、あるもんだぜ?』
 ふと、魔理沙の言葉を思い出す。
 霊夢について知ることで、何か悪いことが起こるとでも言うのだろうか?
 あるいは、霊夢について知ることが、誰かにとって都合が悪かったりするのか――?
「稗田家は向こうだ。この里で一番大きい屋敷だから、見ればすぐ分かる」
「ありがとう〜」
 慧音に手を振って、レティは歩き出す。夕暮れ時の空に、カラスが鳴いていた。
 黄昏の空。昼と夜の境界。冷え込んできているせいか、人影は少ない。
 ――あまり、稗田家に長居はしないようにしよう。遅くなったら霊夢が心配するだろうから。

 言われた通り、稗田家はすぐ見つかった。明らかにそれと解る、塀に囲まれた立派な邸宅。庭も随分と広そうだ。門には立派な楷書で「稗田」と書かれた表札が下がっている。これも阿求の直筆だったりするのだろうか。
 門のところで使用人らしき人に声をかける。レティ、と名乗ると野球のことを覚えていたらしく、すぐに中に通してもらえた。建物の中はけばけばしい豪邸というわけではなく、落ち着いた雰囲気の品の良い調度が並んでいる。
「こちらです」
 案内をしてくれた女中にぺこりと礼をして、それからレティは襖を開いた。
「こんばんは〜」
「これはまた、珍しい来客ですね」
 広々とした和室で、阿求は文机に向かっていた。顔を上げ、レティの方に向き直る。
 女中がどこからか座布団を運んできた。阿求に促され、レティはそこに腰を下ろす。
「紅茶は?」
「冷まして飲んでもいいなら〜」
 差し出されるカップを受け取って、傍らに置いておく。阿求はポットから注いだ紅茶をゆっくりと口にした。その動作は、この邸宅の主に相応しい優雅さをもっている。
 どこからか聞こえる幺樂の旋律。ほぅ、と息をつき、阿求は閉じていた目を開く。
「それで、貴方がどのような用件で? 霊夢の使いでしょうか?」
「……その口調、何だか違和感がすごいわ〜」
 球場での阿求は、もっとざっくばらんな口調だった。必殺の「稗田なめんな」に騒がしいブルペンが静まり返ったことは一度や二度ではない。捕手として投手コーチの阿求と話す機会は割と多かったレティだが、こんな畏まった口調の阿求と相対するのは初めてだ。
「家では基本的にこの口調なので。気にしないでください」
「普通、逆なんじゃないかしら〜?」
「色々と、周りの者がうるさいもので」
 どこか苦笑するように阿求は言った。するとやっぱり、球場でのあれが素なのか。家の中で猫を被らなければいけないというのは、なかなかに大変そうである。
「そうそう。え〜と、用件というほどじゃあないんだけど〜。訊きたいことがあって〜」
「何でしょう?」
「霊夢のこと」
 さっと、阿求の顔色が変わった。――ように、レティには見えた。
「それなら、今は貴方の方が詳しいのでは? 同棲してもう半年近いでしょう」
 静かに阿求はそう答える。その言葉には、拒否の色が含まれているように思えた。
「そうだけど〜。よく考えたら、私、霊夢の生まれとか、博麗の巫女についてとか、全然知らないから〜。霊夢も何も、そのへん話してくれないし〜」
 食い下がるようにレティは言葉を続ける。阿求はひとつ息をつくと、また紅茶を口にした。
「彼女が話さないなら、話しても仕方のないことなのでしょう」
「…………」
 そう言われてしまえば終わりだ。押し黙ったレティに、阿求は目を細める。
「それを教えてもらえないからといって、貴方と霊夢の関係に何か問題が生じますか? 過去は過去、現在は現在。霊夢の生まれがどうであれ、博麗の巫女が何であれ――私がそれを話したとして、貴方はその内容で霊夢との関係を変えようと思いますか?」
「……思わないけど〜」
「それなら、話しても詮無いことです」
 言いたいことは解る。が、何やら釈然としないものを覚えて、レティは冷めてきた紅茶を口にした。……美味しい。神社では霊夢の好きな緑茶ばかり飲んでいるが、紅茶も悪くない。
「話す必要があれば、いずれ霊夢が話すでしょう」
「……阿求は、知ってはいるのね〜?」
「それは、些末なことです」
 誰かに口止めされているのかもしれない、という印象は、直感的なものだった。
 そして、霊夢について、阿求に口止めするような存在が、幻想郷にいるとすれば――。
「……紫?」
 阿求の目が、剣呑に細められる。
「尚更、話すことはありませんね。――忠告をしておきます、レティ・ホワイトロック」
 飲み干した紅茶のカップを置いて、阿求は静かな声で言い放った。
「知りすぎることは、時として災いを呼び寄せます。――貴方と霊夢の関係については、今のところは誰も問題視していませんが、貴方が知りすぎてしまえば、話は別になりかねない」
「――――何、それ」
「博麗の巫女、という存在は、貴方が思っているよりも、この幻想郷にとっては大きな存在だということです。――貴方と霊夢の関係は悪ではありませんが、必ずしもその結末は幸福になり得ないという可能性がそれなりに高いということは、覚悟しておいた方がいいでしょう」
 紅茶がひどく、渋く感じた。
 ――阿求の言っていることは、単なる寿命の違い、ということだけではないのだろう。そのぐらいの見当はつくが、それ以上のことは何も解らなかった。
 日が沈む。「もうすぐ夕餉ですが」と阿求が言った。話は終わり、という合図だったのだろう。「霊夢が晩ご飯を作っているから〜」と、レティは立ち上がった。
「――ひとつ、こちらからも質問をいいですか?」
 帰ろうとしたレティの背中に、不意に阿求の声がかけられる。
「なに?」
「貴方は今、幸せですか?」
 振り返って、レティはただ、素直に笑った。
 ――確かに自分は、霊夢について何も知らないのだけれど。
 それだけはどうしようもなく、確かなことだから。
「ええ、とっても〜」
 その答えに、阿求はどこかほっとしたように、小さく苦笑してみせた。


      ◇


 博麗神社に帰り着く頃には、すっかり陽も落ちていた。
 冬が近付き、暗くなるのも随分早くなった。霊夢はもう晩ご飯の支度をしているだろう。
「ただいま〜」
 声を掛けて家に上がる。台所からいい匂いがした。やっぱり、支度中らしい。
 ――と。
「レティ!?」
 急に、随分と慌てたような様子で霊夢が台所から顔を出した。レティが驚いて目をしばたたかせると、霊夢は少し気まずそうに咳払いして、「おかえり」とぶっきらぼうに答える。
「れいむ?」
「遅かったわね。手洗って、晩ご飯の支度手伝ってよね」
 背中を向けてそう言うと、霊夢は台所に戻っていく。
 流しで手洗いを済ませて台所に戻ると、霊夢はまな板で野菜を刻んでいた。
「どこ行ってたの?」
「慧音のところ〜。編み物教えてもらおうと思って〜」
「ふうん。それならアリスの方が適任じゃないの?」
「アリスのところにも行ったんだけどね〜。魔理沙が居たから遠慮してきたわ〜」
 そ、と霊夢は背中を向けたまま答える。お皿を出そうと、レティは戸棚に手を伸ばし、
 包丁の音が止まった。足音がした。――戸棚に伸ばした手が、止まる。
「れい、む?」
 ぎゅっと、霊夢の両腕が、レティを後ろから抱き締めていた。
 振り向こうとしても、背中に押し当てられた霊夢の顔は、よく見えない。
「どうしたの〜?」
「……ちょっと、ね。自分のダメさ加減に呆れてるところなのよ」
 レティの背中に顔を埋めたまま、霊夢は呟くように息を吐き出した。
 火にかけられた鍋が、コトコトと音をたてる。神社に響く音は、それだけ。
「たかだか数時間じゃないのよ、ねえ、本当にもう……」
「れいむ?」
「恥ずかしいこと言わせるな、ばか」
 ぎゅっと、抱きしめられた腕に苦しいほど力がこもった。
 その力の強さに、霊夢の求めているものが伝わった気がして、レティはふっと微笑する。
「大丈夫よ〜。……いなくなったりしないわ〜」
「解ってるわよ」
「ちゃんとここに帰ってくるから。霊夢のそばに、いるから」
「解ってるってば」
「霊夢」
「……何よ」
「お鍋、煮えてるみたいだけど〜」
「うあ」
 いつの間にか、コトコトという音はぐつぐつと沸騰する音に変わっていた。腕を放して、霊夢は鍋の方に戻っていく。レティは小さく肩を竦めて、ひとつ苦笑。
「……まあ、大丈夫でしょ、うん」
 何やら不安なことを呟きながら、霊夢は刻んでいた野菜を鍋に放り込み始める。
「よし、と」
 ひとつ霊夢が息をついたところで――今度はレティが、後ろから霊夢を抱きしめた。
「レティ?」
「霊夢〜」
「ちょ、まだ支度終わってない……こら、撫でるな馬鹿」
 強く抱きしめて、その頭を撫でると、霊夢はむずがるようにもがいた。
「霊夢の、あまえんぼさん〜」
「ちっ、違っ」
「さみしんぼ〜」
「馬鹿言ってんじゃないの! しまいにゃ怒――んっ」
 逃れようとした霊夢を振り向かせて、その唇を不意打ち気味に塞いだ。
 何か諦めたように、霊夢の身体から力が抜ける。
 そのまま、いつもより少し長く、霊夢の唇の感触を楽しんだ。
「ん……」
 唇を離すと、混ざり合った吐息が鍋の湯気と一緒に台所の空気に溶けていく。
 たぶんつねられるんだろうなあ、とレティは思った。
 解っててやってる、というか、そういう霊夢の反応を見るのが好きなのだけれども。
「……レティ」
 なので、霊夢が何もせずに名前を呼んだので、かえって拍子抜けしてしまった。
「なに〜?」
「……何も無いんだったら、明日は一日、うちに居なさいよ」
「ほえ」
「いい?」
「……うん」
 こつん、と額を合わせて微笑むと、霊夢は真っ赤になって視線を逸らした。
 そんな反応も何もかも、やっぱりレティには全部、愛おしくてたまらないのだった。



BACKNEXT
| 浅木原忍 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:59 | - | - |
Comment








Trackback

WEB拍手

意見感想ツッコミなどありましたら
こちらかコメント欄にてー。

現在のお礼SS(1/3更新)
ルナ姉と大ちゃんの日常的風景

【近刊委託情報】

<書店通販ページ>
とらのあな通販「Rhythm Five」
メロンブックス通販「Rhythm Five」

『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編』(12/29 C91新刊)
とらのあな メロンブックス


『Dr.レイテンシーの なぜなに?相対性精神学』(10/30 科学世紀のカフェテラス新刊)
とらのあな メロンブックス


『声を聞かせて/リピート・アフター・ミー』(10/16 秋例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編』(8/13 C90新刊)
とらのあな メロンブックス


『マスカレード・ミラージュ 少女秘封録』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編』(5/8 例大祭新刊)
とらのあな メロンブックス


『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編』(12/30 C89新刊)
とらのあな メロンブックス


『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド【増補改訂版】』(11/23 文フリ東京新刊)
とらのあな 盛林堂書房 個人通販



DL頒布中作品

『ひふ〜ふ -秘封×婦婦-』
メロンDL
完売、DL販売のみ


『レトロスペクティブ酉京都
少女秘封録公式ガイドブック』

メロンDL
完売、DL販売のみ


同人誌の委託はこちらにお世話になってます。




このサイトはくろまくみこ(霊夢×レティ)の普及を目論んでいます。

東方SSインデックス

長編
【妖夢×鈴仙】
うみょんげ!(創想話・完結)
 第1話「半人半霊、半熟者」
 第2話「あの月のこちらがわ」
 第3話「今夜月の見える庭で」
 第4話「儚い月の残照」
 第5話「君に降る雨」
 第6話「月からきたもの」
 第7話「月下白刃」
 第8話「永遠エスケープ」
 第9話「黄昏と月の迷路」
 第10話「穢れ」
 第11話「さよなら」
 最終話「半熟剣士と地上の兎」

【お燐×おくう】
りん×くう!(完結)
 ※スピンオフなので、できれば先に『ゆう×ぱる!』をどうぞ。
 1 / 火焔猫燐
 2 / 霊烏路空
 3 / 火焔猫燐
 4 / 霊烏路空
 5 / 古明地さとり
 6 / 火焔猫燐
 7 / 霊烏路空
 8 / 火焔猫燐
 9 / 古明地さとり
 10 / 霊烏路空
 11 / 火焔猫燐
 12 / 古明地さとり
 13 / 霊烏路空
 14 / 火焔猫燐
 15 / 古明地さとり
 16 / 霊烏路空
 17 / 古明地こいし
 18 / そして、地底の恋物語

【勇儀×パルスィ】
ゆう×ぱる!(完結)
 0 / そして、星熊勇儀の孤独
 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
 14 / 「星熊勇儀の微睡」
 15 / 「水橋パルスィの恋心」
 16 / 「星熊勇儀の応談」
 17 / 「黒谷ヤマメの懸念」
 18 / 「星熊勇儀の懊悩」
 19 / 「キスメの不安」
 20 / 「火焔猫燐の憂鬱」
 21 / 「黒谷ヤマメの奮闘」
 22 / 「古明地さとりの場合」
 23 / 「水橋パルスィの狂気」
 24 / 「古明地さとりの思案」
 25 / 「星熊勇儀の煩悶」
 26 / 「水橋パルスィの意識」
 27 / 「星熊勇儀の虚言」
 28 / 「水橋パルスィの嫉妬」
 29 / 「星熊勇儀の決断」
 30 / 「キスメの幸福」
 31 / 「水橋パルスィの戸惑」
 32 / 「黒谷ヤマメの嫉妬」
 33 / 「古明地さとりの思惟」
 34 / 「キスメの献身」
 35 / 「星熊勇儀の愛情」
 36 / 「水橋パルスィの変化」
 37 / 「火焔猫燐の懸案」
 38 / 「星熊勇儀の失態」
 39 / 「水橋パルスィの存在」
 40 / 「星熊勇儀の審判」
 41 / 「水橋パルスィの幸福」
 42 / 「星熊勇儀の願い」
 43 / 「地底への闖入者」
 44 / 「水橋パルスィの真実」
 45 / 「星熊勇儀の幸福」
 46 / 「星熊勇儀と、水橋パルスィ」
 47 / 「地底の恋物語」

【にとり×雛】
にと×ひな!(完結)
 Stage1「人恋し河童と厄神と」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage2「厄神様へ続く道」
  SIDE:A SIDE:B
 Stage3「神々も恋せよ幻想の片隅で」
  SIDE:A SIDE:B(前編)(後編)
 Stage4「秋めく恋」
  SIDE:A SIDE:B SIDE:C
 Stage5「少女が見た幻想の恋物語」
  (1) (2) (3) (4)
 Stage6「明日晴れたら、雨は昨日へ」
  (1) (2) (3) (4)

東方創想話・SSこんぺ投稿作

【少女秘封録】
 真昼の虹を追いかけて
 ヒマワリの咲かない季節
 闇色メモリー
 2085年のベース・ボール
 スタンド・バイ・ユー
 睡蓮の底
 遠回りする傘

【自警団上白沢班の日常】
 折れた傘骨
 おおかみおんなと人魚姫

【探偵ナズーリンシリーズ】
 説法の時は出たくない
 腹の中

【星ナズ】
 貴方のための探し物
 性別とかどうでもいいじゃない
 ナズーリンを縛って目の前にチーズをぶら下げたらどうなるの?

【稗田文芸賞シリーズ】
 霧雨書店業務日誌
 第7回稗田文芸賞
 第6回稗田文芸賞
 第8回稗田文芸賞・候補作予想メッタ斬り!
 第8回稗田文芸賞
 第9回稗田文芸賞
第10回稗田文芸賞

【狐独のグルメ】
<Season 1>
 「人間の里の豚カルビ丼と豚汁」
 「命蓮寺のスープカレー」
 「妖怪の山ふもとの焼き芋とスイートポテト」
 「中有の道出店のモダン焼き」
 「博麗神社の温泉卵かけご飯」
 「魔法の森のキノコスパゲッティ弁当」
 「旧地獄街道の一人焼肉」
 「夜雀の屋台の串焼きとおでん」
 「人間の里のきつねうどんといなり寿司」
 「八雲紫の牛丼と焼き餃子」
<Season 2>
 「河童の里の冷やし中華と串きゅうり」
 「迷いの竹林の焼き鳥と目玉親子丼」
 「太陽の畑の五目あんかけ焼きそば」
 「紅魔館のカレーライスとバーベキュー」
 「天狗の里の醤油ラーメンとライス」
 「天界の桃のタルトと天ぷら定食」
 「守矢神社のソースカツ丼」
 「白玉楼のすき焼きと卵かけご飯」
 「外の世界のけつねうどんとおにぎり」
 「橙のねこまんまとイワナの塩焼き」
<番外編>
 「新地獄のチーズ焼きカレーと豚トロひとくちカツ」 NEW!!

【その他(そそわ無印・こんぺ)】
 記憶の花
 帽子の下に愛をこめて
 レイニーデイズ/レインボウデイズ
 或る人形の話
 インビジブル・ハート
 流れ星の消えない夜に
 或る男の懺悔
 天の川の見えない森で
 花の記憶
 時間のかかる念写

同人誌全文公開(pixiv)

 『流れ星の消えない夜に』
  (1) (2) (3)

 『るな×だい!』
  (前編) (後編)

東方野球in熱スタ2007異聞
 「六十日目の閻魔と死神」
 「グラウンドの大妖精」
  (前編) (中編) (後編)
 「神奈子様の初恋」
 「May I Help You?」
 「決戦前の三者会議」
 「夏に忘れた無何有の球を」
  (前編) (後編)
 「月まで届け、蓬莱の想い」
 「届く声と届けるものと」
 「魔法使いを見守るもの」
 「夏に雪桜は咲かないけれど」
  (1) (2)
 「星の光はすべて君」
 「さよならの代わりに」
  (前編) (後編)
 「野球の国、向日葵の妖精」
  (1) (2) (3) (4)
 「わりと憂鬱な霊夢の一日」
 「猫はどこだ」
 「あなたの人生の物語」
  (1) (2) (3) (4)
  (5) (6) (7) (8)
 「完全なアナタと不完全なワタシ」
 「伝えること届けること」
 『東方野球異聞拾遺 弐』
  (1) (2) (3)


艦これSSインデックス(pixiv)

【第六戦隊】
 ワレアオバ、ワレアオバ。
 衣笠さんは任されたい
 刻まれない過去
 古き鷹は光で語りき NEW!!

【響×電】
 Мой кошмар, нежность из вас

なのはSSインデックス

長編
魔法少女リリカルなのはBURNING

【BURNING AFTER】
 祝福の風と永遠の炎
 フェイトさんのお悩み相談室
 それは絆という名の――
 王子様とお姫様と黄昏の騎士のわりと平和な一日
  (前編) (中編) (後編)

魔法少女リリカルなのはCHRONICLE
魔法少女リリカルなのはCRUSADERS

中編
 ストラトスフィアの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

 プラネタリウムの少女(完結)
  (1) (2) (3) (4)

短編
【フェイト×なのは】
 キミがくれる魔法
 たまに雨が降った日は
 キミが歌うボクの歌
 お嫁さんはどっち?
 願い事はひとつだけ
 君がここに生まれた日
 stay with me
 私がここに生まれた日
 ハラオウン家の家庭の事情「エイミィさんのお悩み相談室」
 WHITE SWEET SNOW
 冬、吐息、こたつにて。

【アリサ×すずか】
 はじめての××
 TALK to TALK
 少し歩幅が違う分
 好きな人が、できました。
 おとぎ話は目覚めた後にも after
 DOG×CAT?(プレ版)
 第97管理外世界における、とあるロストロギア関連事件に付随した何か(仮)
 9×19=171...?
 Feline days
 貴方の花の名前
 超短編シリーズ

【八神家】
 ある日の八神さんち(メロドラマ編)
 ある日の八神さんち(家族計画編)
 ある日の八神さんち(ホラー編)
 You are my family
 魔導探偵八神はやて「アイスはどこへ消えた?」
 届け、あなたがくれた空に。
 朧月夜の銀色に

【クロノ×エイミィ】
 ハラオウン家の家庭の事情「クロノ・ハラオウンはロリコンなのか?」

らき☆すた

【かがみ×つかさ】
 Sleeping Beauty?
 夢見てた、夢

投稿SSインデックス

投稿規定

「なのはBURNING」三次創作

【沈月 影さん】(影ラボ
 魔法少女リリカルなのはFROZEN
 予告編
 第1話「流転 -Returning End-」
  (1) (2) (3) (4)

【てるさん】(HEAVEN
 ユグドラシルの枝(完結)
  (1) (2) (3) (4) (5)

【緑平和さん】(PEACE KEEPER
 その右手に永遠を

短編

【kitさん】(pure heart
 好き、だから

【mattioさん】
 The parting of the ways
 みんなで奏でるボクの歌
 ボクは親友に恋をする
 白い悪魔事件―なのはは罪な女のコ?なの―
 か け お ち
 約束の桜〜ダイヤ〜
 月剣〜つるぎ〜のち陽盾〜たて〜
 青に魅せられた私―Moondust…―
 ハート オブ エース―AMBITION―
 わたしの日溜り
 春の日、とあるカップルのとある時間のつぶし方
 少し角度が違う分
 大胆はほどほどに
 そして二人は時を忘れる
 注意報「あま風に御用心」
 一番守りたいもの、それは――
 ひっかかって。
 キミのいない平日は
 最近の翠屋において甘い物が売れない理由、それは――
 バカップル法第○条第×項「うっかりは無罪なり」
 正月、とある五人のとある年明けの過ごし方
 スキー大好き! って大好きななのはが言ったのでつい私も好きだし得意だと言ってしまいました。
 親友>恋人・・・?
  ―前夜なの―
  ―臨戦なの―
  ―結末なの―
 桜〜なのは〜の舞う季節―Prince of ・・・―
  予告編 本編
 天使に誓うラブレター
  予告編 本編
 「アツい日」シリーズ
  アリサ先生のアツい一日
  それぞれのアツい午後
  アツかった日の後日。
  アツくない場所で
  アツい日は季節を越えて
  アツみの増した写生会
  アツ力のかかった一日
 木の葉が紅く染まる頃
  (1) (2) (3)

【ぴーちゃんさん】(P'sぷろじぇくと
 ワガママのススメ
 おとぎ話は目覚めた後で

【鴇さん】(It flows.
 
 遠くない未来
 贈り物〜blessing happily〜

【伊織さん】(伊織の詞認筆
 ハラオウン家家族会議
 ケーキより甘い思い出
 八神家家族相談室

【maisyuさん】(ぐったり裏日記
 キミの呼びかた
 素直なキモチ
 この星空の下、貴女と二人

【隅田さん】(NooK
 四つ葉のクローバーを、君に。

【沈月 影さん】(影ラボ
 Pleasure, into the Rain

【クロガネさん】(クロガネの間
 理想な人は?

【フィールドさん】
 The honey holiday
 Dangerous Shower Time

【霧崎和也さん】(Kの趣味部屋
 祝福の花

【HALさん】(交差幻想
 コイメツ

【月翼さん】
 秘密のrouge

【tukasaさん】
 名前を呼んだ日

【フェルゼさん】(Empty Dumpty
 夜長の行き先
 Their party's never over.
 彼女たちのフーガ

【シン・アスカさん】
 メリッサの葉に…

【結さん】
 青い空の下で

【tanakaさん】部屋の隅っこで小説なんかをやってみる
 君が見てくれているから/新年
 知らぬ間に
 なのはさん争奪戦
 いたずらなお姫様
 お願い
 海と水着と……
 何年経っても変わらぬ関係
 越えられない壁
 小さくてもなのはさん
 思春期なんです
 手相占い?
 暗闇の中で
 フェイトちゃんは変態さんなの?
 手を繋いで
 王子様とお姫様のお祭り
 想いと想い

twitter

TweetsWind

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Search

Category

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links